audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【完全ワイヤレスイヤホン Tribit FlyBuds C2 アウトラインレビュー】鮮明感に優れ、クリスタルクリアな中域重視のモニターライクサウンド。低域はスカスカ

ヘッドライン

Tribit FlyBuds C2

Tribit FlyBuds C2

 

免責事項
  • このレビューは誠実な品質レビューを読者に伝えるためにTribitから提供されたサンプルに基づいて書かれています。
  • これを掲載することによる原稿料のような報酬または対価は一切受け取っておらず、個人的な試験での測定データや個人的見解に基づいて誠実に評価したものです。
  • 当サイトのプライバシーポリシーをご確認ください。

 

Tribit FlyBuds C2

 

こんな人におすすめ

  • クリアで明るいサウンドが好き
  • 元気で快活なボーカル表現が好き
  • モニターサウンドが好き
  • 音楽に低域なんて必要ない

 

Tribit FlyBuds C2の概要

 「アウトラインレビュー」は製品の概要を簡潔に紹介するレビューシリーズです。今回取り上げる製品は「Tribit FlyBuds C2」です。

 Tribit FlyBuds C2の完全なレビューはこちらにあります。

 

基本スペック
  • 連続/最大再生時間:8h/32h
  • 防水性能:不明
  • 対応コーデック:aptX/AAC/SBC
  • 技適番号:210-164681
  • 価格帯:10000円~20000円

 

パッケージ

 Tribit Flybuds C2のパッケージは全体として標準以上で、価格に十分見合っています。

 

パッケージ内容

 付属品に不足はありません。

  • Tribid Flybuds C2本体
  • 充電用ケーブル
  • 説明書

 

www.youtube.com

 

ビルドクオリティ

 本体のビルドクオリティは価格の標準を満たしています。イヤホン本体の光沢感のあるメタリックなデザインに高級感が感じられます。

 

Tribit FlyBuds C2
Tribit FlyBuds C2
Tribit FlyBuds C2
Tribit FlyBuds C2

 

装着サンプル

 いわゆるインナーイヤー型で通気性がよく、装着感は快適です。わりとよく耳に収まる形をしています。

 

Tribit FlyBuds C2
Tribit FlyBuds C2
Tribit FlyBuds C2
Tribit FlyBuds C2

 

接続品質

 aptXでCayin N6II/E02と接続してテストしました。少し接続品質は標準より弱いかもしれませんね。

 

 人混みに行ってないのでわかりませんが、 家庭内では安定しています。距離耐性は優秀で、5mくらい離れてもシームレスでそのままつながっています。遮蔽物を挟んでも接続が途切れることなく、接続は維持されます。音飛びもありませんでした。

 

 ホワイトノイズはわずかにあるかもしれませんが、おそらくほとんどの人が気になりません。

www.audio-sound-premium.com

 

インターフェース/操作方法

 操作インターフェースはタッチ式です。

電源ON 充電ケースの蓋を開ける
電源OFF 充電ケースにイヤホンを収納し、蓋を閉める
ペアリング イヤホンを電源ONにしたあと、接続先がない場合は自動でペアリングモード
リセット方法 ①イヤホンを手に取り、長押しして手動電源OFFする
②イヤホンを10秒間長押しして、イヤホンのLEDが白く常灯するのを確認する
③その状態で5秒以内に素早く2回タップ
④イヤホンのLEDが素早く白色で点滅したら、リセット成功
曲再生/停止 多機能ボタンを2回タップ
曲送り 多機能ボタンを3回タップ
音量+ 右耳側の多機能ボタンを2秒長押し
音量- 左耳側の多機能ボタンを2秒長押し
通話応答 多機能ボタンを1回タップ
通話終了 多機能ボタンを1回タップ
通話拒否 多機能ボタンを2秒長押し
ボイスアシスタント起動 左耳側の多機能ボタンを2秒長押し

 

Tribit FlyBuds C2

 

音質 

 Tribit Flybuds C2はインナーイヤー型特有の低域に弱点を持っているものの、中域から高域にかけてかなりニュートラルに近いサウンドを実現しており、明るく鮮明なモニターライクなサウンドが期待できます。

 

 海外で非常に高く評価されている機種ですが、それも頷けるところで、解像度もかなり高いです。

 

 以下のレビューはFiiO M15にaptXでつないでテストしています。

 

 

 音質についての詳しいレビュー内容はこちらを参照して下さい。

 

Tribit FlyBuds C2

 

音質総評
  • 原音忠実度:A
  • おすすめ度:B+
  • 個人的な好み:B-

 

 低域がスカスカなのを除けば、モニターライクで高解像のかなり優秀な機種です。モニターサウンドが好きなら気に入ると思いますが、人によっては安っぽい音に聞こえる可能性があります。

 

 また高域に敏感な人にはアグレッシブすぎる音に思うかもしれません。

 

音質的な特徴
美点
  • 鮮明でクリア
  • 中域への適切なフォーカス
  • モニターライク
  • かなり正確な定位
  • 明るいサウンド
  • クリスタルのような透明感
欠点
  • スカスカな低域
  • 人によってシャウティでアグレッシブすぎるサウンド
  • 深みがない表現
  • 安っぽい音

 

総評

 Tribit Flybuds C2は明るく鮮明なクリスタルサウンドを愛する人のためのイヤホンです。低域はスカスカですが、ボーカルが印象的に聞こえ、楽器音が明るく響きます。低域の不足によって安いオーディオセットの音のように聞こえるところは不満なものの、原音忠実度の高い中域と高域はモニターサウンドを好む人には心地よく思えるでしょう。

 

Tribit FlyBuds C2

Tribit Flybuds C2

¥7,999(税込)

 
 
 
 

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事