audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

1000円~3000円

【特集】個人的に気に入っているコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンを紹介します[5000円以下編]

当ブログではこれまでおそらく200機種以上の完全ワイヤレスイヤホンを紹介してきました。ほぼ毎日レビュー記事を書いているので、なかなかまとめる機会がありませんでしたが、今回その中でも最近のお気に入りでコスパ最強と言える機種を価格帯別に紹介しよう…

【完全ワイヤレスイヤホン iTeknic IK-BH007 フラッシュレビュー】ツヤのあるディテールの良い、フラットサウンド。リズム感が良く、アコギやピアノ、シンセ音の光沢がきれい。EDMを楽しむのにおすすめ

iTeknic IK-BH007のサウンドはかなりバランス感覚が良く、それでいて個性的でサウンドデザイナーの欲望が感じられ、個人的にセンスを感じます。艶やかな光沢感のある華麗なサウンドを持っており、アコギ主体の曲が美しいだけでなく、リズム感は明瞭で量は多…

【中華イヤホン KZ EDX フラッシュレビュー】復活の狼煙!低価格コスパ最強のKZが帰ってきた!この価格で聴けるとは信じられない、明るく風通しの良い高輝度ドンシャリモニター

最近このブランドから出たKZ ZAXはだいぶ洗練されたサウンドになっており、悪くはありませんでしたが、感想としては「KZにしてはまとも」といったくらいの感じで、感動には程遠いレベルでした。 しかし物事というのは思いがけない方向に進むものです。KZがわ…

【完全ワイヤレスイヤホン MEBUYZ A20 フラッシュレビュー】低価格でaptXに対応する、頭の悪い低域バカ。ライブ会場にいるか、大音量でカーオーディオ流してるような音

MEBUYZ A20は低域バカのための低価格完全ワイヤレスイヤホンです。どんな曲でも重厚で静かな雰囲気で聞かせてくれますが、大抵の人は籠っていると感じるかもしれません。しかし、ライブ感のある重低域が好きなら、これほどの低価格でスペックや通信品質で満…

【リケーブル製品 KBEAR KBX4904/KBX4905 フラッシュレビュー】品質が良く取り回しの良いイヤホンケーブル

恥ずかしながら、イヤホンやリケーブル製品を大量に買っているのに、私にはリケーブルの音質上の効果なるものが何なのか、率直に言って、いまだによくわからないので、KBEAR KBX4904/KBX4905の音質について語るべき言葉は特にありません。少なくとも一般的…

【ゲーミングヘッドセット AZLink AL-ZH20 フラッシュレビュー】自由音場フラットを意識したモニターライクなゲーミングヘッドセット。バランスがよく聞き心地が良いうえ、装着感も良好なため、長時間プレイに向く

AZLink ZH20は自由音場に基づくフラットモニターを意識しつつ、適所に聞き心地とゲーミング性を加味したチューニングが施されているゲーミングヘッドセットです。その聞き疲れしにくい安定した音質と快適な装着感によって、長時間のゲーミングに向いているだ…

【中華イヤホン TRN STM フラッシュレビュー】ST1のブラッシュアップ版と言えるが、よりバランスがよく、基本的には別物と考えてよい。ノズル交換システムにはたぶんほとんど効果はない

TRN STMは低価格でそれなりのビルドクオリティを備え、音質のバランスも良いモニター的なイヤホンです。残念ながら自慢のノズルシステムは工作精度はともかく、効果のほどはほとんど期待できませんが、ギミックのある楽しいイヤホンが好きなら悪くないでしょ…

【中華イヤホン 1more E1025 フラッシュレビュー】温かみのある、なめらかなメロウサウンドを持つ、1moreの歌うイヤホン

重低域が強調気味でノイジーになりやすい熱気が強いこともあり、第一印象は人によってあまりよくない可能性があります。また一聴して解像度が高いのがわかるという類のイヤホンではありません。しかし、ライブ感のある低域とメロウで色づきの良い中域を味わ…

【完全ワイヤレスイヤホン katusy m7 レビュー未満】ビルドクオリティとパッケージングは価格相応。おそらく技適は取得していません

残念ながら本体に技適マークがありません。CEやFCCの認証は受けているようです。ビルドクオリティやパッケージの内容は価格を考えると、わずかに満足度が高いかもしれませんが、充電端子がMicro-Bですし、音質以外の面でそれほど優れた製品というわけでもな…

【ワイヤレスイヤホン ELEGIANT M10 レビュー未満】価格の割にパッケージ内容は悪くないですが、技適マークありません

廉価で装着感も悪くない機種ですが、残念ながら本体に技適マークがありません。CEやFCCの認証は受けているようです。ビルドクオリティやパッケージの内容はわりと悪くありませんでした。

【完全ワイヤレスイヤホン Dore T8 フラッシュレビュー】パワフルで重みのあるドラムと奥行き感のある中域、のびやかな高域を持つ。価格の割に高級感がある外観を持つが、通信品質やスペックは物足りない

