audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【コラム】HiBy RS6の海外レビューまとめ

ヘッドライン
icon icon icon
icon

HiBy RS6

HiBy RS6

 

 HiByのデジタルオーディオプレーヤー「HiBy RS6」の海外レビューをまとめて紹介します。

www.ear-phone-review.com

 

www.youtube.com

 

HiBy RS6の特徴

  • HiByが独自に開発したDarwinアーキテクチャー
  • R-2RラダーアレイDAC技術
  • 256タップ調整可能なFIRフィルタ
  • 16倍速MQAフルデコーディング
  • オープンなAndroid 9 OS
  • Bluetooth V5.0接続
  • HiByLinkアプリ対応
  • 2.4 & 5GHz デュアルバンド WiFi
  • ネイティブDSDデコード

 

HiBy RS6の技術仕様

  • SoC:クアルコムSnapdragon 660
  • CPU:8コアKryo 260、2.2GHz
  • GPU:Adreno 512
  • DAC:Darwin Architecture
  • RAM:4GB
  • ROM:64GB
  • MicroSD対応:<2TB
  • バッテリー容量:4500mAh
  • 電池寿命:最大8.5時間
  • 出力パラメータ(3.5mm)
  • 周波数特性:20Hz-45kHz
  • 出力電圧:2.4Vrms
  • 出力電力:180mW@32Ω
  • クロストーク除去:72dB
  • S/N比:114dB
  • ダイナミックレンジ:95dB
  • THD+N:0.003%
  • 出力インピーダンス:0.4Ω
  • 出力パラメータ(4.4mm)
  • 周波数特性:20Hz-45kHz
  • 出力電圧:4.7Vrms
  • 出力電力:690mW@32Ω
  • クロストーク除去:98dB
  • S/N比:114dB
  • ダイナミックレンジ:95dB
  • THD + N:0.003%
  • 出力インピーダンス:0.8Ω

HiBy RS6

 

HiByの自社開発による最新のDarwin Architecture

 HiBy RS6には、最新開発のDarwin Architectureが採用されています。R-2R抵抗アレイの技術を採用し、リニアFIRフィルタ、非リニアハーモニクスコントロール、スイッチャブルオーバーサスプリング/NOSフィルタなどの先端技術を組み合わせています。また、darwinアーキテクチャは完全なコンフィグレーションが可能であり、ユーザーや開発者は将来のアップグレードにおいて数え切れないほどの可能性を提供することができます。

 

 

オーバーサンプリング・フィルターとNOSフィルターを搭載したアジャスタブルFIRフィルター

 HiBY RS6のDarwin Architectureは、最大16倍のオーバーサンプリングフィルタとNOSフィルタをサポートしています。このNOSモードは、オーバーサンプリングとアンチエイリアシングをバイパスし、生のままダイレクトに信号変換を行います。オーバーサンプリングモードでは、エイリアシングアーチファクトを除去し、Darwin Architectureのすべての機能を有効にします。また、オーバーサンプリングモードでは、サウンドシグネチャーのパーソナライズされた調整も可能です。

 

デュアル・インディペンデント・クリスタル・オシレーター

 HiBy RS6は、45.158MHzと49.152MHzの2つの独立した水晶発振器を搭載し、RS6コンポーネント間の適切な同期を実現しています。これにより、高精度で明瞭な出力信号を実現しています。

 

 

DSDバイパス機能

 RS6では、PCMとDSDの両信号に対して別々のLPFフィルターを搭載しています。DSD専用のLPFフィルターにより、ΔΣ変調処理に起因するHFノイズを効果的に低減します。DACシステム「R-2R」によるフルネイティブなDSDデコードを可能にします。

 

 

独立したヘッドホン端子とラインアウト端子

 HiBy RS6では、シングルエンドとバランスの両方の出力端子に対応しています。実は、ヘッドホン出力とライン出力の端子が別々になっているのです。3.5mmと4.4mmの端子があり、1つはライン出力用、もう1つはヘッドホン出力用です。最大690mW@32Ωの強力な出力を備えており、お気に入りのイヤホンを簡単にパワーアップさせることができます。

 

 

クアルコムSoC「Snapdragon 660」搭載

 HiBy RS6では、非常にスムーズなユーザーインターフェイスを体験することができます。すべて、全能の8コアQualcomm Snapdragon 660 SoCのおかげです。それはあなたに一度に複数のアプリケーションを使用して、マルチタスクで優れた性能を提供します。

 

 

オープンAndroid OS

 HiByでは、最新のRS6にHiBY OSを搭載しています。オープンなAndroid 9をベースとしており、無数のアプリケーションを利用することができます。

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 HibyのRS6は、当該D/Aコンバーターから多くの技術を拝借し、何よりも高いエンゲージメント係数、フロー、自然な質感を選択しています。気分を高揚させ、体を鳥肌で覆おうとするDAPがあるとすれば、HibyのRS6は間違いなくその1つでしょう。私の場合、IEMでもヘッドホンでもハイエンドDAPのような感覚で使用できました。また、ミニマルなレイアウトとハンサムなルックスも気に入っています。そのユニークなサウンドキャラクター、ハードウェアプリセット、プラグイン、サウンドエンハンスメントを嫌いになることはあり得ません。2台のRS6を近くに置いて、それぞれ異なるサウンドエンハンスメントを有効にすると、両者のサウンドが極端に違ってきますが、私はそれを非常に魅力的に感じています。私は、この肉厚な低音、滑らかな中音域、粗さのない高音域がもっと欲しいので、HibyがRSのラインナップをさらに拡大し、改良することを望みます。

