audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】中華イヤホン XENNS UPの海外レビューまとめ

ヘッドライン

icon

XENNS UP

XENNS UP

 

 Mangirdとして知られていたXENNSのフラッグシップIEM「XENNS UP」の海外レビューをまとめて紹介します。

www.ear-phone-review.com

 

XENNS UPの特徴

  • 超高音域用Sonion EST65DA01ドライバー
  • 2基のSonionカスタムバランスド・アーマチュア(高音域用)
  • 中高域用バランスド・アーマチュア(Sonion 2300シリーズ)×2個
  • 10mm径の輸入ベリリウム・コーティング・ダイナミック・ドライバー1基(低音用)

 

XENNS UPの技術仕様

  • インピーダンス:20Ω
  • 感度:110dB/mW
  • 周波数応答範囲:20Hz〜80kHz
  • 価格帯:50000円~100000円

 

幻想的で美しいフェイスプレートで話題に

 Mangirdの有名なIEM「Tea」はその外観の美しさでも多くのオーディオファンに愛され、心を癒やしましたが、UPはさらに幻想的です。

www.ear-phone-review.com

 

Mangird XENNS UP
Mangird XENNS UP
Mangird XENNS UP
Mangird XENNS UP

 

2静電ドライバー+4BA+1DDハイブリッドドライバーIEM

 Mangird XENNS UPは、複合型Sonion EST65DA01超高周波ドライバー、Sonionカスタム高周波ドライバー2基、Sonion 2300シリーズ中高周波ドライバー2基、低音用10mmベリリウムコート・ダイナミック・ドライバー1基を組み合わせたハイブリッド技術を採用しています。高レベルのドライバー構成とは別に、Mangirdの音響エンジニアはチューニングの際、主にそれぞれの周波数のレイヤーを注視して慎重に調整しました。適切な分数設計と精密な調整により、よりバランスのとれたスムーズなサウンドを実現します。

 

Mangird XENNS UP

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 率直に言って、私はMangird / Xennsの新しいフラッグシップがかなり好きで、素晴らしいトライブリッドだと思います。付属品も豊富で、使われている素材はどれも非常に良質なものばかりです。イヤホンには高品質の輸入樹脂などの良質な素材が使われており、また、市場に出回っている大半のトライブリッドよりも小さい中型のシェルが用意されています。

 

 デザイン面では、手描きの渦巻き模様のフェイスプレートにより、IEMは貴重な小さな宝石のように見えます。パッケージの内容や外観を除けば、Xenns Upは私の期待をはるかに上回る性能を発揮してくれました。私は、この価格帯の製品の中で最も優れた製品であると信じており、ぜひ試してみることをお勧めします。

 

https://www.headfonia.com/mangird-xenns-up-review/

 

www.youtube.com

 

 Mangird XENNS UPは、低音で暖かみのあるU字型のセットで、楽しさ満載です。ここでは低音が断然主役です。実際、Mangird XENNS UPは、私のIEMの旅の中で聞いた中で、おそらく最高のローエンド(低域)サウンドの一つだと言えるでしょう。

 

長所:

  • フィット感
  • ひとつひとつ手描きされたユニークなシェル。
  • 中低音のにじみがなく、質感の高い低音。
  • 楽しい音色のセット
  • 一般的に良好な技術的パフォーマンス
  • 高音域はリラックスしており、歯擦音も少なく、高音に敏感な方にも安心のチューニング
  • トライブリッドのための本格的な音色精度
  • 豊富な付属品
  • バランスおよびシングルエンドのソースに対応するアダプターが付属

短所:

  • 良い音を出すにはアンプが必要
  • 平均的な遮音性
  • 高音派や分析的なチューニングをしたい人には向かない
  • 低音重視の人は代替品を検討する必要があるかもしれない

 

https://www.headphonesty.com/2021/09/review-mangird-xenns-up-iems/

 

www.youtube.com

 

 Xenns UPは今まで聞いていたものとは全く違うテイストです。コツをつかむために、時間をかけて自分のライブラリーをたくさん読み込まなければなりませんでした。説明するのがとても難しいセットです。初めて聴いたとき、気に入ったのですが、なぜなのか理解できませんでした。最初に気づいたのは、そのキックと轟音だったと思います。

 

