audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

bluetooth

【ワイヤレスオーディオ送受信機 Lerbyee BT-B19 レビュー】aptX HDとaptX LLに対応。バッテリー持ちも良い。手軽な値段で上位機種ばりのワイヤレス音響が味わえる高コスパ機種。

QualcommのワイヤレスチップCSR8675を搭載してaptX HD / aptX LLといった上位コーデックに対応したワイヤレスオーディオレシーバー/トランスミッター。レシーバーとして高性能なスマホ、DAPから高音質コーデックを使ってイヤホン・スピーカーに音楽を出力で…

【ポータブルミュージックプレーヤー Victure M5X レビュー】手軽な価格でBluetooth対応。インターフェースの動作感度もよく、使い勝手は悪くないが、対応ファイル形式には注意が必要。

ポータブルオーディオプレーヤーに興味があるけれど、1万円以上出すつもりはないという人にはおすすめできる製品です。ワイヤレス接続ができて、完全ワイヤレスイヤホンの機能も味わえますし、最低限の動画再生機能やボイレコ機能を備えていて、使い勝手は良…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー SONY NW-A55HN Disney FANTASIA コラボモデル レビュー】なんだかんだ言って使い勝手と音質のバランスが良く、最高にコスパが良いのはNW-A50シリーズだ。

優れたSONY製DAPの中で現状最もコスパが良く、万人向きで満足できるのがNW-A55です。バランス接続に興味があるし、オーディオにお金をかけても構わないという人はNW-ZX300に進むべきですが、音質以外はNW-A55に劣ります。

【完全ワイヤレスイヤホン GLIDiC TW-7000 レビュー】タフな連続再生時間は魅力。いろいろ使い勝手は悪いけれども、シャリシャリ系の音質が気に入ればコスパはよい。

宣伝文句に「豊かな音質」とあったので、この点大変興味を持っていたが、残念ながら音質的には「豊か」という言葉が想像させる、豊穣さはない。AnkerのLiberty系完全ワイヤレスイヤホンのような、緻密な系統の音ではあるので、解像度的に豊かと言いたいのか…

【完全ワイヤレスイヤホン JBL FREE X レビュー】名誉挽回を図ったJBL渾身の完全ワイヤレス!通信品質は改善しすぎて神レベル!音質も肉厚で納得の密度感!

連続再生時間には若干不足感を感じるが、最大再生時間は充分であり、何より音質と通信性能はなかなかのもの。なぜかSR15とだけは仲が悪かったが、SONY系DAPでは通信は安定していたし、さまざまなレビューがそれを実証している。 音質は中低域の密度がそのま…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー SONY NW-ZX300 レビュー】ミドルレンジ帯最高の使い勝手を誇る高コスパ機。細かな弱点もあるが、連続再生時間はライバルを圧倒する。

SONY製のミドルレンジDAPがNW-ZX300です。SONY製DAPはほかのメーカーと比べても材質感に凝ったところがあって高級に見えるのが好きなところです。そして世界で一番売れているシリーズだけあって、ウォークマンの使い勝手の安定感の高さはなんだかんだいって…

【完全ワイヤレスイヤホン Hihiccup Hi-TWS レビュー】iKanzi X9のスペック上の上位版という捉え方でほぼほぼ良いだろう。中低域が厚く、重厚感に寄った傾向の音。しかし音はなめらかで聴きやすく、解像度感もやや優れる。またも良バランスの機種が出てきた。

くどいようだが、位置づけ的にはiKanzi X9の上位互換と考えてしまってほぼ問題ない。音質的にはそっくりだし、防水性能やバッテリー容量などスペックは明らかに上。装着感的にもこちらのほうがしっかり耳に嵌まるという人は多いだろう。ついでにいえば技適証…

【ネックスピーカー BOSE SoundWear レビュー】付け心地と使い勝手はすごくよい。音質は少し首回りに音が集中してボーカルだけ聞かせる傾向がある。単純に高い。

