audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】中華イヤホン iBasso AM05についての海外レビューまとめ

ヘッドライン

iBasso AM05

iBasso AM05

iBasso Audio AM05 5ドライバBA搭載カナル型イヤホン 

 

 

iBassoがこれまでにない音作りに挑んだAM05

 デジタルオーディオプレーヤー(DAP)の成功で広く世に知られている中国のオーディオメーカーiBassoは、ITシリーズのイヤホンでも成功を収め、国内外を問わずそのイヤホンは高く評価され、好評を持って迎えられました。特にiBasso IT04は、完成度の高さとそれまでのITシリーズから大幅にバランス改善された音質が比較的絶賛され、iBassoからリリースされる次のイヤホンはおそらくIT05であるとかIT06といった、このハイブリッドイヤホンの流れの中で登場するものと誰も疑っていませんでした。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

 しかし、iBassoの新作はこれまでとは異なる、完全なバランスドアーマチュアドライバーモデルとして登場し、しかもその型番にはAMという新たなシリーズの刻印が押されていました。おわかりですね?それこそiBasso AM05であり、AMとは「All Music」の略であるとiBassoは語っています。

 これは野心的な宣言です。このイヤホンはiBassoにとってより多くのユーザー、多くの音楽に対して開かれた製品を開発したという自負、自らのブランドの成熟を宣言するものといってよいからです。iBassoは「この製品はオールラウンダーである」ということをその名に刻み込んでこの製品を送り出したのです。

www.ear-phone-review.com

 

 私の観点では「All Music」というiBassoの理想はこのイヤホンでかなり説得力のある形で実現されていると思われます。その点についてはレビューでアウトラインを示し、このイヤホンについて私が考える聴感イメージを詳しく書いたのでそちらを参照して頂ければと思います。

www.ear-phone-review.com

 

 今日はこの魅力的なiBassoのイヤホンについて、海外の尊敬すべき素晴らしいレビュアーの方々の見解を引用して紹介し、皆様にこのイヤホンについてより実像がわかるようにと願い、この記事を執筆いたしました。

 

スペック情報
  • 再生周波数帯域:10~40000Hz
  • インピーダンス:32Ω
  • 感度:115dB
  • ドライバー:バランスドアーマチュア型(バランスドアーマチュアドライバー×5)

 

周波数特性イメージ(試験運用中)



※周波数特性イメージはあくまでレビューの便宜上、個人的に周波数分布のだいたいのイメージを掴むための参考情報で、測定方法も測定されたデータも非常にアバウトで厳密な信頼性や正確性に欠けます。いずれ勉強を深めて信頼性を高めていきたいとは思いますが、本ブログは周波数特性の測定をメインとしていませんので、期待しないで下さい。私自身も聴感上の音像印象の解釈の補助として利用しているだけで、この周波数特性イメージを全面的に信頼し、依拠しているわけではありません。

 

※またイヤホンの周波数特性イメージはヘッドホンの測定値との互換性を持たせるために、外耳道を疑似的に再現した環境で測定されています。

 

レコーディングシグネチャー(試験運用中)

 レコーディングシグネチャーはバイノーラル録音されていますが、品質は良くありません。人工的に外耳道に近い環境を作って録音していますので、それなりに自然に近い音になっているとは思いますが、聴いたそのままの音質とは異なりますので、あくまで参考情報ということでお願いします。

 

 レコーディングシグネチャーで使用している楽曲は私も大好きなゲームメーカー日本ファルコム様のものを使用させて頂いております。

www.falcom.co.jp

 

原曲①

www.youtube.com

ギンノイシ Silver Will / 空の軌跡ざんまい / Copyright © Nihon Falcom Corporation

anchor.fm

 

原曲②

www.youtube.com

淡い恋~Too full with love~ / Ys HEALING / Copyright © Nihon Falcom Corporation

anchor.fm

 

原曲③

www.youtube.com

花と風のうた / Zwei!! Super Arrange Version / Copyright © Nihon Falcom Corporation

anchor.fm

 

日本語参考記事

 iBasso AM05についての日本語での紹介記事です。

 iBasso Audioブランド初となるBAドライバーのみで構成されたモデル。Knowles製BAドライバーを5基搭載し、4つの音導管を採用した4Wayクロスオーバー設計を採用。合理的なレイアウトを追求することで各ドライバーのパフォーマンスを最大限発揮して、シームレスに繋がりの良いサウンドを実現したとしている。

