audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

bluetooth

【セール情報】低価格で最新チップを搭載!マルチポイント対応!大注目の「QCY T18」がセールクーポン提供中![2022/06/23まで]

QCYの最新完全ワイヤレスイヤホン「QCY T18」のセールクーポンが配布中です。

【ニュース】中国検索大手「Baidu」が開発した翻訳機能付き完全ワイヤレスイヤホン「Du Smart Buds Pro」リリース

中国最大手の百度(Baidu)が開発した、国内最高レベルの40dBノイズキャンセリング機能を搭載し45言語の通訳/翻訳可能なワイヤレスイヤホン「Du Smart Buds Pro(ドゥースマートバッズプロ)」が発売されました。

【ニュース】YAMAHA TW-E7B:リスニングケア機能を搭載したフラッグシップ完全ワイヤレスイヤホン

ヤマハから、完全ワイヤレスBluetooth®イヤホンの最上位モデル「TW-E7B」が6月24日より全国発売されます。価格は¥33,000(税込)程度。

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Air Pro SV アウトラインレビュー】アプリ対応を除けば、性能的にも音質的にもAir Pro 2のほうが上手。高域に敏感だったり、響きの豊かなサウンドが好きならこっちのほうがよいかもしれない

EarFun Air Pro SVはかなりニュートラルに近くチューニングされており、EarFun Airシリーズの伝統に連なります。EarFun Air Pro 2に比べると、やや中域寄りというか中低域寄りになっており、高域の刺激が抑えられた代わりに、鮮明感ではやや物足りなくなって…

【コラム】Astell&Kern AK UW100の海外レビューまとめ

Astell6Kernの最新完全ワイヤレスイヤホン「Astell&Kern AK UW100」の海外レビューをまとめて紹介します。

【物欲探訪】S.M.S.L AO200:Bluetooth 5.0 MA12070 クラスDバランスアンプ

興味の赴くままにオーディオ製品を取り上げる「物欲探訪」。今回はS.M.S.Lから発売されている最新のクラスDアンプ「S.M.S.L AO200」です。

【完全ワイヤレスイヤホン The House of Marley Champion アウトラインレビュー】重厚感のある低域と輝度が高く繊細な高域が生み出す高コントラスト・ドンシャリサウンド

The House Of Marley Championのサウンドシグネチャーは重低域と中高域以上が強調された重ドンシャリで、コントラスト感が高いサウンドを提供します。

【コラム】final ZE3000の海外レビューまとめ

finalの最新完全ワイヤレスイヤホン「final ZE3000」の海外レビューをまとめて紹介します。

【コラム】Cleer Ally Plus IIの海外レビューまとめ

Cleerの最新完全ワイヤレスイヤホン「Cleer Ally Plus II」の海外レビューをまとめて紹介します。

【特集】Shokz OpenRun Pro:Shokz新章の始まりを告げる新フラッグシップ。それは前世代からどこが進化したのか?

Shokzは2022/3/1、骨伝導イヤホンの新フラッグシップモデル「Shokz OpenRun Pro」を正式に発売しました。この記事では測定値をもとに、音質面でそれが前世代からどう進化したのかを明らかにします。

【ワイヤレスヘッドホン OneOdio A10 2022 アウトラインレビュー】力感豊かな音が好きなら悪くないかもしれない

OneOdio A10 2022は低域から中域下部を重視したV字型のサウンドを持っています。

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T17S アウトラインレビュー】非常に優れたサウンドバランスと高度なカスタマイズ性を備えた、名機T17の上位モデル

QCY T17Sのサウンドシグネチャーはかなりニュートラルに近いバランスの良いサウンドを持っており、サウンドバランスは元のQCY T17より改善されています。その意味ではT17の改良版と言えます。しかし、高域で解像度はかなり劣化したために、おそらく多くの人…

【ワイヤレスヘッドホン beyerdynamic Amiron Wireless JP アウトラインレビュー】beyerdynamicらしい充実感のあるリッチサウンドを楽しめる

beyerdynamic Amiron Wirelessは中域を重視したかまぼこフラット系のサウンドになっています。構造的には中低域から中域下部が目立ちやすいのが気になりますね。

【完全ワイヤレスイヤホン QCY G1 アウトラインレビュー】中域重視のゲーミングモデル。音場が狭い。デザインはおしゃれ。通信品質だけ少し気になる

QCY G1は高域がやや控えめで低域から中域に寄った中域充実系のサウンドシグネチャーを持っています。中域がはっきり聞こえますが、音場が狭く、抜けが悪いので硬質でうるさく聞こえがちなところが好みを分けそうです。

【物欲探訪】オーテク偽造品 ATH-G16:ほぼ確定的にオーテク偽造品

興味の赴くままにオーディオ製品を取り上げる「物欲探訪」。今回取り上げる製品はオーテク偽造品完全ワイヤレスイヤホン「自称audio-technica ATH-G16」です。Gシリーズはオーテクのラインナップの命名規則ではゲーミング向けモデルの型番です。通例、オーテ…

【ニュース】一日中使えるロングバッテリー!人気DJブランドから新作ANCワイヤレスヘッドホン「OneOdio A10(2022)」リリース

人気DJモニターヘッドホンブランド「OneOdio」から、新作アクティブノイズキャンセリング搭載ワイヤレスヘッドホン「OneOdio A10 (2022)」が登場します。これはOneOdio A10のスペック向上版のようです。

