audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【コラム】最強アクティブノイズキャンセリング完全ワイヤレスイヤホン「BOSE QuietComfort Earbuds 2」の海外レビューまとめ

ヘッドライン
icon icon
icon

BOSE QuietComfortEarBuds 2

BOSE QuietComfort EarBuds 2

 

アクティブノイズキャンセリングといえばBOSEというくらい、高性能なANC技術で有名なBOSE。その最新完全ワイヤレスイヤホン「BOSE QuietComfort EarBuds 2」の海外レビューをまとめて紹介します。

 

BOSE QuietComfot Earbuds 2の特徴

  • どのヘッドホンやイヤホンよりも優れた、Bose史上最高*のノイズキャンセリング( *2022年6月20日時点、Bose調べ。ANSI/ASA S12.42-2010に則る) ー QC Earbuds IIは、ノイズキャンセリングテクノロジーにおいて革新的な一歩を踏み出したと言えるでしょう。現在マーケットにある、どのノイズキャンセリングイヤホンやオーバーイヤーヘッドホンよりも優れたノイズキャンセル性能を発揮します。
  • CustomTuneテクノロジーは、耳の形に合わせてノイズキャンセリングをパーソナライズし、人の声などの軽減が困難なノイズさえも低減させることができます。
    通話は驚くほどクリアに、そしてナチュラルに ー Bose QC Earbuds II なら、クリアで自然な音声で通話を楽しめます。左右のイヤホンに2つずつ搭載されたノイズリジェクティングマイクが、周囲の雑音や風切り音を取り除き、あなたの声だけを集中して収音、さらにデジタル信号処理テクノロジーが、特定の信号を強調することで、クリアな通話を可能にしています。
  • シンプルなタッチインターフェースで音楽をコントロール ーワイヤレスイヤホンのシンプルなタッチインターフェースを使って、すべてをコントロール。ハンズフリーで操作できる便利な機能で、やりたいことに集中できます。スワイプとタップだけの簡単操作で、音楽の再生や一時停止、ボリュームコントロールや曲の変更をすることができ、携帯電話を取り出すことなく着信への応答や、ノイズキャンセリングレベルの変更も可能です。
  • 汗や雨にも強い防滴仕様 ーBose QC Earbuds II は、幅広いシーンで使えるので、どこへでも一緒に持っていくことができます。イヤホンは、水滴や水しぶき、汗にも強いIPX4の防滴仕様。音響機器用のメッシュ素材が水や異物の侵入を防ぐので、雨に降られても安心して利用できます。
  • 最大6時間のバッテリーライフ。充電ケースを使えば更に長く使用可能 ー最大6時間、お気に入りの音楽に夢中になれます。バッテリーがなくなったのに、フル充電する時間がない時には、クイックチャージ機能が便利です。20分の充電で、最大2時間の連続再生が楽しめます。マグネット付きのケースが、イヤホンをしっかりと固定。充電は付属のUSB-Cケーブルを使用してください。6時間の連続再生が可能になる充電が追加で3回できるので、合計24時間音楽を楽しむことができます。

 

BOSE QuietComfot Earbuds 2の技術仕様

  • バッテリー駆動時間 約6時間(バッド)、合計約24時間(ケース使用時)
  • ノイズキャンセリング:あり
  • モノラルリスニング(片耳使用)対応
  • ブルートゥース:5.3
  • マイクロフォン:イヤホン1個につき4個
  • IP防水レート:IPX4
  • 対応コーデック:SBC、AAC
  • 重量(イヤホン):各6.2g
  • 外形寸法(イヤホン部):各30.5×17.3×22.4mm
  • 充電:USB-Cのみ
  • 価格(希望小売価格):299ドル

 

パッケージ

BOSE QuietComfot Earbuds 2

BOSE QuietComfot Earbuds 2
BOSE QuietComfot Earbuds 2
BOSE QuietComfot Earbuds 2
BOSE QuietComfot Earbuds 2

BOSE QuietComfot Earbuds 2

BOSE QuietComfot Earbuds 2

BOSE QuietComfot Earbuds 2

BOSE QuietComfot Earbuds 2
BOSE QuietComfot Earbuds 2

BOSE QuietComfot Earbuds 2

 

装着サンプル

BOSE QuietComfort Earbuds 2

BOSE QuietComfort Earbuds 2
BOSE QuietComfort Earbuds 2
BOSE QuietComfort Earbuds 2

 