まだ珍しいメーカー製のネックスピーカー。SONY製のSRS-WS1は発売した途端に人気沸騰して品薄になったのは有名な話。SRS-WS1はどちらかというとテレビやゲームとの連携を重視して、バイブレーション機能で臨場感を高めるなど趣向が凝らされていたが、Bluetoo…

【ワイヤレスイヤホン BOSE SoundSport Pulse レビュー】パンチ力のある重厚サウンドで大満足できる。R&Bやクラシック、JAZZ、ロックどれも濃厚。故障報告が少し多いが。

アクティブノイズキャンセリングは搭載していないが、遮音性はかなり高い。周辺音をしっかりと軽減し、没入感が高いので、ジムで運動に集中するのには向くが、ランニングやサイクリングなど野外で使う場合には注意が必要。とくにサイクリングは安全運転上、…

【完全ワイヤレスイヤホン Anker Soundcore Liberty Air レビュー】Airpodsに匹敵するAirpodsリスペクトモデル!鮮明な音質で溌溂とした音を奏でる良機種。

もはや言い訳もしないし、隠しもしない。「Air」という名前にしっかりと表れている「Apple Airpods」へのリスペクトとオマージュ。Ankerは完全ワイヤレス界に燦然として君臨する王者に本気で向き合っている。明らかに似ている装着感とケースに至るまで似せた…

【ワイヤレスオーディオレシーバー FiiO BTR3 レビュー】高級イヤホンをワイヤレス化するのに超便利。価格も手ごろで多くのコーデックに対応する高コスパBluetoothレシーバー

現状でコスパ面で最有力のBluetoothオーディオレシーバーである。この分野ではもはや国産機種は存在感を完全に失っており、中華製品の躍進が目立つ。ワイヤードイヤホンの音質を維持しつつ、ワイヤレス化も実現したい人には有力な選択肢。あるいは現状のワイ…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー Astell & Kern A&norma SR15 ウマ娘 プリティーダービー Special Edition レビュー】音はなめらかで解像度良好。コスパはかなり悪いので、よほど好きじゃなければ買わない方が良いかな。

正直告白しますと、今年一番やっちまった買い物がこれ。これに比べりゃ勉強代だとか言ってBOSE製品買いまくったのとか、前評判の割に大して音に感心もしなかったSENNHEISER MOMENTUM True Wirelessを買ったのとかは些事に過ぎません。BOSE製品は満足ですが、…

【ANC搭載ワイヤレスイヤホン BOSE QuietControl 30 レビュー】音質のパワフルさ、パンチ力はさすがのBOSEサウンドでワイヤレスイヤホンではトップクラス。ただし耐久性に厳しい指摘あり

プロによるおすすめのワイヤレスイヤホンランキングでは上位常連のBOSE渾身のモデル。音質に関しては批評家を唸らせている。一方でamazonのカスタマーレビューなどでは批評家視点に比べて評価が芳しいとは言えず、耐久性に問題があるとの指摘が多く、使用感…

【完全ワイヤレスイヤホン iKanzi X9 レビュー】低域の少しだけボワつく膨張感と高域にやや天井感があるのだけ文句が来そうだが、ドライで重厚、情緒安定感のある音でJAZZ・ロックにおすすめ。

この機種クラスの製品になると、音質と使い勝手はかなり安定しており、もはや同価格帯の普通のワイヤレスイヤホンに遜色ないといえるレベルまで来ている。amazonでの安定した評価が証明しているとおり、少なくとも使い勝手に関する限り、この機種を選んで失…

【完全ワイヤレスイヤホン Jabra Elite Active 65t レビュー】世界中の評論家が魅了され、不平をこぼしつつも機能合理性の高さから愛用しているスポーツワイヤレスの王者。音質が演出過剰?そんなの関係ないぜ

音質はあまり高く評価していないけど、使い勝手は文句なくよいところがあって、使っているうちに耳の方がこのイヤホンに合ってくる、そんなところのある妙なイヤホン。各所で絶賛されている使い勝手の良さは本物で、まあ迷ったらこれ買っておけばまず不安は…

