audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【ニュース】RMEが新たなUSBオーディオインターフェース「Fireface UCX II」をローンチ!各所で予約受付開始

ヘッドライン

RME Fireface UCX II

RME Fireface UCX II

 

 RMEは、長年にわたり好評を博してきたプロフェッショナル・オーディオ・レコーディング・インターフェース「Fireface UCX」の後継機種「Fireface UCX II」を8/18に発売します。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は165,000円前後とされています。

 

 40のI/Oチャンネルを搭載した新しいFireface UCX IIは、コンパクトなハーフラックサイズを保ったまま、従来のソリューションをアップデートしています。

 

 また、Fireface UCX IIのすべての入出力は、USBストレージデバイスに直接録音することができます。

 

 RMEの創立25周年を記念して発売されるUCX IIは、RMEの25年のイノベーションを象徴する、スタジオやライブで柔軟に使用できる最先端のインターフェイスとして登場します。

 

Fireface UCX II

 

新時代のスタンダードを実現するFireface UCX II

 製品や設計の柔軟性が高ければ高いほど、新たな要求に容易に対応することができます。RME Audioの創業者であるマティアス・カーステンスは、このことが会社の成功の核心であると考えています。「Fireface UCX IIは、当社の製品群の自然な進化を象徴するものであり、当社の誇りと熱意を感じさせてくれます」

 

 「Fireface UCX IIは、スタジオやライブ・レコーディングのための超コンパクトなフォーマットで、高度に統合されたプロ・オーディオ・ソリューションです。Fireface UCX IIは、スタジオやライブレコーディングのための、高度に統合されたプロオーディオ・ソリューションであり、コンパクトな先進的インターフェースを設計するRMEの長い伝統を引き継いでいます。最大20の録音・再生チャンネル、SteadyClock FS、高性能マイク入力、内蔵パラメトリックEQ、USBダイレクトレコーディング、さらにスタンドアローン機能を備えた新しいFireface UCX IIは、まさに「自由」「柔軟」「情熱」の本質を表しています。現在、ハーフラックパッケージでこれ以上の接続性と機能性を提供するオーディオインターフェースは存在しません」と付け加えます。

 

Fireface UCX II

 

高い拡張性を備えた多数の入出力サポート

 Fireface UCX IIは、フロントパネルにXLRコンボ構成の2つのマイク/ラインプリアンプ、デジタル制御の2つのライン/インストゥルメント入力、続いてヘッドホンジャック、各種コントロールボタン、ディスプレイ、メインボリュームノブを搭載しています。背面には、10系統のアナログバランスライン入出力、MIDI I/O、ADAT I/O、AES/EBU、SPDIF I/O、USB 2.0、切り替え可能なワードクロックI/Oを装備しています。

 

USBストレージデバイスとのダイレクトでスタンドアローンな連携機能

 約10年前に発表されたRME独自のデジタルDURec(Direct USB Recording)機能は、Fireface UCX IIのすべての入出力をUSBストレージデバイスに直接記録することができます。DURecは内蔵のDSPを使用しており、コンピューターを必要としないスタンドアローン動作を実現しているため、スタンドアローンでのフィールドレコーディング、ライブやリハーサルの録音、バーチャルサウンドチェックでのライブ録音の再生などに最適です。

 

ジッターを極限まで低減する最新のクロック機能

 Fireface UCX IIは、最新のSteadyClock FSを採用し、RMEの最新のクロックおよびジッター除去技術を搭載しています。フェムト秒クロックをベースにしたSteadyClock FSは、あらゆるデジタルフォーマットとアナログとの変換時に発生する固有のジッターを、これまでにないほど低減します。

 

視覚的にオーディオ情報をリアルタイムモニター

 Fireface UCX IIには、包括的なルーティングとモニタリング・オプションを提供するTotalMix FX DSPミキサーと、両方向のデジタル・データ・フィードを最高の精度で測定・分析できるDIGICheckアナライザーが搭載されています。

 

ドライバーを必要とせず、iOSなど多彩なデバイスで使用可能なクラスコンプライアントモード

 Fireface UCX IIは、ドライバーベースのUSB2とクラスコンプライアントの2つの異なるモードで動作します。クラスコンプライアントモードは、iOS、Windows、Mac OSX、LinuxディストリビューションなどのOSがネイティブにサポートする規格です。専用のドライバーは必要なく、CCファームウェアをロードするとデバイスが直接認識されます。ネイティブで利用可能な機能は、UCX II用のRMEドライバーが提供する機能に比べて制限されます。

 

Fireface UCX IIの主な機能

  • すべての設定をリアルタイムに変更可能
  • バッファー・サイズ/レイテンシー設定:32~8192サンプルから選択可能
  • DCカップリング出力:CV/Gateコントロール対応
  • ADATオプティカル(S/MUX)経由で24bit/96kHz(4チャンネル)、24 bit/192 kHz(2チャンネル)録音・再生
  • ロック・モード:スレーブ、マスター
  • 高度なマスター / スレーブ・クロックを自動切換え
  • ADATモードでの優れたBitclock PLL(オーディオ同期)
  • SteadyClock FS:ジッターの影響を受けない非常に安定したデジタル・クロック
  • DDSテクノロジー:サンプル・レートを自由に設定
  • SyncAlign:サンプル単位での正確な配列を保ち、チャンネル間のスワッピングを防止
  • SyncCheck:入力信号の同期状態を監視し、その結果を表示
  • TotalMix:レイテンシーの無いサブミックスと完全な ASIO ダイレクト・モニタリング
  • TotalMix:内部処理46ビットの800チャンネル・ミキサー
  • TotalMix FX:3バンド EQ、ロー・カット、リバーブ、エコー、コンプレッサー、エクスパンダー、オートレベル
  • MIDI入出力(16チャンネル、ハイスピード MIDI)
  • 高インピーダンス・ヘッドフォン出力
  • DIGICheck DSP:ハードウェア・ベースでのレベル・メーター、Peak/RMS計測
  • DURec:全ての入出力をUSBメモリに録音、再生可能なダイレクトUSB録音機能
  • ARC USB(別売のTotalMixリモート・コントローラー)を直接接続可能
  • クラス・コンプライアント・モード対応:iOSデバイスで利用可能

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事