audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

中華イヤホン

【中華イヤホン TIN HIFI T4 レビュー】解像度重視のデジタル的サウンドで鮮やかくっきりツルツルに流れるように音楽を音像重視で楽しめます。おすすめ

高解像度で音場も広めに聴きたい人にとって、このイヤホンは価格帯では最良の選択肢の一つかも知れません。とにかく聞き苦しい感じがほとんどなく、どんな曲も流れるようなスムーズ感で聴けます。ビルドクオリティも高く、装着感もよいのでずっと音楽を聴い…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Kinera Nanna:ファーストインプレッション

Kineraは中国の有名なブランドで、秀逸な音響表現のイヤホンで好評を博してきました。 Kineraのラインナップは豊富で、だいたい30ドルから850ドルまでカヴァーしており、どれも驚異的でディテールに優れたIEMですが、エントリークラスは明確に機能が限定され…

【中華イヤホン NICEHCK NX7 レビュー】高域が過剰で分解能を強調しすぎる感じがあり、音が基本的に細切れで縦長に聞こえ、ギシギシしやすい。分離感は高く、音像が派手なので見た目は気持ち良い音に聞こえるはずだが、落ち着きがなく、深みがなくて飽きやすいし、聞き疲れする音。ただし倍音成分は多い

この機種はハズレ品も多いという噂を聞きます。私の手持ちの個体がハズレ品の可能性もあると思いましたが、よく他サイトのレビューを確認したところだと、音の印象はだいたい私の個体と同じ感じなので、おそらく私の個体はハズレ個体ではないと思います。た…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Moondrop Starfield :それは美しい音楽の響く満天の空

さて、洗練された美しいデザインと素晴らしいチューニングで有名な中国のブランド「Moondrop」は最近、新作IEM「Moondrop Starfield」をリリースしました。 「Starfield」という名はイヤホンだけでなく、イヤホンケーブルのデザインにも反映されています。 H…

【中華イヤホン NOBYIN A2(QZX-A1) レビュー】深みの感じられる低域と前進的で豊かな中域が魅力。ボーカルフォーカスが良い。おすすめ

音の組み立ては中域で充実するようしっかり組み立てられている印象です。それを支える低域の重みと深みのあるディテールサウンドがなかなか良質で、価格を考えるとかなり良好に思えるでしょう。一方で高域音は緻密さに欠け、人によっては暗くおとなしく思え…

【インナーイヤー型中華イヤホン KBEAR Knight レビュー】中高域の艶やかなあたりの音にしっかりフォーカスされるイヤホン。低価格ではおすすめ

ボーカルフォーカスも悪くなく、中高域の艶やかさも充分に出るので、アニソンやアイドルソング、ロックなんか、なかなかいい感じで聴けます。インナーイヤー型の特徴か音が少し広がりが強く、空間に清潔感が足りない感じが出てしまうのが好みを分けそうです…

【ハイブリッド中華イヤホン TRI TRI-i3 レビュー】パワフルで音場の広いモニターフォン。床面が前進して聞こえ、中域はやや奥行きとパノラマ感を強調し、高域方向は少し硬質でかっちりしているが、マイルドに抜ける。音像重視。おすすめ

音像を緻密に味わいたい人には非常に魅力的なモニターイヤホンに感じられるはずです。鮮やかさを抑え、ディテールを満遍なく分散させてバランス良く全音域で音像を描き出してくれます。音には一定の太さもあり、細くなりすぎて尖る感じもなく、音場の透明感…

【中華イヤホン OSTRY KC07 レビュー】やや硬質に輪郭を強調してかっつり聴かせるメリハリ感の強い、緻密系の透明感と光沢感が強めなドライな出音だが、シャープネスや音圧は適度に調節されており、聴き心地も良い。おすすめ

中高域を非常に清潔に、透明感がある形で緻密に表現してくれますので、シンセ音とは相性が良さそうです。アコースティックな曲では抱擁感の不足を感じますが、デジタル系サウンドでは、低域の深さと重みで押し広げられ、上にも高く、奥行きもある空間がとて…

