audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

イヤホン

「イヤホン」カテゴリではイヤホン製品に関する記事を紹介しています。

完全ワイヤレスイヤホン

左右分離型の完全ワイヤレスイヤホンについては「完全ワイヤレス」カテゴリにまとめられています。

NUARL NT01AX | SENNHEISER MOMENTUM True Wireless | Bang & Olufsen E8 2.0audio-technica ATH-CKR7TW |  audio-technica ATH-SPORT7TW | RHA TrueConnectNuForce BE FREE 5NuForce BE FREE 8HAVIT G1SONY WF-SP700NJabra Elite 65tBOSE SoundSport FreeJVC HA-XC70BTJVC HA-ET900BT | おすすめ低価格モデル and more...

ワイヤレスイヤホン

完全ワイヤレスタイプも含め、Bluetooth接続のワイヤレスイヤホン/ヘッドホンについては「ワイヤレス」カテゴリを参照してください。

LDAC対応機種 | aptX HD対応機種 | aptX対応機種 and more...

ハイレゾ対応機種

ハイレゾに対応している製品については「ハイレゾ」カテゴリを参照してください。

 


【カナル型イヤホン Oriolus Finschi レビュー】音場はそこそこだが、抜けの良い清潔感のある高域と、ほどよい膨張感もある聞き疲れしない、しかし厚みも充分にある低域を兼ね備えたバランス感覚に優れた名機。万能性が高いその音質に惚れました。おすすめ

実力派揃いの2万円台の中では個人的にかなりおすすめの機種です。臭みの少ない音で、音像をとことん聞き込んで楽しめる秀逸イヤホンを探しているなら、候補に入れてみてはいかがでしょう?

【完全ワイヤレスイヤホン ZERO AUDIO TWZ-1000 レビュー】音質的にはややドライな傾向のSENNHEISER MOMENTUM True Wirelessといった感じ。デザインは独特。使い勝手はそれなりにいいので、気に入ったならおすすめ

この機種については個人的に以前はもっといい印象を持ってたし、熱の入ったコメントを書きたいんだけど、この機種の周囲の状況にいろいろおかしいところがあって、そうしたこの機種の本質とは関係ないところの雑音のひどさに、この機種をおすすめすることに…

【完全ワイヤレスイヤホン Bang & Olufsen E8 2.0 レビュー】そのさわやかで見通しの良い音場は健在。高級感と機能性を増し、最大再生時間も向上。安定動作にはアプリ必須。おすすめ

今回Bang & olufsen E8 2.0を手に入れることができましたので、レビューをお届けいたします。なるべく中立的に書いたつもりですが、商品提供を受けて執筆した記事なので、本当に中立的かは自信がありません。PRレビューなんだということをあらかじめ了承して…

【平面駆動型イヤホン MUSICMAKER TONEKING BL1 レビュー】広い音場に立ち上がりも良く安定感のある音を奏でる。一聴するとおとなしいが、音像の明確さで優れる。おすすめ。

個人的にはヒアスルー機種っぽい使い方が出来るところや開放型に近い音響は好みだが、おそらくイヤホンとして音質を考えると、面白味が感じづらいって人が大部分だと思う。音のメリハリ感はないし、ふわっとした感じで発色はよくないから、イヤモニ的な鮮明…

【完全ワイヤレスイヤホン SENNHEISER MOMENTUM True WIreless レビュー】完全ワイヤレスイヤホンとは思えない豊かな音場表現と雄大な空間表現で聴かせる。本格オーディオセットの音を完全ワイヤレスで実現した名機。ただしコスパは悪い。おすすめ

私の個人的な印象だと、AVIOT TE-D01bとかNUARL NT01AXなんか比較的なんでもいけますって感じで、オールラウンドに近い印象があるが、このMTWは結構好き嫌いが激しいところがあって、「これはすごくいい!」ってのと「おいおい、そりゃないだろ!」って落差…

【特集】ミドルエントリークラス最強神話!気鋭のZERO AUDIO 3機種を聞き比べる![ZB-03/DUOZA ZH-DWX10/CARBO MEZZO ZH-DX220-CM]

