audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

中華イヤホン

【ニュース】この価格では「ありえない音と品質」。$200台で買える最高品質を目指したIEM「DUNU FALCON PRO」リリース

今回DUNUはここ数年の研究蓄積をクラシックモデルに適用し、新たに生まれ変わらせました。往年の名機FALCONが帰ってきます。「DUNU FALCON PRO」の登場です。

【ニュース】DUNUの最新フラッグシップ・シングルDD IEM「DUNU ZEN PRO」。より自然な中域を手に入れた「ZEN」

DUNU ZEN ProはZENをさらに磨き上げたフラッグシップモデルにふさわしいサウンドに仕上がっています。

【特集】オーディオマニアが愛するウォーム系中華イヤホンブランド「QOA」。その最新製品紹介 2021

中華イヤホンに詳しい人たちの間で、今もっとも愛されているブランドの一つが「QOA(Queen Of Audio)」です。2019年に設立されたかなり若いブランドですが、数ある中華イヤホンブランドの中でとくに注目に値します。

【特集】低価格多ドラ中華イヤホンの雄「KZ」、その最新人気おすすめモデル 2021

この記事ではKZの最新モデルの中から、とくにおすすめできる製品をピックアップし、紹介します。

【中華イヤホン TForce Yuan Li アウトラインレビュー】清潔感のあるニュートラル系ウォームリスニングサウンド。まさに1万円台の皇帝

TForce Yuan Liはこの価格帯で最も優れたニュートラル系リスニングイヤホンです。どんなジャンルの曲でも聞き苦しいところなく、比較的優れた解像度で、スムーズに、心地よく聞かせてくれます。真の万能機に近いと言っていいでしょう。Yuan Liに対する巷間の…

【ニュース】人気のVXシリーズから待望の第2弾「TRN VX Pro」リリース

TRNは、人気のVXシリーズの第2弾モデルとして、最新のハイブリッド・ドライバー・イン・イヤー・モニター「TRN VX Pro」を発売しました。

【HiFiGOガイド】オーディオ専門店「HiFiGO」が選ぶ!$500以下中華イヤホンの名機 TOP5 2021

HiFiGOは、現在購入できるHiFi IEMのトップ5をテストしてリストにまとめることで、あなたを助けようと思います。このリストは、$500以下の価格帯から選ばれています($100以下のベスト、$200以下のベスト、など)。

【ニュース】最新の静電型中華イヤホン「KZ ZEX」登場

KZが最新の静電型技術を搭載したIEMをいよいよ投入します。待望の「KZ ZEX」が市場で発売されました。

【中華イヤホン Audiosense DT300 アウトラインレビュー】それはAudiosense史上最高のサウンドバランスを提供する可能性があるものの……

Audiosense DT300は出力インピーダンスが0Ωに近いデジタルオーディオプレーヤーや高品質なアンプで駆動することは推奨されません。0Ω時の出力はウォームで滑らかですが、鮮明感に欠け、全体的に音が鈍く聞こえます。出力インピーダンスは5Ω以上の機種を選ぶ…

【HiFiGOニュース】混成デュアル・トーン調整設計の最新ハイブリッドIEM「LZ A4 Pro」リリース

本日、LZは最新のクアッドドライバー・ハイブリッド・インイヤーモニター「LZ A4 Pro」を発表しました。A4 Proは、3つの高性能Knowles BAドライバーとCNTダイアフラムダイナミックドライバーを組み合わせています。また、交換可能なチューニングノズルと交換…

【コラム】インピーダンスアダプター付きで発売されたAudiosense DT600、Head-Fierを魅了しはじめる

製品版のAudiosense DT600は80Ωのインピーダンスアダプター(アッテネータ)入りで発売されたらしく、その効果を体感したHead-Fierに興奮と議論を沸き起こしています。その一部をご紹介しましょう。

【ニュース】チューニングスイッチで調整可能なニュートラル系ハイブリッドIEM「Yanyin Canon」

Yanyinの新しいイヤホン「Yanyin Canon」は1DD+4BAのハイブリッド構成と各サイドに3つずつ設けられたチューニングスイッチによって、ユーザー好みのサウンドを実現可能になっています。

【HiFiGOニュース】両側合計24基のバランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載した最新のマルチBA IEM「CCA CA24」

本日、CCAは最新の24BA IEMである「CCA CA24」を発表しました。CCA CA24は、プロフェッショナルレベルで24個のバランスド・アーマチュア・ドライバー(片側12BA)を搭載し、優れた技術的パフォーマンスを目指して設計されたパワフルなペアです。CA24には、プ…

【ニュース】人気モデルのブラックバージョン「Whizzer Kylin HE01B」登場

Whizzerはオーディオファンのために、好評を博したWhizzer Kylin HE01に新たな配色デザインのバリエーションモデルを用意しました。Whizzer Kylin HE01Bです。HiFiGOでプレオーダーが開始されました。

【特集】注目度の高い、中華イヤホン。今買うならこれだ!(シングルDD編)[2021年9月号]

この記事では、世界中のオーディオ情報を収集している当ブログが、今最も評価が高く、最先端で流行している中華イヤホンの中から、最新の注目機種を紹介します。

【ニュース】ダークホース到来!イヤーチップにいたるまでデザインにこだわり抜いたIEM「SonicMemory SM2」

高品質なシングルダイナミックドライバーIEMがまた登場しました。アルミニウム合金のシェルが美しいSonicMemory SM2です。

【ニュース】超弩級13BAフラッグシップIEM「Penon Legend」爆誕!

