audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【コラム】人気ブランドのエントリークラスイヤホン「Tanchjim Zero」の海外レビューまとめ

ヘッドライン
パソコン工房GeForce RTX 3070 Ti / 3060 / 3050搭載ノート大幅値下げ!
icon icon
icon

Tanchjim Zero

Tanchjim Zero

 

人気ブランド「Tanchjim」のエントリークラス中華イヤホン「Tanchjim Zero」の海外レビューをまとめて紹介します。

 

高音質を実現する大口径ダイナミックドライバー

ZEROは、Tanchjimの有名なDMT4ダイナミックドライバー技術を採用し、大型の10mmダイナミックドライバーを搭載しています。このドライバーは、複合ダイアフラムコイルと最適化された音響キャビティ構造を持ち、プレミアムなサウンドパフォーマンスを実現します。Tanchjim Zeroは、14.99ドル(マイクなし)、15.99ドル(マイク付き)でお求めいただけます。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanbun/20220901/20220901043824.jpg

 

最高のサウンドを実現するDMT4アーキテクチャ

Tanchjimは、ZeroにDMT4アーキテクチャを採用しました。FEA(Finite Element Analysis)ソフトウェアを使用して、ドライバーのシミュレーションと分析を行いました。導波管ベースの音響構造、磁気回路、ドライバーのサスペンションに至るまで、このFEAソフトウェアを使用して最適化されており、ユーザーに高品質なパフォーマンスを提供します。Tanchjim ZEROの内部音響キャビティ構造は、様々なサンプルによる徹底的な研究開発の末に完成したものです。音響構造カップリングASIと音響透過損失STLの計算により調整されています。これらの計算をもとに、フィルター密度やハウジングの材質などを決定しています。このように、Tanchjim ZEROは、最高のコストパフォーマンスを実現するために、すべてが精密に行われているのです。

 

https://www.audio-sound-premium.com/wp-content/uploads/2022/09/TANCHJIM-ZERO--1024x1024.jpg

 

優れた防塵防水性能

ZEROはフロントキャビティにSATTIフィルターが付属します。シェルは表面にナノコーティングを施しています。SATTIフィルターとナノコーティングの組み合わせにより、防塵・防水性能を実現しています。ノズルフィルターもステンレス製のプロテクターで保護されています。ケーブルは高純度4N銀メッキOFC銅線(着脱不可)を付属。リッツ耐酸化構造で、金メッキ3.5mm終端プラグが標準装備されています。

 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/k/kanbun/20220901/20220901043653.jpg

 

パッケージ

TANCHJIM ZERO

TANCHJIM ZERO
TANCHJIM ZERO

TANCHJIM ZERO

 

ビルドクオリティ

TANCHJIM ZERO

TANCHJIM ZERO
TANCHJIM ZERO
TANCHJIM ZERO
TANCHJIM ZERO
TANCHJIM ZERO
TANCHJIM ZERO
TANCHJIM ZERO
TANCHJIM ZERO

TANCHJIM ZERO

TANCHJIM ZERO

 

装着サンプル

TANCHJIM ZERO

TANCHJIM ZERO
TANCHJIM ZERO
TANCHJIM ZERO

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 

Tanchjim Zeroは、オーディオマニア的なチューニングを大衆に提供することを目的とした、もう一つの超低価格IEMです。その結果、価格を考えると非常に印象的な製品に仕上がりました。最初は驚かないかもしれませんが、十分な駆動力があれば、時間が経つにつれて愛着が湧いてくるはずです。

 

長所

  • 解像度と楽器の分離
  • 高音域が疲れない
  • 手頃な価格

 

短所

  • フェイスプレートのシャープなエッジ
  • ケーブルの取り外しができない
  • ダイナミックな音ではない

 

primeaudio.org

 

www.youtube.com

 

 Tanchjim Zeroは、ある人には喜ばれ、ある人には喜ばれない、非常にフォワードなチューニングを目指したIEMセットです。冒頭で述べたように、暖かみや存在感のある低音が好きな人には向かないでしょう。

 

全体的なチューニングは嫌いではないのですが、中高域が少し前に出すぎているように感じます。

 

ZEROが優れているのは、動きの速い曲についていくことで、いろいろなことが起こっていても、しっかりとした輪郭を保っていることです。また、音場感も平均以上だと思いますし、音像定位もきちんとしています。

 

ボーカルが少し奥まったところにあるような音楽でも、ボーカルが前に出てきて、全体がクリアになります。

 

このチューニングが万人向けとは言えませんが、性能は良く、EQ(私はXBassをかなり使いました)をかけると、とても良いバジェットIEMに変身することは確かです。EQを使用しない場合は、音楽の好みと、どのような表現が好きかによります。

 

長所

  • 価格
  • 作り
  • 使い心地
  • そこそこのスピード
  • ニュートラル/ブライトなチューニング

短所

  • 低音を求める人には向かない...。

 

 

www.head-fi.org

 

www.youtube.com

 

長所

  • 20USD以下で試聴した中で最もニュートラルに近いIEM
  • ニュートラルでありながら、薄っぺらい音ではないIEM
  • コントロールされた、パンチのある低音
  • わずかに前方にある中音域
  • 疲れを感じさせない、適度に伸びた高音域
  • 価格に見合った技術的性能
  • 非常に優れたフィット感と分離感
  • 豊富な付属品と同梱物。たくさんのイヤーチップとポーチがある
  • 視覚的に楽しいパッケージ(主観的)

