audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】いよいよ登場した今年最大の注目機種!SONY WH-1000XM5の海外レビューまとめ

ヘッドライン

icon

SONY WH-1000XM5

SONY WH-1000XM5

 

 かねてより噂されていた通り本日SONYの新しいフラッグシップヘッドホン「SONY WH-1000XM5」が登場しました!5/27発売で現在絶賛予約受付中です!

 

 そこでこの記事では早速続々公開された「SONY WH-1000XM5」の海外レビューをまとめて紹介したいと思います。

 

www.youtube.com

 

SONY WH-1000XM5の技術仕様

  • 連続再生時間:最大30時間(NC ON時)、最大40時間(NC OFF時)
  • 通信方式:Bluetooth標準規格 Ver.5.2
  • 対応コーデック:SBC, AAC, LDAC

 

1000Xシリーズ史上最大の進化を遂げた業界最高クラスのノイズキャンセリング性能

 高音質ノイズキャンセリングプロセッサーQN1のポテンシャルを、統合プロセッサーV1を組み合わせることにより最大限に発揮。8個のマイク信号を巧みに制御することが可能になり、今までにないレベルのノイズキャンセリング性能を実現しています。さらにノイズキャンセリング機能をユーザーの装着状態や環境に合わせて自動で最適化する「オートNCオプティマイザー」により、常に理想的なノイズキャンセリング効果を自動的に提供します。

 

なんとあのXM4からさらに強化されたANC性能(画像引用:https://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM5/

 

専用設計30mmドライバーユニットとWalkman(R)技術の活用が織りなす比類なき高音質

 専用設計30mmドライバーユニットを搭載し、低音域から高音域までの再現性を高め、より自然で伸びのある音質を実現しています。さらにはWalkman(R)で培った高音質化技術をヘッドホンに最適化、S/N感の向上による微細音の再現、広がりや定位感の向上を実現し更なる高音質に。

 

AIで進化した高精度ボイスピックアップテクノロジーによる業界最高クラスの通話品質

 左右4つのマイクを用いたビームフォーミング技術とAIにより、騒音下でも正確かつクリアな通話品質を実現します。

 

刷新された本体デザインと長時間身に着けても疲れにくい快適な装着性

 第5世代にて大きく本体デザインを刷新。さらにはイヤーパッドには通常の合皮に比べて、柔らかく装着時の安定性に優れたソフトフィットレザーを採用。頭部の形状に柔軟に追従することで締め付け感は少ないながらも、高い遮音性と快適な装着性を実現。

 

よりスリムなデザインに(画像引用:https://www.sony.jp/headphone/products/WH-1000XM5/



充実したスマート性能と、日常の使い勝手のいい豊富な基本性能

 「スピーク・トゥ・チャット」機能や「アダプディブサウンドコントロール」機能など、シーンに合わせた最適なリスニング環境を自動で実現するスマートな機能を多数搭載。加えてノイズキャンセリングON時で最長30時間、OFF時で最長40時間音楽再生可能なロングバッテリーライフ、さらには3分充電で約3時間再生可能なUSB PD充電にも対応しています。折りたたみ可能なキャリングケース付属で持ち運びも便利です。

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 プレミアムノイズキャンセリングヘッドホンの再設計はリスクなしではあり得なかったはずですが、SONY WH-1000XM5はサウンド面で勝利を獲得しています。

 

 しかし、ソニーのワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM5」は、世代を超えて一貫したサウンドパフォーマンスを提供することに成功しました。しかも、大幅なデザイン変更を行いながら。

 

 SONY XM5は、以前より少しプレミアム感が落ちるかもしれませんが、前世代からの音質のジャンプは大きなもので、ライバルは再び彼らの仕事を切り開くことができます。新しいワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホンを探している方は、まずXM5から試聴してみてはいかがでしょうか。

 

長所:

  • センセーショナルなほどの音の透明度
  • パンチの効いたサウンド
  • 正確で機敏な低音
  • 使い勝手が良い

 

短所:

  • 以前より少し高級感がなくなった気がする
  • 完全に折りたためない

 

https://www.whathifi.com/reviews/sony-wh-1000xm5

 

www.youtube.com

 

 クラス最高レベルのノイズキャンセリング機能とバランスの良いオーディオにより、依然として世界最高のヘッドホンであるソニーのWH-1000XM5は、価格が高くなり、以前のモデルと機能面では大差ないため、以前よりもやや厳しい販売状況となっています。

 

長所:

  • 優れたノイズキャンセリング機能
  • 優れたサウンド性能
  • スマートなアンビエント機能
  • 実際に使いたくなるようなアプリ

 

短所:

  • 新しいデザインは携帯性に劣る
  • 防水機能はまだない
  • 前モデルより高い
  • WH-1000XM4から大きく進化したわけではない

 

https://www.techradar.com/reviews/sony-wh-1000xm5-wireless-headphones

 

www.youtube.com

 