 

www.phileweb.com


海外レビューまとめ

 例の如く適度に超訳です。

 

In-Ear Fidelty

 iBasso AM05の周波数特性が気になる場合はこちらのでデータを参考にして下さい。

 

Twister6 & Friends Reviews

音質

 AM05は、やや中域前進型のシグネチャと透明な調性を備えたニュートラルなチューニングを備えています。 シグネチャは、さまざまなDAPとのペアリング次第で少し変化しますが、場合によってはよりバランスが取れることもあります。全体的に、このIEMは中域上部でもう少し強調されており、ボーカルにより重点を置いています。

 

 サウンドは非常にクリーンでクリアであり、ディテールの鮮明度のレベルは明らかに平均を上回っています。あまり明らかにする必要も、細かくする必要もありませんが、明確なレベルで表示されます。楽器とボーカルのレイヤリングと分離も良好で、平均を上回っています。 レイヤー間の空気は多すぎませんが、すべてがうまく分離されており、混雑していません。 また、チューニングは非常に首尾一貫しており、5基のドライバーが連携して駆動します。

 

 音場は広く、私が通常楕円形と呼んでいるもので、奥行きよりも幅が広く、左右に広がっています。 イメージングもかなり良く、不満はありません。サウンドレコーディングのすべての要素は、説得力のある定位がされており、中域とボーカルは少し近く、演奏者に近づき、サウンドに少し親密感を与えます。

 

 低音はかなり中立です。 ローエンドは深く拡張されていますが、それほど騒がしくはありません。 中低域と同じように、パンチは速く、減衰は短いですが、パンチ自体の重量はそれほど大きくありません。 低音は明確であり、その中立性は中域やボーカルが輝く余地を与えます。 中低域はニュートラルで、1kHzあたりにわずかな凹みがあり、ボーカルをより明瞭にするために2kHzの隆起を強調します。 中域上部はより明確で、滑らかで、過酷になることはありません。 高域は明確で、適度に風通しがよく、あまりクランチのない素晴らしい自然の輝きがあります。

 

iBasso AM05

PROS: custom-like universal design, comfortable fit, quality removable balanced cable and adapter, neutral detailed sound tuning, wide soundstage. CONS: bass light (the bass is neutral), stock cable mmcx connector is tight. The product was provided to me free of charge for the review purpose in exchange for my honest opinion.

  私の聴いた印象も非常に似ているのですが、まずiBasso AM05の音の特徴は厚みが丁寧に感じられ、ボディにリアリズムが存在しているということです。低域がニュートラルに近いというのも私も同じ意見で、さらに重低音の床鳴り感に繋がる鳴動は抑えられているので、低域はリアリズム(ライブ感)の点では不足があり、私にはややモニター的に聞こえるのが若干気になるのですが、一般にどんな音源でもうるさくなることはなく、丁寧にレイヤリングして音楽の床面を安定させてくれるはずです。

 音の繋がりが全体的に良いのもその通りで、とくに最近は低域と中域を多少なりとも分離的に表現するイヤホンが相対的に多い気がするのですが、iBasso AM05はむしろ音の自然な厚みを出すために、この部分をかなり精力的にチューニングした雰囲気があります。私の聴いている感じだと、このイヤホンでは厚みはわずかに過剰傾向になりやすい気がしますが、それでも不満があるというほどではなく、音楽の豊かさに不足することはないので、音楽に充実感を求めているなら、このイヤホンはとても魅力的に思えるはずです。またこの中域下の量感の良さが、音楽全体の軸立ち、根立ちの良さにもつながっており、とくにボーカルの柱立ちはボーカル曲であればどんな曲でも、音楽全体を説得力ある形にしてくれる、メロディーラインの揺るがない「核」として存在感を出してくれるでしょう。

 

Moonstar Reviews

 iBasso AM05は、V字型のサウンドシグネチャを備えたインイヤーモニターで、ニュートラルな色調よりもやや暖かいです。 低音は深みがあり、厚みがあり、暖かく、中域は柔らかく音楽的であり、高域の真ん中と高い部分はわずかに明るく、十分に伸びています。 V字のサウンド特性により、女性のボーカルは男性のボーカルよりも前進して聞こえます。

 

iBasso AM05 IEM Review

Introduction: iBasso is a well known Chinese company that is specialized in Portable Audio products such like Digital Audio Players (DAP), Portable Amplifiers and In-Ear Monitors and DAC/AMP dongles. The AM05 that I will now review is the first member of the " AM Series" which is the combination of the words " All Music ".

