audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

10000円~20000円

【完全ワイヤレスイヤホン audio-technica ATH-CKS5TW レビュー】熱狂する音を奏でるSOLID BASSはようやく自由を手に入れた。使い勝手は非常に良い。音質は第一印象はとっつきにくく、かなり人を選ぶかもしれない。情感の篭もったボーカル最強。おすすめ

この機種はまず聴いて判断してみて。接続品質とか連続再生時間とか使い勝手のクセはほぼないんで、音が好みかどうかだけ。第一印象で嫌いなら、もう少し聴いて判断して欲しいけど、それはそれでそれ以上聴かなくて結構。音がクソとか、またオーテク失敗して…

【完全ワイヤレスイヤホン NAIN ZEENY TWS レビュー】音質的にはNUARL NT01AXと違いをほぼ感じない。専用アプリ付きで機能性は高いが、使い勝手は独特で不親切なところがあり、通信品質もやや安定しない。

音質は同等ながら、防水性能やバッテリーケース容量が向上していて、専用アプリでファームウェアアップデートや通知読み上げ機能までついているため、NT01AXの上位互換のように感じられる機種。しかし、ペアリングが1機種としかできず、通信品質はやや劣る印…

【完全ワイヤレスイヤホン Cambridge Audio Melomania1 レビュー】音の質感が柔らかくなって全体的に少し聞き心地の安定したTE-D01dといった感じ。使い勝手が独特

ノズルが太くてケースのイヤホン収納部に余裕がないため、市販イヤピを合わせづらいなど使い勝手に少しクセがあり、通信品質もQCC3026系の中では少し途切れが目立つ感じがある。音質的にはAVIOTのTE-D01d/TE-D01gに近い系統なので、そこらへんと聞き比べて…

【完全ワイヤレスイヤホン audio-technica ATH-CKS5TW プレレビュー】お、これは良いやんけ!ATH-CKS550に近い系統の音。聴いたその場で予約しちゃったよ!

うん、もう待ってましたよ!オーテク!この1年間どれほど耐え忍んできたか!この機種を見たいがために、この1年間過ごしてたのかもって今なら思える!ATH-CKS5、これは試聴した限りでは、すげぇ満足度高かったです。私の中のオーテク魂復活しました!YCの旗…

【特集】ちょっと良い音聞いてみない?粒ぞろいの1万円台有線イヤホンをご紹介![女声ボーカル編][1万円台高コスパイヤホン特集]

今回は魅力的な1万円台の価格帯のワイヤードイヤホンから、とくに私が選りすぐって注目している女声ボーカル向きの機種を紹介したいと思います。

【完全ワイヤレスイヤホン JVC HA-LC50BT レビュー】正直デザインが好みじゃないので、買おうか迷った。でも音質はいいし、EQは楽しいし、接続品質も良い。おすすめ

正直なところ、ある意味JVCらしい「求めてたのは、こういうのじゃないんだけど」って感じのあるデザインで、妙にAVIOTかNUARLあたりを意識して失敗した感じがあるにはあるんだけど、ぶっちゃけ音質面ではディテールはよくまとまっており、JVCらしいスパイシ…

【カナル型イヤホン Bang & Olufsen H3 mk2 レビュー】豊かな低域と澄んだ高域。うららかな温度感とつややかな輝きの両立した上質サウンド。すなわち Bang & Olufsen。おすすめ。

H3は価格にムラがあった感じだけど、H3 mk2は安定している様子。おかげで高値掴みはあまり気にせず買うことが出来ます。逆に言うとセール価格で売られることもほとんどない機種です。最近は欧州系メーカーは価格管理にかなり厳しくて、全世界共通価格みたい…

【カナル型イヤホン BGVP DMS レビュー】2万円以下で1DD+6BA。深掘りされて地熱を出す低域、豊かな中高域で女声ボーカル周りに高い充実感を出す。パノラマなサウンドステージにも注目。おすすめ

