audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【中華イヤホン Open Audio Witch アウトラインレビュー】重厚なV字サウンド。低歪

ヘッドライン
icon
icon icon icon
icon

Open Audio Witch

Open Audio Witch

 

免責事項
  • このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにOpen Audioから貸与されたサンプルに基づいて書かれています。
  • これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  • 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。

 

audio-sound Score

  • パッケージ:7.5/10.0
  • ビルドクオリティ:8.5/10.0
  • 装着感:8.5/10.0
  • 高域:8.0/10.0
  • 中域:7.5/10.0
  • 低域:9.5/10.0
  • 歪みの少なさ:9.0/10.0

 

こんな人におすすめ

  • 重厚なサウンドが好き
  • Open Audioファン

 

Open Audio Witchの概要

「アウトラインレビュー」は製品の概要を簡潔に紹介するレビューシリーズです。今回取り上げる製品は「Open Audio Witch」です。

 

Open Audio Witchの完全なレビューはこちらにあります。

 

基本スペック
  • 再生周波数:10-20000Hz
  • インピーダンス:20Ω
  • 感度:110dB
  • ピンタイプ:qdc 2pin 0.78mm

 

Open Audio Witchの特徴
  • プレミアム・デュアルドライバー・ハイブリッド構成(片側)
  • 10mmコンポジットダイアフラムダイナミックドライバー
  • カスタムチューンされたバランスド・アーマチュア・ドライバー
  • 2ウェイ周波数分割方式
  • 透明感のあるフルボディサウンド

 

プレミアム・デュアルドライバー・ハイブリッド・セットアップによるハイレゾリューション・サウンド

Open Audio Witchは、カスタム開発されたダイナミックドライバーとカスタムチューニングされたバランスド・アーマチュア・ドライバーで構成されるプレミアム・デュアルドライバー・ハイブリッド・セットアップを両サイドに搭載しています。この2つのドライバーにより、幅広い周波数帯域において、驚くほどの透明感とディテールを備えた、鮮明で高解像度のサウンドを実現しています。

 

Open Audio Witch

 

2ウェイ周波数分割

歪みの少ない高品位なパフォーマンスを実現するために、Witchでは両ドライバーユニットを2ウェイの物理的な周波数分割配置にしています。ダイナミックドライバーユニットは、クイックでパンチの効いた深みのある低音と豊かな中音域を、バランスド・アーマチュアドライバーはボーカル、中音域、高音域の高解像度なディテールを表現します。

 

Open Audio Witch

 

透明で自然な音

Open Audio Witchは、深みのある低音、豊かな中音域、滑らかな高音域を備えた、フルボディでパワフルなサウンドをもたらします。没入感のあるサウンドと透明感のある美しいボーカルで、さまざまなジャンルを補完します。

 

Open Audio Witch

 

駆動しやすい

Open Audio Witchは、駆動しやすいペアです。ユーザーは何の苦労もなく、スマートフォンからそのままハイレゾの音楽の透明感を楽しむことができます。わずか20Ωの低インピーダンスで、110dBの高感度を実現しています。

 

Open Audio Witch

 

人間工学に基づいたデザインと銀メッキされた高品質なケーブル

Open Audio Witchのイヤーキャビティは、多くのユーザーに快適な装着感を提供するために、膨大な数の耳のサンプルデータをもとに深い研究を行って作られています。ケーブルは高純度銀メッキ銅線で、接続しやすい標準的な2ピンコネクターを採用しています。また、3.5mmのターミネーションプラグを採用し、ユニバーサルな接続性を実現しています。

 

パッケージ

今回メーカーからお借りしたのは正規パッケージではないので評価は7.5とします。

 

製品版はかわいらしい魔女の絵が描かれたパッケージで提供されます。

 

パッケージ内容
  • イヤホン本体
  • イヤーピース
  • キャリングケース

 

Open Audio Witch

Open Audio Witch

Open Audio Witch

 

ビルドクオリティ

ビルドクオリティは価格の標準を満たしています。

 

Open Audio Witch

Open Audio Witch
Open Audio Witch

Open Audio Witch

Open Audio Witch

Open Audio Witch

Open Audio Witch

Open Audio Witch

 

装着感

装着感は良好です。

 

Open Audio Witch

Open Audio Witch
Open Audio Witch
Open Audio Witch

 

