audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

10000円~20000円

【中華イヤホン Reecho x Peacock Audio Spring Fever ファーストインプレッション】中域に透明感があり、明るく見通しが良く、ボーカルが映えるイヤホン

一般に中域を重視しているところのあるボーカルホンですが、ボディはそれほど強調せず、むしろのびやかさや清潔感に寄せた柑橘系の味わいを感じます。女声ボーカルは曲によってボディの不足が気になる場面もありますが、中域の透明感のある中によく歌声がフ…

【HiFiGOアナウンス】FX Audioの最新製品がアナウンスされました!

FX Audioは中国を拠点とするオーディオ機器製造ブランドです。 このブランドはエントリーレベルのデスクトップDACとAMPにおいて最高クラスの製品を生み出しています。 その中には、FX Audio X6 DAC、FX Audio D2160アンプなどの有名な製品があります。 今回…

【HiFiGOレビュー】Shanling Q1:クイックレビュー!

Shanlingは1988年からビジネスを展開しています。このメーカーは常に中間層の消費者の財布に優しい製品を設計し製造してきました。 デザインが明確でポケットに入れやすい製品を常に提供するという哲学はそのままに今、Q1をリリースしました。

【コラム】Moondrop Starfield 海外レビューまとめ

もし広い音場を持つイヤホンを1万円台でお探しなら、Moondrop Starfieldは一つの最適解になるかも知れません。 中国のIEMメーカーMoondropは高性能なドライバーを適切にチューニングし、筐体に頑丈で造形的にも美しい外観を施すことが出来る高い技術力と、そ…

【中華イヤホン Moondrop Starfield レビュー】見通し感に優れ、開放的で風通しの良いサウンド。わずかにメタリックで粒立ちも良くリズミカル。おすすめ

とにかく音場が開放的で、高さと奥行きがあり、圧迫感がありません。若干音の色調は薄い気がしますが、リズミカルで清潔感もあり、粒立ちも繊細で風通しの良い音を持っています。音像をくっきり出すタイプではありませんが、はっきりと感じ取ることでき、モ…

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Shanling MTW100 Red:バランスドアーマチュアドライバー搭載のスタイリッシュな完全ワイヤレスイヤホン!

完全ワイヤレスイヤホンの設計デザインは、電子機器分野と音響分野の組み合わせでで成り立っており、両者を同時にうまく解決することは容易ではありません。 それが、ほとんどの完全ワイヤレスイヤホンが平均的なサウンドパフォーマンスしか提供できない理由…

【中華イヤホン NF AUDIO NA1 レビュー】くっきりとした手がかりのある中高域を丁寧に聴かせるモニターサウンド。おすすめ

中高域のくっきり感を丁寧に聴かせてくれ、音像がはっきりとわかりやすいのが特徴のモニター的なイヤホンです。高域は透明で一聴した印象ではそれほど主張がないように思うかも知れませんが、実際は風通しが良く開放的です。中域は甘味があり、ボーカルも前…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン QoA Pink Ladyのレビューまとめ

市場に新しいブランドが出現すると、オーディオ市場はいつも賑々しく活気づきます。 QoAはそのようなブランドの1つです。 2018年に2人の実の姉妹(SophieとYouko)によって設立されました。 ブランドQoAはKineraの姉妹ブランドとして位置付けられています。 …

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Xiaomi Flagship HIFI Hybrid Earphones:2BA+2DDの衝撃!

Xiaomiの新発売モデルMi HiFi Hybrid Flagship Headphonesの価格は、中国では999人民元です。このイヤホンは、2つの有線モードと1つの無線モードの両方で動作するように設計されており、ユーザーの柔軟性を高め、音質を向上させる4つのドライバーを備えてい…

【中華イヤホン MacaW GT600s Pro レビュー】清潔でメタリックな冬空のような澄み切ったクールサウンド。ノズル交換で音質変化も楽しめる。おすすめ

基本的には清潔でクールな音を持っており、高域で粒立ち感とシャープネスが強調され、やや手応えと手がかりの多い、ソリッドなサウンドを聴かせます。実体感は抑えめで、音が透ける傾向があるので、ボーカルの存在感はやや薄味ですが、子音は強調され息感も…

【中華イヤホン Moondrop Starfield ファーストインプレッション】ハーマンターゲットカーブが実現した透明感と高さのある開放的な音場表現

音場表現の広さと開放感、そして高域で透明感を維持しつつ、高いディテール感を実現しているのが特徴です。広く、突き抜ける高さを持った定位に優れたイヤホンを探しているなら、この価格帯では充分に満足できる品質を提供してくれるでしょう。輪郭や濃さを…

【HiFiGOレビュー】FiiO LC BT-2:これぞハイレゾBluetoothケーブル!