音漏れは結構ダイレクトに漏れるので、通通勤ラッシュ時の電車で使うのは厳しいです。音質は中域ごとボーカルを持ち上げて豊かに聴かせてくれる上、低域も深いところを重視した中域の味を損ねないサウンドになっているので、とにかく情感の篭もったしっとり…

【ワイヤードヘッドホン GRADO SR80e レビュー】スピード感とシャープなエッジ、開放感を感じられる最強にロックなヘッドホン。おすすめ

GRADOのヘッドホンは上位機種から下位機種までだいたい似たようなデザインで似たような音質だから、ある意味当たり外れがない。日本ではあんまり売れている気配がないけど、アメリカでは大人気のブランドでキレのある爽快サウンドを奏でてくれるから、Fender…

【ハイレゾ対応イヤホン SIMGOT EM2 レビュー】三國志ファンなら思わず手に取ってしまう!躍動的な低域と浮揚感のある優美な女声ボーカルを持つ。おすすめ

1万円台前半というかなり廉価な価格設定で、よくここまで作り込んできたなという機種。個人的にはIKKO OH1と同じく、粒ぞろいのこの価格帯では出色の存在で、かなりの魅力を感じる。まあ私は元低域ジャンキーだから、低域につい目が向きがちなので、低域のデ…

【カナル型イヤホン IKKO OH1 レビュー】メリハリのある音響は2万円以内随一。パワフルな低域に、シルキーなシンバルとツヤツヤボーカルを持つ機種。おすすめ

2万円以下で買える機種としては個人的には傑作機と思える。音質も素晴らしいが、ビルドクオリティも高くて見た目もかっこよく、非常に質が高い。とくに低域の完成度は曲によってヘッドホンレベルのリアリティを感じ、価格帯随一に近いだろう。高域は比較的す…

【カナル型イヤホン AZLA ORTA レビュー】パワフルなボディを持つ低域を味わいつつ、中低域の濃厚さに焦点を当てて楽しめる、聴き心地の良いサウンド

AZLAのイヤホンは相変わらずデザインはかっこよくて物欲を刺激してくれる。音は低域の聞こえを重視しているから、男声ボーカルのロックなんかかっこよく聞けると思う。女声ボーカルは私の好みからすると、ちょっと暗めなので、すこし落ち着いて聞こえる。ピ…

【完全ワイヤレスイヤホン Sudio TOLV レビュー】女性に人気のかわいい北欧デザインのファンシーなイヤホン。音質やスペックも何気に本格派で満足度は高い。プレゼント用にも向く

スペック悪くないですし、音質は少しピーキーに思いますけど、低域はしっかりしてますし、中高域も鮮明度を重視した音作りでメリハリが利いています。解像度は思ったより高くなく、価格なりかちょっと荒ぶりやすい印象を受けますけど、全体的にそれほど粗が…

【ハイレゾ対応イヤホン FiiO FH1 レビュー】自然と中域、ボーカルに焦点の合う良バランス機。女性ボーカルはややハスキーになるが、詳細に聞こえる。ロックのリスニング向けにおすすめ

自然に中域とボーカルが楽しめる、難解さのない音響構造が非常に好ましいです。緻密なのにしっかり的を絞っているから、変に集中力を要求しないし、かき乱されることもなく、大抵の曲でいいとこ取りさせてくれるイヤホン。付属品も妙に豪華だし、なんかすっ…

【完全ワイヤレスイヤホン Maxell MXH-BTW1000 レビュー】マクセルらしい明るいロック向きのイヤホン。ライバルはAVIOT TE-D01dか?

