audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【コラム】中華イヤホン ThieAudio Legacy 4の海外レビューまとめ

ヘッドライン
icon icon icon
icon

ThieAudio Legacy 4

ThieAudio Legacy 4

 

 ThieAudioのハイブリッド中華イヤホン「ThieAudio Legacy 4」の海外レビューをまとめて紹介します。

 

ThieAudio Legacy 4の特徴

  • 独自開発の8mmポリメンブレンダイナミックドライバー
  • KnowlesとTHIEAUDIOのカスタマイズバランスアーマチュアドライバー
  • 3Wayクロスオーバーネットワークは2スイッチチューニングシステムに統合
  • OCC4芯カスタムケーブルとの組み合わせ
  • オプションのアップグレードESTケーブルは2.5mmバランスケーブルで、3.5mmと
  • 4.4mmのアダプターが付属
  • 手作りで、品質保証のためのテスト済み
    ※CIEMとUIEMは、カスタマイズされたフェイスプレートで構築するために15-20営業日かかる場合があります。

 

ThieAudio Legacy 4の技術仕様

  • 周波数範囲:20Hz-20KHz
  • モニタープラグ:3.5mm
  • コネクタ:0.78mm 2PIN
  • 感度:108±0.5db
  • インピーダンス:9.4Ω
  • 遮音性:26dB
  • 着脱式ケーブル:120cm

 

ThieAudio Legacy 4
ThieAudio Legacy 4
ThieAudio Legacy 4
ThieAudio Legacy 4

 

Legacy 4

 Legacy 4は、Legacy 5と同時に設計され、ラインナップにユニークな工夫が施されています。Legacy 4は、Legacy 3とLegacy 5のナチュラルでスムースなサウンドを継承しつつ、チューニングと価格の両面で中間的な存在にしようと考えました。

 

 低域に全く新しい自社製8mmポリメンブレンダイナミックドライバーを採用したLegacy 4は、Legacy 3と5のインパクトのあるスラミングを実現しながら、より速いスピードと強化された質感を持っています。この新しいドライバーは、定評あるアメリカのKnowles ED29689バランスド・アーマチュア(BA)と直感的なローミッド・パッシブクロスオーバー設計とマッチして、自然な中域の表現力を強調します。

 

 Legacy 5よりもアグレッシブではないクロスオーバー設計により、Legacy 4の中域はより音楽的で、全体の音色に暖かみを加えます。Bellsing社の協力のもと、Legacy 4のために、ミッドBAドライバーに完璧にフィットするカスタムデュアルBAトゥイーターを開発しました。Legacy 5のゆったりとした滑らかな高音域から、Legacy 4では高音域の存在感を高め、高音域の倍音やディテールを際立たせるチューニングを行いました。

 

 このチューニングと新しいトゥイーターが持つ非常に優れた高音域の伸びにより、Legacy 4はプロのミュージシャンや音楽愛好家にとって優れたIEMとなりました。Legacy 4は、同クラスのIEMの中で最も自然で正確、かつ楽しい音楽体験を提供することができると確信しています。

 

ThieAudio Legacy 4

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 

 あの引き締まった鳴り響くような低音、鮮明な高音、解像度の高い楽器再生を求めるなら、この価格帯ではThieaudio Legacy 4が優れた性能を持っています。中低音重視の厚みのある中域で、そのあたりの性能が豊かなものが好きなら、Form 1.4のようなものがいいでしょう。

 

 いつものように、個人の好みによるところがありますが。私にとって、Legacy 4は素晴らしいパフォーマンスで、パッケージを開けて耳に入れたときから印象に残ったと言えるでしょう。特にこの価格帯は競争が激しい市場ですが、Legacy 4は間違いなく有力な選択肢です。ER2XRのような印象的でゲームを変えるようなものではありませんが、お勧めです。いい仕事してます。

 

https://www.headfonia.com/thieaudio-legacy-4-review/

 

www.youtube.com

 

 レビュアーとして、私はしばしば自分の主観的な、そう、衒学的な精査の範囲を超えて見なければならなくなります。そして、このようなタイプのIEMにアプローチするために、私の基準枠が最適でないことは間違いありません。結局のところ、私はレビュアーという時代の産物であり、IEMのある種の黄金期を経験している時代なのです。

 

 1〜2年前なら?Legacy 4は、おそらく買うべきホットなIEMだったでしょうし、画期的なものでさえあったかもしれません。しかし、今はどうでしょう?Legacy 4は、$200クラスの非常に堅実な候補であり、紛れもなくその価格に見合うものであることに落ち着く必要があります。Thieaudioの双子の成功だけでなく、Legacy 3やVoyager 3といったより先行する製品の成功もうまくフォローアップしていると思います。

 

https://www.headphones.com/community/reviews-learning-and-news/thieaudio-legacy-4-review-bright-ideas

 

www.youtube.com

 

 ThieaudioのLegacy IEMは、技術的にも音楽的にも、明らかに特筆すべき成果です。私はこのシリーズの他の製品を聴いたことはありませんが、Legacy 4はクリティカルリスニングに使用する人にとって優れた高忠実度の選択肢となります。自然で正確な音の再生と精密なパフォーマンスを楽しむ、目の肥えた聴衆のために調整されています。

 

長所:

