audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【海外レビューまとめ】Tin Hifi T2 DLC:デュアル10mmDLCダイナミックドライバーIEM

ヘッドライン
パソコン工房GeForce RTX 3070 Ti / 3060 / 3050搭載ノート大幅値下げ!
icon icon
icon

TINHIFI T2 DLC

TINHIFI T2 DLC

 

TINHIFI T2 DLCに関する海外レビュー記事のまとめです。

www.ear-phone-review.com

 

TINHIFI T2 DLCの特徴

  • 現景気のT2 IEMのアップグレード版
  • 第4世代DLC複合振動板、10mmダイナミックドライバー搭載
  • 5N 8芯銀メッキ0.78mm2Pinケーブル
  • 航空グレードのアルミメタルキャビティ
  • コンパクトですっきりしたデザイン、快適な装着感

 

TINHIFI T2 DLC

 

TINHIFI T2 DLCの技術仕様

  • ドライバー:第4世代DLC複合振動板、10mmダイナミック型ドライバー
  • イヤホンタイプ:インナーイヤー
  • インピーダンス:16Ω±15
  • イヤホン感度:102dB/mW
  • 周波数範囲:12-40000Hz
  • プラグインターフェイス:3.5mm
  • ケーブル長:約1.2m±3cm
  • ケーブル:5N 8芯銀メッキケーブル
  • インターフェース:0.78mm 2Pin

 

TINHIFI T2 DLC

 

クラシックモデル「T2」のアップグレードバージョン

TIN HiFiがイヤホンに革命的な技術をもたらした2018年以来、TIN HiFiの古典的な傑作T2の4年間の連続したフィードバックと賛辞が寄せられました。そして今、我々は新しいアイデアを打ち出す時が来たと信じています!

 

TIN HiFiの象徴である流線型のメタルキャビティにこだわり、T2 2022バージョンは、特にダイナミックドライバーの構成と改良された0.78mm 2ピンコネクタで次のレベルにアップグレードされています。音質、雰囲気、スタイルに優れたアコースティックヘッドホンです。

 

TINHIFI T2 DLC

 

第4世代DLCコンポジット振動板、10mmダイナミックドライバー

T2 2022 Versionは、年々強化・最適化されてきた第4世代DLCコンポジット振動板と10mmDLCフラッグシップ・ダイナミックドライバーを搭載しています。DLC振動板は、周波数特性に優れ、不要な振動を大幅に低減します。音質が向上し、圧倒的なダイナミックレンジを実現します。さらに、日本から輸入したCCAW超軽量ボイスコイルを採用することで、より豊かなディテールと高い感度を実現しています。

 

TINHIFI T2 DLC

 

5N 8芯銀メッキ0.78mm2Pinケーブル

今回のバージョンアップで最も大きな変更点は、着脱式の0.78mm 2Pinコネクタを強化したことでしょう。長年、お客様の声に耳を傾けてきた結果、T2 2022年版ではMMCXコネクタをやめ、愛着のある0.78mm 2Pinを採用することになりました。ケーブルが変わっても、IEMは変わりません。銀メッキケーブルは、ドイツ製のTPU素材で覆われており、ロスレス伝送とクリアなサウンドを維持しながら長寿命化を実現しています。

 

TINHIFI T2 DLC

 

航空グレードのアルミメタルキャビティ

T2 2022バージョンでは、キャビティの素材に航空グレードの高密度アルミニウムを引き続き採用し、音波の反射がより良い動的平衡に達することができるようになりました。また、最適化されたダイレクトボーカルキャビティは、音波の反射による共振振動を効果的に除去します。これにより、よりオリジナルでナチュラル、かつピュアなサウンドを実現しました。

 

TINHIFI T2 DLC

 

コンパクトですっきり、快適な装着感

T2 2022バージョンは、他のTシリーズと同様、コンパクトですっきりとしたデザインです。ミニサイズのキャビティは、人間の耳のデータをもとに成形されており、快適で安全な装着感を提供します。また、イヤーチップを装着することで、騒音を大幅に遮断し、耳にぴったりとフィットするため、いつでもどこでも音楽を楽しめる自由と喜びを提供します。

 

TINHIFI T2 DLC

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

Tin HiFiから多くのことを聞いたので、このブランドのものを勧めるのは簡単です。特に、製品がとても手頃な価格だと、それが簡単になります。T2 DLCは、音の特徴に欠点がありますが、それほどこだわりがないのであれば、多くのものを提供することができます。低音に重厚感があり、高音もいい感じで、平均的な音域がすべてをまとめてくれます。59ドルで、T2 DLCを楽しめるリスナーはそれなりにいるはずです。

 

長所:

  • インパクトのある低音
  • 強調された中低音
  • 存在感のある高音
  • 良いビルド
  • 耳への負担が少ない
  • 価格 

 

短所:

  • 中高域の鈍さ
  • 直線的な音場感 

 

majorhifi.com

 

www.youtube.com

 

買うべき?

