audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

中華イヤホン

【HiFiGOレビュー】Kinera Norn:開封&クイックレビュー「見事なまでに素晴らしい出来!」

私の意見では、Kinera Nornは、その価格帯以上の価値を提供する、最高級で見事な造形のIEMの1つです。 その外観は、数千ドルの費用がかかる高級IEMに匹敵します。音質に関しては、5ドライバーのハイブリッド構成により、高解像度の明瞭さと鮮明な楽器のディ…

【HiFiGOレビュー】QOA Adonis:開封&クイックレビュー「見事なまでにスムーズ!」

QoA Adonisは、その見事な外観、パンチの効いた低音、透明な中域で非常に優れたパフォーマンスを発揮し、ユーザーに詳細な出力を提供し、優れたエクスペリエンスを提供します。 全体的に、私はAdonisの滑らかで温かみのある色調が大好きで、Adonisをお勧めし…

【中華イヤホン Audiosense DT100 アウトラインレビュー】シックで上品な空間に滑らかな中域をしっかり聞かせるステージモニターライクサウンド

Audiosense DT100は、Audiosenseの最新の低価格インイヤーモニターです。3Dプリントされた美しい樹脂製のイヤーシェルと単一のバランスド・アーマチュア・ドライバーで、ハイレゾ音楽の世界へのエントリーポイントとしての役割を果たします。このIEMは、快適…

【中華イヤホン SeeAudio ANOU アウトラインレビュー】ステージングに優れた中域と豊かなグルーヴを持つダイナミックな高域が、ボーカルをはじめ音楽全体を生き生きとしたものにする

SeeAudio ANOUはSeeAudio Yumeの分身でありながら、それはSeeAudioにとってYumeより大きな意味を持っています。 See Audioは世界展開させるモデルとして、市場の流行に沿ったサウンドのYumeを作りながら、一方で彼ら自身のブランドが本当に愛する音、実現し…

【中華イヤホン Cayin YB04 アウトラインレビュー】Cayinの真空管アンプへの情熱が生み出した唯一無二のサウンド

「アウトラインレビュー」は製品の概要を簡潔に紹介するレビューシリーズです。今回取り上げる製品は「Cayin YB04」です。

【HiFiGOレビュー】Shozy Black Hole Mini:開封&クイックレビュー「広々とした空間に響く素敵なボーカル」

Shozyは業界でおなじみのブランドです。Shozy Form 1.4、Shozy Rougeなど、このブランドはさまざまな高解像度インイヤーモニターを手掛けています。数ヶ月前、ShozyはシングルDDフラッグシップIEMであるShozy Black Holeをリリースしました。Black Holeは、…

【中華イヤホン ROSE QT-7 Pro アウトラインレビュー】アンプラグドライブを引き立てるボーカルホン

「アウトラインレビュー」は製品の概要を簡潔に紹介するレビューシリーズです。今回取り上げる製品は「ROSE QT-7 Pro」です。

【HiFiGOニュース】最新のデュアルドライバーハイブリッドインイヤーモニター「TRN TA1」がリリースされました

TRNは、まったく新しいデュアルドライバーハイブリッドインイヤーモニター製品であるTRN TA1をリリースしました。この製品は、8mmデュアルコアダイナミックドライバーユニットとKnowles 33518バランスドアーマチュアドライバーユニットで構成されるプレミア…

【比較録音レビュー】おすすめの中華イヤホン3機種を録音つきで解説![FiiO FH3/Tri Starsea/SeeAudio Yume]

このシリーズでは、Antelope Audio Amariと様々なヘッドホンやイヤホンをつなぎ、日本ファルコムのサウンドをレコーディング用のHATSから録音して実際に聴き比べてもらいながら、各音響機器の特徴を解説します。今回は個人的に愛用している中華イヤホン3機種…

【ニュース】TRNから1DD+1BAハイブリッドIEM「TRN TA1」がリリースされました!