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS Truengine レビュー】2ドライバーで奏でる火力ある密度感。曲によってやや窮屈な感じがあるが、ぎっしりした空間表現で攻める。最高にロックなイヤホン。おすすめ

音質的には結構な密度感でたっぷり聴かせて音楽空間に包み込んでくれるので、楽しいイヤホンであることは間違いない。曲によって女性ボーカルは少し暗くなるところはあるが、男性ボーカルの力強いロックやダンスミュージックを聴くなら、もってこい。最近流…

【ワイヤレスヘッドホン BOSE SoundLink around-ear Ⅱ レビュー】BOSEらしい重厚サウンドを手軽な使い勝手と良質な装着感で提供する。

今年のamazonのサイバーマンデーはBOSEにとって攻勢をかける舞台となったのか、このヘッドホンも通常の実売価格2万5000円に対し、ほぼ半額でセールされていた。私にとってはBOSE製品を買い揃える良い機会になった。 このヘッドホンはQC35Ⅱに比べると、だいぶ…

【完全ワイヤレスイヤホン JuLong i7plus レビュー】やや広めで鮮明な音場、音の刻みは良好で分離感は感じられる。高い防水性能が魅力。

音質的には完全ワイヤレスイヤホンにしては比較的広い音場表現と、細かく緻密に感じられる表現が魅力。一般的に音に近い傾向のある他の完全ワイヤレスイヤホンと比べると、どうしてもスカスカして感じられるところがあり、そこに物足りなさを感じる人もいる…

【完全ワイヤレスイヤホン Qitian T3plus(Q1) レビュー】やや音場近めでほどよいシャリ味があり、歯ごたえ強めで、スラッとした見通しの良いサウンド。装着感や使い勝手は良い。良機種

使い勝手が良く、音質的にも音場近め、演出感少なめにバランス良く聴かせてくる、好印象な機種。重低感に乏しく、音に風味があまり出ないので、JAZZやR&Bを楽しむには向かないが、快活なロックや緻密感のあるデジタルなテクノ系の曲とは相性が良い。実売価格…

【完全ワイヤレスイヤホン ifancier KD-66 レビュー】刻みの良い音質で爽快な音。高い防水性能と多めの充電容量でアウトドアや生活空間のお供に最適。ペアリングだけ手間取ったが、使い勝手は上々。これで5000円を切る初値で出してくるか?ちょっと驚きを隠せない

率直に言って音質はバランス良いくせに明るく面白く、魅力的。同じような刻みの良いイヤホンであるKOMODO U10の鮮明度は強すぎ、音にも硬すぎるところがあるので、このイヤホンくらいのほうが万人受けはしやすい。どんな音楽ジャンルも破綻させないバランス…

【ANC搭載ワイヤレスヘッドホン BOSE Quiet Comfort 35Ⅱ レビュー】色濃く重厚な音で骨格感のある音を聞かせるBOSEサウンドを体現する。使い勝手もよい良機種

洗練されたデザインと使い勝手で人気があるBOSE Quiet Comfort 35Ⅱ(QC35Ⅱ)。装着感も良好で、ゆるくないしっかりした付け心地でありながら、ふかふかのイヤーマフが耳当たりよく、実に快適だ。 遮音性に関してはアクティブノイズキャンセリング(ANC)オフ…

【完全ワイヤレスイヤホン SoundPEATS TrueFree レビュー】比較的中域に厚い音で濃厚に聴かせる。中身はQCY T1。今回の個体は通信品質の問題はなかった。

この製品はQCY T1と同じ製品だと思われる。以前QCY T1を手に入れたが、あまりにも通信品質が悪く日常使用に堪えなかったので、返品した。こちらはamazonの商品ページを見たとき、似ているなと思ったが、案の定QCY T1のOEMらしい。 SoundPEATSとQCYはワイヤレ…

【完全ワイヤレスイヤホン KOMODO U10 レビュー】光沢と透明感を誇張するクリスタルサウンドで非常に鮮明度の高い音質が特徴。アニソン・女性ポップス向き。おすすめ

