audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】開放型ヘッドホン GRADO SR225Xの海外レビューまとめ

ヘッドライン

GRADO SR225X

GRADO SR225X

 

 GRADOのオープンバックヘッドホン「GRADO SR225X」についての海外レビューをまとめます。ちなみに私のレビューはこちらです。

 

GRADO SR225Xの特徴

  • 第4世代グラードチューニング44mmドライバー、インピーダンス38Ωで駆動が簡単
  • アップグレードされた編組ケーブルは、ねじれやよじれを排除し、8本の導体スーパーアニール銅配線を採用
  • アップグレードした調節可能なパッド入りヘッドバンド。エコで環境に優しい素材で作られています

 

GRADO SR225Xの技術仕様

  • 周波数特性:20Hz~22kHz
  • インピーダンス:38Ω
  • 感度:99.8dB

 

www.youtube.com

 

For the Love of Fidelity

 GRADO R225Xはハウジングに無共振ポリカーボネートを採用しています。音質に悪影響を与える共振を抑制するハウジング素材が「Xドライバー」の特性を活かし、優れたサウンドバランスで豊かに音楽を再生します。

 

Xドライバー

 ボイスコイルの軽量化により高効率に駆動することで優れたトランジェントを獲得しています。磁力の向上と44mm径振動板の最適化によって、全ての帯域でリニアリティに優れた高音質再生が実現されました。

 

スーパーアニール処理OFCケーブル
  • OFC線材に加熱処理を施すことで、残留応力を除去し機械的ストレスを抑制
  • 伝送時のストレスの低減による高純度伝送

 

Made in Brooklyn
  • 米国ニューヨーク州ブルックリンの自社工場にて、こだわりのハンドメイド生産
  • 厳正なる品質管理

 

海外レビューの紹介

 全体として、Grado SR225xの音は、それがもたらすものによって優れていると感じました。魅力的でバランスの取れたサウンドを再現してくれます。中域の安定感、音にひっかかりがなく楽に音が出ること、そして44mmのXシリーズドライバーだけで幅広いジャンルに対応できることは特筆すべきことです。SR225xは小型のオンイヤーヘッドホンであるため、その物理的なサイズに制限されます。

 

 包み込むようなサウンドには限界があるものの、その小さなサイズに見合うだけのパンチがあります。

 

 GRADO SR225xには、大きな使命がありました。$200の価格帯で最も愛されているヘッドホンの一つ(最も人気のあるヘッドホンの一つでもあります)の名を受け継ぎ、場外ホームランを打ち上げることです。その小さなサイズに本格的なサウンドを詰め込み、ビルドクオリティを高めたことで耐久性も向上しました。音場はそのクラスをはるかに超えてヒットし、中域は流動的でシャープ、そしてスムーズです。しかし、私は将来的に快適性が向上することを望みます。Grado SR225xは、SR225eの後継機であり、新たなハードルを打ち立てました。GRADOのアップデートはその名に恥じないものであり、今後さらにSR225の名を広げ、より多くのリスナーが訪れ、楽しむことができるようになるでしょう。

 

https://headphone.guru/grado-sr225x-review-a-titan-reborn/

 

GRADO SR225X

 

 SR225xとSR325xの音の特徴は確かに近く、従兄弟というよりは兄弟のように感じられます。明るさや低音にこだわりがある方は、どちらを選ぶか迷うかもしれませんが、あまりこだわらない方にとっては、音の違いよりも価格が決め手となるかもしれません。一般論として言えば、どちらも信頼できる魅力的なサウンドを提供しますが、225はより暖かくタイトで、325はよりきらびやかでルーズなサウンドになります。 

 

https://majorhifi.com/grado-sr225x-vs-sr325x/

f:id:kanbun:20220109062224p:plain

 

GRADO SR225X

 

 SR225Xは、2つ(SR325XとSR225X)のうちよりニュートラルなサウンドです。SR325Xほど低音は出ず、暗くもない。SR325Xは、高域がほんの少し控えめで、低域が強く、伸びが少ない。金属製の外殻を持つSR325は、よりフォーカスされたシャープでハードなトランジェントを示し、これはそのダークな特徴を補う傾向があります。(SR325Xは、多くの人々が明るすぎて攻撃的だと叫んでいたボウルパッド付きの古いSR325とは全く異なります)。


 最後に、上記で示されていないのは「技術的なこと」です。SR325ドライバーは、録音物のニュアンスや表現力を捉える「プランクトン」に関して、まるで別のクラスのような音です。Gradoはもともと上位機種ほど解像度が高く、これを得意としています。一部の人が疑っているのとは逆に、RS2のカップにSR125を入れてもRS2の音は出ません。歪みなどの測定をしてみると面白いかもしれませんね。

 

 SR325xのCSDと比較すると、SR225xは確かに4k-5kHzでよりリンギーで、リッジがよりシャープで長く生きています。しかし、エッジやバイトがより多く聞こえるかというと、そうとは言い切れません。私は、4.5kHz付近のディップをもたらす聴覚障害を患っていると確信しています。私は完璧な聴覚を持っていると主張するつもりはありません。特に年配の方はご注意ください。

 

https://www.superbestaudiofriends.org/index.php?threads/grado-sr225x-review-and-measurements-stream-of-consciousness.11728/

f:id:kanbun:20220109062650p:plain

 

 

まとめ

 GRADO SR225Xは人気機種であったSR225eの正統アップデートであり、多くのレビュアーがそのサウンドに満足していることが伺えます。実際私もそのボーカルやギターの表現の美しさには驚かされました。場合によって上位機種のSR325Xより魅力的な要素が多いかもしれません。

 

GRADO SR225X

 

f:id:kanbun:20211024094329j:plain

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事