audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

中華イヤホン

【HiFiGOレビュー】Moondrop Illumination パッケージ開梱&クイックレビュー:華麗なる美女

Moondrop Illuminationは、Moondropのシングルダイナミックドライバー・インイヤーモニター(IEM)の最新フラッグシップモデルです。私はこれまで、Blessing 2、Starfield、S8など、Moondropのいくつかの製品を所有し愛用してきました。基本的に、私はMoondr…

【中華イヤホン Moondrop SSR レビュー】大音量ではややシャウティになりやすいが、小音量時にニュートラル系で歪みの少ない、バランスの良いくっきりしたサウンドを鳴らす秀逸イヤホン。静かな環境で音楽を楽しむ人のリファレンス

Moondrop SSRはエントリークラスでありながら比較的優れたオーディオパフォーマンスを持っているイヤホンです。そのサウンドはどちらかといえば小音量で音楽を楽しむ人向きのモニターライクなチューニングになっています。小さな音量でも明瞭でくっきりとし…

【HiFiGOニュース】Reechoから最新のハンドペイントIEM Reecho Insects Awaken(惊蟄) がリリースされました!!

Reechoは以前、Peacock Audioと提携して、美しく手描きされたインイヤーモニター(IEM)を国際市場向けにリリースしました。 その最初の製品であるSpringは、コミュニティから多くの肯定的なフィードバックを受け取りました。このブランドは今、有名なハンド…

【HiFiGOレビュー】CatEar Audio Miaについてのレビューまとめ

ほんの数ヶ月前、CatEar Audioは最初のハイファイインイヤーモニター(IEM)製品であるCatEarMiaをリリースしました。わずか$99.99の価格で、優れた音響性能を提供するカスタム調整されたマイクロダイナミックドライバーユニットを備えた、お財布にやさしい…

【HiFiGOニュース】Shuoerから最新の静電ダイナミックドライバーIEM Shuoer Tape Proがリリースされました

今年の初め、Shuoer Acousticsは、静電ダイナミックドライバーIEM Shuoer Tapeを手頃な価格でリリースし、世界中を驚かせました。このモデルは、その興味深い音質出力は多くの肯定的な評価を集めました。 同じような成功を続けたのち、コミュニティからの反…

【HiFiGOニュース】Moondropの最新IEM Moondrop SSP が発表されました

Moondropは高く評価されているMoondrop SSRの姉妹モデルをリリースしました。最新モデルはMoondrop SSP(Super Spaceship Pulse)と呼ばれています。SSPのハウジングデザインはSSRモデルと同じですが、マットな仕上がりでより高級感があります。ベリリウムコ…

【HiFiGOレビュー】KZ ASX:開封とクイックレビュー。20ドライバーIEMの実力!

オーディオファンコミュニティで一般的にKZ Acousticとして知られているKnowledge Zenithは、市場で予算にやさしいインイヤーモニターの大手メーカーです。AS10、ZS10、AS06などの幅広い製品があります。先月、このブランドは、なんと20基のバランスドアーマ…

【中華イヤホン qdc Dmagic 3D レビュー】qdcらしい目鼻立ちの整ったサウンド。うねるようなグルーヴ感に優れ、豊穣さ、優雅さ、そして重厚感を備えた洗練された高級感がある。個人的には少し静寂感が足りない

qdc Dmagic 3Dはうねるようなグルーヴ感とクリアな明瞭感、リッチな優雅さを兼ね備えたハイエンドイヤホンです。そのサウンドとパッケージ/ビルドクオリティは充分価格に見合うものだと思われますが、音質は若干静寂感に欠け、演出感も強いように思えます。…

【中華イヤホン QoA Vesper 紫 レビュー】中域にしっかりとフォーカスされ、ボーカルがみずみずしく聞こえるリスニングサウンド。デザインはとても美しい

QoA Vesper 紫は通常版より中域のフォーカス感が強く、よりフラットに仕上げられたリスニングライクイヤホンです。基本的にはボーカルを中心に音楽的に聞かせるリスニング系の音に思えますが、低域から中域にかけては自由音場フラットに近いので、人によって…

【HiFiGOニュース】iBassoがハイブリッドフラッグシップIEM iBasso IT07を発表しました

iBassoは、最新のハイブリッドドライバーインイヤーモニター(IEM)モデルであるiBasso IT07を発表しました。これは、両側に強力な7ドライバーハイブリッドセットアップを備えています。iBasso IT07は、このブランドのフラッグシップ製品になります。 実際、…