  さて、この導入を読んだ時点で「ん?ニュートラルで中域前進型って話でなかった?」って思うかも知れません。実際私も以前はわりかしそういう疑問を抱くことが多かったのですが、最近でそんなことはどうでもよいと思っています(これは私がシグネチャーを軽視しているわけではなく、実際私はこれはV字だろうとかニュートラルだろうとか言いますが、一方でその情報はあくまで音を解釈する手がかりとして提示しているだけで、どのように聞こえるかのイメージはそんな表面的な形を示すだけでは説明しているとは言えないという私の信念にも基づいています)。

 実際、In Ear Fideltyの周波数特性のグラフを見れば云々かんぬんなんてのは言うのは簡単ですが、周波数特性のグラフ自体は実際のところ環境によって測定のバランスは容易に変化し、同時にたとえ本当に万人共通の普遍で不変なシグネチャーなるものがあったとしても、耳の形には個人差があるので、本当の音がどういうシグネチャーで聞こえるかには個人差も生じ、総合すれば厳密に万人共通のシグネチャーなどないのです(これは周波数特性に意味がないといっているわけではなく、むしろ実際はその逆で、私はもっと精度をあげたいと思っていますが、それがレビューの本質を形成するわけではないということを言いたいのです)。

 だから自分にとって信念と一見反するところが出てきたとしても、それをもってこのレビュアーが嘘をついているとか、良心が足りない、勉強が足りないというわけではありません。そうではなく、レビュアーがどのように音を聴き、どうしてV字のサウンド特性とこのイヤホンを解釈するかに至ったかの点に、むしろAM05の音の魅力なり、特徴なりが隠されていると考えると、レビューを読むのが面白くなります。

 

 iBasso AM05の重低音の領域は、深さ、伸び、量のレベルが良いです。 重低音の量/鳴動は、ガチガチの低域マニアを除けば、ほとんどのリスナーを満足させます。この音域の調性は、一般に穏やかで暖かく、厚みがあり、柔らかく、コントロールの点でかなり優れています。重低音の量と強度は一般的に平均を上回っています。

 

 AM05の中低域に関して言えば、それはパワフルで音楽的な表現で平均的な強さを示していると言えます。 中低域のインパクトは一般的に柔らかく、スラム効果はそれほど強くありません。 AM05の中低域は、より支配的な特徴を示す重低域と比較して、それほど顕著ではありません。

 

 総合すると低音の量と強さは、ニュートラルをわずかに超えています。 AM05の低音のスピードとタイトさは適度なレベルです。

 

 iBasso AM05は、暖かく、フルボディで、ソフトで音楽的な中域のプレゼンテーションを提供します。 この周波数範囲の透明度と風通しのレベルはかなり良好なレベルであり、刺さりやざらつきなどの目立った否定的な状態を示しません。

 

 iBasso AM05は、その前進的な音場構造のため、親密なボーカルプレゼンテーションを持っています。ボーカルは前面に出ており、楽器は少しバックグラウンドから聞こえます。AM05は、ボーカルと楽器の分離の点で非常に成功したIEMであり、ボーカルと楽器の間に適切なレベルのスペースを示します。

 

 AM05のの中域下部は、音質、暖かさ、豊かさの点で優れており、男性のボーカルのプレゼンテーションに有利です。 男性のボーカルは、かなりの深さと充実感を示し、細部の点でかなり豊かです。

 

iBasso AM05 IEM Review

Introduction: iBasso is a well known Chinese company that is specialized in Portable Audio products such like Digital Audio Players (DAP), Portable Amplifiers and In-Ear Monitors and DAC/AMP dongles. The AM05 that I will now review is the first member of the " AM Series" which is the combination of the words " All Music ".

