audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】モニターヘッドホン選び方&おすすめ機種ガイド 2021

f:id:kanbun:20210620074435j:plain

 

 DTM初心者やよりよいオーディオ製品について知りたいと思っているオーディオビギナーにとって、とくに良い音を提供するヘッドホンはどんなものかというのを知るのは、意外と難しいかもしれません。そこで、そうした人たちが簡単に適切なモニタリング用ヘッドホンを購入できるよう、充分な情報を提供するために、この記事が作成されました。


 「ヘッドホンでミックスしてはいけない」という古い格言を、今でも多くのサウンドエンジニアやミュージシャンが守っている事実もあります。彼らは、録音の正確な感覚を得られるのはスピーカーだけだと信じています。しかし、主にイヤホンやヘッドホンで音楽を楽しむ人が増えるにつれ、ヘッドホンが重要な役割を果たし、場合によっては主要な役割を果たすミックスが増えています。

 

 スタジオでのライブ・レコーディングやオーバーダビングにおいて、トラッキング・ヘッドホンは常に重要な役割を果たしてきました。さらに最近ではライブ・パフォーマンスに適したインイヤーモニターも登場しています。スタジオでのモニタリングやミキシングだけでなく、コンサート用のカスタム・モールド・イン・イヤーもあります。

 

 最終的にどのようにヘッドホンを使うかはあなたの自由です。使わないという選択肢もあります。しかし、ヘッドホンであれば大規模なスピーカーシステムを組まずに自宅でパーソナルコンピュータを使用して簡単に作曲やミックス、レコーディングをできる選択肢が増えます。iPadで作曲するのにもヘッドホンやイヤホンのほうが適しているでしょう。

 

 充分な情報に基づいた決断は、常により良い結果をもたらします。そのため、ここにモニターヘッドホンを初めて購入する人を念頭に置いて、詳細な購入ガイドを用意しました。このガイドを読めば、ヘッドホンの仕組みやさまざまなパーツの背後にある科学を理解し、そのうえでベストな選択肢を選ぶことが出来るでしょう。

 

 

考慮すべきスペック情報

 ここではモニターヘッドホンを選ぶ際に考慮すべきスペック情報について、簡単に説明します。

 

インピーダンス

 最初に考慮すべきスペック情報はインピーダンスです。

 

 イヤホンやヘッドホンのスペックを見ると、オーム(Ω)単位の数値が表示されていることに気づくと思います。この値がそのイヤホンやヘッドホンのインピーダンスです。基本的に、ヘッドホンのインピーダンス値は、特定の電流でより多くの電圧を駆動する必要がある場合に大きくなり、一定の電圧でのヘッドホンの音量は小さくなります。

 

 インピーダンス値が高いほど、音量を出すためにヘッドホンが必要とする電力は大きくなります。最近のヘッドホンは、スマートフォンなどのより低電圧の機器との同期をとるために、32Ω以下のかなり低い値のインピーダンスに設定されています。これは、ヘッドホンが品質やパワーを損なうことなく、日常的に使用するデバイスとより効率的に連携できるということです。

 

 アンプの出力制限には、インピーダンスが大きく影響しています。アンプにも出力インピーダンスがあり、それによって出力量が制限されます。理想的な状況では、アンプの出力インピーダンスは、ヘッドホンと比較して8分の1以下になるのが良いとされています。出力インピーダンスが高い場合、より大きな音の歪みが生じる可能性があります。低インピーダンスのヘッドホンは、高インピーダンスのヘッドホンよりもかなり大きな負荷がかかります。一般にスタジオ用の業務用モニターヘッドホンは高インピーダンスであることが多く、一定の出力レベルに対する音量が小さくなります。

 

モニターヘッドホン選び方&おすすめ機種ガイド 2021

 

 誤った選択をすると、後々まで悪影響を及ぼす可能性があるので、新しいスタジオヘッドホンを購入する際には、インピーダンス値を考慮するようにしてください。

 

 アンプの出力インピーダンスとヘッドホンのインピーダンスの関係と、アンプの選び方についての詳しいガイドは以下の記事を参考にすると良いでしょう。

 

感度

 スタジオ用モニターヘッドホンは、細かい部分まで集中して編集できるように、感度の高いものが好まれます。感度とは、そのヘッドホンが電気信号をいかに効率よく音に変換するかを示す指標です。これは、ある電気的駆動レベルにおいて、ヘッドホンがどれだけ大きな音を出すかを示しています。

 