前世代との比較

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 

適応型サウンド、よりスマートなANC、刷新されたデザインにより、Bose QuietComfort Earbuds 2はノイズキャンセリングのための最高のワイヤレスイヤホンとなっています。

 

QuietComfort Earbuds 2は、より良いサウンド、素晴らしい通話品質、そして比類のないANCを実現する注目のフォローアップ製品です。ActiveSense と CustomTune のような独自の技術バランス サウンドとノイズの中和が非常によく。また、BOSEのデザイン変更により、前世代機と比べて目障りな部分が少なくなっています。

 

しかし、すべての性能が優れているわけではありません。タッチコントロールは今回、信頼性が低く、アプリの接続は非常に多くのバグがあります。さらに、aptX、空間オーディオ、ワイヤレス充電など、ANCのライバルがあらゆる価格帯で標準化し、容易に入手できるようになりつつある人気の機能がこのイヤホンにはありません。

 

私は、Boseがアプリの体験とタッチの正確さを修正してくれると信じています。なぜなら、彼らは以前のバージョンでファームウェアの更新を通じてそれを行ったからです。もし、特定の機能がなくても大丈夫なら、QuietComfort Earbuds 2は曲の再生を続け、世界の残りをミュートにすることでしょう。

 

長所

  • 圧倒的なノイズキャンセル性能
  • 洗練されたバランスの良いサウンド
  • 優れた通話品質
  • 優れたカスタマイズ設定
  • よりコンパクトでスタイリッシュなデザイン

 

短所

  • 電池駆動時間はライバルに負ける
  • 快適性の低さ
  • タッチ操作とアプリの連携が微妙

 

www.tomsguide.com

 

www.youtube.com

 

もしあなたが次の完全ワイヤレスイヤホンに最高のノイズブロッキングを求めているなら、QCE IIはその選択となるでしょう。BOSEがCustomTuneの助けを借りて提供するアップデートにより、ANCが前モデルより明らかに優れているだけでなく、全体的な音質とアンビエントサウンドモードも改善されています。もちろん、6時間以上のバッテリー駆動時間が欲しいですし、マルチポイント接続やワイヤレス充電などの便利な機能は、現時点では標準的なものであるべきです。299ドルなら、そのような基本的なものは含まれているはずでしたが、BOSEはそれを見送ってしまっています。

 

長所
  • 最高のANC性能
  • 良好な音質
  • 小型化により、より快適な装着感を実現
  • アンビエントサウンドの改善

 

短所

  • 価格が高い
  • まだ少しかさばる
  • マルチポイント接続ができない
  • ワイヤレス充電ができない
  • 通話品質

 

www.engadget.com

 

www.youtube.com

 

特徴

  • 30%小さいサイズのイヤホンと40%小さいケース
  • サウンドとノイズキャンセリングを最適化する新CustomTune技術
  • サウンド、ノイズキャンセリング、音声通話の性能を向上
  • 音量調節にスワイプジェスチャーを用いたタッチコントロールを採用
  • 新しい2ピースタイプのFit Kitシステム(3つのサイズから選べるイヤーチップとスタビリティバンド
  • 各イヤホンに4つのマイクを搭載、うち2つは音声通話用のビームフォーミング機能付き
  • ノイズキャンセリング機能オンで6時間のバッテリー駆動時間 
  • Bluetooth 5.3
  • AACおよびSBCオーディオコーデックに対応
  • カスタマイズ可能なEQ設定
  • 価格:299ドル(279ポンド、AU429ドル)
  • カラー:トリプルブラックを先行出荷、ソープストーンは年内に発売予定

 

長所

  • 優れたサウンドとクラス最高水準のノイズキャンセリング機能
  • 前モデルより大幅に小型化
  • 新しいFit Kitイヤーチップとスタビライザーシステムにより、安全で快適な装着感を実現
  • より良いノイズリダクションで音声通話を改善

 

短所

  • 価格が高い
  • ワイヤレス充電ができない
  • マルチポイントBluetoothペアリングやaptXオーディオのサポートはない(いまだに)

 

www.cnet.com

 

www.youtube.com

 

お買い得ですか?