短所

  • 中音域が狭い(主観的)
  • このIEMは最低でも1Vrmsのパワーか、ドングルがないと最高の音にならない
  • ケーブルワインダーがあれば、誰もが喜ぶと思います(私の小言です)

 

Tanchjim Zeroは、私が試した20ドル以下のIEMの中で最もニュートラルなサウンドのIEMです。例年、20ドル以下でニュートラルなサウンドのIEMを見つけることはほぼ不可能で、そのため多くの人が「ニュートラル」なサウンドのセットのためにもう少しお金をかけたいと考えていたので、これは素晴らしいことだと思います。一般的なユーザーであれば、取り外せないワイヤーに十分問題ない限り、Tanchjim Zeroを使用して楽しむことができます。20米ドル以下で、まともでニュートラルな音のセットを探している人には、文句なしにお勧めできます。あ、あと、軽量で長時間聴いても装着感が良いので、寝ホン(睡眠時のイヤホン)を探している人にもおすすめですよー。

 

www.head-fi.org

 

www.youtube.com

 

長所

  • ニュートラルでクリーンな音
  • 高い価格性能比
  • 価格の割に技術的に優れている

短所

  • ケーブルが固定されている(細かい指摘)
  • フィット感は、人それぞれかもしれません。
  • それ以外は、15ドルのIEMとして非難されるべき点はあまりないと思います。

 

現在、市場にはTruthear Zero、Salnotes Zero、そしてこのTanchjim ZeroといくつかのZeroがありますが、私はTruthear ZeroとSalnotes Zeroの両方をレビューして、その2つが気に入っています。同様に、Tanchjim Zeroは、予算が限られているけれども、ニュートラルなシグネチャーと優れたテクニカルを求める人たちに、私がデフォルトでお勧めする製品になりそうです。

 

www.head-fi.org

 

www.youtube.com

 

長所

  • これはかつての15.99ドルのIEMではない
  • クリーン
  • 素晴らしいボーカル
  • サンドイッチの値段の割に、比較的細かい音作りが楽しい
  • 凝集性
  • スムーズ
  • 素直
  • 正確
  • 誰にでも合う小さなサイズ
  • フラグシップ・トリクルダウン・エンジニアリング
  • リラックスしながらも刺激的
  • 一日中聴いても飽きない
  • 10mm DMT 4/ファイバー・サスペンション/ベリリウム・メッキ・ドーム

短所

  • 悲しいかな、多くの人が値段優先のため低価格機種を侮っており、Zeroに見向きもしない
  • ある種の音楽スタイルでは気難しい
  • より暖かいフルボディのソースでのみ真に素晴らしい、そしてその場合でも、それが好きな音楽のジャンルを必要とします
  • 低音に弱い
  • 取り外し不可能なケーブル

 

Tanchjim Zeroは、すべてではありませんし、そうなろうともしていません。いくつかの音楽ジャンルは本当によくできていて、この価格からは想像できないほど驚くほどです。完璧にはほど遠く、プレーヤーや音楽を間違えると、あまり楽しいものではありません。

 

とはいえ、Tanchjim Zeroは素晴らしい製品です。タイトでクリーン、そしてどんな曲を聞かせても驚くほど正直に答えてくれます。万人向け?しかし、もしあなたがニューエイジスタイルの音楽やシンガーソングライターのようなものが好きなら、この値段でこれ以上のものを見つけるのは難しいのではないでしょうか。

 

このレビューはジェットコースターのように浮き沈みが激しいものでしたが、Tanchjim Zeroが何であり、何でないかを知ったとき、成功のスタイルが見えてきました。それは長い旅路であり、ドラマと失敗、そして成功に満ちていました。Tanchjimのような会社が、見た目も何もない小さなIEMをリリースして、大きくて威厳のある音を出す技術がついにここにある......のです。正しい信号と音楽によるその音は、あなたを驚かせることでしょう。

 

私は、オーディオファイル・サウンドは高価でなければならないという現実を認識していたため、Zeroを好きになれなかったのです。Tanchjim Zeroは冗談ではなく、75時間のバーンインと適切なソースがあれば、生き生きとしたサウンドを奏でます。ただ、総合的なプレーヤーではありませんが、やってくれることはほとんど欠点がないのです。装着も簡単で、これまでIEMが大きすぎたり、形状に悩んだりしたことがあっても、そうした問題が起こる可能性は0%です。本当にTanchjim Zeroは誰にでもフィットするんです。ケーブルの取り外しができないことが問題視されていますが、適切なソースを使用すれば問題ありません。

 

今年は超低価格帯のIEMの年であり、多くのメーカーにとってすべてが揃う年です。2022年の予算で作られた製品は、市場でかつてないほどの価値を提供しています。IEMの世界では、メーカーはTOTLフラッグシップモデルを作りますが、誰もがそれを買えるわけではないので、よりシンプルで小型のユニットを作り、大衆にその技術を伝えています。これは数字のゲームであり、価格と性能の比率から、Tanchjimも負けてはいられないのです。その点、この製品は「買って損はない」製品です。失うものは何もないのです。

 

www.head-fi.org

 

 

レビュー

www.audio-sound-premium.com

 

まとめ

今年は低価格IEMの年という言葉がありましたが、私も同感ですね。今年の初め、Tripowin LeaCCA CRAは本当に私を驚かせましたが、それは序章にすぎませんでした。今年は低価格機種でも本当に良作が多く、TANCHJIM ZEROがその流れに連なっていることは間違いありません。

 

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事