【HiFiGOニュース】Kinera Nanna、装いを新たに。ニューカラーが登場

女神ナンナのこと聞いたことがありますか?北欧神話によれば、彼女はバルドル神の妻であり、月と知恵の女神です。Kineraはこの女神からインスピレーションを得て、昨年末にオーディオコミュニティに向けて美しいKinera Nannaを作りました。そしてNanna、世界…

【HiFiGOニュース】DUNUの最新6BA IEM DUNU Studio SA6がリリースされました

DUNUは、市場で最新のIEMシリーズであるDUNU Studioシリーズを今年5月に発表しました。このIEMはすべてバランスドアーマチュアドライバーで構成されています。製品発表会では、DUNU Studio SA3とDUNU Studio SA6の2組が発表されました。SA3は、両側に3基のバ…

【HiFiGOニュース】qdcから高品質3BA IEM qdc Anole V3IIがリリースされました

一般にQDCとして知られているShenzhen Qili Audio Application Co.、Ltdは、中国の深圳に拠点を置く超高級オーディオブランドです。このブランドはプロフェッショナルな楽曲向けのハイエンド・インイヤーモニター(IEM)を開発することに専念しています。 qd…

【中華イヤホン AUDIOSENSE T300 フラッシュレビュー】非常にリッチだが、難解な音。奥行きが強調されすぎて、ボーカルがときどき異様に高く聞こえる

AUDIOSENSE T300はAUDIOSENSE随一のリッチサウンドを持っており、音楽において充実感を重視するリスナーの愛すべき1本になるかもしれません。しかし、その音質はバランスが悪く、音場が些か奇妙に思えます。T300は個性的なサウンドを追求するAUDIOSENSEらし…

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

2020年は中華イヤホンにとって躍進の年になるかも知れません。中華イヤホンはチープという認識は少なくとも改める必要がありそうです。中華イヤホンは平面駆動型ドライバーやピエゾドライバーなど、最新のオーディオ技術をいち早く低価格で提供することにも…

【HiFiGOニュース】Shanlingから最新の3BAドライバーIEM Shanling AE3がリリースされました

Shanlingは、高品質のオーディオギアの製造におけるトップブランドです。 さまざまな価格帯でIEMからDAPといった、幅広い製品ラインナップがあります。Shanling AE3は、ブランドの最新のトリプルドライバーのインイヤーモニター(IEM)で、両側に3つのSonion…

【HiFiGOニュース】上海 HiFi Audio Expo(SIAV)2020でのKineraの出展情報

第28回上海国際ハイエンドオーディオエキスポ(SIAV)2020は、先週末に開催されました。多くの有名なHiFiブランドがこの博覧会に参加し、最新製品や今後のラインナップを紹介しました。通称Kineraとして知られるDongguan Yutai Electronics Co. Ltd.は、Kine…

【中華イヤホン KBEAR LARK フラッシュレビュー】バランス感覚が良く、音場も適度に広い、現代的な万能系のサウンド

KBEAR LARKは5000円以下で入手できるイヤホンとしてはビルドクオリティとパッケージ内容が格別に優れているだけでなく、音質的にも万能系で使いやすいイヤホンです。デザインもかっこよく、入門用のIEMとしてかなり理想的な機種の一つであることは間違いあり…

【HiFiGOレビュー】Tin HiFi P2:パッケージ内容とクイックレビュー

今月初め、Tin HiFiは、最新のインイヤーモニターのフラッグシップペアであるTin HiFi P2をリリースしました。 強力な平面磁界型ドライバーユニットを搭載した最新のフラッグシップIEMです。Tin HiFiの製品ラインナップに精通している人にはピンとくるかも知…

【中華イヤホン Tri Audio Starsea フラッシュレビュー】Triの放つ1万円台の刺客。価格帯屈指の良質なニュートラルサウンドで、どうやらFiiO FH3とqdc Uranusあたりをぶっつぶしにきたようです。

Tri Audio Starseaは1万円台に殴り込んできた恐るべきルーキーで、もしかすると台風の目になるかも知れません。それは完全にFiiO FH3と競合します。より風通しが良く、音場の広さはFiiO FH3を凌駕し、また音の質感的なナチュラルさでも、Tri Starseaのほうが…

