audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【ニュース】大人気機種の進化版「Sonic Pro」リリース。記念セールも開催

ヘッドライン

SoundPEATS Sonic Pro

SoundPEATS Sonic Pro

【デュアルBAドライバー搭載】 SOUNDPEATS Sonic Pro ワイヤレスイヤホン aptX Adaptive コーデック対応 / 15時間連続再生 / ワイヤレス充電 / QCC3040チップセット搭載 / 低遅延 ゲームモード / デュアル・バランスド・アーマチュアドライバー / Bluetooth 5.2 イヤホン / IPX5防水 カナル型 Type-C充電 サウンドピーツ ブルートゥース ヘッドホン 【ブラック】

 

 SOUNDPEATSから人気の完全ワイヤレスイヤホン「Sonic」を音質・機能両面で強化したイヤホン「Sonic Pro」が登場しました。

 

 「Sonic」同様「日本人の耳」を意識したサウンドチューニングを施しているそうです。宣伝文句がAVIOTみたいですね。個人的にはSonicのチューニングはそんな好きじゃないですけど。

 

 さらに株式会社音元出版主催の国内最大級オーディオ&ビジュアル機器アワード「VGP 2021 SUMMER」において、特別賞および金賞受賞の栄誉に浴したことを記念してと称し、Amazonプライムデーに合わせて、Sonic Proを含む一部製品最大30%OFFの特別セールをamazon.co.jpにて21日と22日の2日間実施するそうです。

 

 最近同じ価格帯でJPRiDEから「TWS-520 mk2」なんてのも発売されてましたけど、Sonic Proのスペックを見ていると正直、はるかにコストパフォーマンスが違うように思えますね。この価格帯で機能満載、2BAの完全ワイヤレスイヤホンモデルをリリースできてしまうSoundPEATSに日本メーカーが対抗するのは厳しそうというのが個人的な感想です。

 

 しかも最近のSoundPEATSはチューニングもうまくなっていて、JPRiDEよりよほどオーディオファン向きのサウンドの機種出してますしね。どこぞのKZのように「安くてたくさんBA積んどけ、チューニングは知らん、スペックで売れるだろ」なんて作り方をしないんですよね、このメーカー。

 

 今年のプライムデーの目玉商品はこれかな。今のところこの「Sonic Pro」を買う予定です。

 

 以下プレスリリース情報です。

 

音質を追求、デュアルBAドライバーを採用

 音質の決め手となるドライバーに、バランスドアーマチュア(BA)2基構成の「デュアルBAドライバー」を採用しました。BAドライバーを高域側と低域側に分け再生周波数帯域を拡大させることで、高音域をより繊細に、中低音域をより豊かに再生します。音色の分離感やアーティストが意図した繊細な表現も丁寧に描写します。“日本人の耳”を意識したサウンドチューニングも、デュアルBAドライバー向けにいちからやり直しています。

 

SoundPEATS Sonic Pro

 

高性能Bluetooth SoC「QCC3040」を採用

 通信と音楽再生を担うBluetooth SoCには、Qualcomm®の高性能チップ「QCC3040」を採用しました。最新規格Bluetooth 5.2に対応、通信範囲拡大およびスループット向上に務めたほか、あらゆるソース機器との左右同時接続を可能にするQualcomm®の技術「TrueWireless Mirroring」の採用により、電車内など人が多い場所での音途切れ・音飛びを最小限に抑えています。

 

aptX Adaptive/aptXをサポート

 音質志向のオーディオコーデックaptX™ Adaptiveに対応しました。周囲の電波状況に応じてビットレートを変動させる機構により、余裕があるときは音質最優先のaptX™ HD相当で、混雑しているときは接続安定を優先したaptX™相当でご利用いただけます。もちろん、SBCとAACもサポートしているので、お使いのスマートフォンを選びません。

 

SoundPEATS Sonic Pro

 

cVc 8.0ノイズキャンセリング技術に対応

 高性能マイクを内蔵、通話品質を追求しました。さらに、音声通話時に発信者の声をクリアにするcVc™ 8.0 ノイズキャンセリング技術により、周囲が騒がしい場所でも自分の声が相手に届きやすく、テレワーク/テレスクール用イヤホンにも最適です。

 

徹底した省電力、充電ケースはワイヤレスチャージ対応

 高性能バッテリーの搭載と左右同時接続技術「TrueWireless Mirroring」を生かし、本体のみで15時間連続再生という高い省電力性能を実現しました。有線Type-Cのほかワイヤレスチャージ※にも対応した充電ケースを使用すれば、最大35時間の連続再生も可能です。※:本製品にワイヤレス充電器は付属しません。

 

SoundPEATS Sonic Pro

 

低遅延のゲームモードを搭載、ゲームやネット動画にも

 イヤホン本体はIPX5の防水性能を装備、屋外やスポーツでも安心してご利用できます。特別なコーデックを必要としない、わずか60msという低遅延のゲームモードを備えているため、シビアな操作タイミングを要求するゲームや、口元の動きと声のずれが気になるネット動画も、違和感なく堪能いただけます。

 

【Sonic Proの概要】

注:「◎」はSonicからの変更点/新機能です。
◎バランスドアーマチュアドライバー2基構成の「デュアルBAドライバー」
◎“日本人の耳”を意識したBAドライバー向けサウンドチューニング
◎ワイヤレスチャージ対応の充電ケース
◎特別感を醸し出すカラーリング(イヤホン本体、充電ケース)
・Bluetooth SoCにQualcomm®の高性能チップ「QCC3040」を採用
・左右同時接続技術「TrueWireless Mirroring」のサポート
・高音質コーデック「aptX Adaptive」と「aptX」のサポート
・本体のみで15時間、充電ケース併用で最大35時間の連続再生
・高性能マイクとcVc™ノイズキャンセリング技術による高い通話品質
・操作用の物理ボタンを兼ねた、光るフェイスプレート
・IPX5対応の防水性能
・ご購入から1年間のメーカー保証

 

【主な仕様】

製品名                                Sonic Pro(ソニック・プロ)
カラー  ブラック
本体寸法(充電ケース)  高さ6.1 x 幅3.9 x 厚さ3.5 cm
Bluetoothプロファイル  HSP、HFP、A2DP、AVRCP
対応オーディオコーデック  aptX Adaptive、aptX、AAC、SBC
最大再生時間(イヤホンのみ/充電ケース併用) 約15時間/約35時間
満充電までの時間(イヤホン/充電ケース) 約1.5時間/約2時間
防水レベル  IPX5
重量(イヤホン片側/充電ケース) 約6g/約47g(イヤホン含む)
販売  オンライン(Amazon、弊社公式サイト、
楽天市場、Qoo10)

 

【受賞記念特別セールについて】
6月21日 0時から22日 23:59まで開催のAmazon Prime Dayにて、弊社一部製品の最大30%OFF特別セールを実施致します。今回発売のSonic Proも、VGP 2021 SUMMER コスパ大賞・金賞ダブル受賞を記念し、30%OFFで提供します。ぜひご利用ください。 
対象商品(※一部抜粋)
製品名
URL
通常価格
セール価格 割引率
TrueFree2
3,980
2,786
30%
TrueAir2+
5,280
3,960
25%
Truengine3SE
6,280
4,396
30%
S1
2,980
2,235
25%
T2
5,580
4,185
25%
Q35HD
4,099
2,869
30%
Watch Pro 1
4,680
2,980
30%
Q30HD
3,690
2,583
30%
TrueCapsule2
4,680
3,276
30%

【関連記事】


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事