音質

今回は標準イヤーチップ Lサイズを使い、FiiO M15で駆動してレビューします。

 

Open Audio Witchは低域と中高域が強調されたV字型あるいはW字型のサウンドシグネチャーを持っています。

 

JH Audio JH16v2 Pro Universal Frequency Response (RAW)

 

音質についての詳しいレビュー内容はこちらを参照して下さい。

 

Open Audio Witch

 

低域

Open Audio Witchの低域は全体の中で存在感が強く、重厚かつ深みのあるサウンドを持っています。


十分に黒いベースとランブルも豊かな躍動感とインパクトのあるドラムを再現でき、一般に重低域マニアをほとんど満足させることができると期待できます。

 

かなり低歪かつリニアで見通し感もよく、良質と言える低域です。

 

Open Audio Witch

 

中域

Witchの最初の欠点は中域にあります。

 

窮屈で籠ったような、濁って聞こえがちの暗い中域で、独特の奥行き感があります。

 

響きが強い中でも艶が強調されており、エレキギターのエッジやボーカルが甘くノスタルジックな雰囲気で聞こえます。

 

ただ、ボーカルは鼻にかかったような歌い方で、ともすると鼻が詰まってるんじゃないかと思えるくらいの雰囲気です。場合によって若干ダミ声っぽく聞こえる感覚もあるかもしれません。どの曲を聴いても少し狂った調子に聞こえるので、ボーカルものは大抵興を削がれます。

 

個人的には暗い聴かせ方は好きな雰囲気ではあるものの、中域はぼやけ、高域の方を見ても引き締まりが悪く、結局一番きれいに聞こえるバスドラムあたりにフォーカスされがちなのが気になりますね。

 

ボーカルを聴こうとしても焦点を定まらず、中域全体が磨りガラスで見るように曇っているので、音像がうまく定位して聞こえず、難解でわかりづらくなってしまいがちです。

 

個人的には聴いていると少し気持ち悪くなってくるくらいです。

 

Open Audio Witch

 

高域

高域は拡張性で大幅に物足りません。

 

輝度は中域のやや不足気味の明度を補う水準にあると思われ、低域とよく釣り合うように調整されているので、鮮明感は十分にあり、ディテール不足はあまり感じないとは思います。

 

ただ、ハイハットはやはり発色が悪く、バイオリンも軸が弱く、妙にツヤツヤ感だけはあるのに伸びない、躍動感に欠ける音に聞こえます。

ただこの高域は中域よりはまだまともです。

 

Open Audio Witch

 

音質総評
  • 原音忠実度:B+
  • おすすめ度:C
  • 個人的な好み:C

 

Open Audio WitchはOpen Audioの処女作に当たるはずなのですが、泡沫メーカーにありがちなヘンテコサウンドと言えます。ちょうど今から10年前くらいの中華イヤホン黎明期を思わせるサウンドで、音質面ではとても1万円を出せるような機種ではありません。スペック的にも物足りないですし、チューニングはちょっとでも耳が肥えたオーディオマニアは酷評するレベルで、本当によくありません。

 

同じ価格帯にはTin HiFi T3 PlusThieAudio Legacy 2といった優れた競合がおり、なおさらWitchの存在感は霞みます。

www.audio-sound-premium.com

www.audio-sound-premium.com

 

幸いにして私はすでに同じブランドのAlkaidをレビューしており、Open AudioのサウンドがWitchの頃から急速に洗練されたことを知っています。Witchのサウンドはお世辞にも良いとは言えませんが、Open Audioにはほかに優れた製品があります。

www.audio-sound-premium.com

 

そういうわけで、Open Audioの優れた評判を聞き、その入門機としてWitchを検討している場合はおすすめできません。

 

Open Audio Witch

 

音質的な特徴

美点
  • 奥行き感のある音場
  • 重厚
  • 上品でシック
  • 艶やか
  • 低歪
  • ノスタルジックで甘やかな音

 

欠点
  • 不足している高域拡張性
  • 濁ってわかりづらい中域
  • 物足りない解像度
  • 不自然な質感

 

 

総評

Open Audio Witchは重厚なドンシャリサウンドを聴かせてくれるイヤホンです。ビルドクオリティも悪くなく、歪率などの測定値から考えると、価格に見合った素材で作られているだろうことはわかります。ただ、チューニングは単純に良くなく、ちょっとおすすめできません。

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事