audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

イヤホン

【HiFiGOニュース】最新のデュアルドライバー・ハイブリッドBluetooth V5.2 TWS「CCA CC4」登場

CCAは、新しい名前のように聞こえるかもしれませんが、有名なKZ Acousticsと多くの点で共通しています。CCAは、有名なKZ Acousticsの姉妹ブランドであり、彼らと同様に、高品質なオーディオIEMとTWSを手頃な価格で設計することに注力しています。

【HiFiGOニュース】最新の5ドライバー(1DD+4BA)ハイブリッドIEM「KBEAR Robin」登場

KBEAR Robinは、パワフルな10mmデュアル磁気回路ダイナミックドライバーと、カスタマイズされた4つのバランスド・アーマチュア・ドライバーを備えた5つのドライバー・ハイブリッド・セットアップを片側に搭載しています。KBearは、1つの物理的なクロスオーバ…

【中華イヤホン Audiosense DT600 セカンドインプレッション】DT600を駆動する最適出力インピーダンスの追求

Audiosense DT600は目下私の注目を集めている機種です。それは同時に取り掛かっているJH Audio Roxanne AIONとかいう機種よりはるかに魅力的です。

【中華イヤホン Audiosense DT600 ファーストインプレッション】私がAudiosenseに送ったメール[追記:Audiosense DT600はAudiosense史上最高傑作かもしれません]

Audiosenseの新作、DT600のレビューを今、わりと必死で書いているところですが、その前にファーストインプレッションをお届けしたいと思います。今回はメーカーに印象を述べたメールがあるので、その日本語訳を掲載することにしました。

【HiFiGOニュース】最新のシングルDD IEM「Ranko Acoustics RIE-880」登場

Ranko Acousticsは、1992年に設立されたHiFiオーディオ機器のブランドです。ハイレゾ対応のオーディオケーブルやアクセサリーを中心に研究開発を行ってきましたが、昨年、デュアルドライバー搭載のハイブリッドIEM「RIE-1000」でHiFi IEM業界に参入しました…

【HiFiGOニュース】廉価なトライブリッド5ドライバーIEM「Geek Wold GK10」

Geekwoldは、ハイレゾ対応IEMやTWS Bluetoothイヤホンを中心に展開するHiFiオーディオ業界の新進企業です。彼らは、魅力的なドライバー構成の優れたイヤーピースを提供する、非常に高い価格のIEMで存在感を示しています。今回発売されたのは、木製のフェイス…

【コラム】オーディオマニアが本気でお勧めするDTMerのためのコスパ最強モニターイヤホン&ヘッドホン[1万円以下!]

DTMerを悩ませる、予算と時間配分、そしてポータブル性に関する問題を解決するために、より安価で優秀なヘッドホンやイヤホンが必要になります。この記事ではDTMの入門者を対象にして、高価なモニタースピーカーに勝るとも劣らないイメージングをより安価に…

【中華イヤホン CCZ Plume アウトラインレビュー】中域から中高域にかけて丁寧にチューニングされている良機種。ただ中低域の膨張が好みを分けるかもしれない

Plume(飾り羽)という名前とその金色の美しい外観から、私は軽やかで繊細、優雅なサウンドを期待していました。つまり、極楽鳥やクジャクのような華やかなサウンドイメージです。しかし、実際のPlumeのサウンドはもっと地味です。

【HiFiGOニュース】最新のトリプルドライバーハイブリッドIEM「Shanling ME500 Shine」リリース

本日は、Shanling Audioの美しいイヤホン「ME」シリーズに、新製品Shanling ME500 Shineが登場しました。これは、有名なShanling ME500の再設計されたバリエーションですが、新たに設計されたイヤーキャビティを備えています。

【HiFiGOニュース】あの大人気イヤホンがアップデート!「Tanchjim Hana 2021」

今日、Tanchjimは、美しいHanaのアップデートバージョン「Tanchjim Hana 2021」をリリースしました。オリジナルのHanaに対するフィードバックに基づき、TanchjimのR&DチームはHanaをよりニュートラルでスムーズなサウンドシグネチャーに再調整しました。また…

