audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【モニターイヤホン Etymotic Research ER2SE アウトラインレビュー】ニアフィールド系モニターイヤホンの良入門機種。素晴らしい品質管理を低価格で実現

ヘッドライン
icon
icon icon icon
icon

Etymotic Research ER2SE

Etymotic Research ER2SE

 

免責事項
  • このレビューは「私的な購入品」または「対価を払ってレンタルした商品」に基づいて書かれています。
  • これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  • 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。

 

audio-sound Score

  • パッケージ:8.0/10.0
  • ビルドクオリティ:8.0/10.0
  • 装着感:8.0/10.0
  • 高域:8.5/10.0
  • 中域:9.5/10.0
  • 低域:9.0/10.0
  • 歪みの少なさ:7.5/10.0

 

こんな人におすすめ

  • ニアフィールドサウンドが好き
  • ボーカル曲向きのイヤホンが欲しい
  • ASMRやボイスドラマ、ナレーション向きのイヤホンを探している
  • よく品質管理された信頼性の高い機器を使いたい
  • Etymotic Researchファン
  • コストパフォーマンス重視

 

Etymotic Research ER2SEの概要

「アウトラインレビュー」は製品の概要を簡潔に紹介するレビューシリーズです。今回取り上げる製品は「Etymotic Research ER2SE」です。

 

Etymotic Research ER2SEの完全なレビューはこちらにあります。

 

基本スペック
  • 再生周波数:20-16000Hz
  • インピーダンス:15Ω
  • 感度:96dB
  • ピンタイプ:mmcx

 

Etymotic Research ER2SEの特徴

原音に忠実なエントリーモデル

“Studio Edition”を標榜するEtymotic のニューモデルER2SEは、満を持して発表するエントリーモデルです。新規で開発したハイパフォーマンスなダイナミック型ドライバー1基を搭載し、原音に対する忠実性とワイドレンジ特性を目指しながら、オーナーにリスニングプレジャーをもたらすことを約束します。

 

MMCX方式の着脱式ケーブルを採用し、不慮の断線時でも交換が容易。

 

鮮やかなメタリックブルーのカラーリングは、アルミ蒸着塗装による高品位な仕上げです。

 

Etymotic Research ER2SE

Etymotic Research ER2SE
Etymotic Research ER2SE

Etymotic Research ER2SE

 

パッケージ

ER2SEのパッケージは価格の標準以上です。

 

パッケージ内容
  • イヤホン本体
  • キャリングケース
  • イヤーピース
  • 説明書

 

Etymotic Research ER2SE

Etymotic Research ER2SE
Etymotic Research ER2SE
Etymotic Research ER2SE
Etymotic Research ER2SE

Etymotic Research ER2SE

 

ビルドクオリティ

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。デザインはかなりきれいです。

 

Etymotic Research ER2SE

Etymotic Research ER2SE
Etymotic Research ER2SE
Etymotic Research ER2SE
Etymotic Research ER2SE

Etymotic Research ER2SE

 

装着感

耳奥まで入れるので装着感は独特です。遮音性は抜群に近いですが、装着感自体はかなり奥で固定してもケーブルのテンションなどにより変わりやすく、思ったよりは安定しません。

 

Etymotic Research ER2SE

Etymotic Research ER2SE
Etymotic Research ER2SE
Etymotic Research ER2SE

 

音質

今回は標準イヤーチップ(トリプルフランジ)を使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

 

Etymotic Research ER2SEは典型的なEtymoticターゲットに近い中域充実系のサウンドを持っています。

 

https://i0.wp.com/cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanbun/20220903/20220903214555.png?w=1256&ssl=1

 

音質についての詳しいレビュー内容はこちらを参照して下さい。

 

Etymotic Research ER2SE

 

低域

ER2SEの低域はモニター的でリニア、ほぼフラットになっており、ストンと落ちるモニタースピーカーライクな低域になっています。深さは期待できません。

 

エレキベースは広がりは悪く気もしますが、黒さで物足りず、エッジが強調されてブリブリして聞こえる傾向があります。また、ドラムキックは浅めで重厚感に欠け、胴鳴り感が希薄で軽っぽいタンタンした音で聞こえます。

 

中域を邪魔せず、明るく見通しの良いモニター的な低域が好みなら悪くありませんが、個人的には物足りないですね。

 

 

中域

中域はニュートラルに近く、しかも前面に聞こえるように調整されています。

 

Etymoticのイヤホンは中域でやや歪みが多くなる傾向がありますが、ER2SEもその例に漏れません。音量を上げると少し付帯音が増え、ノイズ感が出る印象を受けるかもしれません。透明度は少し不足して感じられやすく、モニターとしては少し物足りない印象を受けるかもしれません。

 