音質的には全体的に光沢と透明感を誇張する演出感がある。音味はかなり冷たくクール。オーディオカードのSound Blasterにチャットボイスの鮮明感を高めるCrystalVoiceという機能があるが、あれに近い鮮明感重視の音質だ。エッジ感も若干シャープに強調されて…

【完全ワイヤレスイヤン AVIOT TE-D01a レビュー】臭みの少ない清潔感のある中高域と重厚味を出しながら圧迫感のない低域のバランス。サッパリと聴かせる。おすすめ

率直に言って、音質は価格を考えるとかなりいい。ドンシャリ系のメリハリ感を求める人には向かないが、すっきりと聴きやすい感じのメリハリ感が好きならおすすめ。「オーテクのSound Realityシリーズのような見通しの良い音が好きだが、3万円近くするCKR7TW…

【コラム】完全ワイヤレスイヤホン製品を放浪した末に、改めてJVC HA-ET900BTに再び向き合う。その音質のコスパの良さを実感させられた[完全ワイヤレス深掘り]

最近完全ワイヤレスイヤホンでは、audio-technica ATH-CKR7TWとRHA TrueConnectに、ワイヤレスではThe House of Marley SMILE JAMAICA WIRELESS、有線ではJVC HA-FX1100に夢中だったが、ふとしばらく聴いていなかったJVC HA-ET900BTを聴く気になった。おそら…

【完全ワイヤレスイヤホン audio-technica ATH-SPORT7TW レビュー】音質的にはATH-CKR7TWと同じく清潔感に優れる。良好なフィット感と洗練されたインターフェースによる使い勝手。コスパは良好

使い勝手の面でも、ATH-CKR7TWよりもさらにインターフェースの無駄を無くして、ヒアスルー機能を追加しており、こちらのほうが場合によって優れるところもある。連続再生時間だけはCKR7TWが6時間を謳うのに対し、こちらは3.5時間で短いところをどう思うかだ…

【ワイヤレスオーディオレシーバー RADSONE EarStudio ES100 レビュー】現状コスパ最強ワイヤレスオーディオレシーバーの一角。バランス接続可能で使い勝手も良く、音質も3万円以下のエントリークラスのDAPに劣らない。ファームウェアアップデートでLDACに対応

DACチップを2つ搭載しているというだけあって、同価格帯の下手なDAPよりも再生品質は高く思える。音の傾向としては若干丸く調和的だが、奥行き感もよく、解像度的には高く思える。旭化成といえば「AK4490」が最近人気で、ミドルレンジのDAPから中華製の低価…

【完全ワイヤレスイヤホン audio-technica ATH-CKR7TW レビュー】見通しの良いスッキリサウンドで爽快に聴かせる良機種。aptX対応

音質的にはオーテクらしい、スッキリ素直で演出感を感じさせない爽快感のある音。エッジ感は良好だが、耳に刺さったり妙に尖ったりしないので、長時間聴いても比較的聞き疲れしにくい。派手さがないので初見では淡泊に思えるが、耳が慣れてくるほどその解像…

【完全ワイヤレスイヤホン RHA TrueConnect レビュー】ソリッドな音質でとくにハイハットの粒立つ表現は秀逸。JAZZ、ロック、クラブサウンドまで独特の緻密さで歯切れ良く鮮明に聴かせる。これはおすすめ

差別化という面でも成功している機種に思えるし、個人的にはかなりコスパ良く思える。ハイハットの粒立ちが価格帯最高クラスでよいので、JAZZ、ロックはかなり繊細に楽しめるし、クラブサウンドも緻密に表現してくれる。MAシリーズの音質とは少し違って、よ…

【ワイヤレスイヤホン Linkwitz MARATHON レビュー】マラソンの名の通り、10時間以上の長時間再生。うららかで耳当たりの良い、独特の開放的な付け心地と音質を持つ。装着感は微妙

オープンエアーな圧迫感のない、調和的な音楽を楽しみたいならおすすめのワイヤレスイヤホン。開放的な音場で、音も丸く、聞き疲れしない。低域の量感もそれなりに感じられて、高低のメリハリもある。装着感だけが少し難しいところがあり、人によってはうま…