【HiFiGOニュース】トライブリッド7ドライバーIEM「Shuoer EJ07M」発売

Shuoer Acousticsは、フラッグシップモデル「EJ07」の量産モデルとして、新たに「EJ07M」を発売します。フラッグシップモデル「EJ07」と同様に、片側10mmカーボンナノダイナミックドライバー、Sonion Quad ESTドライバー、Sonion Dual BAドライバーの7つのド…

【HiFiGOニュース】最新の5ドライバーハイブリッドIEM「CCZ Plume」発売

イン・イヤー・モニター(IEM)は、コンパクトで高出力を必要としないため、多くの人に好まれるタイプのトランスデューサーです。各ブランドは、高品質なサウンドとパフォーマンスを維持するために、さまざまなドライバー構成や技術を備えた新しいペアを常に…

【HiFiGOニュース】最新の平面駆動型IEM「Dethonray Tender 1」登場

Dethonrayという名前は、誰もが知っています。Dethonrayは、その最初の製品であるDethonray DTR1で業界にその名と足跡を残しました。DTR1は、絶対的に優れた性能を持つハイレゾデジタルオーディオプレーヤーです。DTR1の成功の後、彼らはポータブルDAC/AMPの…

【HiFiGOニュース】最新の7BA+1DD IEM「KZ ZAS」登場

本日、KZ Acousticsは最新のハイブリッドインイヤーモニター、「KZ ZAS」を発表しました。KZ ZASは、新構造の音響キャビティと新世代の高性能バランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載した16ユニットのハイブリッド技術を採用しています。さらに、1基の強…

【HiFiGOニュース】クアッドKnowles BAドライバーIEM「HiBy Crystal 4」リリース

HiByは、マルチBA方式のインイヤーモニターの最新モデル「HiBy Crystal 4」を発売しました。「HiBy Crystal 4」の上位機種である「HiBy Crystal 6」に続く新製品となります。Crystal 4の名の通り、バランスド・アーマチュア型ドライバーを片側4基ずつ搭載し…

【ニュース】Tribitの人気機種3製品がVGP 2021 SUMMERを受賞!大感謝キャンペーン開始

サウザンドショアスのオーディオブランド「Tribit」がVGP 2021 SUMMERを受賞しました。なんとStorm Box Proに至っては金賞です。iClever名義のころから大好きなブランドなのでVGPみたいなメジャーな賞に登場すると、個人的には本当にうれしいです。素晴らし…

【HiFiGOニュース】最新の4バランスド・アーマチュア・ドライバーIEM「Fidue Gem 4」販売開始

Fidue Acousticsは、中国に拠点を置くHiFiオーディオ機器ブランドです。Fidueという名前を聞くと混乱するかもしれませんが、FIDUEの各文字はF- Fidelity(原音忠実性)、I- Inspired(インスピレーション)、D- Durable(耐久性)、U- Unique(独自性)、E- …

【HiFiGOニュース】最新シングルDDピュアベリリウム振動板フラッグシップIEM「NiceHCK Lofty」発売

NiceHCKは、ピュアベリリウム振動板を採用した最新のダイナミックドライバーIEM「NiceHCK Lofty」を発表しました。

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Sonic Pro アウトラインレビュー】透明度の高い中域重視のスタジオチューニング。甘やかな美しいボーカルと透明感の高い楽器音が味わえる。邦楽、J-POP向き

SoundPEATSはSonic Proでドンシャリ卒業宣言をしていますが、どうやら本当にこれまでのサウンドとは違う新機軸を目指したようです。低域から中域はかなりニュートラルに近く、スタジオトラッキングモニター系に近い中域重視のサウンドになっており、ドンシャ…

