audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

ワイヤレス

【完全ワイヤレスイヤホン DLINF S19 クイックレビュー】骨伝導を謳っているが、振動感はない。しかし開放的な音場を低価格で楽しめる。おすすめ

音場は開放的で爽快感があります。炭酸飲料の雰囲気で音を奏でてくれ、シュワシュワシャリシャリといった明るく刺激の強めな音楽が楽しめます。抜けが良いので刺さる感じは露骨ではありませんが、それでも人によっては十分に耳に痛いところがありそうな音で…

【完全ワイヤレスイヤホン Zagzog F7 Plus クイックレビュー】価格帯では解像度の高い音を鳴らしてくれる。全体的に品質も安定しており、おすすめ。

充分な重みのある低域、リズミカルで開放的な音楽表現が魅力の機種です。この価格帯ではビルドクオリティとデザインも洗練されている部類に入り、スペック的にも優秀なので比較的死角がありません。低域の重みが少し強いのが好みを分けるかもしれませんが、…

【HiFiGOアナウンス】Fiio BTR3Kがリリースされました!最新のBlurtoothレシーバーDAC/アンプです!

Fiioが2020年の製品ロードマップを発表したのは、昨日のことでした。そして本日、彼らは、近々登場するBluetooth DAC/AMPであるFiio BTR3Kの最初の外観を公表しました。 BTR3Kは、エントリーレベルのBluetoothドングルアンプであるBTR3のアップグレードとし…

【完全ワイヤレスレシーバー TRN BT20S レビュー】リケーブル用の端子があれば、好きな有線イヤホンを完全ワイヤレス化できるお手軽レシーバー。おすすめ

少なくとも私の手持ち機種に関して言えば、目立った不具合もなく、これは問題なく使えそうで、有線から切り替えても音質上の違和感は、少なくとも一般的なイヤホンではそれほどないのではないかと思います。有線イヤホンを完全ワイヤレス化する選択肢として…

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100 Red:バランスドアーマチュアドライバー搭載のスタイリッシュな完全ワイヤレスイヤホン!

完全ワイヤレスイヤホンの設計デザインは、電子機器分野と音響分野の組み合わせでで成り立っており、両者を同時にうまく解決することは容易ではありません。 それが、ほとんどの完全ワイヤレスイヤホンが平均的なサウンドパフォーマンスしか提供できない理由…

【HiFiGOレビュー】Lotoo PAW6000:クイックレビュー

Lotooの高い評価は、主にオーディオビジネスのプロフェッショナルレコーディングサイドで生まれてきたもので、堅実で評判の高いオーディオレコーダーによって獲得されてきました。 2014年に最初のPAW Goldが誕生したのもプロサイド製品としてでした。インデ…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Xiaomi Flagship HIFI Hybrid Earphones:2BA+2DDの衝撃!

Xiaomiの新発売モデルMi HiFi Hybrid Flagship Headphonesの価格は、中国では999人民元です。このイヤホンは、2つの有線モードと1つの無線モードの両方で動作するように設計されており、ユーザーの柔軟性を高め、音質を向上させる4つのドライバーを備えてい…

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer TP1:TWSレビュー!

Whizzerはここ最近、オーディオ市場に参入しました。 過去数年で、オーディオ愛好家の間で受け入れられ、評判が広がり始めています。このブランドは2019年の夏、優れたデザインと優れた音質を備えたKylin A-HE03(有線インイヤーイヤホン)でVGPに入賞しまし…

【完全ワイヤレスイヤホン Earfun Free 2020 ファーストインプレッション】リアルな胴鳴り感のあるドラムと温かみのある雰囲気の穏和なU字サウンド

このイヤホンの最大の魅力は胴鳴り感があって暖かみのあるリアルな雰囲気のドラム音かもしれません。アタックは目立たせませんがしっかりしていて、低域が若干目立つ暖かみの強い音場の中でも楽器音に埋没する感じはなく、マイルドな聴き心地の中で音楽を楽…

【HiFiGOレビュー】FiiO LC BT-2:これぞハイレゾBluetoothケーブル!