そうでもありません。客観的に見て、T2 DLCは悪いIEMではありません。ただ、本当に語るに値するIEMではないのです。ある人は言うかもしれませんが、これはまさに歴代のIEMの1つです。100ドル以下の競争はかつてないほど激しく、Tin HiFiは単についていけなかっただけなのです。ここ数年、彼らは3つのうちの1つをしてきました。過去の栄光を追い求めること、無分別な革新を試みること、そして「Me Too」製品を作ることです。もちろん、その中には成功したものもあります。しかし、Tinはそれらを改善する代わりに、古い地盤を再確認し続けています。例えば、T2 DLCでは、なぜクラシックなシェルとタングリーケーブルに戻ったのでしょうか?T2 PlusとP1 Maxでは、Tin HiFiが万人に通用しない4年前のビルドデザインに固執する必要がないことを示しました。些細なことではありますが、同社の製品開発に対する考え方を示しています。T2 DLCは、増え続けるT2シリーズの中で、もうひとつの忘れ去られたIEMなのです。でも、もう十分です。この種のチューニングが必要なら、代わりにDUNU Titan Sを買えばいいのです。

 

長所:

  • バランスの取れたチューニング


短所:

  • 減衰と圧縮された音
  • 技術的な性能は、競争力がない
  • 高音域の個性に欠ける

 

headphones.com

 

www.youtube.com

 

まず最初に、基本的にあなたが代替品として選択するものは、かなり常に多くのお金がかかることを確立しましょう。とはいえ、Etymotic ER2SEは大幅に値下がりしています。それは簡単に達成するためにフィットし、同様に中立的な傾いた音を誇っています。ルックスはより本格的で、DIYを彷彿とさせるような陽気さはありません。

 

ベースヘッズの皆さん、余計なものを買わずに、箱から出してすぐに良いものが欲しいなら、Campfire Audio Honeydewを試してみてください。T2よりもはるかにフィットし、曲げやすいケーブルはビジネスにも最適です。より低音重視のコンシューマー向けサウンドをお求めなら、兄弟機のCampfire Audio Satsumaを試してみてはいかがでしょうか。似たような形状のハウジングとケーブルを持っています。これらはどちらも、もちろんTIN HiFi T2よりかなり高価です。

 

T2の価値提案を下回る数少ない予算の選択肢の1つが、わずか22米ドルで販売されているMoondrop Chuです。TIN HiFi T2と同様に、Moondrop Chuはメタルイヤホンハウジングを採用していますが、形状は明らかに不格好で、より良いフィット感を提供します。取り外し可能なケーブルやメモリーフォームのイヤーチップは付いていません。しかし、音質は優れており、T2よりも低音が出ています。

 

TIN HiFi T2がオーディオ専用であることから、より柔軟性のあるものを探している人は、マイクやワイヤレス接続のオプションが必要かもしれません。そのような場合は、Sennheiser IE 100 PROを試してみてください。音もよく、フィット感もよく、アイソレーションも抜群で、ワイヤレスでも有線でも使えます。

 

長所:

  • 価格以上のサウンド
  • スタジオスタイルの周波数特性
  • 取り外し可能なMMCXケーブル
  • 豊富なイヤーチップ
  • 価格

 


短所:

  • 硬いケーブル
  • 洗練されていない仕上げ
  • 使い心地が悪い
  • マイクがないため、ケースでの使用に制限がある
  • IP規格はないが、有線タイプのインイヤーモニターでは珍しいことではない

 

www.soundguys.com

 

www.youtube.com

 

T2 DLCのようなお買い得なIEMを選べば、間違いないでしょう。わずか60ドルで、クリアで一貫性のあるサウンドプロファイルを実現し、ただ座って楽しむだけでいいのです。いくつかの音域では細部が欠けているかもしれませんが、そのレスポンスは支払った金額以上のものです。もしあなたが、より厳しい予算でIEMを探しているなら、T2 DLCは、もちろんあなたの音の好みにもよりますが、最も安全な選択肢の1つだと思います。

 

www.androidbrick.com

 

www.youtube.com

 

T2 DLCは、前作のような視点を持たずに試したところ、無難でニュートラルに近い音色で、低音と高音にちょっとした遊び心を感じさせる昇華があると言えるでしょう。音質もほぼ問題なく、価格なりの技術的な実力はあると思います。

 