重みとパワフルさのある低域、わかりやすいピーク感のない高域は個人的にはわりと好みですが、万人受けするかというと少し微妙です。スペックも平凡以下なだけでなく、通信品質も優れているとは言えません。充電ケースはオシャレですが、ピカピカ光るイヤホ…

【完全ワイヤレスイヤホン Holyhigh EA2 フラッシュレビュー】機能面では面白い機種で、Qiワイヤレス充電可能なモバイルバッテリー機能は魅力。音質は典型的なウォームサウンドで聞き心地は安定しているが、ブーミー気味の低域は好みを分けそう。重厚な曲は荘厳な雰囲気で楽しめる。通信品質は非常に物足りない

重厚な曲を静寂感を出しつつ、ゆったり丁寧に聴かせる雰囲気は個人的には好きですが、万能な音質とは言い難く、とくに明るいアニソンやスピード感のある曲を好む若い層には受けが悪いと思われます。重みとライブ感はありますがブーミーになりやすい低域もモ…

【完全ワイヤレスイヤホン Koseton E8 2.0 レビュー未満】B&O E8の明らかなパチモン。外観はレザー調ではなく、プラスチッキーでツルツルなものの、高級感はそれなり。装着感も良好。aptX対応。技適マークなし

残念ながら本体に技適マークがありません。CEやFCCの認証は受けているようです。明らかなパチモンですが、低価格でaptXに対応しており、本体の使い勝手も良さそうで好感が持てます。技適を取っていないのが本当に残念です。

【中華イヤホン KBEAR KS2 フラッシュレビュー】深みのある低域と、清潔感のある中域、分析的な高域が組み合わさったドンシャリモニターイヤホン

今回はKBEAR KS2を取り上げます。KBEARはKinboofi(これで「キンボファイ」と読むらしい)系のブランドで低価格で人気のある製品を数多く出してきた中華系のブランドです。 その新作イヤホンKBEAR KS2は低価格で1BA1DDのハイブリッドドライバー構成を実現し…

【完全ワイヤレスイヤホン H&W HWEJ-001 レビュー未満】本体に技適マークなし。FCCやCEの基準をクリアしてるかも怪しいところがあります。

残念ながら本体に技適マークがなく、さらにCEやFCCのマークもないので、基準をクリアしているかも曖昧です。実害があるかはわかりませんが、日本の法令にひっかかる機種であることは間違いありません。

【カナル型イヤホン final E500 フラッシュレビュー】ボーカルの聞こえが良く、ナチュラルな空間表現がある。

今回はfinal E500を取り上げます。2009年に開始されたfinal audio designはS'NEXT株式会社のオーディオブランドで、現在は高級オーディオ部門とヘッドホン/イヤホンブランドを統合し、finalを統一ブランド名として使用しています。

【中華イヤホン TRN ST1 クイックレビュー】リズムとボーカルにフォーカスし、低域も活き活きしているイヤホン。若干飽きやすいところはある。おすすめ

価格帯では比較的見通しが良く、音場はそれなりに広めで、ボーカルフォーカスが良いイヤホンです。ヒップホップなんか結構楽しめるんじゃないでしょうか。女声ボーカルはニュアンスが良くて活き活きしてますが、ボディが足りず潤い感に欠けますし、媚びも強…

【ハイレゾ対応イヤホン ELECOM AMA25813 クイックレビュー】爽快で高さがあり、クラッシュとアタックの利いた、スピード感のある音。おすすめ

音質は少しドライですが、のびやかでさわやかな雰囲気を持ち、ロックではスピード感と疾走感、気持ち良いクラッシュを聴かせてくれます。やや浮揚感が強く、上昇気流の感じられる音楽表現になります。実売2000円くらいでリケーブルもでき、しかも国内メーカ…

【ハイレゾ対応イヤホン ELECOM EHP-GB2000A レビュー】適度に低域が落ち着かせる空間に音が浮かび上がる音像重視のモニター的なサウンド。おすすめ

ぶっちゃけこの音、センスを感じるんですが、低価格でこの音がウケるかというと、どうなんだろうというのが個人的な感想です。音像はなかなか丁寧に出し、聞き疲れしにくさもあって、手がかり感もそこそこあって透明感もある、なかなかのバランス感覚を感じ…

【完全ワイヤレスイヤホン Tronsmart Spunky Beat レビュー】爽やかに抜ける清潔感のある高域、ほどよいアタック感のある中高域が魅力の完全ワイヤレスイヤホン。おすすめ

少なくとも音空間は清潔で、淡い薄味気味ですが、上から下までしっかり聴かせ、音場も広いので分解能は高い印象を受けると思います。音量を上げてもうるさくならず、清潔な感じの音が好きなら、かなり魅力的に思えると思います。一方で、清潔すぎて色味が淡…

【完全ワイヤレスイヤホン AUKEY EP-T21 レビュー】音質的にはかなり万能に聴きやすい、適度な立体感と高さ、幅と自然な奥行き感のある明るめの音場が秀逸。聞き疲れしにくく、しかも適度に緻密で刺激的。おすすめ

