audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

5000円~10000円

【完全ワイヤレスイヤホン GGMM T1 レビュー未満】付属品は豪華だが、装着感が微妙。また下耳掛けはできないと思われる。技適マークなし

残念ながら本体に技適マークがありません。CEやFCCのマークはあります。パッケージ内容はこの価格にしては豪華ですが、装着感が微妙です。

【中華イヤホン FiiO FD1 フラッシュレビュー】熱気は少し強いが、わりとすっきりした引き締まったサウンドを持つドンシャリモニター

今回はFiiO FD1を取り上げます。FiiOはオーディオ界隈では知らない人はいない中国のトップ音響ブランドの一つで、とくにデジタルオーディオプレーヤー(DAP)の分野ではSONYやAstell&Kernと並び市場の勝利者として君臨するトップメーカーです。一方でFiiOは…

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Truengine 3SE フラッシュレビュー】シックで熱気のある大人びた音楽をベリリウムコーティングデュアルドライバーの解像度で聴かせる。個人的には非常にカッコイイサウンドで大好き

今回取り上げる機種はSoundPEATS Truengine 3SEです。SoundPEATSはまだまだ日本で知名度が高いとは言えないかも知れませんが、ワイヤレスイヤホン市場では中華ブランドの中で最も成功したブランドの一つと言え、その高品質製品で多くのファンを獲得していま…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TFZ S2 Pro Black Version:クイックレビュー

TFZ S2 Pro:VGPで受賞した最新のK4Uドライバー(11.4ミリメートルグラフェンテスラ磁気グループドライバー)は、あらゆるタイプのオーディオで豊かなサウンドを実現するための明確なディテールを備え、印象に残る力強さを備えています。

【HiFiGOガイド】iBasso DC02 vs Xduoo Link HD vs Meizu Hifi Pro:Type-CコネクタタイプのUSBドングルアンプの比較

2019年秋に発売されたiBasso DC02、xDuoo Link HD、Meizu Hifi Proの3機種はいずれも、Type-cコネクタと3.5mmポートを備えたヘッドホンDACアンプです。デコードチップが組み込まれているため、通常のスマホでデコードできるのは16bit/48kHzのオーディオのみ…

【HiFiGOレビュー】BluetoothドングルDACアンプ Hiby W3:その簡潔なレビュー

LDACが対応コーデックに含まれていることで、エントリーレベルのバージョンでありながら、素晴らしいアイデアを実現していて、優れた音質を持ち、大きな違いが生まれます。 価格も$63.99と競争力があります。その価格で、高品質のIEMをつないでBluetoothが実…

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Xiaomi Mi Air 2:開封レビュー

完全ワイヤレスイヤホン Xiaomi Mi Air 2(Xiaomi Mi AirDots Pro 2 TWSとも呼ばれます)は、好評を博したXiaomi Mi True WirelessとMi AirDots Proのアップグレードアイテムで、デザインがわずかに変更されたが、非常に使い慣れたデザインを維持しながら、…

【ANC対応完全ワイヤレスイヤホン Aipower KSOUND EP-K06NC フラッシュレビュー】低価格でANCとヒアスルーを搭載し、ほとんどフラットで万能性の高いバランスの良いサウンドを持つ。

今回取り上げる機種はAipower KSOUND EP-K06NCです。Aipowerはモバイルバッテリー製品やオーディオ製品などで有名なAUKEYの姉妹ブランドです。どういう棲み分けになっているのかはよくわかりませんが、Aipower製品はアクティブノイズキャンセリングなどの付…

【モニターイヤホン アシダ音響 ASHIDAVOX EA-HF1 フラッシュレビュー】モニターヘッドホンの音を実現したイヤホン。すなわちピュアサウンド。ポータブルなミックスルームが欲しい人、音ゲー好き、音大生、音響系専門学校生に文句なくおすすめ

今回取り上げる機種はASHIDAVOX EA-HF1です。アシダ音響は1942年設立のプロ用のスピーカーやヘッドホンを製造する老舗メーカーです。EA-HF1はプロやアーティストの要求に応え続けてきたアシダ音響がコンシューマー向けに提供する廉価なイヤホンで、プロ仕様…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン TRN VX クイックレビュー:7基のドライバーを搭載したハイブリッドイヤホン!!