しかし、T2 DLCを市場の現状に照らし合わせると、T2 DLCが競合他社に対抗できるのかどうか、本当に考えさせられることになるのです。本体としては、T2 DLCは、買い控えを起こさせるような特徴的な詐欺をするようなことはありません。しかし、T2 DLCは、ほぼ毎月のように絶え間ないイノベーションが現れる市場において、あまりにも安全策を取りすぎたのです。TIN HiFiは、T2 DLCが、Moondrop Ariaが1年前に設定した既成の方式を踏襲していることを選びました。

 

T2 DLCは良いのか?私はそうだと主張します。もっと良い選択肢があると思いますが、この形が好きで、よりニュートラルなサウンドを求めるのであれば、間違いなく良い選択です。しかし、新しい革新的なドライバーやチューニング、豊富な付属品、または全体的により専門的なターゲットによって卓越した技術力を提供するIEMの選択肢が増え続けている中で、この製品は対抗できるでしょうか?私は、今後数カ月間の市場の流れにすべてがかかっていると主張します。しかし、T2 DLCは、無難にチューニングされたIEMに過ぎず、平均的な技術力で無難なチューニング以上のものを提供する贅沢で面白いIEMが登場する数ヵ月後には忘れ去られてしまうのではないかという予感がするのです。どちらかというと、T2 DLCは大ヒット映画の続編に例えられると思います。続編を待ち望んでいた人もいるかもしれませんが、命がけの製品が増え続ける市場に、無難な追加コンテンツとして登場したのです。

 

私はオリジナルのT2を試したことはありませんが、T2はリファレンス的な色合いと面白いフォームファクターを追求することで、同じようなV字型チューニングが溢れる市場の中で独自の地位を確立したことは理解しています。しかし、その改良版は、かつて脱却した音痴の病に冒されてしまっています。それは、やり方を間違えたからではなく、常にイノベーションを必要とする市場に対して、自己満足で終わってしまったからです。そして、T2 DLCは、昨今の市場に溢れるハーマン的チューニングの山の中で、ほとんど見分けがつかない状態で横たわっています。そして、T2 DLCは自らの墓穴を掘り、忘れ去られ、昔のように革新的なものを望んだ人たちの影に隠れてしまうのです。

 

長所:

  • 確かな品質
  • 満足のいく開梱体験
  • 万能なフィッティング
  • オールラウンダー
  • 不快感のない自然な音質
  • タイトでよく制御された、詳細な低音域のレスポンス
  • 自然でよく響く中音域
  • スムーズな高音域の表現

 

短所:

  • やや残念な付属品
  • 細くて絡まりやすいケーブル
  • イヤーフックの実装が悪い
  • 退屈すぎたり、のんびりしすぎたりする
  • 低音のインパクトと質感に欠ける
  • 中高域が時折遠ざかる
  • 空気の領域がやや不足
  • 平均的な技術性
  • 平均以下の分離感

 

www.head-fi.org

 

www.youtube.com

 

T2 DLCは、私がこれまで聴いてきたTin Hifiのチューニングの中で最も楽しく、オリジナルモデルT2の後継として非常に価値のあるものだと正直思っています。完璧なチューニングではありませんし、無難なチューニングになりそうな気もしますが、ここはよく頑張ったと思います。

 

以前、私はT3 Plusをレビューし、基本的にTinが他のブランドの多くの成功したモデルと同じようにチューニングしているから楽しいのだ、と言いました。今回、Tinは同じようなチューニングに、私の好みに合うような微調整を加えてきました。

 

もちろん完璧ではありません。ディテールは最高ではありませんし、ドライバーは非常に複雑で細かいトラックで苦労するようですが、一般的には何の不満もない仕事をしてくれます。

 

もっと改善すべき点を挙げればきりがないのですが、当然のことながら、Tin Hifi T2 DLCは賞賛に値するものだと私は思います。

 

長所:

  • ビルド
  • 快適性
  • チューニング(多少もう少し安全にチューニングできることを考慮しても)...。

 

短所:

  • もっと細かなアイテム、たとえばキャリイングケースのようなものも入れてもいいかもしれません...。

 

www.head-fi.org

 

レビュー

www.audio-sound-premium.com

 

まとめ

Tin HiFi T2 DLCは決して悪い選択肢ではなく、多くのレビュアーが「無難」と評しています。比較的ニュートラルとも言えるチューニングで積極的に勧める人もいれば、買ってもいいと言う程度の人もおり、あまりお勧めしないという人もいます。

 

いずれにせよ、この価格帯のイヤホンには優秀なものが多く、これを買うくらいなら、もう少しお金を出して定評のあるTIN HIFI T3 Plusを買った方がいいかもしれません。

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事