Penon Audioから13基ものバランスド・アーマチュア・ドライバーを搭載したフラッグシップモデルが登場しました。その名も「Penon Legend」。 チューニングスイッチを3基搭載しており、それによりリスナーは好みのサウンドを実現することができます。

【ニュース】透明感のあるシェルと多彩なカラーリング!おしゃれな低価格シングルDD IEM「TRN CS2」登場

低価格イヤホンの定番ブランド「TRN」から新作が登場するようです。ブランドは先日、TRN CS2をリリースし、予約を開始しました。シングルダイナミックドライバーイヤホンです。

【ニュース】一部でフェイスプレートが綺麗だと評判の「CVJ Angel Wings」

価格の割に見た目が良いと一部で評判になっている中華イヤホン「CVJ Angel Wings」がリリースされました。Angel Wingsは衝撃をもたらすとブランドは主張しています。

【中華イヤホン Audiosense DT600 アウトラインレビュー】アンプやリケーブルで音が変わるオーディオマニア向けイヤホン。そのサウンドの幅は厚みのある中域充実系から、輝きに満ちて幻想的に聞こえるキラキラ系高域寄りフラットサウンドまで、多彩に変化する!

個人的な趣味で言えば、85Ω出力時のDT600は私の音楽趣向に合っているサウンドを奏でてくれるため、最上級のイヤホンであると言えます。DAPで素晴らしい音質を体感したい場合は「Etymotic Research ER38-24」を使うことで最適なバランスに近い状態で駆動でき…

【HiFiGOニュース】ハンドメイドフェイスパネルが美しいIEM「Audiosense DT600」登場

最近、Audiosenseは有名な "DT "シリーズに、もう1つの美しいマルチBA IEMを追加しましたが、それがAudiosense DT600です。DT600は、6個のバランスド・アーマチュア・ドライバーを3チャンネルの3Dプリント音響チャンバーに配置し、肌に優しい樹脂製シェルに…

【中華イヤホン Geek Wold GK10 アウトラインレビュー】世界中を熱狂させたウォームサウンド

Geek Wold GK10は音質的には価格の割に、良好なリスニングイヤホンです。それは解像度が高いというイヤホンではありませんが、定位感は比較的正確で、響きの情報量が適度に多く、ゆったりと快適に音楽を楽しむことができます。

【ニュース】FiiO 14周年記念モデル「FiiO FDX」

FiiOは秋の製品発表会において、2つの新しいフラッグシップIEMを発表しました。一つはすでに報じられている「FiiO FD7」です。そしてもう一つは同社の14周年記念限定コレクターズエディションのインイヤーモニター「FiiO FDX」です。「FiiO FDX」と「FD7」の…

【HiFiGOニュース】新開発ULTスーパーリニアダイナミックドライバー搭載シングルダイナミックIEM「Moondrop Kato」リリース

本日、MoondropはKXXSラインアップのアップグレード、最新のMoondrop Katoを発表しました。Moondrop Katoは、過去2年間の設計・検証・改良を経て、歪みの少ない自然な音色でパワフルかつ魅力的なサウンドを再生するULT(Ultra-Linear Technology)ダイナミッ…

【中華イヤホン IKKO OH1S ファーストインプレッション】正統派モニター系サウンド。ディテール感に優れるが、多くの人にとって、リスニングで使うには明るすぎる音

IKKO AudioのIKKO OH1Sを手に入れたので、ファーストインプレッションをお届けします。

【中華イヤホン SeeAudio Bravery ファーストインプレッション】中域の音像を丁寧に聞かせるイヤホン。いまのところ、個人的にはANOUのほうが好き

See Audioの新作SeeAudio Braveryを手に入れたので、ファーストインプレッションをお届けします。

【HiFiGOニュース】「Tin HiFi T2 Evo」発表。クラシックT2シリーズの最新作

最新のTin T2 Evoは、OG T2、T2 Pro、T2 Plusに続く、有名なT2シリーズの4番目の製品です。このシリーズは、高品質の仕上がり、優れたアクセサリー、ハイレゾリューション・サウンド、そして手頃な価格で知られています。T2 Evoは、これらの原則をすべて踏襲…

【ニュース】人気機種の後継機「TinHiFi T2 EVO」

TinHiFiの人気機種「T2」の後継機「T2 EVO」が発売されました。HiFiGOなどで取り扱いが開始されたようです。

【HiFiGOニュース】FiiO、最新のピュアベリリウム・シングルダイナミック・フラッグシップ「FiiO FD7」を発表

FiiO FD7は、12mmの大型ダイナミック・ドライバー・ユニットとピュア・ベリリウム・ダイアフラム・コイルを搭載し、高精細なサウンドを実現する究極のパフォーマンスを発揮します。このペアには、ブラックとゴールドの美しい組み合わせによる独自の新色処理…

【中華イヤホン Geek Wold GK10 フォースインプレッション】ケーブル極性と共振問題について

さて、今日のトピックは最近話題のGeek Wold GK10です。 もうほとんどレビュー書き上がってるんですけど、例のごとく新たな情報提供があったので、それを検証しました。新たに提起された問題とは、「ケーブル極性問題」と「高域共振問題」です。

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事