audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【モニターヘッドホン Behringer BH770 アウトラインレビュー】ビッキビッキに高輝度で高精細な音を聞かせる分析系モニター。装着感は良いが、聴き心地は良くない

ヘッドライン
icon
icon icon icon
icon

Behringer BH770

Behringer BH770

 

免責事項
  • このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  • これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  • 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。

 

audio-sound Score

  • パッケージ:7.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.0/10.0
  • 装着感:9.0/10.0
  • 高域:8.0/10.0
  • 中域:7.0/10.0
  • 低域:7.0/10.0
  • 歪みの少なさ:7.5/10.0

 

こんな人におすすめ

  • 明るい音が好き
  • 高精細で分析的な音が好き
  • 装着感重視

 

Behringer BH770の概要

「アウトラインレビュー」は製品の概要を簡潔に紹介するレビューシリーズです。今回取り上げる製品は「Behringer BH770」です。

 

Behringer BH770の完全なレビューはこちらにあります。

 

基本スペック
  • 再生周波数:20Hz-20000Hz
  • インピーダンス:80Ω
  • 感度:96dB
  • 価格帯:3000円~5000円

 

Behringer BH770の特徴

BEHRINGER(ベリンガー)のプロ仕様、密閉型スタジオモニターヘッドホン

 

www.youtube.com

 

<特徴>
■プロ仕様の密閉型スタジオモニターヘッドホン
■53mm径のダイナミックドライバーを搭載し、伸びやかな低音と繊細な高音を実現
■非常に軽量で、長時間のスタジオ作業でも快適に使用可能
■広がりのあるサウンドステージングでスピーカーのような自然なモニタリングを実現
■オーバーイヤー型のハウジング、超ソフトなイヤーカップと調整可能なヘッドバンドを採用
■密閉型デザインにより、優れた遮音性で安定したリスニング環境を実現
■信頼性の高い無酸素銅の編組ケーブル、1/4インチ(6.3mm)アダプター付き

 

Behringer BH770

 

パッケージ

パッケージは価格の標準を満たしています。紙製でエコですね。

 

パッケージ内容
  • ヘッドホン本体
  • 3.5mm→6.35mmアダプター
  • 説明書

 

Behringer HPS3000

Behringer BH770

Behringer BH770

 

ビルドクオリティ

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

 

Behringer BH770

Behringer BH770
Behringer BH770
Behringer BH770
Behringer BH770

Behringer BH770

装着感

装着感は良好です。装着感は手持ちのbeyerdynamic DT990 とほとんど変わらないですね。

 

Behringer BH770

Behringer BH770
Behringer BH770
Behringer BH770

 

音質

FiiO M15につないでレビューします。

 

Behringer BH770は高域を強調したサウンドシグネチャーを持っています。

 

音質についての詳しいレビュー内容はこちらを参照して下さい。

 

Behringer BH770

 

低域

低域のモニター用としてはBH770はほとんど役に立ちません。エレキベースは薄っぺらく、ドラムキックもスコスコして重みに欠けて聞こえます。リズムは軽快に感じられますが、インパクトがありません。

 

低域をモニタリングしたい場合はTASCAM TH-06を使うか、イヤホンを使ったほうがいいでしょう。

www.audio-sound-premium.com

 

中域

BH770の中域は明るく詳細に聞こえますが、解像度が足りないので、奥行き感がなく、階調感の乏しい平べったい印象で聞こえます。

 

奥行きの感じられにくい平板な中域はもしかすると「フラットなサウンド」だと思わせるかもしれませんが、実際には中域上部で奥行きが強調されており、バイオリンや木管を聴けば軸がしっかり直立していないのがわかります。つまり、フラットな音ではありません。ただ単に音楽の立体感の再現が下手くそなだけです。

 

明るく硬めの音で中域の構築感は良好に再現されます。この点モニター的ですが、尖りは抑制されているため、輝度と明度が高い音のわりに耳にきつすぎる感じはありません。それでも高域は出すぎている水準にあるので、かなり耳に負担感を感じる音です。

 

高域

高域はかなり鮮明感を強調しているため、第一印象は良い音に思うかもしれません。私も繊細でディテールを細やかに再現する聴かせ方に最初はかなり魅力を感じました。

 

歯擦音がやや刺激的に聞こえやすく、チやジのような音がかなり尖りますが、サ行の刺さりはそれに比べると少ないように思います。それでも曲によってはきつい聞こえ方をすることがあります。

 

高域の抜けはわりと良好なので、オープン型のように思うかもしれません。

 

音質総評
  • 原音忠実度:A-
  • おすすめ度:C
  • 個人的な好み:C

 

BH770の第一印象は詳細に音が聞こえるので、悪くないように思いましたが、少し時間をかけて聴きこむと、すぐにそのチープなサウンドと聞き心地の悪さでこのヘッドホンを使う気が失せました。シンバルクラッシュだけは繊細に抜けもよく、爽快に聞かせてくれるので好きですね。

 

Behringer BH770

 

音質的な特徴

美点
  • 輝度が高い
  • 繊細で高精細なサウンド
  • 分析的
  • 明るい音
  • 優れた高域拡張性

 

欠点
  • 低域の深さで物足りない
  • 不自然な定位感
  • 不自然な質感
  • 物足りない解像度
  • 平面的で薄っぺらい皮相な音

 

 

総評

低価格で分析能力に優れたモニターヘッドホンを探しているなら、Behringer BH770を候補に考えてもよいかもしれません。しかし、それは解像度で物足りず、全体的なスペックで価格の水準を満たしているとはいいがたいところがあります。

 

この価格帯でミキシングに使える分析的なモニターヘッドホンとしてはCLASSIC PRO CPH7000をおすすめします。

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事