インイヤーモニター(IEM)は、オーディオファンの間で最も一般的に使用されるオーディオギアです。TRNは、高品質のIEMを手頃な価格で製造することを専門とする、中国発祥のブランドです。このブランドはTRN VX、TRN V20、TRN V90、TRN BA8のような多くの有…

【HiFiGOニュース】最新ハンドプリントハイブリッドドライバーIEM「Kinera Norn」がリリースされました

Kineraは、高品質なインイヤーモニター(IEM)を様々な価格帯でリリースしている、定評のあるブランドです。このブランドの製品は、高解像度でサウンド出力に優れているだけでなく、絶妙な外観と快適なフィット感も備えており、オーディオコミュニティで常に…

【HiFiGOニュース】ツジャ材を用いた半開放型IEM「SHOZY Black Hole Mini」がリリースされました

SHOZYのシングルDDフラッグシップであるShozy Black Holeは、市場で最もユニークなインイヤーモニターのペアの1つです。 高く評価されているBlack Holeの設計からインスピレーションを得て、Shozyはまったく新しいIEMモデルであるShozy Black Hole Miniを発…

【ニュース】SeeAudio ANOUがいよいよ日本上陸間近!

SeeAudioの日本限定版「ANOU」がいよいよ日本で発売間近との情報が入ってきました。

【中華イヤホン SeeAudio Yume アウトラインレビュー】ハーマンターゲットを意識したバランスの良い音質。深みのある低域が音楽に確かな実在感を与える

SeeAudio Yumeは音質バランスが良く、鮮明感は高いのに調和的で、どこか人間的なサウンドを聴かせる魅力的な機種です。深い低域と拡張性に優れた高域を持ち、艶やかなボーカルを甘い雰囲気で豊かに聴かせる独特のサウンドに、もしかすると強く魅了されてしま…

【比較録音レビュー】おすすめの中華イヤホン3機種を録音つきで解説![Whizzer Kylin HE01/TinHiFi T4/Moondrop SSR ]

このシリーズでは、Antelope Audio Amariと様々なヘッドホンやイヤホンをつなぎ、日本ファルコムのサウンドをレコーディング用のHATSから録音して実際に聴き比べてもらいながら、各音響機器の特徴を解説します。今回は新作のWhizzer Kylin HE01と個人的に愛…

【中華イヤホン Whizzer Kylin HE01 アウトラインレビュー】価格のわりにクリア感が高く、エッジ感も強いクリスタルサウンド。ビルドとパッケージのクオリティもよい

Whizzer Kylin HE01は音質バランスが良く、上下に優れた拡張性とくっきりした輪郭のきれいなエッジのあるサウンドを持っています。それでいて、ボーカルの子音がとげとげしくなったり、音楽の表現に重苦しさや荒々しさを感じることなく、全音域の明晰性をう…

【比較録音レビュー】おすすめの中華イヤホン3機種を録音つきで解説![QOA Pink Lady/Shozy Form 1.4/DUNU Studio SA3]

このシリーズでは、Antelope Audio Amariと様々なヘッドホンやイヤホンをつなぎ、日本ファルコムのサウンドをレコーディング用のHATSから録音して実際に聴き比べてもらいながら、各音響機器の特徴を解説します。今回は個人的に愛用している中華イヤホン3機種…

【HiFiGOニュース】最新のハイブリッドフラッグシップIEM「Shuoer EJ09」登場!!

Shuoer Acousticsは、高品質のインイヤーモニター、特にエントリーレベルの価格帯のEST(静電型)ドライバー採用IEMであるShuoer Tape Proで業界で有名なブランドの1つです しかし、このブランドの製品は低価格だけに限定されていません。 このブランドは、…

【コラム】ピュアベリリウム中華イヤホン「KBEAR Believe」の海外レビューまとめ

KBEARから2万円以下で高級イヤホン材質であるピュアベリリウム振動板を採用したというKBEAR Believeがリリースされました。この記事では海外レビューをまとめています。

【ニュース】Shuoerから静電型フラッグシップIEM「Shuoer EJ09」登場!!