【3BAイヤホン SIMGOT EK3 レビュー】透明感があり、繊細さを充分感じさせながら、全体的なトーンタッチは優しく、朗らかな音色で聴き心地が安定している。スピード感への対応も柔軟。おすすめ

スピード感のある曲から豊かなたっぷりしたメロウな曲まで比較的万能にこなせるところがあります。透明感やや強めで全体を見るとモニター的ではありますが、一方でどの音域でも一定の広がりが感じられ、抱擁感があるので、聴き心地は高度に安定しています。…

【インイヤー型イヤホン Astrotec Lyra Collection(150Ω) レビュー】自然な甘味のある中高域の艶やかさを丁寧に聴かせる良機種。Astrotecらしく出音が少し派手ではある。リケーブルできないのがつらい

リケーブルができないところがやや残念ではあるが、Astrotecらしい押し出し感のある、透明感を兼ね備えた音質は魅力。音を粒立ちよくきれいに聞かせてくれる感じがあり、華やかで艶やかである。ただインピーダンスは高めでおそらく再生にゲインを必要とする…

【中華イヤホン Yinyoo Yy-Ash レビュー】ドンチャリって言えばわかりやすいかな?華やかで解像度を強調するやや金属的なミニチュア系サウンドを持つ。人によってはカリカリかもしれないバランス。ドラム強めのロックにはおすすめ

癖が強く、人によっては華美に過ぎる出音だと思うので、個人的なおすすめ度はそれほど高くはないが、解像度重視の人には低価格では抜群のコストパフォーマンスに思えるだろう機種。装着感も良いし、光沢感や透明感を強めに楽しみたいなら、アリだろう。ただ…

【中華イヤホン CCA C12 レビュー】爽やかでドライな見通しの良い高解像度系正統派モニター。音はやや乾燥していて、無愛想だが、低域の活きも良く、清潔感があってかなり良い。おすすめ

爽やかドライ系の音質で、中域にふっくらした充実感がないのが好みを分けそうではあるが、価格を考えると充分な解像度が味わえるモニター系イヤホン。コスパはかなり良く、個人的に文句なくおすすめです。

【中華イヤホン IKKO OH10 レビュー】ドシッとした低域と艶やかさ重視の中高域を持つ。OH1に比べて濃厚感が増し、価格帯最高クラスのメロウなサウンドを手に入れた。ボーカルフォーカスは良い。おすすめ

ぶっちゃけ個人的にはOH1との価格差がどうしても気になるところで、実売価格で5000円以上の差を考えると、どうしてもOH1に目が行きがち。ただこちらのほうがよりコクとツヤがあり、どっしりとしたメロウサウンドを聴かせてくれるので、ポップスやR&Bではより…

【中華イヤホン Astrotec Delphinus5 レビュー】確かに「じゃじゃ馬」。少し元気すぎる中高域が明るめの女声ボーカルをのびやかに力強く聴かせる。元気なアニソン向き。決して万能ではない。おすすめ

中高域の明るく元気な女声ボーカルによくフォーカスされている。音の傾向ははっきりめで外連味も強めにガツガツした感じで力強く聴かせてくれるのが魅力。明るいアニソンやアイドルソングは本当に楽しい。一方でたとえばJAZZを聴いてみると、なんとなく同じ…

【中華イヤホン KZ ZSX レビュー】高域と低域が過剰に近く前屈みで、濃い。低域はパワフルで妙に近いので深いとか重いとかでなく、ただただ濃く太い印象が勝る。そして高域は意外とピーキー。音場が破綻していて、ほとんどごちゃごちゃ。ドンシャリの極北。ロック向きであることは間違いない。

異様に聞き疲れやすい音で耳への負担感が大きく、率直に言って不健康な音である。個人的にセーフリスニングの観点から、このイヤホンには危険な感じしかしない。音量を上げるとすぐ音圧が増し、音場は狭くなり、高域のピーキーさが際立つ。とくにパンチ力と…