ええ、間違いなく。BOSE QuietComfort Earbuds II は、信じられないほど徹底した、超ポータブルなノイズ キャンセルの概念が完全に構築されており、間違いなく場外ホームラン級です。QC Earbuds II を業界をリードするオーバーイヤー ヘッドホンと比較してさえ、このイヤホンは独自の性能を発揮するだけでなく、場合によっては、SONYやBOSEなどのメジャーメーカーの最高の ANCヘッドホンよりも優れています。それでいて、ズボンのポケットにすっぽり収まってしまいます。これは驚異的な技術です。

 

それでも、QC Earbuds IIの希望小売価格299ドルという超高級な値付けには、もっといい機能があればよかったと思います。マルチポイント接続により、私が通常自宅で使用しているオーバーイヤーの Bose 700 を簡単に置き換えることができたでしょう。ワイヤレス充電は、2022 年のハイエンド イヤホンにとって実質的にテーブル ステークス(最低限必要な機能)です。これらの欠点を見逃すことはできません。しかし、このサイズのフォームファクターで得られる最高の ANC が必要な場合は、今すぐ購入すべきイヤホンです。

 

www.androidpolice.com

 

www.youtube.com

 

QuietComfort Earbuds II は、客観的に見て、購入できる最高のノイズキャンセリング イヤホンです。 Bose は、Sony、Apple、Google、Samsung を首尾よくかわし、このフォーム ファクターで ANC を大幅に進歩させました。 確かに安くはありませんし、QC Earbuds II がいつまでトップに留まるかは予測できません。 Apple は、第 2 世代の AirPods Pro をリリースしようとしており、独自のノイズキャンセリングの進歩を約束しています。 しかし、このイヤホンのサウンドは素晴らしく聞こえ、快適にフィットし、外界、特に人の声を静かにしてくれるという比類のない仕事をします。評判は再び立証されました。

 

長所

  • イヤホンのノイズキャンセリングの新たなマイルストーン
  • 優れたダイナミックなサウンドによる信頼性の高いパフォーマンス
  • 見事な外音取り込みモード

 

短所

  • 299ドルの価格にもかかわらず、ワイヤレス充電はありません
  • マルチポイントには対応していません
  • 前世代機よりも高価

 

www.theverge.com

 

www.youtube.com

 

ANCイヤホンの新しいリーダー

Bose QuietComfort Earbuds II は、漸進的な改善ではなく、本当の意味での前進を実現しています。 イヤホンとケースの見た目が一新され、アプリにはいくつかの新機能が追加され、アクティブ ノイズ キャンセリングはこれまでのイヤホンで経験した中で最高です。 ほとんどの人は、Bose の特徴的な低音が前面に出た明るいサウンド シグネチャーを気に入るでしょうが、最高のオーディオ品質を探している場合は、LDAC サポートと優れたアプリ内 EQ を考慮して、Sony WF-1000XM4 をお勧めします. しかし、このイヤホンで実現された ANC パフォーマンスがカテゴリ全体にとって大きな前進であることは議論の余地がなく、QC Earbuds II はノイズ キャンセリング イヤホンのエディターズ チョイスを獲得しています。

 

長所

  • 深い低音と明るい高音による魅力的なオーディオ パフォーマンス
  • 素晴らしい低周波および高周波ノイズキャンセリング
  • 便利な Active Aware モード
  • 防水ビルド

 

短所

  • ノイズキャンセリングを完全にオフにする方法はありません
  • ケースはワイヤレス充電をサポートしていません

 

www.pcmag.com

 

www.youtube.com

 

Bose QuietComfort Earbuds II は、Bose が製品名に込めた 2 つの約束を完全に実現する最新のワイヤレスイヤホンのセットです。非常に快適で、非常に静かです。他の製品よりも静かです。 その事実だけで 299 ドルの高い価格が正当化されるかもしれませんが、ワイヤレス充電や Bluetooth マルチポイントなどの現在一般的な機能の欠如に加えて、残念な屋外通話品質により、無条件のエディターズ チョイスの評価を得ることができません.

 

長所

  • 非常に快適
  • 非常に良い音質
  • 優れたノイズキャンセリング
  • 透明度が非常に良い
  • 調整可能な EQ モード

 

短所

  • ワイヤレス充電なし
  • Bluetooth マルチポイントなし
  • 屋外での通話品質が悪い

 

www.digitaltrends.com

 

 

まとめ

BOSE QuietComfort EarBuds IIが過去最高のANC性能を持っているという点に関して、あらゆるメディアがほぼ一致しています。価格が高めなのは少し気になるかもしれませんが、場合によって優秀なオーバーヘッドホンモデルにも勝るだろうANC性能をこのサイズ感で実現したBOSEの技術力は本物のようですね。

 

おそらく2022年のANC戦争はBOSEが勝利しそうなことはほぼ確実です。

 

BOSE QuietComfortEarBuds 2

BOSE QuietComfort EarBuds 2

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事