私が個人的に確認した範囲では店頭試聴モデルのイヤピは大抵小さいのが付けられている。女性ならそのサイズでフィットすると思うが、普通の男性はもうちょっと大きめで聴くのが良いので、店頭試聴時はイヤピを調整してもらうとよいと思う。音は若い感じで、…

【aptX対応ワイヤレスヘッドホン Panasonic RP-HD300B レビュー】3つの異なる音質モードを搭載した楽しいヘッドホン。音場が横長で定位感が良いのも特徴。おすすめ

まだ出たばかりってこともあって、この機種の評判ってあんまり聴かない印象だけど、個人的な印象では意外と面白い。まあスペック面で防水性能が無いとか、ノイキャンないとか、いろいろ不足面があることは事実で、一見すると没個性なんだけど、家で音楽楽し…

【完全ワイヤレスイヤホン COWON CT5 レビュー】中低域濃厚、中高域つややかの充実感高めサウンド。スペックは物足りず、通信品質は落ち着かない。

ぶっちゃけ性能が旧世代機といった感じで、露骨に見劣りする。通信品質もあまりよくない。音質は結構楽しめそうだけど、綺羅星のような有力機種がひしめくこの価格帯で敢えてこれを選ぶ理由はあんまない気がする。音質が気に入ったならおすすめできるが。

【完全ワイヤレスイヤホン eoz air レビュー】濃密な中低域。高級感があり、装着感も良いデザイン。通信品質だけはよくない。ケースもデカイ

通信品質やバッテリー性能などあらゆる面で、1万円台後半はNUARL NT01AXとかいう神イヤホンが鎮座しているので、ぶっちゃけ音質やスペック的によほど個性がないと差別化されず、飲まれます。この価格帯で商品を出すのは現状鬼門。この機種の場合、多少音質に…

【完全ワイヤレスイヤホン radius HP-T100BT レビュー】重低感のあるサウンドは魅力的だが……通信品質がこのレベルではキツい。

音は結構聴き応えがあるんだけど、とにかくひどい通信品質のせいで外出時はまともに聴くことができない。家用に使うなら良いけど、家庭用として完全ワイヤレスイヤホンって需要あるか微妙。音質だけは悪くないけど、それでも目に見えてよいというわけではな…

【カナル型イヤホン TFZ No.3 レビュー】ダイヤモンドドライバーのおかげか全体的に発色が良く、高域から低域まで明瞭なコントラストの高い音を出す。ただし情報量が多い曲ではうるさくなりやすいところあり

音質は硬い材質のドライバーらしい、明瞭感の高いサウンドが特徴。高域の発色はキラキラで透明感も光沢感も強く、低域のほうも色味が濃い音を出すため、全体的にコントラスト感の高い音響を作る。スピード感も非常に良く、音がかなりスムーズで場合によって…

【完全ワイヤレスイヤホン AVIOT TE-D01d-kzn キズナアイコラボモデル レビュー】キズナアイボイスで耳がおかしくなりそうなほど楽しいイヤホン。音質的には明瞭感が高い快活サウンドが特徴

ようやく念願のAVIOT TE-D01dが手に入りました!それもキズナアイコラボモデルがなっ!だいぶ待たされたけど、満足度は高いので、待っただけはあったかな?

【ハイレゾ対応イヤホン ZERO AUDIO ZIRCO NERO レビュー】黒い重厚感で攻めるロックなイヤホン。MMCXコネクタの独自仕様は面白いかもしれないが、不満も多いかも?

最近のZERO AUDIOは以前よりチューニングを重厚感に振っているのか、かなり正統派のロックサウンドを奏でるイヤホンを出している印象だけど、その筆頭格に当たるかも知れない機種。ロックらしいロックを楽しめる男のイヤホンって感じ。逆に言うと、今までの…

【PR】ほぼ全部入りの中華最強ワイヤレスイヤホン、1more E1001BTの限定クーポンを頂きました【30限定・2019/4/30まで】

以前GearBest.comさんからアフィリエイトプログラムに誘われて、セール情報を宣伝したことをお伝えしました。で、記事にも同じようなこと書いたんですけど、価格面で激安というものが多いわけでなく、たしかにAliexpressよりは多少楽そうだけど、amazonとい…