【中華イヤホン Mangird Tea フラッシュレビュー】フラット感を意識しつつ、奥行きと落ち着きのある弱ドンシャリサウンド。FiiO FH3という優秀すぎるライバルがいるのが不幸か

Mangird Teaは批評的なオーディオマニアも納得の優れたレンジ感とバランス感覚のあるサウンドを持っています。パッケージやビルドのクオリティにも不足がありません。しかし、最大の難点はFiiO FH3という存在です。Teaとよく似たチューニングスタイルを持っ…

【HiFiGOニュース】最新4BAドライバーIEM Meizu UR Live Special Editionがリリースされました

Meizuは西洋のオーディオファンにとっては目新しいブランドかもしれませんが、中国本土ではハイテク製品、特にスマートフォンで広く知られています。このブランドは基本的に高品質のハイテク製品の製造を専門とする巨大ハイテク企業です。Meizuには、Meizu T…

【中華イヤホン AUDIOSENSE T100 フラッシュレビュー】中高域重視のやや過酷なほどの凛とした鮮明度の高いモニターサウンド

AUDIOSENSE T100はAUDIOSENSEの入門機らしい音質を持っています。深い低域と中域へのフォーカス、ディテール感の強い高域といったAUDIOSENSEらしい特徴を兼ね備えていますが、中高域は露骨に強調されるため、やや派手に傾くところがあり、人によってはうるさ…

【HiFiGOニュース】Shozyの最新シングルDDフラッグシップIEM Shozy Black Holeが発表されました

本日は、この単一のダイナミックドライバーユニットのフラッグシップIEM市場におけるShozyの取り組みについてお話しします。Shozyは、最新のIEM Shozy Black HoleでシングルDDフラッグシップゲームに参加しました。このイヤホンは、ユニークなブラックホール…

【中華イヤホン BGVP DN2 フラッシュレビュー】重厚さと華やかさを兼ね備えたディテールの良いゴージャスサウンド。ビルドクオリティとパッケージ内容も豪華

BGVP DN2はその価格に比べて優れたビルドクオリティとパッケージ内容で、お得感があるイヤホンです。音質も少し中高域に癖を感じますし、低域はやや強めなものの、全体的なバランスが取れており、重厚感と華やかさのあるゴージャスなサウンドを聴かせてくれ…

【中華イヤホン AUDIOSENSE T260 フラッシュレビュー】中域にフォーカスされる広々とした音場を持つモニターイヤホン

AUDIOSENSE T260は中域にフォーカスされたサウンドを持つ音場の広いモニターサウンドです。開放型ヘッドホンのような中域のマージンが大きい広々としたサウンドが好きなら比較的おすすめできます。しかし、個人的には高域に少し癖を感じ、ボーカルや高域楽器…

【HiFiGOレビュー】Moondrop Blessing 2 のレビューまとめ

Moondrop Blessing 2は、Moondropのインイヤーモニター(IEM)で大成功を収めています。両側に強力な5ドライバーハイブリッドセットアップを備えたプレミアムデザインのイヤーシェルが特徴です。IEMはイヤホンに必要なすべてのチェック項目を満たしており、…

【HiFiGOニュース】Moondropの最新フラッグシップダイナミックドライバーIEM Moondrop Illuminationが発表されました

高解像度インイヤーモニター(IEM)の大手メーカーであるMoondropは、最新のフラッグシップIEMであるMoondropIlluminationを発表しました。これは、5軸ミルドチタン合金ハウジング、傷が付きにくい錫メッキ、特許取得済みの結合音響チャンバー構造など、クラ…

【中華イヤホン AUDIOSENSE T180 フラッシュレビュー】5000円以下で手に入る、正統派分析系自由音場フラットモニターサウンド

AUDIOSENSE T180は手ごろな価格で本格的で正統派のモニターサウンドを楽しみたいユーザーにとって最適の選択肢の一つになり得ます。分析的な音楽鑑賞だけでなく、楽器練習や語学学習やナレーションの聞き取りなど、より実用的な側面でも優れた性能を持つ機種…

【HiFiGOニュース】最新の平面駆動型IEM Tin HiFi P2が注文受付中です!

平面駆動型ドライバー搭載IEM Tin HiFi P1の大成功の後、TinはTin HiFi P2を発表しました。これは、P1と同様に、ユーザーに最高の音質体験を提供する名声を博した平面磁気ドライバーを搭載した、このブランドの最新のフラッグシップ製品です。このIEMは、パ…

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事