【トリプルDDドライバーイヤホン Glazata TE20(Z6) レビュー】キラキラ感が強く、音が近く、没入感高めのパワフルで明るいサウンドキャラクターが魅力。アニソン、EDMにどうぞ!おすすめ

アニソンやEDM、ロックを没入感重視かつ明るめに聴くならおすすめできる。価格なりの大雑把さはあるけど、逆にそれが楽しい外連味とわかりやすさとして昇華されており、気持ち良く爽快で大味な音楽表現につながっている。低価格でハキハキシャリシャリした明…

【ANC搭載USB Type-C用イヤホン MeloAudio(dyplay) ANC-LINK レビュー】アクティブノイズキャンセリングとデジタルDAC搭載。音質は重厚感のある低域とクリアな中域を持ち、適度な音圧がしっかりあるサウンド。耐久性に少し懸念。おすすめ

音質は価格を考えると結構良くて広がりのある重い低域出てるし、ノイキャン付きだしっていうことで、ゲームや動画鑑賞なんかにも悪くなさそうな雰囲気がある。問題は電源周りにノイズ対策が施されていないであろう低価格スマホではノイズが発生しやすそうな…

【中華イヤホン Yinyoo BL-03 レビュー】中高域から高域のディテールに注力したシャリシャリモニター。ギターエッジとシンバルの空気感、ボーカルの輪郭と息感、抜けがよく聞こえる。ミニチュア的な音が好きなら、おすすめ。

価格を考えると、非常に詳細な高域ディテールを持ち、ボーカルにも充分な抜けがあり、一聴した印象はかなり良いはずです。これまで同価格くらいのイヤホンを使ってきた人は、もしかするとこれを買ったばかりの間はかなりの感銘を受けるかも知れません。しか…

【中華イヤホン Yinyoo TRI-i4 レビュー】組み立てのしっかりしたモニターライクな音を目指したドンシャリイヤホン。おすすめ

個人的にこのイヤホンはおすすめです。音は少し細い感じはあるでしょうが、組み立てはしっかりしていて、ポップスを特に綺麗に聴かせたいっていうコンセプトが明確に感じられます。音場も開放的に聞こえ、上でギスギスする感じもなく、聴き応えと聞き心地の…

【高級イヤホン試聴レビュー HIDIZS MS4】厚みのある自然な音が低域から高域まで豊かに響いてくる良質サウンド[KANN CUBEで聴く高級オーディオ]

海外レビューなんかを読んだけど、結構評価分かれてる機種。まず低域は温かみがあって、結構深くまで出ているけど、地熱感があるのでクリア感はそれほどでもない。このあたりを肯定的に評価する場合は優れたベースサウンドという評価になるけど、否定的に評…

【高級イヤホン試聴レビュー iBasso IT04】バランスが良く、とくに低域や高域の設計は意外と煮詰めて作られていて、万能に聴ける印象。埋もれがちな機種だが、隠れた名機だ。[KANN CUBEで聴く高級オーディオ]

日本ではDAPばかり評価されている感じのiBassoだが、実は密かに海外レビューで評価が高いのがこのIT04。各種レビューで「Great Sound!」と連呼されているので、「どんなもんかな」と興味を持ったけど、たしかにいろいろバランス良く、万能に音楽を楽しめる感…

【カナル型イヤホン Kinboofi KB EAR F1 レビュー】ギターやシンバルあたりに丁寧な手がかりを作っているところは好感できる。でもボーカルが伸びず露骨な天井感があるのでポップス向きではない。JAZZにおすすめ

明るい系女声ボーカルのアニソンやポップスではいまいち突き抜けてくれない感じがあるので、露骨に不向きだが、JAZZや同じように中域に濃厚感があるレゲエなんかいい感じ。同価格帯でライバルとなる機種ではとくにPanasonic RP-HDE1が気になるところ、ぶっち…

【カナル型イヤホン POBO N5 レビュー】解像度は価格なりかちょい良いくらいだが、ハイファイ感のある弱ドンシャリサウンドが意外とバランス良く、快活さや透明感を楽しめる。おすすめ