私の大好きなZERO AUDIOから去る1月29日、相次いで新製品が発売されました。一番の注目はブランド初の完全ワイヤレスイヤホンTWZ-1000であることは疑いないですが、ジルコニアハウジングを採用したZIRCOも注目です。ここにきての製品の充実はZERO AUDIOファ…

【ゲーミングイヤホン AGPTek H1 レビュー】艶味や味付けが全くなくて面白味はないけど、意外といける音質。低域が薄いのでFPS向きではなさそう

ゲーミング用途としてはちょっと中途半端な使い勝手だが、価格を考えると音質的には悪くないと思わせるものがある。ゲーミング用よりは音楽用の方が意外と聴き応えがあるかも知れない。この価格にしては口径の大きいドライバーを搭載しているようで、音の瞬…

【ハイレゾ対応ヒアスルー搭載イヤホン SONY IER-NW500N レビュー】NW-A50シリーズとの相性は抜群!ヒアスルーが便利すぎる。音質的にはやや低域に寄ったゆったりめのサウンド

ヒアスルーが便利で、NW-Aシリーズを持っている人にはそれだけでおすすめできるが、音質も一見優れている印象がしないが、実は広い音場感覚を持ち、意外と悪くない。地味に使い勝手の良いイヤホンである。用途も限定されているせいか、あまり安売りされない…

【完全ワイヤレスイヤホン MAVIN air-X レビュー】ぎっしりした密度感で力強い音響を奏でる。音の厚み、膨張感を感じさせる音

スカスカしたところがなく密度と濃厚さを出す音質傾向はたとえばJBL FREE Xに近いコンセプト。装着感や通信品質の安定感なども似ていて、ガチライバル候補かも知れない。スペック上はこちらが勝る。 2019年1月現在、QCC3026チップ採用機種では最も音が太く厚…

【完全ワイヤレスイヤホン EARIN M-2 レビュー】コンパクトで携行性に優れる。広い音場空間を持ち、見通しの良いサウンドを奏でる。SENNHEISER MOMENTUM True Wirelessの弟分のような音

小型で見た目にも違和感なく装着できることは第一の美点。持ち運びしやすいケースなのが第二の美点。そして小型なイヤホンとは思えない豊かな音場表現を持つのが第三の美点というように、音質と使い勝手で独特の良さを持っているのが魅力。 個人的には音場表…

【カナル型イヤホン BGVP DMG レビュー】KnowlesのBAドライバーを無調整でぶっ込んだ感じの高域が異様に目立つ、独特のマニエリスム的音響は構図的には違和感を感じるが、幻想的で優美ではある。ノズルシステムは魅力に乏しく、危険性も高いので注意。

正直このイヤホンには困りました。音響表現は中華製多ドラにありがちな、調整不足で情緒不安定なところがあり、音場表現に不自然なところが多く、音を聴いていると何かと気持ち悪いところが多いので、個人的にはああまり好きな機種じゃないのですが、一方で…

【完全ワイヤレスイヤホン JBL UA Sport WIreless FLASH レビュー】重厚でロック向きのパワフルサウンドが魅力。とにかく量感は素晴らしい。接続品質も安定。唯一、AACについては対応状況がはっきりしないので注意。おすすめ

同じJBLの人気機種FREE Xに比べると、低域の存在感が少し強まって、中低域付近の密度を下げて締まった音に感じさせる調整になっている。全体的に濃厚な傾向は変わらないが、音のメリハリ感が増したことで、どちらかといえばロックやダンスサウンドのような元…

【完全ワイヤレスイヤホン AVIOT TE-D01b レビュー】高い解像度感としなやかな瞬発力を持ちながら、優美で発色の良い、深みを感じさせつつ見通しも良いさわやかなサウンドを奏でる。おすすめ

AVIOTらしい都会的センスに溢れたデザインと音質で率直に言って所有欲をしっかり満足させてくれる逸品。ただし通信品質面ではライバル機種に少し劣るところがありそうだ。 ライバルとしてはGLIDiC TW-7000がガチで、少し格上にNUARL NT01AXがいる。使い勝手…