  • 芸術作品と工学作品
  • 最高級のフィット感とフィニッシュ
  • 軽くて快適
  • 豊富なシリコン製イヤーチップが付属し、確実な装着感を実現
  • 豊かな自然な音色と質感
  • 高音域の伸び、高いディテール、クリアな音質
  • ケーブルノイズや干渉がない
  • キャリング/保護ケース2個付属

短所:

  • 慣らし運転とバーンインが必要
  • 比較的フラットでオーディオマニア向けのサウンドプロファイルは、大衆に愛されないかもしれない
  • 低音は、自然ではあるが、重低音好きには物足りないだろう。
  • 大衆向けIEMと比較すると、非常に明るく生き生きとしている
  • ハードウェアチューニングスイッチの機能に関するドキュメントがない
  • スイッチの調整用工具は付属していません(虫眼鏡で確認することもできます)
  • マイク付きケーブルのオプションがない

 

https://www.headphonesty.com/2021/01/review-thieaudio-legacy-4/

 

www.youtube.com

 

 Thieaudioはポータブルオーディオの分野では比較的若い会社ですが、MonarchClairvoyance、Legacyシリーズのいくつかの人気製品のおかげで、この2年間で非常に急速に成長しています。Legacy 4は、この価格帯の数多くの競合製品に対して、その優れた解像度とディテールの再現性により、全音域において価格以上の成功を収め、素晴らしいハンドクラフトモニターシェルとなっています。

 

長所:

  • 全体的な解像度
  • 低音のスピードとコントロール
  • 中音域の明瞭さとディテールの再現性
  • 美しいハンドクラフト・モニターシェル
  • 人間工学に基づいたモニター形状

短所:

  • 高音域のロールオフ
  • 中低域の深み
  • 相対的に短いサウンドノズル

 

https://moonstarreviews.net/thieaudio-legacy-4-iem-review/

 

www.youtube.com

 

 Legacy 4の価値は素晴らしく、$200の価格帯に見合うものです。楽しい、楽しい、快適と言えるのは良いことで、新しい製作者から出たものであれば、なおさら良いことです。Thieaudioは2019年に設立されたばかりの会社ですが、それほど高くない価格で、良いサウンドを持つ良好な製品を作ることに成功しました。

 

https://www.audiophile-heaven.com/2021/05/thieaudio-legacy-4-iems-the-perfectionistic-midranger.html

 

www.youtube.com

 

 個人的には、Legacy 4はとても気に入っています。私が高く評価しているチューニングで、とても楽しんでいます。全体的にバランスの取れたサウンドで、全体的に色がつきすぎることなく、良いインパクトとエネルギーを持っています。中音域の上部と高音域の下部にピークがあるため、少し明るい面もありますが、私の許容範囲内であり、ほとんどの人が問題を感じることはないでしょう。中音域は本当に分析力に富んでいて、間違いなくこの製品のフォーカスポイントです。この値段で、この作り、この音は素晴らしいといえます。

 

長所:

  • クリーンでディテールのある音
  • 透明感
  • 大きな価値

短所:

  • やや薄い時がある
  • 人によっては、明るさの境界線になる可能性がある

 

https://www.head-fi.org/showcase/thieaudio-legacy-4-universal-iem.24851/review/27096/

 

www.youtube.com

 

 私にとってLegacy 4は、控えめに言ってもバランスの取れたメインストリームチューニングによる非常に高いレベルの音色を奏でるだけでなく、技術的にも多くを非難される必要のないIEMです。Legacy 4は、そのオールラウンダーな資質に加え、オーディオマニアの心を揺さぶる感度の高さも持ち合わせているので、購入する人は、新しいおもちゃのボーナス以上に、このIEMと多くの楽しみを共有することになるでしょう。


 Legacy 4は私にとって、上流階級の機能を備えた中流階級のシンボルなのです。もちろん、Legacy 4には絶対的な解像度やメスのような鋭い分離感、両端の過剰な伸びなどはありませんが、それは(希望的観測ですが)もっと高価な最高品質のIEMにも言えることでしょう。

 

 しかし、Legacy 4に評価されるべきは、細かいディテールとレベルの安定性を備えた、正統的で爽やかで自然な演奏スタイルにあります。確かにニュートラルなチューニングではないにせよ、音色的に大きな破綻はなく、さらに非常に長期的に信頼できるIEMであり、全体的に優れたパッケージを実現し、ハイブリッドIEMの明確な利点を引き出しています。

 

 もしあなたがもう少し鮮明で技術的なものが好きで、音楽性ではなく中立性をより重視したいのであれば、同じ価格帯のSEEAUDIO YUMEを見てみるといいでしょう、こちらも驚くべき価値を持っています。

 

長所:

  • 新鮮で鮮やかなシグネチャー
  • 自然な音色
  • 優れた技術的特性
  • オールラウンドに使える

短所:

  • 良いミックス音源でないと輝かない(むしろIEMの解像度を物語るので、必ずしも短所とは言えない)
  • 低音域の存在感が強すぎる

 

https://www.head-fi.org/showcase/thieaudio-legacy-4-universal-iem.24851/review/25457/

 

 

まとめ

 ThieAudio Legacy 4の評判は割と良いようで、2万円台の中華イヤホンの定番と言えそうです。音質だけでなく、外観的なビルドクオリティも高く評価されていますね。

 

ThieAudio Legacy 4

 

f:id:kanbun:20211024094329j:plain

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事