FiiOはChi-fiオーディオ界隈でよく知られた名前であり、最新の高品質な製品をそれなりの頻度でリリースしています。今回は新しいBluetoothケーブル、FiiO LC BT-2をリリースしました。 FiiO LC BT-2は、以前に発売されたLC BT-1のBluetoothケーブルのアップ…

【中華イヤホン NF AUDIO NA1 ファーストインプレッション】自然な拡散音場が考えられている音像のきれいな音を持つ。

空間表現は素晴らしく、音色の雰囲気は比較的自然に近い形で聞こえるはずです。高域の調整もうまくて、倍音を響かせすぎず、音を輝かせすぎない、マイルドで聴きやすい、しかし鮮やかさは充分な調整が加えられており、音像が非常に追いやすくなっています。…

【HiFiGOレビュー】1More E1026BT:解体新書

「解体新書」シリーズは独自の方法と詳細な製品分解分析に依拠した詳細な分解により、最新のオーディオエレクトロニクスを検証し、製品固有の構造を解説します。 そのユニークでスタイリッシュなデザインと優れたサウンドパフォーマンスにより、1MOREの人気…

【中華イヤホン MacaW GT600s Pro ファーストインプレッション③】金ノズル:立体感があり、最もアグレッシブで艶やかだが、このイヤホンの特徴である繊細さも忘れないドンシャリサウンド

今回はMacaW GT600s Proの金ノズルについてその音質インプレッションを確認しました。金ノズルはドンシャリの典型に近いサウンドを実現し、一般に奥行き感が最も高くなるので、全ノズルの中で音は最も活き活きとして聞こえるでしょう。このイヤホン特有の分…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン NF Audio NA2:ダイナミックサウンドがここに!

Chi-fiオーディオ市場は日々成長しており、新たな革新的製品が1日おきに登場しています。NF Audioは、インイヤーモニターの製造に特化した中国を拠点とするブランドですが、そこからダブルキャビティ・ダイナミックドライバー・インイヤーモニターの新しいイ…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン BGVP Q2:完全ワイヤレスイヤホンの新機軸!!!

BGVPは中国に拠点を置くオーディオ機器製造ブランドであり、その素晴らしく作り込まれた、プレミアム品質のイヤホンで広く知られています。その製品群にはBGVP DM6があり、そのほかにもchi-fiオーディオ市場でよく知られているインイヤーモニター(IEM)があ…

【中華イヤホン MacaW GT600s Pro ファーストインプレッション②】黒ノズル:フラットに近くなってバランスが良くなり、やや高域に寄った緻密系ながら万能に楽しみやすくなったモニターサウンド

今回はMacaW GT600s Proの黒ノズルについてその音質インプレッションを確認しました。銀ノズルでも感じられた清潔で爽やかな雰囲気は適度に維持しつつ、より中域でボディを感じさせ、暖かみも増し、聞き心地がかなり安定させられています。低域の安定感が増…

【中華イヤホン MacaW GT600s Pro ファーストインプレッション①】銀ノズル:シャープでソリッド、メタリック。しかしのびやかで清潔な抜けの良いU字サウンド

今回はMacaW GT600s Proの銀ノズルについてその音質インプレッションを確認しました。非常に清潔で爽やかな雰囲気がありながらも、シャープでソリッドな手がかりの多い分解能重視のサウンドを持っており、倍音成分の表現が聴きやすく、メタリックな音がきれ…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Reecho x Peacock Audio Spring Fever:インプレッション!

