audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【新製品】DUNU Kima:10mmデュアルキャビティDLC中華イヤホン

ヘッドライン
icon icon
icon

DUNU Kima

DUNU Kima

 

シングルダイナミックドライバーIEM「DUNU KIMA」がリリースされました。

 

DUNU Kimaの特徴

  • 高性能デュアルキャビティダイナミックドライバー
  • 新世代のDLC振動板
  • 二重空洞構造&エアフローコントロール
  • デザイン性の高いパネルと高密度アロイシェル
  • プレミアム単結晶銀メッキ銅ケーブル

 

DUNU Kimaの技術仕様

  • 周波数特性:5Hz~40kHz
  • インピーダンス:32 Ω(1 kHz)
  • 感度:108±1dB(1kHz)
  • 全高調波歪率:0.3%以下(1kHz)
  • ダイナミック・ドライバー・ユニット:10mmデュアル・チャンバー・ダイナミック・ドライバー、ダイヤモンドライクカーボン(DLC)ダイアフラム搭載
  • 線材:4芯、高純度銀メッキ単結晶銅ケーブル
  • ケーブルコネクター:0.78 mm 2ピン
  • プラグ:3.5mm TRSシングルエンド

 

DUNU Kima

 

高性能デュアルチャンバーDLCダイナミックドライバー搭載

10mm径の高性能デュアルチャンバー・ダイナミックドライバーユニットを搭載。新世代DLC素材振動板、N52ネオジム・ストロン磁気回路、高張力極細ボイスコイル線、共振抑制デュアルキャビティ構造など、プロフェッショナルが設計した音響構造を採用しています。KIMAは、この精密に設計されたダイナミックドライバーユニットによって、クリーンでナチュラルなサウンドパフォーマンスを実現しました。音楽と一緒に流れるような、暖かく、滑らかで、リラックスできるサウンドを提供します。

 

DUNU Kima

 

新世代DLC振動板

KIMAでは、新世代のDLC(ダイヤモンドライクカーボン)振動板を採用しています。従来のDLC振動板と比較して、均一な構造により剛性とダンピング特性を高め、全高調波歪みを大幅に低減し、音響性能の最適化を実現しました。これにより、より正確で効率的な全周波数帯域の再生が可能になりました。

 

DUNU Kima

 

マイクロ制御のエアフローフロント&リアキャビティ構造

DUNU KIMAでは、フロントチャンバーとリアチャンバーの空気孔にマイクロコントローラーを配置。これにより、フロントチャンバーとリアチャンバーのエアフローバランスを考慮した独自のマイクロコントロールシステムを実現しました。高性能ダイナミックドライバーの吸気要件と防音性能を十分に考慮し、多くの研究とシミュレーションテストを経て設計されています。

 

デザイン性に優れたフェイスパネルと高密度合金製シェル

KIMAのフェイスパネルは、4つの非対称な傾斜面をK字型の凸面で区切り、立体的な視覚効果を実現しています。反射するメタリックな質感と相まって、さまざまな光と影を表現しています。Kimaのイヤシェルは、高密度合金を用いて作られています。高密度合金の素材を溶かして鋳造し、細かい彫りや補修、研磨などの工程を経て、滑らかに仕上げています。さらに、特殊なサンドブラスト加工を施すことで、繊細で美しい手触りのシェルに仕上げています。オールメタルキャビティ構造により、高い外観と安定した音響性能を実現しています。

 

DUNU Kima

 

銀メッキ単結晶銅ケーブル

DUNU KIMAには、高純度4芯単結晶銅銀メッキケーブルが付属しています。ケーブルはリッツ編組構造です。ケーブルはリッツ編組構造で、外部からの干渉から信号を保護し、ピュアなサウンドを実現する絶縁性アウターシールドを採用しています。標準的な2ピン0.78mmコネクターで、互換性が高く使いやすいペアです。右側に赤いマークが付いたカスタム高浸透ピンモールドを採用し、両側のピンを素早く見分けられるようになっています。

 

DUNU Kima

 

価格と販売状況

DUNU Kimaは、Linsoulなどで109ドルで販売中です。

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事