 感度の単位は、1ボルト(V)あたりのデシベル(dB)で表記されることが一般的です。一部の大音量を好む人は、感度の高いヘッドホンをパワーアンプにつないで使用する人がいますが、これはヘッドホンや耳にダメージを与えることになります。多くの企業や専門家は120dB以上の感度を推奨していません。たとえばアメリカの労働安全衛生局は、長時間のリスニングに85dBs以上の感度のヘッドホンを使用しないように勧告しています。

 

モニターヘッドホン選び方&おすすめ機種ガイド 2021

 

 欧州連合(EU)も、聴覚へのダメージを避けるため、騒音の中で100dB以上の感度のヘッドホンを使用しないよう警告しています。アンプについても同様で、聴覚障害を避けるために、最大設定で3.162、1.0、0.3162RMSボルトを超えてはならないと勧告しています

 

 一方で、ミュージシャンやサウンドエンジニアは、レコーディングやミキシングの際に細かい音を聞き取る必要があるため、スタジオ用ヘッドホンには感度が求められます。ヘッドホンの感度を見る際には、安全面を考慮することが重要です。感度を高くすると、音は良くても耳にダメージを与えることになります。

 

スペック以外の要件(形状など)

環境音の低減(密閉型か開放型か)

 プロのミュージシャンが仕事に集中しようとするときやオーディオファンが外出時に音楽を楽しむ場面では、外部の音はとても気になるものです。密閉型ヘッドホンは、このような音をカットする解決手段になります。

 

 一般的な密閉型ヘッドホンは、周囲の音を約8〜12dBカットすることができます。中には25dB程度の音をカットするように設計されたヘッドホンもあります。スタジオ用ヘッドホンを選ぶ際には、使用環境を考慮してヘッドホンの遮音性・密閉性を選択すると良いでしょう。

 

 密閉型に対する開放型の利点は通気性と高域再現度の高さによって、音場を開放的に思わせてくれるところです。音場は聞き疲れやすさにも影響し、静かな環境での長時間のリスニングでは開放型のほうが快適に感じることが多いでしょう。

 

大音量に潜む危険性(セーフリスニングの重要性について)

 イヤホンやヘッドホンを大音量で長時間使用すると、一時的に、あるいは永久に耳が聞こえなくなる可能性があります。多くの企業が安全回路を導入して出力音量を制限したり、大音量が危険になったときに警告を発したりしてきましたが、このアイデアは一般の人々にはほとんど受け入れられませんでした。

 

 フランスでは、政府が国内で販売される100dB以上の感度を持つすべての音楽プレーヤーの使用を禁止しました。聴覚障害を防ぐためにも、大音量での長時間のリスニングは避けましょう。

 

 以下の表は暴露許容音量の目安です。

 

http://www.jibika.or.jp/owned/hwel/news/004/より引用

 

用途別の音質傾向

スタジオ・トラッキング

 ミュージシャンがスタジオでレコーディングする際に装着するヘッドホンは、トラッキングヘッドホンと呼ばれます。

 

 トラッキング用のモニターヘッドホンは大量に購入することを前提とした価格設定になっています。一般消費者向けのヘッドホンとは異なり、トラッキングモデルでは明らかに低音域が強調されているということはあまりありません。

 

 また、イヤーカップにはたっぷりとしたパッドが付いたオーバーイヤータイプのデザインが採用されることがほとんどです。そしてミュージシャンが楽曲に集中できるよう、外音が聞こえにくく、音が外に出ないクローズドモデルであることが一般的です。

 

モニターヘッドホン選び方&おすすめ機種ガイド 2021

 

 以上の要件から、ほとんどのトラッキング用ヘッドホンは、ミキシングやマスタリング用に設計されたリファレンスモデルと比較して、拡張性に欠けると感じられるようなサウンドになっています。

 

 サウンドシグネチャーは一般的にフラットなレスポンスで、低音はクリアに、しかし控えめに出ます。明瞭さとディテールに重点が置かれているので、鮮明な高音と中音が期待できます。ボーカルや楽器音を聞き取りやすいように調整されており、太いベース音やマイクノイズなど演奏への集中を乱すような音はあまり目立たないように調整されています。

 

ミキシング&マスタリング

 このカテゴリーの製品の最大の関心事は正確さであり、重要なリスニングシナリオのために設計されたサウンドシグネチャーは、全周波数帯域を明確に描写します。ミキシングやマスタリングに特化したデザインでは、低音がブーストされたり、高音が強調されたりすることがありますが、それは付随的な影響に過ぎず、ニュートラルサウンドを逸脱しすぎることはありません。このジャンルのヘッドホンは拡張性に重点を置いており、どれだけレンジが広く音を拾えるかが最大の課題です。

 

 これらのモデルが一般的なトラッキングデザインと最も異なる点は、その構造です。いくつかのモデルはセミオープンデザインで、音が少し外側に出るようになっています。また、価格的にも大きな違いがあり、例えば、しっかりとしたリファレンスモデル1台分の価格で、トラッキングモデルが2台買えることもあります。

