読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【イルミネーションイヤホン Yamay GY0042-YK010-JSGN レビュー】外観がLEDでキラキラと輝くファッションイヤホン。音質的にはかなり増し増ししたブーミーな味付け

(亜美)Yamay 暗い 目に見えるインイヤ型の イヤホン 光るイヤホン 防汗 高音質 マイク付き 光る スポーツイヤホン (Type B金属, EL緑)

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170411174913j:plain

ASIN

B01BY1AQY8

 この機種にはいくつかのバリエーションがあり、ハウジングの形状が選べるようになっているようだ。テストしたモデルは一般的なカナル型のドラムに近いハウジングのモデル。ケーブルはLEDで光るためかやや太めで、ケーブル中途にある専用スイッチを押すとケーブルが明滅する。

 耳にしっかり嵌まるのと音質がブーミーで大きめなせいか遮音性は高い。音漏れはそこそこ目立つが、ブーミーな味付けの割に漏れは少ない印象。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はLED充電用のケーブルのみ。説明書などは一切付属しない。

 

【2】音質

 あからさまに音量が大きく、ブーストが感じられる音で、低域を中心に全体的にブーミーなボコボコとしたやや音像のブレた印象がある。量感のあからさまな増し増し感を除けば、全般的に比較的自然な味付けであるとは思われ、キラキラ感を強調しすぎる感じもなく、安定しているとは思われるが、やや没個性とも言える。全体的にうるさすぎる感じもあり、とても繊細な表現とは言えず、聞き疲れしやすい。結局のところ音質的には悪くもないが、良くもないと言った感じでとくに特徴も無く、魅力を感じるところはあまりない。とにかく音が全体的に近い。

 

[高音]:高域は低域に押されがちではあるが、隠れることはそれほどなく、近めに聞こえる(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:中域はやや広さが感じられるが、全体的に近く、圧迫感を感じやすい。
[低音]:80-60hz付近でかなり強くブンブンなるところがあり、50hz以下はだいぶおとなしくなる。このブンブン層の音がブーミーな床面を作るので、低域はバイクのエンジン音のように唸る傾向が出やすい(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:全体的に近く、カラオケボックスの一室にいるような近さと反響感がある(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:全体的にボコボコした音で音像の締まりが弱く、低域リズムの反響感、残響感、厚みを強く感じる(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:比較的自然で低域や中域に包まれた中心位置に少しだけ奥まって聞こえる。

 

【3】官能性

 奥華子「愛を見つけた場所」はボーカルのつややかさと空気感がやや失われており、キーボードの表現がかなり前のめりで強く出るので、カラオケを聴いているような感じに聞こえる。

 多田葵「灼け落ちない翼」はかなりキーボードがうるさく、演出過剰に聞こえる。低域の鳴りがよいのでリズム感は良く出ていて、味付け的には悪くないが、音量を上げるとガチャガチャと感じられやすい。ボーカルは荒れないので意外と良質。

 nano.RIPE「月花」はこのイヤホンにはよく合う。ボーカルの音域のせいか比較的よく分離され、楽器とのバランスも適正と思えるようなうまい位置で聞こえるうえ、低域のブーミーな表現も合致している。ギターなどの近い表現も濃密さの表現となってうまく出ている。

 

【4】総評

 基本的にブーミーで低域重視だが、個人的にはただ単にブーストして底上げしたような低域音は深さもなく、それほど良質とは思えない。とはいえ、小さな音量でも感じられる迫力と量感に魅力を感じる人も多いかも知れない。コスパ的にはそれほど費用対効果が高いとも思われないが、それはLEDフラッシュ機能をどう評価するかで変わりそうだ。

 

【5】このイヤホン向きの曲

 ややがなる傾向はあるものの、バンド構成とボーカルの音質と音域が合うのか、nano.RIPEの曲は比較的相性が良い。とはいえ、ボーカルが高域で小さく細る傾向、場合によってベースがうるさく感じられる場面もあるので、好みは分かれそうではある。

 

 ライブ音源では低域ががなりすぎて単純にうるさくなりがち。男性ボーカルのロックサウンドで、MVのようにパートごとにしっかり収録されてバランス良くまとめられているような音源は比較的良質に聞こえる。

 

(亜美)Yamay 暗い 目に見えるインイヤ型の イヤホン 光るイヤホン 防汗 高音質 マイク付き 光る スポーツイヤホン (Type B金属, EL緑)

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。