中域の質感表現はかなり正確ですが、やや明るく聞こえすぎる傾向があり、ボーカルが張り出し気味に聞こえます。音場は少し狭く親密な位置関係で聞こえやすく、分離感はいまいちです。このあたりはクロスフィードするスピーカーの音像を意識して調整されているせいでしょう。

 

Etymotic Research ER2SE

 

高域

高域は滑らかで一貫性のあるサウンドを実現しており、バランスも良いため、原音忠実度が高めです。

 

鮮明感がわずかに物足りず、輝度が低いのでディテール感がぼんやりするのが難点です。ハイハットの発色は悪く、音楽に活気が感じられませんね。

 

聴き心地は良く、ボーカルやギターのメインがある中域に集中しやすいのは良いですが、作曲用のモニターとしてはあまり信頼できません。これはむしろ完成した曲をそこらへんのスピーカーで聞いたらだいたいどういう感じに聞こえるかのチェック用の製品といえます。積極的に音を捉えていくなら別の製品(たとえばBehringer MO240)を使ったほうが効率が良いですね。

www.audio-sound-premium.com

 

とはいえ、高域の拡張性はそれほど悪くないので、地味な割に抜けが悪いとは感じない高域です。

 

音質総評
  • 原音忠実度:A+
  • おすすめ度:A
  • 個人的な好み:B

 

ほぼ同じ価格で買える中華EtymoクローンのYu9 U-554U-556を以前紹介したことを覚えているかもしれません。

www.audio-sound-premium.com

www.audio-sound-premium.com

 

チューニング面ではいくつかの点でU-554やU-556のほうがER2SEより優れていると言える側面があることが事実です。U-554や、とくにU-556はER2SEより解像度で優れています。U-554は精細感でER2SEを凌駕しているため、分析性でより信頼できるでしょう。またそれらは多くの人にとってER2SEよりもおそらく原音忠実的です。

 

しかし、ER2SEにはYu9のレプリカモデルたちにない利点があります。まずそれはEtymoticの主張通り比較的ワイドレンジでYu9のモデルより広く楽曲のイメージを再現できます。

 

さらにもっと着目すべき点は、国内正規版のER2SEは左右の各個体がシリアルナンバーで個別に識別されており、厳密なマッチングが行われていることです。代理店の完実電気は非常に厳密な品質管理を行っており、もし手持ちのER2SEのペアのどちらかが不良になった場合、修理依頼をすれば完璧なマッチングの個体を送り返してくれます。

 

Yu9の個体も中華イヤホンとしてはかなり高い水準で左右がマッチングされていたことは確認していますが、Etymotic Researchの品質管理ははるかにそれを凌駕します。

 

あくまで日本国内で正規品を新品で手に入れて使用するという前提での話ですが、Etymotic製品のクオリティコントロールはこの価格帯ではまれなほど行き届いており、代理店の完実電気も非常に経験豊富で気を配っています。単純に音質パフォーマンスだけで判断すれば、どちらかといえばYu9のほうが良い気もしますが、信頼性と長期的な視点での音質維持まで含めて音質を評価するならば、圧倒的にEtymoticの正規品を買った方がお得です。

 

中華イヤホンをはじめ、一流ブランド(無駄に高額な金をむしり取るような10万円以上のイヤホンを作っている自称ハイブランドたちのことではありません。JVCやオーテクなどのことです)を除く多くのイヤホン製品では今のところ、たとえ数十万円払ったとしても、この1万円台のEtymoticイヤホンの製造と流通の両面にわたる徹底的な管理体制ほどのクオリティコントロールはとても望めないでしょう。

 

Etymotic Research ER2SE

 

音質的な特徴

美点
  • 原音忠実性が高い
  • ほぼ完璧なニアフィールドサウンド
  • マイルドな高域
  • 良好なボーカルフォーカス
  • 優れた質感表現
  • モニター的な低域
  • 前方定位的
  • 音像一貫性に優れている
  • 左右の正確なマッチング

 

欠点
  • 低域の深みに欠ける
  • モニター用途には物足りないかもしれないクリア感
  • 少し不足しているディテール感

 

 

総評

Etymotic Research ER2SEはEtymoticのエントリークラスとして上位機種と同じ使い勝手とほぼ同様のサウンドを廉価な価格で提供するモデルです。また、上位機種と同じくEtymotic Researchの優れた品質管理を実現しており、この価格帯ではめったに見られない完璧な左右のマッチングと優れたアフターサービスが得られます。廉価で信頼性の高い製品を求めているなら、この製品は見逃せないでしょう。

 

こういう高い品質管理を実現しているイヤホンこそ、本当の意味でコスパに優れた製品です。アキュフェーズがやっているようなことを低価格で堅実に実施しているということです。つまり、優れたオーディオ製品は10年20年という長い年月にわたって愛用できるものであるべきだという確かな哲学のあるブランドのエントリークラスはやはり別格というべきでしょう。

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事