audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【ニュース】低価格トライブリッド中華イヤホン「Geek Wold GK80」登場

ヘッドライン

icon

Geek Wold GK80

Geek Wold GK80

 

 昨年オーディオファンの間で話題になった低価格中華イヤホンの一つに「Geek Wold GK10」がありました。一時爆発的な人気が出たものの、GK10は品質管理で問題を抱えていたほか、サウンドバランスにも改善の余地があり、Geek Woldは早々に後継製品をリリースすることを約束していました。

www.ear-phone-review.com

 

 そうして今、その約束された後継機「Geek Wold GK80」がリリースされました。

 

Geek Wold GK80の技術仕様

  • ドライバーの構成:
    • 1×高周波用バランスド・アーマチュア
    • 2×超高周波用圧電セラミック(ピエゾドライバー)
    • 1×中域&低域用8mmグラフェン振動板ダイナミックドライバー
  • パネル:カーボンファイバーパネル
  • インピーダンス:8Ω
  • 感度:106dB
  • 周波数応答範囲:20-35kHz
  • ケーブルの材質:4本線OFC
  • コネクター:2ピン0.78mm
  • ケーブル長:1.2m

 

Geek Wold GK80
Geek Wold GK80
Geek Wold GK80
Geek Wold GK80
Geek Wold GK80
Geek Wold GK80

 

ユーザーレビュー

 GK80は、バジェットオーディオの分野での進歩を象徴しています。この値段のトライブリッド機はあまり多くありませんし、あったとしても結局は同じような音になってしまいます。GK80は、GK10の方式を改良したもので、GK80のチューニングと相性の良いドライバーを使用しています。この価格帯では難しい、技術的でありながら楽しいサウンドシグネチャを提示することに成功しています。通常、この価格帯のイヤホンは、楽しさを重視するあまり、技術的な領域にはあまり踏み込まないものです。GK10が適切に駆動されたときと同じように、GK80はよりハイエンドなサウンドの一片を提供してくれます。格安のイヤホンを購入すると、人はすぐにその良し悪しを判断してしまうものです。GK80を購入したら、アフターマーケットで良いケーブルを購入してください。それは高価なタイプである必要はありません。低出力インピーダンスのソースに接続し、歌わせるのです。Geek Woldスレッドでどのように聴かれるのか楽しみです。

 

長所:

  • 先行するGK10からのアップグレード
  • GK80は、8mmグラフェン・ダイナミック+トレブルBA+デュアル・ピエゾセラミック・ツイーターを搭載しています
  • フルレンジのサウンドとバランスの取れたトライブリッドGK80は、GK10デザインからの進化を表しています
  • GK10と同じ快適さとパッシブ・アイソレーションで駆動するのが簡単です

短所:

  • インピーダンスが8Ωなので、GK80の最高の音質を得るには、低出力インピーダンスのプレーヤーを使用する必要があります
  • GK10と同じハート型のハウジングを使用
  • 格安製品レベルのアクセサリーが付属しているのは、予想通り
  • ソース、ケーブル、イヤーチップに敏感で、あれこれ試すことができます
  • 付属のケーブルは、市場で最も厄介な絡まりやすいケーブルです

 

https://www.head-fi.org/showcase/geek-wold-gk80.25671/review/27767/

 

価格と販売時期

 Geek Wold GK80はPenon Audioなどで$46.90で取り扱いが開始されています。

 

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事