 

https://soundnews.net/sources/daps/hiby-rs6-review-portable-r-2r-goodness/

 

www.youtube.com

 

  HiBy RS6は、ポータブルR2R Android DAPの世界への最初の進出として、深く魅力的で、よく考えられた製品だと思います。

 

 しかし、その滑らかでやや濃厚な音色は、間違いなく味付けのスペシャリストなので、ニュートラル好きにはたまらないが、ボーカリストやアナログサウンドのファンにとっては、まさにうってつけの製品でしょう。

 

 Darwinのコンセプトとポータブルオーディオユーザーにとっての意味は、これまでのHiBy製品の定番である高速なOSワークフローと、すべての機能の中で最も顕著な点であると思われます。

 

 MSEBのサウンドはもちろん、IEMプリセットによるニュアンス豊かなサウンドなど、純正のサウンドに深みと微調整を加えることができます。このようなオプションは、長い間、新しいプレゼンテーションに参加し、発見し続けることができるのです。HiByのプロファイルを追加していくことで、RS6の製品ライフサイクルに潜在的な脚力を与えることができるのです。

 

 HiByがAndroidプラットフォームでR2R DAPを発表したことに賛辞を贈ります。Cayin R01/N6iiに代わる素晴らしい選択肢であり、異なるサウンドシグネチャーを提供することで、最終的に潜在的な購入者に利益をもたらすことができるのです。間違いなく、優れたLP P6 Proのためにお金を出すことができないアナログ愛好家のための価値ある紹介です。

 

https://headfonics.com/hiby-rs6-review/

 

www.youtube.com

 

 HiBy RS6は、多くの機能を完全なパッケージで提供する、素晴らしくデザインされたエレガントなプレーヤーです。ストリーミング、高度なDSP設定、DTA、ハイレゾBluetooth、マイクロSDサポート、非常に高速なCPUときれいなUI、4.4mmバランス接続と3.5mmシングルエンド出力を非常に堅牢な銅製シャーシに装備しています。これは、オンライン音楽ストリーミングに関しては夢のようなDAPです。これ以上何を求めることができるでしょうか。

 

 サウンドは全体的に、独特の暖かさと音楽性を持ったユニークなものです。質感や自然さも素晴らしいのですが、解像度や透明感の部分、明瞭度や分離感などはもっと改善できるのではないかと思います。ただし、ここでもペアリングが非常に重要です。非常に解像度が高く、フラットで明るいIEM/ヘッドホンで透明感のバランスを取ると良いでしょう。非常に自然な音になり、かなり満足できるはずです。

 

 HiByの新しい、自社開発の「Darwin」R2R Architectureでの最初の取り組みを高く評価します。彼らはこれを基に、さらなる高みへと到達できると確信しています。RS6は、このブランドの非常に優れたステートメントです。

 

https://www.headfonia.com/hiby-rs6-review/

 

www.youtube.com

 

 RS6を試用し始めたとき、私は即効性のある音の変化を求めていたため、最初はDarwin architectureのパワーを理解できませんでした。 1.20にアップデートし、VEと64 Audioの新しいIEMプリセットを追加するまでは、EQやMSEBエフェクトを使わずに、このDAPがいかに効果的かつ自然に微調整ができるかに気づきました。 プリセットを入れなくても、FW1.20から1.30にかけて、解像度、音場感、そして音のダイナミクスが向上しているのがわかります。 ハードウェアはそのままに、Darwin architectureの構成要素をいじっただけで、全体としてはそれほど劇的な変化はありませんでしたが、かなり効果的でした。

 

 また、RS6は私がこれまでテストしたDAPの中でも最速の部類に入り、より高速なプロセッサを搭載しAndroid 10の動作に最適化された私の老朽化したGalaxy S9を凌駕するほどです。 これはHibyの最初のDarwin architectureのリリースであり、すでに2回のファームウェアアップデートが行われたことを考えると、おそらくまだ進行中なのでしょう。 しかし、それは非常に有望に見えます、私は微調整の結果を聞いています、そして、最新のFW 1.30の更新に基づいて、私はより多くのコントロールとプリセットにアクセスすることを参照してください。 IEMメーカーがツールにアクセスできるようになったのは素晴らしいことですが、ユーザーも同じようにアクセスできるようになれば、さらに良くなると思います。 私は、RS6の探求を続け、次にHibyからどんな新しいリリースがDarwin architectureを搭載するのか、楽しみにしています。

 

長所:

  • R-2Rディスクリート抵抗DAC
  • ゆったりしたサウンドプレゼンテーションによる自然で有機的なトーン
  • 先進のDARWINアーキテクチャ
  • カスタムIEMプリセット
  • 超高速Androidパフォーマンス
  • 5インチHDディスプレイ
  • MQA 16xサポート
  • システムワイドMSEB。

 

短所:

  • 重量(銅製シャーシ)
  • バッテリー寿命

 

https://twister6.com/2021/12/08/hiby-rs6/

 

文庫 他人を支配したがる人たち (草思社文庫)
異端の統計学 ベイズ

 

まとめ

 HiBy RS6の評判は上々のようです。そのサウンドは暖かで滑らかで有機的なプレゼンテーションを提供すると多くの人が感じているようですね。MSEBによる高度なカスタマイズ性と特定のIEMに最適化されたプリセットの提供など、とにかく面白みの多いデジタルオーディオプレーヤーです。バッテリー駆動時間だけは少し物足りないかもしれません。

 

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事