低価格ながら、聴かせるべきところをわきまえたわかりやすい表現で、値段以上の満足感をもたらしてくれるイヤホン。自然な解像度のある女声ボーカルのディテールはかなり満足できる。音に深みと奥行き感が欠けるところは価格なりだが、ポップスや明るいガー…

【カナル型イヤホン TFZ T2Galaxy レビュー】TFZらしい硬い音。メリハリは高く感じられるところはある。クールなサウンドを求めてるならアリ。

ちょっと聞き疲れしやすいし、人工的な冷たい感じがあるから、個人的にTFZのイヤホンはあんまり好きじゃないんだけど、でもまあ見た目の解像感は高くてスピード感も出るし、アップテンポなエレクトロダンスミュージックとかを楽しむには非常に都合が良い。個…

【カナル型イヤホン BGVP DMS レビュー】2万円以下で1DD+6BA。深掘りされて地熱を出す低域、豊かな中高域で女声ボーカル周りに高い充実感を出す。パノラマなサウンドステージにも注目。おすすめ

音漏れは結構ダイレクトに漏れるので、通通勤ラッシュ時の電車で使うのは厳しいです。音質は中域ごとボーカルを持ち上げて豊かに聴かせてくれる上、低域も深いところを重視した中域の味を損ねないサウンドになっているので、とにかく情感の篭もったしっとり…

【5BAイヤホン ROSE BR5 mk2 レビュー】3万円以下の大人気機種。はっきりとわかりやすい感じの音ではあるので、魅力が理解しやすい。慣れてくると意外と直線的な音だけどね。おすすめ

女声ボーカル向きとは言いますが、結構かっつりした感じで元気のいい方の音なんで、はっきりしたリズムを取る曲の方が基本的に相性が良いです。それもハイハットやライドシンバルがかっつり仕事する系の曲に合います。ただそこらへんがかっつり仕事してる曲…

【ハイレゾ対応イヤホン SIMGOT EM2 レビュー】三國志ファンなら思わず手に取ってしまう!躍動的な低域と浮揚感のある優美な女声ボーカルを持つ。おすすめ

1万円台前半というかなり廉価な価格設定で、よくここまで作り込んできたなという機種。個人的にはIKKO OH1と同じく、粒ぞろいのこの価格帯では出色の存在で、かなりの魅力を感じる。まあ私は元低域ジャンキーだから、低域につい目が向きがちなので、低域のデ…

【カナル型イヤホン IKKO OH1 レビュー】メリハリのある音響は2万円以内随一。パワフルな低域に、シルキーなシンバルとツヤツヤボーカルを持つ機種。おすすめ

2万円以下で買える機種としては個人的には傑作機と思える。音質も素晴らしいが、ビルドクオリティも高くて見た目もかっこよく、非常に質が高い。とくに低域の完成度は曲によってヘッドホンレベルのリアリティを感じ、価格帯随一に近いだろう。高域は比較的す…

【ハイレゾ対応イヤホン FiiO FH1 レビュー】自然と中域、ボーカルに焦点の合う良バランス機。女性ボーカルはややハスキーになるが、詳細に聞こえる。ロックのリスニング向けにおすすめ

自然に中域とボーカルが楽しめる、難解さのない音響構造が非常に好ましいです。緻密なのにしっかり的を絞っているから、変に集中力を要求しないし、かき乱されることもなく、大抵の曲でいいとこ取りさせてくれるイヤホン。付属品も妙に豪華だし、なんかすっ…

【カナル型3BAドライバーイヤホン TFZ SECRET GARDEN 3 レビュー】濃いめで、明瞭感もあり、個々の音のキャラクターをはっきり出す音。ギミック付きで面白い機種ではある

音はカチカチしててちょっと人工的なところがあって好きじゃないけど、個々の音をはっきり聴かせるキャラクター性を出す聴かせ方が好きな人もいるかも知れない。個人的には同じ値段なら、qdc 3SHをおすすめするけど、これはこれで悪くないのかも知れない。