【特集】BGVP DMGは完全なイヤホンじゃなくてDTMで高音を聴くためのイヤモニでしかない!オーケストラでその定位感の歪みを解剖する

最初のころはなかなか悪くない音でコスパ悪くないかもなんて思わせてくれたBGVP DMG。ご機嫌だった私はRHA MA750あたりと比べちゃってもいいかも、Westone W40と比べたいくらいなんて有頂天になってましたが、あの頃の私はバカでした。率直に言って、このイ…

【カナル型イヤホン NICEHCK M6 レビュー】劣化DMG。つまんないうえに構造上危険なノズルシステムは問題あり。もさっとした分離感の悪い中低域、異様に目立つ高域というバランス

BGVP DMGという中華イヤホンに外観はほぼそっくりで、OEMやメーカーを変えた並行輸入品かと思うだろうが、実際は外観だけパクったというのが事実で、正規のライセンス関係はなく、中身も別物らしい。実際私が聴いた感じでもDMGとは個体差以上に音質差を感じ…

【特集】仁義なきパクリ戦争に決着を!BGVP DMG vs NICEHCK M6 比較レビュー!その4。ハルカトミユキ「17才」を聞き比べたら雲泥の差があった

BGVP DMGとNICEHCK M6ですが、そろそろ個別レビュー書かなきゃねってことでNICEHCK M6の音質を理解するためにいろいろ聴いていたんです。で、情報量の多いハルカトミユキ「17才」を聴いていたら、NICEHCK M6の音があまりに分離感悪く出すんで、「あれ?こん…

【特集】名曲「17才」で、JVC HA-FD01SPの各ノズルを味わい、聞き比べる!

今回は課題曲をJVC HA-FD01SPに付属する各ノズルで聞き比べて、その音質の違いを語ってみよう、そういう企画特集記事になります。これは予定では10回くらいシリーズにして続けたいです。というか、ノズル交換するの結構めんどいので、1回に1,2曲を比較するの…

【完全ワイヤレスイヤホン NUARL NT01AX レビュー】比較的自然な色合いでどこまでも伸びる高域と厚みのある中低域を共存させた恐るべき機種。おすすめ

音質傾向としてはわずかにドンシャリ傾向に思うが、全体的に密度感は高く、スカスカしたところは感じない。下位機種のNT01Lに比べると、高域の精彩が増した分だけ、中低域がおとなしく見えることはたしかで、どちらかといえば高域の突き抜け感とふくよかさを…

【特集】仁義なきパクリ戦争に決着を!BGVP DMG vs NICEHCK M6 比較レビュー!その3

前回の続きです。ブログ記事の内容をBGVPの代理店であるLSオーディオさんとHCKさんに連絡し、何か新しい情報などはないかと聞きました。HCKさんのほうはブログのURL教えてくださいってメールが来てURL教えてから返答が全くなく、音信不通になりました。今の…

【特集】中華発の平面駆動式ドライバー搭載イヤホン MUISCMAKER TONEKING BL1 の実力を探る!

MUISCMAKER TONEKING BL1 中華発の興味深いイヤホンが最近発売された。MUISCMAKER TONEKING BL1である。最近amazonでは中国製の多ドライバーイヤホンがいろいろ出回っている。それらはスペックだけ見ると驚くべきものがあるが、大抵音質は落ち着きがないもの…

【完全ワイヤレスイヤホン GLIDiC TW-7000 レビュー】タフな連続再生時間は魅力。いろいろ使い勝手は悪いけれども、シャリシャリ系の音質が気に入ればコスパはよい。

宣伝文句に「豊かな音質」とあったので、この点大変興味を持っていたが、残念ながら音質的には「豊か」という言葉が想像させる、豊穣さはない。AnkerのLiberty系完全ワイヤレスイヤホンのような、緻密な系統の音ではあるので、解像度的に豊かと言いたいのか…

【完全ワイヤレスイヤホン JBL FREE X レビュー】名誉挽回を図ったJBL渾身の完全ワイヤレス!通信品質は改善しすぎて神レベル!音質も肉厚で納得の密度感!