TRN VXは最新のIEMであり、Headfi.orgを含むさまざまな国際フォーラムでオーディオファンに大々的に宣伝されています。非常に美しい外観を持つインイヤーモニター(IEM)で、優れたビルドクオリティを備え、両側に7基のハイブリッドドライバーセットアップを…

【完全ワイヤレスイヤホン Sabbat X12 Ultra フラッシュレビュー】ヘッドホンクラスの濃厚で調和的な高級感のあるウォームサウンド。JAZZやクラシック、ポップスを愛する人は見逃すべきでない機種

今回取り上げる製品はSabbat X12 Ultraです。Sabbatは知る人ぞ知る中華オーディオメーカーで、カッコイイデザインとなかなか良質な音響設計を共存させているブランドです。日本では店頭販売はされていませんが、一部で非常に人気があります。

【完全ワイヤレスイヤホン YOBYBO CARD20 フラッシュレビュー】世界最薄を標榜する完全ワイヤレスイヤホン。音は開放的で明るいインナーイヤー型っぽい感触です

今回はクラウドファンディングで話題となっていた世界最薄クラスの完全ワイヤレスイヤホンYOBYBO CARD20を取り上げます。YOBYBOについては実際よくわかりません。このCARD20が製品第一号で、メーカー自体の設立も2019年3月と非常に若いことがわかっています…

【完全ワイヤレスイヤホン Joyhouse T11 フラッシュレビュー】低域寄りのウォームサウンド。クラシック音楽やサントラ、ポップス、JAZZやEDMで厚みのある音を楽しみたいならおすすめ

Joyhouseはソウシア商事のブランドです。わりと技適やPSEはまじめに取得している会社で、格安中華の完全ワイヤレスイヤホンブランドとしてはサポートも相対的に良好です。今回はその新作完全ワイヤレスイヤホン「Joyhouse T11」を取り上げます。

【中華イヤホン FiiO FH1s フラッシュレビュー】音質・パッケージ内容ともにコスパが良く、明るめのサウンドと広めの音場表現を持つ。リズムアタックは良好で、比較的刺さりも少ない

今回はFiiO FH1sを取り上げます。オーディオを少し囓る程度の嗜みがあれば、おそらくFiiOの名前を知らないということではないでしょう。中国が誇る最も優秀なオーディオメーカーの一つであり、そのデジタルオーディオプレーヤーやイヤホン製造における名声に…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン KB EAR Diamond クイックレビュー:お財布に優しいハイクオリティミュージック!!!

KB EARはオーディオ業界のルーキーです。最近このブランドから2本のIEMが登場し、エントリークラスのオーディオファンから高い評価を受け、高品質のサウンド出力を手頃な価格で提供しています。今回、このブランドは、ダイヤモンド・ライク・コーテッド(DLC…

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer Kylin TP1S:ワイヤーのない自由な音楽の喜び!!

完全ワイヤレスイヤホン市場は、最新の技術革新により新たに出現したトレンドです。 私たちは日々リリースされる新しい完全ワイヤレスイヤホンを見ています。 Whizzerは、世界中のオーディオファンの間で、目を引く絶妙に見えるイヤホンで知られているブラン…

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Astrotec S80:ベリリウムダイナミックドライバーの衝撃!!!

「ベリリウム音響膜」というラベルの付いたHiFiエリアの製品は、20,000人民元のFocal utopiaや250,000人民元のJBL K2 S9800など、非常に高価です。 超高音質なのは間違いありませんが、価格はほとんどの人にとって手頃な価格ではありません。最近、一部のオ…

【HiFiGOアナウンス】Bluetoothレシーバー xDuoo XQ-50がリリースされました!!!

xDuooは新しいBluetoothレシーバーDACアンプ、xDuoo XQ-50をリリースしました。xDuoo XQ-50は非常に有能なデバイスで、AptXなどの高解像度コーデックをサポートし、Bluetooth 5.0に対応しています。また、パワフルなES9018K2M DACチップを搭載しています。手…

【HiFiGOアナウンス】FX Audioの最新製品がアナウンスされました!

FX Audioは中国を拠点とするオーディオ機器製造ブランドです。 このブランドはエントリーレベルのデスクトップDACとAMPにおいて最高クラスの製品を生み出しています。 その中には、FX Audio X6 DAC、FX Audio D2160アンプなどの有名な製品があります。 今回…

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100 Red:バランスドアーマチュアドライバー搭載のスタイリッシュな完全ワイヤレスイヤホン!