【セール情報】人気ブランドの新作エントリー完全ワイヤレスイヤホン「QCY T17S」のお得なクーポン配布中!(2022/2/25まで)

QCYの最新完全ワイヤレスイヤホン「QCY T17S」がお得に購入できるクーポンが配布されています。

【完全ワイヤレスイヤホン EarFun Free Mini アウトラインレビュー】Freeシリーズらしい低域とバランスを重視したV字ドンシャリ。サウンドバランスが低価格とは思えないほど良いが、解像度で物足りない

EarFun Free Miniのサウンドはバランスの取れた、やや低域寄りのV字型ドンシャリシグネチャーになっています。EarFunらしくニュートラルサウンドから逸脱しすぎないよう、低域から高域まで非常に丁寧にチューニングされており、低価格でありながら非常に優れ…

【物欲探訪】Gravastar Sirius Pro:近未来的なデザインがおしゃれなハイブリッド完全ワイヤレスイヤホン

興味の赴くままにオーディオ製品を取り上げる「物欲探訪」。今回取り上げる製品はSF風の独自デザインで知られるGravastarのハイブリッド完全ワイヤレスイヤホン「Gravastar Sirius Pro」です。

【コラム】Amazon Echo Budsの海外レビューまとめ

Amazonの新作完全ワイヤレスイヤホン「Amazon Echo Buds」の海外レビューをまとめて紹介します。

【完全ワイヤレスイヤホン The House Of Marley Rebel アウトラインレビュー】深みのある低域の生み出す豊かなグルーヴが魅力。エコに配慮したパッケージと本体デザインは独自の美学を持っている

The House Of Marley Rebelは低域と中域上部から中高域が強調されたV字型のドンシャリサウンドを持っています。The House Of MarleyはレゲエやEDM、ヒップホップの生々しいリズムを生み出す低域を一貫して重視しており、Rebelも例外ではありません。

【セール情報】定番エントリー完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Free Mini」のお得なクーポン配布中!(2022/2/27まで)

EarFunの最新完全ワイヤレスイヤホン「EarFun Free Mini」がお得に購入できるクーポンが配布されています。

【コラム】SONY LinkBuds(WF-L900)の海外レビューまとめ

SONYの新作完全ワイヤレスイヤホン「SONY LinkBuds」の海外レビューをまとめて紹介します。

【完全ワイヤレスイヤホン M-SOUNDS MS-TW3 アウトラインレビュー】力強く重厚な低域と響きの豊かな奥行きのある中域、鮮明感がありながら不快要素の少ない高域が魅力。とはいえ、さすがに2021年時点ではロートルで解像度などいろいろ物足りない

M-SOUNDS MS-TW3はウォームニュートラル系のV字型サウンドを持っています。中域にゆったりとした厚みと奥行きのある表現と、高域の高い鮮明感で中域を引き立たせる上質なリスニングイヤホンです。

【完全ワイヤレスイヤホン QCY T17 アウトラインレビュー】音場を重視し、伸びやかで爽やかな高解像、高精細サウンドを聴かせる。ただし中域が薄味

QCY T17はニュートラルを意識しつつ、より音場を重視した調整になっています。これは同じくQCYのエントリーモデルであるT13と同じ発想で作られていますが、T17のサウンドの全体はT13よりさらに高域寄りになっており、明るく伸びやかで爽やかな高解像サウンド…

【完全ワイヤレスイヤホン Tribit FlyBuds C2 アウトラインレビュー】鮮明感に優れ、クリスタルクリアな中域重視のモニターライクサウンド。低域はスカスカ

Tribit Flybuds C2はインナーイヤー型特有の低域に弱点を持っているものの、中域から高域にかけてかなりニュートラルに近いサウンドを実現しており、明るく鮮明なモニターライクなサウンドが期待できます。

【ニュース】KZ AZ10:大人気ブランドKZイヤホンのためのイヤーフック型完全ワイヤレスアダプタ

KZは自ブランドのイヤホンを完全ワイヤレス化するのに最適なアダプター「KZ AZ10」をリリースしました。

【完全ワイヤレスイヤホン urbanista LISBON アウトラインレビュー】良好な装着感と長い音楽再生時間。ワークアウト用に向く。音質は充実感のある響きの豊かなサウンド

urbanista LISBONは長年SENNHEISERのサウンドチューニングに携わったことで有名なアクセル・グレル氏がチューニングを担当したと言いますが、サウンドシグネチャーはたしかにSENNHEISERが好みそうな充実感重視でステージングを強調するサウンドです。

【完全ワイヤレスイヤホン AceFast T2 アウトラインレビュー】中域がうるさいのが玉に瑕だが、比較的よく練られたボーカル重視のチューニング。ANC性能は現状価格帯最強

AceFast T2のサウンドは中域でやや硬く、ボーカルは吠えがちに聞こえやすい典型的なTinnyサウンドです。中域音がかなりくっきりして聞こえるので、印象的な解像度で最初は優れて思えるかもしれません。

【完全ワイヤレスイヤホン Coumi Freedom Dots アウトラインレビュー】独特の奥行きの強い、解像度の悪いサウンドをどう捉えるかによるが、一般的におすすめできる感じではない個性派。ANCの効きも平凡

Coumi Freedom Dotsのサウンドは中低域から低域が強めになっている低域重視のもっさりサウンドです。それでも、低域から中域は比較的聴感上のニュートラルに忠実なので、音像はぼやけるものの、雰囲気は充実感があって悪くないとも言えなくもないですが、膨…

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事