 Xenns UPは色彩が強すぎるため、オーディオマニア向けのチューニングであると主張する人はいないと思います。でも、だからどうしたというのでしょう?楽しいんです。確かにオールラウンダーとして薦めることはできませんが、より詳細で冷たいセットと組み合わせるには良いセットだと思われます。ギアが切り替わり、ライブラリーが良くも悪くも切り替わり、それを決めるのは自分自身です。HBBがレビューで述べているように、これらは「ギルティプレジャー(背徳的な楽しさ)」のペアであり、私もそう思います。

 

 ヒップホップやエレクトロニックミュージックなど特定のジャンルで、超温かみのあるシグネチャーが好きな人には、おすすめ製品だと思います。しかし、私は購入する前にこのセットをデモしてみることを強くお勧めします。私の耳には、このセットは好き嫌いの意見が分かれるカテゴリーに入るように思えます。

 

 Xennsは、ベストなスクラッチを聴くことが全てではないことを教えてくれます。

 

長所:

  • 背徳的なほど楽しいサウンド
  • 熱狂的
  • ベリリウムDDの低域
  • チューニング
  • 中音域の表現

短所:

  • 暗い高音
  • 解像度が高くない
  • 時々量感が多すぎることがある
  • 煌めき感に欠ける
  • 価格

 

https://www.head-fi.org/showcase/mangird-xenns-up.25265/review/26958/

 

www.youtube.com

 

 Xenns UpはU12tほどバランスとディテールに優れているわけではありません。また、Mest MKIIほどクリアで風通しがよく、ホログラフィックでもありません。また、Oriolus Rebornのように親密で感情的でもありません。

 

 Moondrop S8のようなものと比べても、確かに技術的な面で遅れをとっていますが、信じられないことに、Xennsは良い音なんです!!!(笑)。とてもいい。音楽を楽しくスムーズに表現してくれるので、とても気に入っています。たとえ音楽のディテールが前面に押し出されず、他のアイテムほど明確でなかったとしても、です。

 

 それに、時にはリラックスして音楽を楽しみたい時もありますよね?

 

 私は万人にUPをお勧めしますか?いいえ、普遍的ではありません。

 

 もしあなたが、パワフルな低音と、くつろいで楽しめる、鋭いピークを持たないIEMを探しているなら、これらはあなたにぴったりかもしれません。聴いていて本当に楽しいんです。

 

 より技術的な、詳細で、よりフラットで、シャープな、前方高中音/高音記号が顕著なハーマンターゲットIEMを探しているなら、あなたはどこか他を探す必要があります。これはあなたには向かないかもしれません。

 

長所:

  • パワフルでタイト、しかし決して濁ることのない低音
  • 楽しい音
  • 優れた音色
  • 歯擦音や鋭いピークを感じさせない滑らかさ

短所:

  • 他のアイエムほど運転が楽ではない
  • 分析的で細部にまでこだわる音が好きな人には向かない
  • 低音が出過ぎることがある

 

https://www.head-fi.org/showcase/mangird-xenns-up.25265/review/26591/

 

www.youtube.com

 

 かいつまんで説明します。$699なら、期待値はもっと高くなります。残念ながら私はチューニングに納得がいかず、その技術的性能は低音の層の後ろにベールに包まれています。

 

 それに比べてMeleは、その低音の棚が一般的な好みに合っているので、より楽しめました。Xenns Upは、やはり自称ベースヘッズ(低域好き)にお勧めしたい、とても楽しいセットです。この低音砲で、あなたの信仰心を試してみてください。

 

長所:

  • パワフルなベリリウムDDベース
  • 低音と高音の伸びやかさ
  • 低音と高音のディテールが良い。
  • 魅力的でありながら、疲れないシグネチャー

短所: 

  • 低音の音量が大きいため、どうしても低音がにじんでしまう
  • 薄い中音域
  • 期待したほど解像度が高くない

 

https://www.head-fi.org/showcase/mangird-xenns-up.25265/review/26251/

 

 

まとめ

 XENNS UPはその美しいデザインでオーディオファンの度肝を抜いているイヤホンです。サウンドは少し選り好みされる音で万人向きとは言えないというのが、大方の意見のようですが、口を揃えて「ハマれば最高の音!」と言っているのが興味深いですね。ただし、解像度に不満を述べている人が多いので、音が綺麗に聞こえるというわけではなく、楽しく聞こえるというのが正解でしょう。

 

Mangird XENNS UP

Mangird XENNS UP

 

f:id:kanbun:20211024094329j:plain

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事