Reecho audioは、ヨーロッパのオーディオ市場進出を目指すに当たって、Peacock audioと提携する道を選びました。両者は、一つ一つ手作業で塗装された樹脂シェルとハイブリッドドライバー構成を持ち、高品質のケーブルをパッケージに付属した非常に高級なハイ…

【中華イヤホン TFZ KING Edition レビュー】ロックが価格帯屈指のカッコよさ。おすすめ

かなりアグレッシブで力強い音を持っており、とくにギラつき感のあるボーカルとギターは非常にロック向きで味わい深いです。ビターでドライな雰囲気の曲にはとことん強く、ジンジャエールのような音を聴かせてくれます。ボーカルの潤い感に欠けるところがあ…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン NF Audio NA1:イヤホンレビュー!

NF Audioは、中国に拠点を置くカスタムIEMブランドで、まだ国際的な知名度は高くありません。2014年に設立され、香港との境界に近い深圳に拠点を置いています。 ちなみに、NFとは、Near Field(近接場、モニターサウンド)、Nice Fit(良好な装着感、そして…

【中華イヤホン WG T-one レビュー】力強く、温かみもあるリッチサウンド。穏やかで聴き心地が良いが、実はスパイキーさも隠し持っている。おすすめ

パワフルな低域と、温かみのある中域で充実したサウンドを聴けます。しかし、高域も閉じているようで、適度なディテールがあり、明るい曲では意外としっかり輝きを出してくれたりもします。非常にバランス感覚が良く、聴き心地も安定している印象を受けます…

【HiFiGO レビュー】中華イヤホン Shanling ME200 Red:クイックレビュー!

Shanling ME200 ハイブリッドイヤホンは、ナノコンポジット振動板を採用し、Knowlesバランスアーマチュアドライバーを搭載しており、4芯銀メッキ無酸素銅ケーブルが付属しています。 Shanlingは1980年代後半からオーディオ市場に進出しています。熱心なオー…

【中華イヤホン Shuoer TAPE レビュー】静電型らしい繊細で爽やかな高域表現が特徴。おすすめ

音場は広く、開放的で、ディテールにも優れており、非常に高解像度なサウンドを持っています。しかしその音はミニチュア的で、金属的な感触があり、中域の暖かみに欠け、充実感を感じづらいかも知れません。静電ドライバーらしい音を充分に実現しており、完…

【HiFiGOレビュー】Shanling UP4 vs Fiio BTR5:Bluetoothレシーバーアンプ

Fiio BTR5は2019年7月30日に発表され、それから1か月経って、Shanling UP4が発表されました。中国の国内市場で試験的に先行販売された後、これらは現在両方とも世界中で入手可能になりました。両者のスペック比較は以下の通りです。

【HiFiGO レビュー】Fiio BTR5:クイックレビュー

最上級クラスのスマートフォンやデジタルオーディオプレーヤー(DAP)はますます大きく重くなっており、何らかの解決方法が発見されない限り、ポケットを圧迫し続けるでしょう。FiiOのラインナップで4番目のBluetoothレシーバーアンプであるFiiO BTR5を導入…

【ポータブルヘッドホンアンプ Shanling UP4 レビュー】現状で最高のBluetoothレシーバーアンプの一つで、しかも最もコスパが良い。おすすめ

ぶっちゃけ肝心のアプリがまだリリースされていないので、この機種の真価を評価するのは不可能なんですが、今の段階でも充分に完成度は高く、現状ではFiiO BTR5との実質的な差は少ないと思われるので、こちらのほうが安上がりに済むだけお得かも知れません。…

【音場イヤホン Ar:tio CR-M1 レビュー】適度なウォーム感を出しながら、奥行き感と幅のある音を聴かせる。おすすめ

とくに奥行き感に優れた傾向があるのは共通にしても、CR-V1に比べると、こちらのほうがむしろ万能かも知れません。低域が適度に存在感を出してくれるので、中域のウォーム感でより優れていて、音楽を聴く限り、CR-V1より快適に聴けるという人も多いかも知れ…

【HiFiGOガイド】200$以下で選ぶ、文句なくオススメできるベストな中華イヤホンTOP3

200ドル以下の価格帯は、コスパの良い機種と高級機種の境目にあたり、最も曖昧なところです。一部のメーカーはかつては400ドル以上で提供されていた技術を応用して、この価格帯で大幅なパフォーマンスの向上を実現しており、この付近は現在最も競争力のある…