 

モニターヘッドホン選び方&おすすめ機種ガイド 2021

 

 多くのヘッドホンの中で、最もオーディオマニアレベルのホームステレオシステムにふさわしい機種は、理想論を言えば、正確さとディテールに重点を置き、ミックスにリアルな空間感覚を感じさせてくれるオープンデザイン(開放型)やセミオープンデザインのものであると言えます。

 

 もちろん密閉型ヘッドホンにもミックス用途に使える優れた機種は多くあるので、理想論は理想論に留まるところはありますが、開放型のほうが長所が多いことは事実です。

 

多くのオーディオマニアがおすすめする代表的モニターヘッドホン

 ここでは多くのオーディオブログを読んできた私がおすすめするモニターヘッドホンの人気機種を紹介します。

 

 なお当ブログで実際にレビューしたおすすめ機種については以下の記事を参考にして下さい。

 

SONY MDR-7506

SONY MDR-7506

SONY MDR-7506

 長年にわたって、おそらく一番多数のエンジニアとミュージシャンが支持してきた業務用モニターヘッドホンがSONY MDR-7506です。高いディテール感を持ち、低域から高域まで分離感良く明瞭で、スタジオチューニングとして理想形に近いサウンドを持っている不朽の名機です。しかも廉価な価格で入手できる高コストパフォーマンス機種でもあります。

 

Audio is extremely crisp without any of the manipulation that makes music sound better but less accurate. You’ll hear your instruments and vocals clearly, warts and all.

 

MDR-7506のサウンドは非常に鮮明で、音楽をより良く聞こえるようにしながらも正確性を失わせるような味付けは一切ありません。楽器やボーカルの音がはっきりと聞こえるのです。 

www.rollingstone.com

 

So all in all the fact that these workhorse cans are available for well under a hundred quid is not to be sniffed at.

 

全体的に見て、この主力製品が100ドル以下で入手できるという事実は見逃せません。 

www.musicradar.com

 

 

AKG K371

AKG K371

AKG K371

 開発者である高名なサウンドエンジニアのショーン・オリーブ氏自ら愛用していると公言している機種です。彼が提唱する理想的なスタジオチューニングであるハーマンカーブに最も忠実なサウンドと言われています。そのサウンドはディテールの正確性と質感の自然さを両立させることを狙っており、レコーディングモニターとして最も優れていると多くのオーディオ批評家が太鼓判を押しています。

 

The AKG K371 are the best studio headphones for recording that we've tested.

 

AKG K371は、私たちがテストした中で最も優れたレコーディング用のスタジオヘッドホンです。 

www.rtings.com

 

The natural-leaning frequency response is a necessity for creating an accurate product. The midrange frequency response nearly meets the platonic ideal, making this a pristine pair of headphones for vocal-heavy recordings.

 

自然に傾いた周波数特性は、正確な製品を作るために必要なものです。中域の周波数特性はプラトニックな理想に近いもので、ボーカルの多い録音には最適なヘッドホンです。

www.soundguys.com

 

 

Audio-Technica ATH-M50x

Audio-Technica ATH-M50x

Audio-Technica ATH-M50x

 全世界で100万台以上売れ続けているオーディオテクニカのベストセラースタジオモニターヘッドホンです。モニターヘッドホンにしては低域が少し強調されており、そのおかげで楽器やボーカルのニュアンスや表情がはっきり聞こえやすく、リスニング用途にも優れている機種です。繊細で解像度を重視したモニター感を持ちつつ、決して無機質でないサウンドを提供します。SoundGuysも言っていますが、アーティストが感情移入しやすいサウンドです。

 

Because of the bump in the low end of the ATH-M50x headphones, these might be better for the musician that might need to feel that extra bit of emotion from the instrumentation while in the recording booth and then still wants to listen to some music on the way home.

 

ATH-M50xは低域が強調されているので、レコーディングブースでは楽器の音に感情移入したいが、家に帰ってからも音楽を聴きたいというミュージシャンに向いているかもしれません。この製品は、どちらの役割も十分に果たすことができる汎用性の高いヘッドホンです。

www.soundguys.com

 

By balancing durability, flexibility, and audio performance Audio-Technica’s ATH-M50X are a great pair of studio monitor headphones.

 

オーディオテクニカのATH-M50Xは、耐久性、柔軟性、オーディオ性能のバランスがとれた、スタジオモニターヘッドホンとして最適な製品です。

www.rollingstone.com

 

 

もっといろんなモニターヘッドホンの情報を知りたい

 サウンドハウスの以下の記事が面白いです。

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事