基本的に音の印象は若々しく、しかも解像度が高いです。この価格帯で元気で明るい音を聴きたいなら悪くない選択肢でしょう。通信品質も良く、使い勝手も悪くないので、価格を考えると全体的にかなり優秀です。一方で、個人的には音質は基本的に明るいキャラ…

【中華イヤホン NOBYIN A2(QZX-A1) レビュー】深みの感じられる低域と前進的で豊かな中域が魅力。ボーカルフォーカスが良い。おすすめ

音の組み立ては中域で充実するようしっかり組み立てられている印象です。それを支える低域の重みと深みのあるディテールサウンドがなかなか良質で、価格を考えるとかなり良好に思えるでしょう。一方で高域音は緻密さに欠け、人によっては暗くおとなしく思え…

【インナーイヤー型中華イヤホン KBEAR Knight レビュー】中高域の艶やかなあたりの音にしっかりフォーカスされるイヤホン。低価格ではおすすめ

ボーカルフォーカスも悪くなく、中高域の艶やかさも充分に出るので、アニソンやアイドルソング、ロックなんか、なかなかいい感じで聴けます。インナーイヤー型の特徴か音が少し広がりが強く、空間に清潔感が足りない感じが出てしまうのが好みを分けそうです…

【トリプルDDドライバーイヤホン Glazata TE20(Z6) レビュー】キラキラ感が強く、音が近く、没入感高めのパワフルで明るいサウンドキャラクターが魅力。アニソン、EDMにどうぞ!おすすめ

アニソンやEDM、ロックを没入感重視かつ明るめに聴くならおすすめできる。価格なりの大雑把さはあるけど、逆にそれが楽しい外連味とわかりやすさとして昇華されており、気持ち良く爽快で大味な音楽表現につながっている。低価格でハキハキシャリシャリした明…

【ワイヤレスイヤホン Hiyoo W8 レビュー】妙にブヨブヨした独特のブーミーな低域が好き嫌いを分けそう。ボーカルフォーカスをよく実現している音響設計は好意的に捉えられる。

傾向としては明らかにローファイな音なんで、流行には逆行してるかな。まあ迂闊に「この音イイよね」なんて言ったら馬鹿にされそうなくらい、感心しないボロクソな音です。しかし、個人的にはハマったね。通信安定性もつなげる相手によっては優れているとは…

【ANC搭載USB Type-C用イヤホン MeloAudio(dyplay) ANC-LINK レビュー】アクティブノイズキャンセリングとデジタルDAC搭載。音質は重厚感のある低域とクリアな中域を持ち、適度な音圧がしっかりあるサウンド。耐久性に少し懸念。おすすめ

音質は価格を考えると結構良くて広がりのある重い低域出てるし、ノイキャン付きだしっていうことで、ゲームや動画鑑賞なんかにも悪くなさそうな雰囲気がある。問題は電源周りにノイズ対策が施されていないであろう低価格スマホではノイズが発生しやすそうな…

【カナル型イヤホン POBO N5 レビュー】解像度は価格なりかちょい良いくらいだが、ハイファイ感のある弱ドンシャリサウンドが意外とバランス良く、快活さや透明感を楽しめる。おすすめ

低価格ながら、聴かせるべきところをわきまえたわかりやすい表現で、値段以上の満足感をもたらしてくれるイヤホン。自然な解像度のある女声ボーカルのディテールはかなり満足できる。音に深みと奥行き感が欠けるところは価格なりだが、ポップスや明るいガー…

【ワイヤレスイヤホン Picun S9 レビュー】やや低域薄味のフラットサウンド。音質はチップの影響を受けやすいのか、DAPによって音質がだいぶ変わりやすい。連続再生時間は優秀

正直、接続する機器によって音質の印象がだいぶ変わるので、安定感がないからおすすめしづらい。比較的最高に近い条件の環境を揃えても、価格相応くらいのちょっと軽めのフラットサウンドっていう感じなので、直近に紹介した同価格帯の機種なら、個人的には…

【ワイヤレスイヤホン QianToo QTOO-BX01(HBQ-BX) レビュー】解像度はそれなりなものの、中高域がほどよく開放的でなめらかな聴き心地の良いイヤホンだが、ONKYO系DAPと相性問題あり。再生時間は優秀。おすすめ

最近の高域や低域が緻密に作られている曲には率直に言って向かない。むしろローファイでそれなりの温度感で中高域に密度のある音楽を楽しむのが良い。開放的で音に圧迫感はないので、そういう曲ならいいとこ取りしながら、いつまでも聞き疲れせずに楽しんで…

【カナル型イヤホン SONY MDR-XB55 レビュー】SONYらしいライブ感のある潜る重低域音が魅力。

どんな曲も少し重たげにしてしまうところはあるが、圧倒的な重低音でライブ感のある厚い音楽を奏でてくる。とくにロックは聴き応えあり。JVCのXXシリーズと並んで国産メーカーの低音重視モデルでは重い音を奏でるシリーズになるが、一般的にSONYのEXTRA BASS…

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事