  前の「V字型のシグネチャー」の説明をかなり真顔で受け取っていると、そう言ってる割に「中域下部は充実している」とか「前進的な音場とかどういうこと?」と思うかも知れません。そしてこのレビューはうさんくさいと思いたくなるでしょう。しかし、前にも言ったようにV字だなんだはレビューを読む上では核心でも何でもなく、ぶっちゃけどうでもいいので、素直に耳を傾けてみましょう。そうすると、男声ボーカル向きか女声ボーカル向きかなどの細かな議論の余地はありますが、中域下部の充実感や豊かさ、楽器とボーカルの関係性の良さなど、いくつかレビュアー間で共通して認識されている特徴があることが分かります。重低域と中低域のどちらの量が多いのかというような争点がありますが、全体としては豊かで厚みがあり、ハーモニックでボーカルフレンドリーな雰囲気を持っているというイメージは抱けるでしょう。レビューを読む喜びはレビュアーとともにイヤホンを楽しむことにあります。

 

 iBasso AM05の中域上部は、女性のボーカルを男性のボーカルよりも少し詳細にするため、かなりの強さと伸びを持っています。 女性のボーカルは、少し暖かく、かなり透明で生き生きとした方法で提示されます。 AM05のボーカルプレゼンテーションを非常に印象的にするものは、すべての悲しみ、熱意、または柔らかさなどのすべての感情と詳細が明らかに聞こえることです。 全体として、女性ボーカルは、中域上部のディテールと拡張の成功により、平均以上のパフォーマンスを発揮します。

 

iBasso AM05 IEM Review

Introduction: iBasso is a well known Chinese company that is specialized in Portable Audio products such like Digital Audio Players (DAP), Portable Amplifiers and In-Ear Monitors and DAC/AMP dongles. The AM05 that I will now review is the first member of the " AM Series" which is the combination of the words " All Music ".

  この表現!最高じゃないですか!

 iBasso AM05は私も非常にボーカルの表現がうまく、明るさや元気の良さよりは陰翳を感じさせる哀しみや苦しみ、情熱のある、感情的なボーカル表現と本当に相性が良いと思っています。レビューでも例を挙げましたが、感情的で祈りや思いの丈が籠もっているような歌声に本当にマッチします。

 

 たとえばkaruta「一番の宝物」は涙腺を刺激するほどに生々しく、潤い感と充実感のある雰囲気で歌ってくれるはずです。ニュアンスとテクスチャ、ディテールのあらゆる点で女声ボーカル曲を比較的ピンポイントで狙い撃ちしてるところがあり、太く少し野性的なJess Glynne「No One」の曲でもその力強さと軸の太さを充分に引き出しつつ、ニュアンスのそこかしこに女性的なセクシーさが感じられます。ただし、息に伸びはありますが、すっきり感には少し欠け、爽やかさの点では優れていないので、すっきり系のボーカルを求めている人には向かず、もしかするとアイドル曲やアニソン向きとは言えないかも知れません。ここらへんは好みによります。

 

www.ear-phone-review.com

 

 オーディオレビューの素晴らしい楽しみの一つは、こうして遠くに住むおそらく生涯関わり合いになることもないであろう外国のレビュアーが、しかし音の感性ではつながっており、ともに語り合うことが出来る、(単なるオーディオ特性のデータではない)「共通の基盤がある」事実を知ることが出来るという点にもあります。

 私はずっとオーディオレビューを書いてきましたが、その間、オーディオレビューをどう書くべきかずっと考え続け、他のレビューを読み込んできました。そうした中で分かったのは、オーディオレビューは、ただ単に製品の「善し悪し」や製品そのものの点数付けやランク付けをして消費者に購買の手がかりを与えることに最大の意味があるのではないということです。それはレビューを通して生じる付随的な結果に過ぎません。オーディオレビューの一番の本質は、それを通して人々に音を語る「基盤」を与え、そのイメージを言語化するインフラを提供し、人々がより深く製品を理解できるようになるとともに、音楽的な感性の充実によって、創造的な音質を生み出す土壌を作り出すことにあります。レビュー文化の成熟を通じて、オーディオ製品は洗練されるとともに、一端洗練された方向性の向こう側から、もっと創造的な音が生まれる豊かな社会作りに貢献することにあるのだと今は思っています。人々が自由に自分の好きな音を語り、自分が好きなオーディオ製品を選び、それを自信を持って他の人と共有できる、「音の民主主義社会」というべきものにオーディオレビューは開かれていくべきではないかなと個人的には思っています。

