audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【aptX対応ワイヤレスイヤホン iClever IC-BTH04 レビュー】もはやワイヤードに遜色なし!広さと密度のある音場、はじけるパーカッション。迫力と重みのあるしっかりした音像

iClever Bluetooth マグネットイヤホン スポーツ仕様 防水 防汗 ハンズフリー ブラック IC-BTH04

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20160515155030j:plain

 個人的にはかなりおすすめのワイヤレスイヤホンだ。ほとんど欠点を感じない万能さと圧倒的な音圧と迫力、メリハリのあるサウンドはもはやワイヤードイヤホンに遜色ない。aptX対応。

 ノイズキャンセリング機能搭載というが、遮音性はそれほどなく、音漏れも比較的大きい気がする。

audio-sound.hatenablog.jp

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 マグネットはハウジングに内蔵されており、ハウジング同士をくっつけてコンパクトに持ち運べる形状になる。

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブルに英語マニュアルとワイヤレスイヤホンとしては標準的。

 

 

【2】音質

 全体的に厚みのある音を鳴らす。弦楽音には伸びやかさ、ピアノ音にはクリスタルに似た硬質な反響感があり、パーカッションにアタック感があり、全体としてメリハリがある。その音圧とメリハリとが濃密で迫力のある音楽表現になって大味さと細かな緻密さを同居させていて、素直に楽しさを感じられる音を奏でる。

 

[高音]:尖りや刺さりがほぼないが、のびやかで透明感もあり、突き抜け感もかなりあり、万能に思える音(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:広さを感じさせる弦楽だが、細くならず厚みがあって充実度も失われない。マーカーペンで描くような太めの音で力強さがある。ピアノは硬質で反響重視の音だがキンキンしない。ほどよい潤い感のある音で有機的。全体として生命的。

[低音]:音像は輪郭のはっきりした振動を伴って100hz~20hzまできれいな減衰を示している。途中で極端に沈み込んだり、荒れるところがない。そのため素直に迫力ののった地鳴り感のある低域になっている(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:ギターなどが左右を意識させるが、奥行きもそこそこあるパノラマな音域。中域と低域の支えがよく、高域が突き抜けていくと雲の厚みを抜けるような高さも感じやすく、丸みのある三角形な音場。(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:パーカッションの立ち上がりもよく抜けもスカッとしている。アタック感も感じられる。そしてよく弾ける(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:中域では温かく、高域では伸びていく感覚が強いが、全体として丸みは失われず聞きやすく、肉厚で迫力も失われない。抜けはかすれて空気に消える感じではなく、空気に溶け込んでいく。


【3】官能性

 早見沙織&東山奈央「Hello Alone」は出だしから迫力と充満した音の洪水が流れ出す。終始メリハリの利いたサウンドで盛り上がりと消失の演出がうまく、バシッと盛り上げてスカッと抜ける小気味よい曲調。この曲はイヤホンによってはボーカル重視で叙情的になったりするが、このイヤホンは元気な楽器音が生命的で全体として明るく楽しいクラブサウンド風。

 奥華子「かわらないもの」は大抵のワイヤレスイヤホンではボーカルが刺さりやすく、割れやすい。このイヤホンでは透明で伸びやかだが温度感が失われず、ピアノもキンキンしたところはなく、厚みがあって締まっているが弾力的。ともすればボーカル優位になりがちな曲だが、このイヤホンはピアノのメロディーラインを終始厚く存在感ある形で表現していて、単調にしない。それが優しくあたたかい曲調になって現れている。

 沢井美空「なきむし。」もあたたかい。ボーカルの表現によってはこの曲は切なさが強くなる傾向があるが、このイヤホンは優しいのびやかな声にしているので、どちらかというと甘酸っぱくほろ苦い味付けになっている。もの悲しさとはほとんど無縁で、むしろ青春の果実の味を後から思い出して懐かしむ、成熟した雰囲気がある。過去の過ちを穏やかに見つめ直す、そんな大人目線の落ち着きが感じられる。

 Claris「カラフル」は全体としてあたたかみがあって、明るく輝く青空に飛翔していくのびやかさがある。広がりを見せながら、サビにかけてはボーカル周りにエネルギーをためこんで集中していく展開は楽しい。ボーカルには温度感があり、鮮やかさもある。メリハリもしっかりしているので無音の消失感もきれいに出て抜けも気持ちよい。

 Choucho「カワルミライ」はイヤホンによってはボーカルとドラム優位の単調な曲になりがち。しかしこのイヤホンは緻密にパーカッションが弾けながら疾走感を出し、望む未来へとサビに向けて前方に展開していく。サビ付近では弦楽ものびやかに響いてきて、ドラムも存在感と広さを増し、鮮やかさを伴いながら曲を盛り上げる。ボーカルの自由なのびやかさはどのイヤホンでもよく出るが、楽器音を含めてここまで充実した音楽表現にもっていくことは、なかなかこの価格帯のイヤホンではできない芸当だ。

 

【4】総評

 この価格帯のワイヤレスイヤホンは玉石混淆の感があるが、これはかなり輝きの強い玉。音に厚みと迫力、メリハリがあり、聞きづらい刺さりや割れなどの不快要素が感じられない時点でこの価格帯のワイヤレスイヤホンでは優秀だが、付け心地の良さ、ボーカルと楽器のバランス、低域の厚みと締まりをうまく両立させた音など、個別にも見るべきところは尽きず、5000円以下のワイヤレスイヤホンとしては現状ベストバイ候補。

 とくにクラブミュージック向けとしておすすめしたい。

 欠点と言えば、悲しい曲でも明るく肉厚でクラブミュージック調になりがちなところか。個人的にクラブミュージック的な味付けは好きで女性ボーカルに聴き応えがあるイヤホンが好みなので、この点評価が甘いかも知れないことだけは注意してほしい。

 個人的には文句なくおすすめ。

 

 

iClever 防汗Bluetooth 4.1磁気ワイヤレススポーツヘッドフォン ハンズフリー通話ヘッドセット マイク内蔵 apt-X経由ハイファイステレオ高音質 iPhone 6s 6 Plus 5S 5 Galaxy S6 Edge Note 5などのスマフォンに対応[グレー]

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。