audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

3000円~5000円

【物欲探訪】QCY T17:チタンドライバー搭載のQCYの新作エントリー完全ワイヤレスイヤホン

中国の人気ワイヤレスオーディオブランドQCYから新作エントリー完全ワイヤレスイヤホン「QCY T17」が少し前にリリースされました。

【HiFiGOニュース】CCA BTX:IEM用ワイヤレスBluetooth V5.2イヤーフック

CCAは本日、最新のワイヤレスBluetoothモジュール、CCA BTXを発表しました。CCA BTXは、HiFi IEMに接続し、ワイヤレスで使用することができるBluetoothコネクタのセットで、完全ワイヤレスタイプの製品です。

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T13 アウトラインレビュー】少しゆったりした音場で雄大に音楽を聞かせるメロウサウンド。カスタマイズ性も高く、長時間再生可能。優れた入門機種だが、通信品質だけ少し不安

低価格機種ですが、全体的に音場をゆったりと、楽器音が少し響いてまろやかに聞こえるように、うまく調整してあり、上品かつ雄大でありながら優美でもある絶妙なラインを攻めているリスニングサウンドです。構築感が足りないので、ソリッドなサウンドが好き…

【ニュース】CCA CA10:10基ものバランスドアーマチュアドライバーを搭載したHiFi中華イヤホン

CCAは低価格で両側合わせて10基(片側5BA)ものバランスド・アーマチュアドライバーを搭載したバジェット中華イヤホン「CCA CA10」をリリースしました。

【ニュース】Tripowin Leá:10mm LCP ダイナミックドライバー搭載HiFi中華イヤホン

低価格で高品質なIEMを製造することで知られる中華イヤホンブランド「Tripowin」から新作エントリー中華イヤホン「Tripowin Leá」がリリースされました。

【ニュース】TFZ K100:骨伝導Bluetooth 5.0ワイヤレスイヤホン

中華イヤホンの人気ブランド「TFZ」から骨伝導イヤホン「TFZ K100」がリリースされました。

【ニュース】Tripowin Noire:モジュラー式24AWG OCCオーディオケーブル

Tripowinからモジュラープラグ方式のイヤホンケーブル「Tripowin Noire」がリリースされました。24AWG OCCを採用したオーディオマニア向けの製品です。

【ニュース】Kinera Ace:プラグモジュラー式アップグレードケーブル

Kineraはモジュラープラグイン方式を採用したIEM用アップグレードケーブル「Kinera Ace」をリリースしました。

【ニュース】KZ × Crinacle CRN:人気レビュアーチューニングモデルの限定コラボ版

KZは最新の静電型IEM「ZEX Pro」のCrinacleコラボバージョン「KZ × Crinacle CRN」をリリースしました。サウンドやビルドクオリティは変わらないと思われますが、こちらのバージョンにはCrinacleのロゴが刻印されます。

【HiFiGOニュース】BLON BL-07:亜鉛合金製キャビティを持つシングル・ダイナミック・ドライバーIEM

BLONは最新のシングルダイナミックドライバーIEM、BLON BL-07をリリースしました。BL07は、コンポジットファイバー振動板コイルを採用した片側10mmの大型ダイナミックドライバーユニットを搭載しています。パネルとキャビティには高級感のある亜鉛合金を採用…

【ニュース】QCY G1:超低遅延設計、EQによるカスタマイズ、ワイヤレス充電可能。「eスポーツ向け」を謳う10mm振動板を採用したゲーミング完全ワイヤレスイヤホン

大人気完全ワイヤレスイヤホンブランド「QCY」は、スマートフォンでもハイレベルなゲーミング体験を提供するゲーミング完全ワイヤレスイヤホン「QCY G1」をリリースしました。

【ニュース】BLON BL07:10mmファイバー振動板1DD中華イヤホン

HiFi IEMで有名なBLONは最新の1DD中華イヤホン「BLON BL07」をリリースしました。10mmファイバー振動板ダイナミックドライバーを搭載し、亜鉛合金製の頑丈なシェルが特徴です。

【ニュース】GEOの最新完全ワイヤレスイヤホン「GRFD-TWS HT03」登場!サンキュッパで全部入り!