 私はまだまだ不勉強で至らないところが多く、よりデータを集め、精密かつわかりやすく、それでいて情報的に深いレビューを書かなければいけないとつねづね思っています。

 閑話休題。

 

 iBasso AM05の中高域は柔らかく、わずかにウォームで明るく、よく調整された強度を示します。 中高域のトランジションは一般的に柔らかく、メタルミュージックのようなジャンルであっても、顕著な刺さりや耳障りさを示すことはありません。 この機能により、AM05は高音の鋭さに敏感な人にとって理想的なIEMになります。

 

iBasso AM05 IEM Review

Introduction: iBasso is a well known Chinese company that is specialized in Portable Audio products such like Digital Audio Players (DAP), Portable Amplifiers and In-Ear Monitors and DAC/AMP dongles. The AM05 that I will now review is the first member of the " AM Series" which is the combination of the words " All Music ".

  iBasso AM05には豊かなボディと低域の暖かみがあるので、高域での過剰なソリッド感やシャープネスは抑制され、全体の雰囲気はソフトで調和的なものになっています。そして繰り返しになりますが、ここまで読めば、冒頭の「V字かどうか」なんてことは全く気にする必要がなかったことがおわかり頂けると思います。AM05のイメージを丁寧に伝えている素晴らしいレビューがここにはありました。

 

audio123 reviews

音質

低域

 AM05はかなりの量の重低域の量があり、伸びが良いです。重低域の再生は俊敏なスピード感のあるアプローチを採用しており、素晴らしい鳴動があります。低域の減衰が速く、素早く表示されます。低域のテクスチャが滑らかにレンダリングされます。中低域は適度なボディを持ち、スラムはパンチの効いた軽快な仕上がりです。各ベースノートは、コントロールされたヒットで発音されます。タイトな低域性能があります。

 

中域

 中域は音楽的に表現され、透明度が良好です。ボーカルは前向きなので、親密なプレゼンテーションになります。すっきりとした存在感のある表現をしています。中域下部は適度なボディを持ち、スカスカした感じはなく、男性ボーカルは感情的に表現されます。中域上部はより強調されており、その前傾によって女性のボーカルのパフォーマンスに貢献しています。 AM05は鮮やかで魅力的な中域を持っています。

 

高域

 高音は伸びが良く、適度なボディがあります。表情には刺さりや耳障りさがなく、スムーズな聴き心地を保証します。レンダリングされる空気の量は良好です。くっきりとした輪郭は適度な鮮明感を持ち、エネルギーを注入するための輝きが高域の高いところにあります。詳細で明確な表現があります。

 

音場

 拡張は自然で、幅の大きさが優れています。レンダリングされた奥行きは効果的であり、閉じ込められていません。包み込むような感じがあります。

 

iBasso AM05

Introduction iBasso is a Chinese brand that is known for their digital audio players (DAPs). Their latest IEM release is the AM05. I would like to thank iBasso for providing the AM05 as a review unit. At the moment, the AM05 can be purchased from iBasso or Penon Audio.

  audio123の素晴らしいレビューに敬礼!

 ぶっちゃけ細かいところで「ちょっと違うんじゃない?」と物言いをつけたいですが、それはおそらく永遠に決着しない個人差の問題に陥るかも知れません。

 audio123やほかのレビューには興味深い他機種との比較もあり、それも紹介しようかと思いましたが、記事自体が思いのほか長くなったのと、そうした比較についてはすでに私のレビューでライバルになりそうな手持ち機種で簡単な聴感イメージの比較を提供しているので、今回は必要ないだろうと判断しました。

 AM05は私の観点では、必ずしも「すごい機種」でもないですし、言うほどオールラウンダーではないと思いますが、ボーカル表現を中心にその厚みのある豊かな音楽表現には納得できる魅力があることは間違いありません。

 

 

 iBasso Audio AM05

iBasso Audio AM05

iBasso Audio AM05 5ドライバBA搭載カナル型イヤホン (グリーン)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事