【完全ワイヤレスイヤホン ZERO AUDIO TWZ-1000 レビュー】音質的にはややドライな傾向のSENNHEISER MOMENTUM True Wirelessといった感じ。デザインは独特。使い勝手はそれなりにいいので、気に入ったならおすすめ

この機種については個人的に以前はもっといい印象を持ってたし、熱の入ったコメントを書きたいんだけど、この機種の周囲の状況にいろいろおかしいところがあって、そうしたこの機種の本質とは関係ないところの雑音のひどさに、この機種をおすすめすることに…

【完全ワイヤレスイヤホン MAVIN air-X レビュー】ぎっしりした密度感で力強い音響を奏でる。音の厚み、膨張感を感じさせる音

スカスカしたところがなく密度と濃厚さを出す音質傾向はたとえばJBL FREE Xに近いコンセプト。装着感や通信品質の安定感なども似ていて、ガチライバル候補かも知れない。スペック上はこちらが勝る。 2019年1月現在、QCC3026チップ採用機種では最も音が太く厚…

【カナル型イヤホン BGVP DMG レビュー】KnowlesのBAドライバーを無調整でぶっ込んだ感じの高域が異様に目立つ、独特のマニエリスム的音響は構図的には違和感を感じるが、幻想的で優美ではある。ノズルシステムは魅力に乏しく、危険性も高いので注意。

正直このイヤホンには困りました。音響表現は中華製多ドラにありがちな、調整不足で情緒不安定なところがあり、音場表現に不自然なところが多く、音を聴いていると何かと気持ち悪いところが多いので、個人的にはああまり好きな機種じゃないのですが、一方で…

【完全ワイヤレスイヤホン JBL UA Sport WIreless FLASH レビュー】重厚でロック向きのパワフルサウンドが魅力。とにかく量感は素晴らしい。接続品質も安定。唯一、AACについては対応状況がはっきりしないので注意。おすすめ

同じJBLの人気機種FREE Xに比べると、低域の存在感が少し強まって、中低域付近の密度を下げて締まった音に感じさせる調整になっている。全体的に濃厚な傾向は変わらないが、音のメリハリ感が増したことで、どちらかといえばロックやダンスサウンドのような元…

【完全ワイヤレスイヤホン AVIOT TE-D01b レビュー】高い解像度感としなやかな瞬発力を持ちながら、優美で発色の良い、深みを感じさせつつ見通しも良いさわやかなサウンドを奏でる。おすすめ

AVIOTらしい都会的センスに溢れたデザインと音質で率直に言って所有欲をしっかり満足させてくれる逸品。ただし通信品質面ではライバル機種に少し劣るところがありそうだ。 ライバルとしてはGLIDiC TW-7000がガチで、少し格上にNUARL NT01AXがいる。使い勝手…

【カナル型イヤホン NICEHCK M6 レビュー】劣化DMG。つまんないうえに構造上危険なノズルシステムは問題あり。もさっとした分離感の悪い中低域、異様に目立つ高域というバランス

BGVP DMGという中華イヤホンに外観はほぼそっくりで、OEMやメーカーを変えた並行輸入品かと思うだろうが、実際は外観だけパクったというのが事実で、正規のライセンス関係はなく、中身も別物らしい。実際私が聴いた感じでもDMGとは個体差以上に音質差を感じ…

【完全ワイヤレスイヤホン NUARL NT01AX レビュー】比較的自然な色合いでどこまでも伸びる高域と厚みのある中低域を共存させた恐るべき機種。おすすめ

音質傾向としてはわずかにドンシャリ傾向に思うが、全体的に密度感は高く、スカスカしたところは感じない。下位機種のNT01Lに比べると、高域の精彩が増した分だけ、中低域がおとなしく見えることはたしかで、どちらかといえば高域の突き抜け感とふくよかさを…