Shuoerをご存じですか?中華イヤホン好きなら、きっとどこかで聴いたことがあるかもしれません。静電型ドライバーを低価格のイヤホンに搭載し、提供したメーカーとして知られており、ほかにも最新ドライバー技術を導入したイヤホンをたくさんリリースしてい…

【HiFiGOニュース】ピュアベリリウム振動板IEM「KBEAR Believe」、HiFiGOで取り扱い開始!!

KBEarは、HiFiGoで最新のHiFiインイヤーモニター(IEM) KBEar Believeを正式にリリースしました。このモデルは、9mmのダイナミックドライバーユニットに、日本から輸入された純粋なベリリウムダイアフラム(振動板)素材を備えていると言われています。 KBE…

【ニュース】2万円以下で、ピュアベリリウム振動板だと!?驚愕の中華イヤホン「KBEAR Believe」登場!!

振動板のコーティング材料にベリリウムを用いているイヤホンは比較的低価格で手に入りますが、ピュアベリリウム振動板となると高級イヤホンに限られるというのが現状でした。しかし、オーディオ界隈でも高級素材の代名詞とされているベリリウムですが、なん…

【HiFiGOニュース】最新の10BAフラッグシップIEM「SeeAudio Neo」がリリースされました

See Audio YumeとKaguyaの2つのハイブリッドイヤホンのワールドワイドリリースが成功したことで、ブランドは現在、See Audio Neoと呼ばれるAll-BA IEMをリリースしています。このIEMは、両側に適切な10BAセットアップを備えたフラッグシップグレードのインイ…

【ニュース】最新の1DD中華イヤホン「Shanling ME80」がリリースされました

Shanlingから新たなエントリークラスIEM「Shanling ME80」がリリースされました。この機種について調べていたところ、一部の情報でデュアルドライバーという表記もあったのですが、確実な情報源のいくつかはシングルダイナミックドライバーIEMと明記している…

【HiFiGOニュース】Softearsの最新5BAレファレンスIEM「Softears RS5」がリリースされました!!

Softearsは、中国に本社を置くプレミアムオーディオ機器ブランドです。 Turii、RS10、Cerberusなどを含む多くの有名なインイヤーモニターを数多く発売しています。フラッグシップモデルであるRS10の成功に続き、このたびSoftearsの最新モデルであるRSV RS5(R…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン DUNU ZEN 開梱&クイックレビュー:シングルDDの愉楽!

世界の半分がIEMのドライバー数の増加に向かって進んでいますが、DUNUのようなプレミアムブランドは、マルチBAドライバーのStudio SA6でも、単一のDDフラッグシップであるDUNU Lunaでも、高品質のサウンドを提供することに重点を置いています。ほんの数週間…

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の中華イヤホンを紹介します[10000円~20000円編]

2020年は中華イヤホンにとって躍進の年になるかも知れません。中華イヤホンはチープという認識は少なくとも改める必要がありそうです。中華イヤホンは平面駆動型ドライバーやピエゾドライバーなど、最新のオーディオ技術をいち早く低価格で提供することにも…

【HiFiGOニュース】シングルバランスドアーマチュアIEM「Audiosense DT100」がリリースされました!

いくつかの素晴らしい外観を持つインイヤーモニター(IEM)の話をするときには、Audiosenseは業界で評判の高いブランドとして話題に上ります。Audiosenseは設計とAudiosense DT200、T800、などといった市場で成功した多くのモデルで、IEMをチューニングする…

【HiFiGOニュース】デュアルドライバーハイブリッドIEM Ranko Acoustics RIE-1000がリリースされました

Ranko RIE-1000は、強力なダイナミックドライバーを搭載し、2Way周波数分割のバランスド・アーマチュアドライバーユニットと組み合わされ、素晴らしいパフォーマンスを発揮するインイヤーモニターのハイファイモデルです。この素晴らしい中華イヤホンは$470…

【HiFiGOニュース】4BA+4ESTの弩級IEM「See Audio Kaguya」発売!!

See Audioは、ハイブリッド・ドライバーIEMの最初のモデルであるSee Audio Yumeをリリースし、数日前に国際市場にデビューしました。このブランドの製品は、低価格帯に限定されているわけではなく、今日、新たにフラッグシップIEMであるSee Audio Kaguyaをリ…

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事