GEOが同ブランド史上最高コスパを謳う完全ワイヤレスイヤホン「GEO GRFD-TWS HT03」を発表しました。

【完全ワイヤレスイヤホン Coumi Freedom Dots アウトラインレビュー】独特の奥行きの強い、解像度の悪いサウンドをどう捉えるかによるが、一般的におすすめできる感じではない個性派。ANCの効きも平凡

Coumi Freedom Dotsのサウンドは中低域から低域が強めになっている低域重視のもっさりサウンドです。それでも、低域から中域は比較的聴感上のニュートラルに忠実なので、音像はぼやけるものの、雰囲気は充実感があって悪くないとも言えなくもないですが、膨…

【完全ワイヤレスイヤホン QCY HT03 アウトラインレビュー】ANC性能は優秀。機能性も高く、使い勝手に優れる。低域強めのドンシャリサウンドが好きならおすすめ。コスパが高い

QCY HT03のサウンドは低域が強めのドンシャリサウンドです。低域はパワフルで楽しいですが、中域が遠く、少し窮屈に聞こえるかもしれません。中域から中高域までは原音忠実性も高く、構築感があるので音の骨組みが明確に聞こえます。また人によっては少し篭…

【頭外定位イヤーピース LIZER LAB JIJUFIN ファーストインプレッション】新感覚没入感向上イヤーピース、新世代モデルがMakuakeに登場!

LIZER LABをご存知ですか?頭外定位イヤーピース「JIJU」シリーズを開発している日本のオーディオブランドです。今回は最新のイヤーピース「JIJUFIN」の紹介です。

【中華イヤホンケーブル Tripowin Altea レビュー】青紫色のおしゃれなケーブル。基本的に音質変化を期待して買うものではないが、中域から高域にサウンドをフォーカスする可能性がある

Tripowin Alteaは高級なIEMであるCayin YB04のストックケーブルと比べても遜色がない品質で非常に良質と言えます。また時間周波数応答領域での測定値を確認すると、多くのケーブルと比べて、より中域から高域にフォーカスさせて音楽を聞かせる可能性があるこ…

【中華イヤホンケーブル Tripowin Jelly レビュー】取り回しの良いイヤホンケーブル。基本的に音質変化を期待して買うものではない

Tripowinのイヤホンケーブル「Jelly」をレビューします。高音質のために銀メッキOCC+グラフェン銅ミックス線+OCCを組み合わせたケーブルらしいですね。

【完全ワイヤレスイヤホン Coumi Freedom Dots ファーストインプレッション】非常にウォームで耳に優しい音だが、鮮明感に欠ける。ANC性能は平凡

Coumi Freedom Dotsを手に入れたので、ファーストインプレッションをお届けします。今回のユニットはCoumiから読者に誠実な印象を伝えることを条件に提供されました。

【完全ワイヤレスイヤホン QCY HT03 ファーストインプレッション】5000円以下の新たなスター登場かもしれない。ANC性能はかなりよさそう

QCY HT03を手に入れたので、ファーストインプレッションをお届けします。

【コラム】オーディオマニアが本気でお勧めするDTMerのためのコスパ最強モニターイヤホン&モニターヘッドホン[1万円以下!]