FiiOはChi-fiオーディオ界隈でよく知られた名前であり、最新の高品質な製品をそれなりの頻度でリリースしています。今回は新しいBluetoothケーブル、FiiO LC BT-2をリリースしました。 FiiO LC BT-2は、以前に発売されたLC BT-1のBluetoothケーブルのアップ…

【HiFiGOレビュー】1More E1026BT:解体新書

「解体新書」シリーズは独自の方法と詳細な製品分解分析に依拠した詳細な分解により、最新のオーディオエレクトロニクスを検証し、製品固有の構造を解説します。 そのユニークでスタイリッシュなデザインと優れたサウンドパフォーマンスにより、1MOREの人気…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン BGVP Q2:完全ワイヤレスイヤホンの新機軸!!!

BGVPは中国に拠点を置くオーディオ機器製造ブランドであり、その素晴らしく作り込まれた、プレミアム品質のイヤホンで広く知られています。その製品群にはBGVP DM6があり、そのほかにもchi-fiオーディオ市場でよく知られているインイヤーモニター(IEM)があ…

【HiFiGOアナウンス】Hivi AW-83 ANCが発表されました!!!!

Hiviは、その優れた品質の高いスピーカーシステムで国際的なオーディオ市場で名声を博しています。つい最近、このメーカーは完全ワイヤレスイヤホンとワイヤレスヘッドホンを正式発表(ローンチ)しましたが、それらは贅沢な質感があるだけでなく、音質も本…

【ワイヤレスオーディオ送受信機 TaoTronics TT-BA09 Pro レビュー】トランスミッターとしてはそれほど不足はないが、レシーバーとしてはやや力不足。不具合報告が多いのも気になります。

レシーバーとしては性能はともかくコーデックがいまいちなので、基本的にワイヤレストランスミッターとして無線に対応していないDAPなどを無線化するのに使ったり、カーオーディオにつなぐのに使うだろうけれども、その場合aptX HDのようなグレードの高い高…

【完全ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW21 レビュー】高級感もありコンパクト。音質は心温まるナチュラルサウンド。おすすめ

音質は少しドライですが、ナチュラルな色味のある聴きやすさを重視した感じになっており、聴き心地が良いです。使い勝手の面ではスペック的に不満はなく、通信品質も安定度が高いと思われる上に、コンパクトで持ち運びも良く外観に高級感もあります。 1万円…

【完全ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW21 ファーストインプレッション】熱気とのびやかさが感じられるドライなU字のサウンドシグネチャー。

全体の音質特性(サウンドシグネチャー)はU字型をしており、少し後退する中域がゆるやかに高域に向かって伸びていく感じがあり、アタックは抑えられています。 ギターサウンドは高域でピークが強調されるようになっており、たとえばエレキギターのエッジの…

【HiFiGOレビュー】Colorfly U6:新たなフラッグシップの実力!

Colorflyの新しいフラッグシップポータブルプレーヤーであるU8は、そのサウンドパフォーマンスで広く賞賛されています。しかしその一方で多くの人が、使い勝手の悪いスライドボリュームコントロール、短いバッテリー駆動時間、外観デザインなど、サウンドパ…

【HiFiGO レビュー】FiiO BTR5:これぞベストなBluetooth DAC/アンプ!!

FiiOは、Chi-fiオーディオ市場における革新的な存在であり、最新のBluetooth DAC/アンプであるFiiO BTR5をはじめ、あらゆる部門で常に新製品を提供し続けています。 BTR5は、FiiOの最新のBluetooth DAC/アンプであり、同じくBluetooth DAC/アンプの旧世代…

【HiFiGOレビュー】XDuoo XD-05 Plus vs. XD-05:8つのアップグレード

xDuooによると、XD-05の販売台数はこれまでに12500を超えているそうです。 XD-05に関しては、消費者と販売業者からのさまざまな提案と質問がありました。 「XD-05はもうちょっとパワフルにならないものでしょうか?」 「XD-05は○○○Ωのヘッドホンを駆動できま…

【HiFiGO レビュー】xDuoo 05BL Pro vs 05BL:5つのアップグレード

xDuooは価格重視のオーディオファン向きのブランドですが、常に非常に優れたコスパの製品を提供してきました。XD-05 DACアンプ――据え置きクラスの音をポケットに持ち運べる汎用性の高さによって常識を変えたDAC/アンプです――は注目を集めたモデルで、たちま…

