audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【新製品】Shanling M3 Ultra:デュアルES9219C DACチップ搭載 Android 10搭載ポータブルHiFiプレーヤー

ヘッドライン
icon icon
icon

Shanling M3 Ultra

Shanling M3 Ultra

 

ミドルエントリークラスのAndroidデジタルオーディオプレーヤー「Shanling M3 Ultra」を発売しました。

 

Shanling M3 Ultraの特徴

  • デュアルESS ES9219Cチップ&デュアルRT6863アンプチップ搭載
  • フラッグシップSnapdragon 665 CPU & Android 10 オペレーティングシステム
  • Bluetooth 5.0と20.5時間のロングバッテリーライフ
  • 強力な出力ポート、シングル/デュアルDACモード
  • フローティングスクリーンを採用した精緻なデザイン

 

Shanling M3 Ultraの技術仕様

  • DACチップ:2*ES9219C DAC/2*RT6863 AMP
  • サンプリング レート:32Bit/384Khz
  • DSDサポート:DSD256
  • 出力電力: 260mw@32Ω

 

Shanling M3 Ultra

 

ESS社製ES9219Cチップ&RT6863アンプチップをデュアルで搭載

M3Uは、ESS社製DACチップES9219Cを2基搭載し、さらにRT6863オペアンプによるヘッドホン専用アンプを追加しています。パナソニック製ボタン型コンデンサー、エルナー製フィラメントフィルムコンデンサー、専用電圧レギュレーター回路、FPGA Plusダブルバイブレーションなど、全く新しいオーディオ回路を搭載しており、M3Uのオーディオ回路を構成しています。

 

Shanling M3 Ultra

 

フラッグシップモデル Snapdragon 665 CPU & Android 10 オペレーティングシステム

M3 Ultraは、M6UやM7と同じ、3G RAM+32G ROMのSnapdragon 665 CPUを搭載しています。さらに、AndroidプラットフォームはAndroid 10にアップグレードされています。また、オーディオのチューニングにかなりの時間を費やしました。これにより、低価格でありながらShanlingのハウスサウンドに、ユーザーは近づくことができます。

 

Shanling M3 Ultra

 

Bluetooth 5.0&20.5時間の長時間再生

Shanling M3 Ultraは、最大20.5時間のバッテリー駆動時間とBluetooth 5.0の双方向接続を備えており、リラックスして便利な音楽体験を提供することができます。また、MIMO Wi-Fi技術、内蔵HiFiクラウド音楽ライブラリ、MQA 16Xデコード機能など、複数の技術を採用しています。M3UがDLNA、Air Play、NASに対応していることも特筆されます。

 

Shanling M3 Ultra

 

強力な出力端子とシングル/デュアルDACモード

Shanling M3 Ultraは、より使いやすいデュアル出力インターフェースを採用しています。これらの出力インターフェースは、3.5mmシングルエンドと4.4mmバランスに対応し、さらに各出力はシングルエンドで140mw@32Ω、バランス出力で260mw@32Ωに達します。さらに、M3Uはシングル/デュアルDACモードを採用し、ユーザーの希望に応じて選択することができます。

 

Shanling M3 Ultra

 

フローティングディスプレイを採用した精緻なデザイン

M3Uは、ユニボディ一体型のデザインを特徴とし、フローティングディスプレイとも呼ばれるシャープ製の4.2インチ720P液晶ディスプレイを採用しています。また、カラーはグリーンとブラックの2色を用意しました。

 

Shanling M3 Ultra

 

価格と販売状況

Shanling M3 Ultraは、Linsoulなどで469ドルで販売中です。

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事