audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ワイヤレスイヤホン Tenswall T&W レビュー】 肉太で安定感のある低域が支配するイヤホン

Tenswall Bluetooth 4.0 イヤホン カナル型 防汗仕様 APTX対応 レッド

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20160515173723j:plain

 スポーティな外観が特徴のイヤホン。 耳にしっかりはまるカナル型で遮音性はそれなりに高く、音漏れはそこそこある程度。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品は充電用USBケーブル・替え用イヤーピース。 平形コードでややコードノイズが目立ち、首をふってコードが袖などに触れるとノイズになりやすい。 aptX非対応。

【2】音質

 音圧が感じやすく全体として肉厚で安定感のある音。

 

[高音]:尖りは少なめで音量を上げても意外と刺さりは出ないが、突き抜け感に欠け、天井感がある。

[中音]:比較的横方向に広いが、低音の支配に引っ張られるところがあり、下方向に落ち着いて感じられる音。

[低音]:太めのしっかりした低音で音場をタイトに引き締める傾向があり、弾みよりも安定感を高める支配力のある音調。

[解像度・立体感]:全体的に下の方向に深掘りされるような印象があり、横長深めの音場。

[パーカッション・リズム]:どっしりした感じのある音で疾走感より安定感を感じやすい。立ち上がりはそこそこあるのでもっさりしすぎない。

[ボーカル傾向]:ボーカルは頭の中心部下喉の辺りで安定した音を作っている。楽器音が横からだいぶ近づいていくるが、ほどよい分離感あり。

 

【3】官能性

 東京カランコロン「スパイス」はパーカッションの響き方で疾走感が強くなるか安定感が強くなるか分かれる傾向にあるが、このイヤホンだと素直に重たくギターよりはドラムが支配するどっしりした曲となり、非常に安定した曲調になる。

 多田葵「灼け落ちない翼」は疾走感と突き抜け感、それに透明感のある曲だが、このイヤホンで聴くと突き抜け感はなく、肉厚で落ち着いた曲になる。 はっきり言うとこれはこの曲の面白みを減らしている気がするが、妙に地に足が着いた曲に骨太なボーカルが歌詞を力強く伝え、それを低音がしっかり支えるのでメッセージ性が出ていて、意外に圧倒されるところがある。

 坂本真綾「風待ちジェット」は重たいドラムが全体的に支配してサビも突き抜け感が全くなく、飛翔感はない。 ただ深みのある低音に力強さと面白みがあり、引き締まった強いリズム感は気持ちよい。

 

【4】総評

 全体として深掘りされた低音がかなり支配力を発揮してタイトな音楽表現になるイヤホン。 そのため女性ボーカルの突き抜け感や高域での伸びは感じづらく、とにかく安定感のある曲になる。 ギターよりはドラム、ベースが強いのでロックもだいぶヘヴィな味付けになりやすい。

 ただ圧倒的な存在感のある低域が活躍する音場は密度が高い独特の中毒性があり、聞き慣れてくると迫力と説得力が感じられてくるから不思議だ。

 

Tenswall Bluetooth イヤホン ワイヤレススポーツイヤフォン Bluetooth 4.0 ステレオヘッドセット ランニング ジョギングに最適 カナル型 マイク搭載 防汗仕様 APTX対応( レッド)

 

【関連記事】

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp

audio-sound.hatenablog.jp


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。