【ニュース】ピュアベリリウム搭載IEM「NICEHCK lofty」リリース

NICEHCKは今回、ピュアベリリウム振動板を搭載したフラッグシップモデル「NICEHCK lofty」をリリースしました。

【完全ワイヤレスイヤホン JPRiDE TWS-335 アウトラインレビュー】厚みと重みを重視した低域寄りドンシャリ。

JPRiDE TWS-335は厚みと重みのある低域を重視したドンシャリサウンドを持っています。低域が強調されているわりに、深みに欠けるのが少し好みを分けそうですね。音楽が全体的に窮屈に聞こえやすい傾向があります。

【HiFiGOニュース】最新のトリプルドライバー・ハイブリッドIEM「Whizzer HE03AL」発売

Whizzerは、最新のハイブリッドIEM、新製品「Whizzer HE03AL」を正式にリリースしました。J.IDEA+ Studioによるデザインで、航空グレードのマグネシウム・アルミニウム合金製のイヤーシェルを採用した美しい外観となっています。10.2mm径のダイナミックドラ…

【ニュース】KZから両側合わせて2BA+2DD完全ワイヤレスイヤホン「KZ Z3」登場

Knowledge Zenith Acoustics(ナレッジ・ゼニス・アコースティックス)、通称KZ Acoustics(ケーゼット・アコースティックス)は、ハイブリッド完全ワイヤレスイヤホンの最新モデル「KZ Z3」を発売しました。

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Free 2 アウトラインレビュー】EarFun Freeの系譜を受け継ぐ深みのある低域と艶やかな中高域を持つドンシャリサウンド。ロック向き

EarFun Free 2は重厚な低域と艶やかで派手な中高域を持つV字型のドンシャリサウンドを持っています。重厚さとギラつきの強さを共存させたパワフルでエネルギッシュなサウンドを楽しむことができ、サウンドの全体像は低域の重さと中高域の鮮明度を重視するFre…

【HiFiGOニュース】最新型2EST+2BA+1DD IEM「Moondrop Variations」発売

Moondropは、待望のトライブリッドセットのIEM「Moondrop Variations」を正式にリリースしました。この製品は、Moondropが最近最も期待しているプロジェクトの一つです。Variationsでは、3Dプリントされたイヤーキャビティの中に3つの異なる技術を組み込んで…

【中華イヤホン Cayin Fantasy(YD01) アウトラインレビュー】マイクロディテールを重視したサウンド。粒の細かなシンバルクラッシュ、繊細なアコースティックギターの音色が美しい

Cayin YD01のサウンドは全体的にニュートラルを意識したサウンドを持っています。マイクロディテール重視で音楽を繊細に聴きたい場合は悪くないかもしれません。

【HiFiGOニュース】フラッグシップイヤホン「BLON BL-A8 Prometheus」正式発表

今日、BLONは、待望のBLON BL-A8 Prometheus HiFiシングルDD IEMを正式にリリースしました。Blon A8は、そのユニークなデザインで市場で際立っています。このペアは、不規則な形状の中空彫刻されたオープンアウターシェルデザインを持ち、Prometheusにユニー…

【HiFiGOレビュー】完全ワイヤレスイヤホン Whizzer B6 レビュー:身の毛がよだつほどの秀逸TWS

Whizzer B6はセパレーションが良く、低音がしっかり出て、ボーカルが非常にクリアになるようにチューニングされているので、騒音下でも十分に音が出るのです。つまり、こうした環境下では$900のIEMよりも優れているということです。外出時、スポーツ時、屋外…

【ニュース】ゲーマー向けTWS「BlitzWolf AIRAUX AA-UM8」リリース

低価格でゲーミング向けの低遅延モード搭載を謳う完全ワイヤレスイヤホン「BlitzWolf AIRAUX AA-UM8」がリリースされました。

【完全ワイヤレスイヤホン JPRiDE Premium TWS-520 MK2 アウトラインレビュー】低域重視のドンシャリサウンド。ダイナミックで重厚な音楽が楽しめる。通信品質は良い

JPRiDE TWS520mk2は低域を重視し、太く重厚なサウンドを実現しています。全体のチューニングはニュートラルを意識しているようですが、低域と高域にやや不自然に寄ったレンジ感重視のドンシャリサウンドです。

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事