 SONYのフラッグシップワイヤレスヘッドホン「WH-1000XM5」は、待ちに待ったビッグバージョンアップです。新しいデザインとAIにより、ノイズキャンセリング機能が強化され、アンビエントリスニングモードでは見事に自然な音を再現します。複雑なクラシック音楽を聴きたいときでも、ロックなアクション映画を聴きたいときでも、このヘッドホンはすべてをこなすことができます。

 

https://www.ign.com/articles/sony-wh-1000xm5-review

 

www.youtube.com

 

 SONYの最新のノイズキャンセリングフラッグシップヘッドホンは、前モデルよりも50ドルのプレミアムがありますが、WH-1000XM5は、多くの追加のパフォーマンスと洗練された新しいデザインで、その追加コストを正当化します。それらが必要ですか?おそらく不可欠というものではないでしょう。それらを気に入るでしょうか? 絶対気に入りますよ!

 

長所:

  • 優れたサウンド
  • 非常に優れた快適性
  • 超クリアな通話品質
  • クラス最高のノイズキャンセリング機能
  • 優れたバッテリー持続時間
  • ハイレゾ対応(有線/無線)
  • ハンズフリー音声アシスタント機能
  • 上品でモダンなデザイン

 

短所:

  • フラットに折りたためるが、コンパクトになるまで折りたためない

 

https://www.digitaltrends.com/home-theater/sony-wh-1000xm5-review/

 

www.youtube.com

 

 価格が上がったのは気に入らないし、ケースも惜しい。そんなわけで、XM4と並べて比較するのはあなた自身で試すのが一番ですし、お金を節約できる可能性もあります。1000XM5は、1000XM4とAirPods Maxのような高級ヘッドホンの間の奇妙な半歩前進みたいな製品です。しかし、非常に優れたノイズキャンセリングヘッドホンであることに変わりはありません。

 

長所:

  • さらに進化したアクティブノイズキャンセリング
  • よりバランスのとれた、引き締まったサウンド
  • 音声通話の品質向上

 

短所:

  • 400ドルの割にはプラスチッキーなデザイン
  • 1000XM4と比較して大きな新機能はない
  • かさばるキャリングケース

 

https://www.theverge.com/23067645/sony-wh-1000xm5-noise-canceling-headphones-review

 

www.youtube.com

 

 WH-1000XM5は、あるカテゴリーで最高の製品であっても、まだ改善の余地があることを証明するものです。ソニーは1000Xシリーズで常に私たちを感動させてきましたが、M5で実現したアップグレードは、シリーズ史上最大級のものです。これまで以上にノイズを遮断しながら、その音をさらに良くすることに成功したのです。さらに、美観を向上させるだけでなく、より快適な新しい外観もあります。唯一の不満は、前モデルより50ドル高い400ドルという価格です。しかし、得られるものの全体を考えれば、このコストはまったく妥当なものです。ソニーはすでにトップに立っていましたが、WH-1000XM5でさらに後続との距離を広げたのです。

 

 音質に関する不満は1つだけで、それは本当のオーディオの問題ではなく、実はBluetoothの問題かもしれません。MacBook Proで音楽を聴いたりビデオを見たりしていると、時折、早いドロップアウトやスキップを経験することがありました。頻繁に起こることではなく、不思議なことに、iPhoneで再生しているときには一度も聴いたことがありません。音声が一瞬途切れるのは、インターネット接続が悪いときにビデオを見ているような感じに近く、その後は続きがあります。送られてきたWH-1000XM5を2台ともテストしたところ、両方でこの問題に気づきました。ソニーに問い合わせたところ、原因は不明とのことです。

 

長所:

  • 最高の快適性
  • 素晴らしいサウンド
  • パワフルなANC
  • 30時間のバッテリー駆動時間

 

短所:

  • XM4より高価
  • macOSでオーディオの問題が発生することがある

 

https://www.engadget.com/sony-wh-1000xm5-review-160045478.html

 

 

まとめ

 SONY WH-1000XM5が前世代よりアクティブノイズキャンセリングでは確実に、音質面もおそらく確かに進化していそうだということはこれらのレビューから推察できます。賛否両論あるのは外観の変更です。それを「モダンスタイル」と好意的に評するレビュアーもいますが、「高級感が減った」とか「プラスチッキー」と形容する人もいます。

 

 そして明らかに多くのレビュアーは、XM4より携行時にかさばるデザインに変更されたことと、価格が値上がりしたことに不平を述べています。価格がこなれているXM4と使い勝手とコスパ(そして人によってはデザイン)でどっちが優れているか……単純な上位互換とは言えなさそうです。

 

 

 

【関連記事】



中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事