連続再生時間には若干不足感を感じるが、最大再生時間は充分であり、何より音質と通信性能はなかなかのもの。なぜかSR15とだけは仲が悪かったが、SONY系DAPでは通信は安定していたし、さまざまなレビューがそれを実証している。 音質は中低域の密度がそのま…

【特集】仁義なきパクリ戦争に決着を!BGVP DMG vs NICEHCK M6 比較レビュー!その2

前回の続きです。今回は短時間で熟成させるためピンクノイズで行いました。とりあえず時間があるうちに2戦目の記事を挙げようと思い立ちました。思いのほかアクセス数が伸びたので味を占めたところもあります。

【特集】仁義なきパクリ戦争に決着を!BGVP DMG vs NICEHCK M6 比較レビュー!その1

コスパ最強の中華イヤホンの中でもとくに注目に値する機種の一つが「BGVP DMP」です。15000円程度の価格で、4BA+2DDのハイブリッド6ドライバー搭載、しかもドライバー素材にグラフェンを導入して音に対する反応速度を向上させつつ、交換可能なノズルシステム…

【完全ワイヤレスイヤホン Hihiccup Hi-TWS レビュー】iKanzi X9のスペック上の上位版という捉え方でほぼほぼ良いだろう。中低域が厚く、重厚感に寄った傾向の音。しかし音はなめらかで聴きやすく、解像度感もやや優れる。またも良バランスの機種が出てきた。

くどいようだが、位置づけ的にはiKanzi X9の上位互換と考えてしまってほぼ問題ない。音質的にはそっくりだし、防水性能やバッテリー容量などスペックは明らかに上。装着感的にもこちらのほうがしっかり耳に嵌まるという人は多いだろう。ついでにいえば技適証…

【特集】audio-sound @ hatena ベストバイ大賞 2018【ワイヤードイヤホン/ワイヤレスイヤホン】

一足早く完全ワイヤレスイヤホンについてはベストバイ大賞を発表させて頂きました。今回はワイヤード(有線)イヤホン、ワイヤレスイヤホンでのベストバイを発表させて頂きたいと思います。 しかし、正直に告白しますと、今年は完全ワイヤレスイヤホンをなる…

【特集】audio-sound @ hatena ベストバイ大賞 2018【完全ワイヤレスイヤホン】

年の瀬とはいえ、まだもう少し今年が続きますが、せわしない一年がほぼ過ぎようとしています。今年は大変お世話になりました。皆様からの日頃のご愛顧にいつも感謝しております。 今年も様々なオーディオ製品を紹介させて頂きましたが、その中から誠に勝手な…

【ワイヤレスイヤホン BOSE SoundSport Pulse レビュー】パンチ力のある重厚サウンドで大満足できる。R&Bやクラシック、JAZZ、ロックどれも濃厚。故障報告が少し多いが。

アクティブノイズキャンセリングは搭載していないが、遮音性はかなり高い。周辺音をしっかりと軽減し、没入感が高いので、ジムで運動に集中するのには向くが、ランニングやサイクリングなど野外で使う場合には注意が必要。とくにサイクリングは安全運転上、…

【完全ワイヤレスイヤホン Anker Soundcore Liberty Air レビュー】Airpodsに匹敵するAirpodsリスペクトモデル!鮮明な音質で溌溂とした音を奏でる良機種。

もはや言い訳もしないし、隠しもしない。「Air」という名前にしっかりと表れている「Apple Airpods」へのリスペクトとオマージュ。Ankerは完全ワイヤレス界に燦然として君臨する王者に本気で向き合っている。明らかに似ている装着感とケースに至るまで似せた…

【ANC搭載ワイヤレスイヤホン BOSE QuietControl 30 レビュー】音質のパワフルさ、パンチ力はさすがのBOSEサウンドでワイヤレスイヤホンではトップクラス。ただし耐久性に厳しい指摘あり

プロによるおすすめのワイヤレスイヤホンランキングでは上位常連のBOSE渾身のモデル。音質に関しては批評家を唸らせている。一方でamazonのカスタマーレビューなどでは批評家視点に比べて評価が芳しいとは言えず、耐久性に問題があるとの指摘が多く、使用感…