完全ワイヤレスイヤホンの設計デザインは、電子機器分野と音響分野の組み合わせでで成り立っており、両者を同時にうまく解決することは容易ではありません。 それが、ほとんどの完全ワイヤレスイヤホンが平均的なサウンドパフォーマンスしか提供できない理由…

【中華イヤホン KBEAR DIAMOND ファーストインプレッション】熱気の強いパワフルな低域と、硬くソリッドで手がかりのある中高域、マイルドな高域を持つ構築的なU字シグネチャーサウンド

なだらかなU字型というべきサウンドシグネチャーを持ち、やや低域と中域が親和的なために立体感が曖昧になりやすいところがあります。それが人によって篭もる印象を抱かせるかも知れませんが、床鳴りの情報量も多く、ライブ感がある音です。高域で後退が見ら…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Dunu DM380:ハイブリッドサウンド

近年、Chi-Fi(中国のHi-Fi)ブームについてよく耳にするようになりました。 Dunuは、音質に大きな重点を置いた最初の中国製ブランドの1つです。 その製品のほとんどはさまざまなブランドのODMであったため、Dunuは舵を取り、独自の自社製品の生産に踏み切り…

【完全ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW21 レビュー】高級感もありコンパクト。音質は心温まるナチュラルサウンド。おすすめ

音質は少しドライですが、ナチュラルな色味のある聴きやすさを重視した感じになっており、聴き心地が良いです。使い勝手の面ではスペック的に不満はなく、通信品質も安定度が高いと思われる上に、コンパクトで持ち運びも良く外観に高級感もあります。 1万円…

【完全ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW21 ファーストインプレッション】熱気とのびやかさが感じられるドライなU字のサウンドシグネチャー。

全体の音質特性(サウンドシグネチャー)はU字型をしており、少し後退する中域がゆるやかに高域に向かって伸びていく感じがあり、アタックは抑えられています。 ギターサウンドは高域でピークが強調されるようになっており、たとえばエレキギターのエッジの…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン FiiO FH1s:バランスが取れたサウンドでありながら、楽しいリズムでノリも良し!!

FiiOは、ここ最近ちょくちょくと新しいオーディオ製品をリリースしていて、ニュースになっています。今回、FiiOはハイブリッドイヤホンの新しいモデルをリリースしました。そのイヤホンは非常に有名なモデルの改良版に当たります。すなわちFiiO FH1sですが、…

【ハイレゾ対応イヤホン SIMGOT MT3 Pro レビュー】レトロでノスタルジックな、暖かい甘みのある音がする。おすすめ

正直言って、ローファイな感じの音で現代的な曲とあまり相性が良いとは思えません。分解能とか解像感とかいった言葉で括ると平凡以下の音かも知れません。しかし、懐古的な風味のある独特のサウンドは非常に味わい深く、メロディアスな曲との相性が良いです…

【完全ワイヤレスイヤホン EnacFire F1 レビュー】パワフルで重厚感がありマッチョ。ビターでシックでありながら、クラッシュ感も気持ち良いドンシャリサウンド。ハードロックの音がする。おすすめ

私が元々低域ジャンキー系だということもあるでしょうが、このイヤホンはすげぇかっこいい音を鳴らしてくれるのでおすすめです。ビターで重みのあるパンチの利いた重厚なサウンドが好きなら、このイヤホンはまさにそういう音をしっかり聴かせてくれます。高…

【HiFiGO レビュー】中華イヤホン KZ E10:5ドライバーハイブリッド完全ワイヤレスイヤホンの衝撃!

ほとんどのオーディオファンは、音質のパフォーマンスが有線イヤホンに遠く及ばないと考えているため、完全ワイヤレスイヤホンを使用しようとは思いません。個人的には、完全ワイヤレスイヤホンが有線イヤホンよりかなり高い価格で販売されているにもかかわ…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Kinera YH623:つかみ取れ!ワイヤレスの自由を!

テクノロジーは日々進化しており、これまでイヤホン内部のドライバーの搭載数やドライバーやハウジングに使われる材質の高品質化など、多くの発展がありました。 総じて、音質改善に注意が振り向けられる傾向にありましたが、ここしばらくはワイヤレスのガジ…

【中華イヤホン KBEAR HI7 レビュー】抜けが良く爽やかな音を聴かせる。音場は広い。ボーカルの子音は少しきつく、奥行きがあまりなく、低域はパワフルさに欠けるのが欠点。おすすめ

音場は広く、決して悪い雰囲気ではありませんが、奥行き感に欠けていたり、音が荒々しかったりするところがあるので、万人向きではありません。同じ価格帯で充実している他のイヤホンと比べてみても、決して抜けている印象はなく、むしろ劣っている印象すら…

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事