【完全ワイヤレスイヤホン EnacFire F1 レビュー】パワフルで重厚感がありマッチョ。ビターでシックでありながら、クラッシュ感も気持ち良いドンシャリサウンド。ハードロックの音がする。おすすめ

私が元々低域ジャンキー系だということもあるでしょうが、このイヤホンはすげぇかっこいい音を鳴らしてくれるのでおすすめです。ビターで重みのあるパンチの利いた重厚なサウンドが好きなら、このイヤホンはまさにそういう音をしっかり聴かせてくれます。高…

【完全ワイヤレスイヤホン Vedoo Vedoo-01 レビュー】重いパンチを打ち込むパワフルサウンド!濃密で充実したボクサーのような音!おすすめ

かなりパンチのある中低域を聴かせてくれる、重みと暖かみのあるサウンドが特徴です。中域に充実感と密度感があり、胴鳴りの利いた実体感の表現に優れているので、パワフルで生々しさのある音を求めている人には魅力的に映るかも知れません。しかし一方で、…

【HiFiGO レビュー】中華イヤホン KZ E10:5ドライバーハイブリッド完全ワイヤレスイヤホンの衝撃!

ほとんどのオーディオファンは、音質のパフォーマンスが有線イヤホンに遠く及ばないと考えているため、完全ワイヤレスイヤホンを使用しようとは思いません。個人的には、完全ワイヤレスイヤホンが有線イヤホンよりかなり高い価格で販売されているにもかかわ…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Kinera YH623:つかみ取れ!ワイヤレスの自由を!

テクノロジーは日々進化しており、これまでイヤホン内部のドライバーの搭載数やドライバーやハウジングに使われる材質の高品質化など、多くの発展がありました。 総じて、音質改善に注意が振り向けられる傾向にありましたが、ここしばらくはワイヤレスのガジ…

【HiFiGOレビュー】Shanling M6:Android DAP!

中華オーディオの世界は過去10年間で爆発的に拡大しました。この国が特に得意とするのは、優れたデジタルオーディオプレーヤーを製造することです。Shanlingはまさにその分野に特化した企業であり、そして完全にスタープレーヤーとなっています。このレビュ…

【HiFiGOレビュー】Shanling UP4 vs Fiio BTR5:Bluetoothレシーバーアンプ

Fiio BTR5は2019年7月30日に発表され、それから1か月経って、Shanling UP4が発表されました。中国の国内市場で試験的に先行販売された後、これらは現在両方とも世界中で入手可能になりました。両者のスペック比較は以下の通りです。

【HiFiGO レビュー】LOTOO PAW 6000 vs PAW Gold Touch

オーディオファンの皆さんは、2018年にリリースされたLotoo PAW Gold Touchのことをよくご存知でしょう。そして、PAW Gold Touchが飛ぶように売れ続けているのは事実です。しかしですね……Lotooは同様のモデル、PAW 6000をリリースしました。PAW Gold Touchの…

【HiFiGO レビュー】Fiio BTR5:クイックレビュー

最上級クラスのスマートフォンやデジタルオーディオプレーヤー(DAP)はますます大きく重くなっており、何らかの解決方法が発見されない限り、ポケットを圧迫し続けるでしょう。FiiOのラインナップで4番目のBluetoothレシーバーアンプであるFiiO BTR5を導入…

【ポータブルヘッドホンアンプ Shanling UP4 レビュー】現状で最高のBluetoothレシーバーアンプの一つで、しかも最もコスパが良い。おすすめ

ぶっちゃけ肝心のアプリがまだリリースされていないので、この機種の真価を評価するのは不可能なんですが、今の段階でも充分に完成度は高く、現状ではFiiO BTR5との実質的な差は少ないと思われるので、こちらのほうが安上がりに済むだけお得かも知れません。…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー FiiO M15 ファーストインプレッション】現状で最高のポータブルDAPと思える圧倒的機能性とハイエンドの音質

FiiO M15のファーストインプレッションはかなり驚くべきもので、10万円台の高パフォーマンス機と比べても同等か、より優れた音楽再生環境を提供してくれるはずです。アンプパワーは充分にパワフルで、音質もナチュラルかつ高解像度でバックグラウンドノイズ…