DTMerを悩ませる、予算と時間配分、そしてポータブル性に関する問題を解決するために、より安価で優秀なヘッドホンやイヤホンが必要になります。この記事ではDTMの入門者を対象にして、高価なモニタースピーカーに勝るとも劣らないイメージングをより安価に…

【完全ワイヤレスイヤホン JPRiDE TWS-335 アウトラインレビュー】厚みと重みを重視した低域寄りドンシャリ。

JPRiDE TWS-335は厚みと重みのある低域を重視したドンシャリサウンドを持っています。低域が強調されているわりに、深みに欠けるのが少し好みを分けそうですね。音楽が全体的に窮屈に聞こえやすい傾向があります。

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Free 2 アウトラインレビュー】EarFun Freeの系譜を受け継ぐ深みのある低域と艶やかな中高域を持つドンシャリサウンド。ロック向き

EarFun Free 2は重厚な低域と艶やかで派手な中高域を持つV字型のドンシャリサウンドを持っています。重厚さとギラつきの強さを共存させたパワフルでエネルギッシュなサウンドを楽しむことができ、サウンドの全体像は低域の重さと中高域の鮮明度を重視するFre…

【完全ワイヤレスイヤホン YIHAI K1 アウトラインレビュー】低域重視の重厚なサウンド。落ち着いた奥行き感のあるサウンドを持つ。良好な装着感を持ち、使い勝手は良い

YIHAI K1は重みと太さに優れた低域が強調されるドンシャリサウンドを持っています。低域の存在感が強く、全体的に支配的になるのが好みを分けそうです。聴き心地は安定していますが、中域が少し濁って聞こえやすく、音楽全体が暗く聞こえやすいところがあり…

【中華イヤホン BLON MINI アウトラインレビュー】比較的定位が明瞭で、艶やかで印象的な中高域と太い低域を持つコントラスト感の高いドンシャリサウンド

BLON MINIは比較的優れた工作精度を持つ低価格帯のイヤホンです。比較的明瞭な定位感と艶やかで印象的な中高域を持っており、第一印象は悪くないでしょう。サウンドの底辺は太く、力強いので艶やかなイヤホンにありがちな音が細く聞こえる印象もあまりありま…

【完全ワイヤレスイヤホン UGREEN HiTune T2 アウトラインレビュー】装着感をしっかり整えると、ウォームでポップス向きのバランスの良い音を奏でる。有力なAirPods代替候補

UGREEN HiTune T2はわずかに低域寄りのバランスの良い音質のため、比較的万能です。それはウォームで温かみのある音楽を聴かせます。

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Gamer No.1 アウトラインレビュー】この価格帯ではかなりの良チューニング。全体的にバランスが良く、中域が明瞭なモニターサウンド

SoundPEATS Gamer No.1はニュートラルを意識した非常にバランスの良い音質を持っています。レンジ感とディテールは比較的優れており、低域と高域が非常にバランスよく拡張性もかなり優秀に聞こえます。SoundPEATS歴代機種の中でも万能性の高い、屈指の良質な…

【モニターヘッドホン Mackie MC-100 アウトラインレビュー】ボーカル中心で中域をしっかり聞かせるリッチでウォームなレコーディングモニター。動画のナレーションもしっかり聞き取れる。ボーカリスト向き

Mackie MC-100は中域のボーカル中心に定位確かにしっかりと聴かせるモニターヘッドホンです。音源の心臓部を丁寧に聞かせるのでレコーディングチェック用モニターやリスニング用として比較的優れた性能を持ち、コストパフォーマンスは高いです。

【HiFiGOレビュー】TRN TA1:開封&クイックレビュー「美貌のイヤホン!!」

TRN TA1は、約$37.99で買えるブランドの低価格のデュアルドライバーハイブリッドIEMです。 Knowles製33518バランスドアーマチュアドライバーと8mmカスタムダイナミックドライバーユニットが装備されています。このIEMは、金属合金製のハウジングを備えたプレ…

【モニターヘッドホン Marantz Pro MPH-1 アウトラインレビュー】骨太でウォームな甘いノスタルジックサウンド。ボーカルとベースが近く、全体的に調和的な雰囲気で音楽に浸れる

Marantz Pro MPH-1は低域にフォーカスする傾向が強く、静寂性が高く、厚みのある音楽を聞かせてくれるモニターヘッドホンです。それはベーシスト向きのサウンドに思え、ボーカルラインを追っているだけでベースやドラムといった低域音がよく聞こえ、その力関…

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事