audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOニュース】CHIE広州 2020での、FiiOの出展情報

CHIE広州 2020

CHIE広州 2020

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com

 

CHIE広州 2020での、FiiOの出展情報

 今週末は、中国と、そしてその他の世界の地域に住むオーディオファンにとっても天国です。 2020年中国国際ヘッドホンエキスポ(China International Headphone Expo, CIHE)がここ広州で開催されました。私たちは本当に興奮しながら、2日間いずれもイベントを訪れました。そして、皆さんに素晴らしいニュースをお届けします。このイベントでは、いくつかの新しいHi-Fiオーディオ製品が展示され、間もなく国際的にリリースされます。FiiOHiByMatrix AudioDunuなど150以上のブランドがこのエキスポに参加し、最新および最近リリースされた製品を紹介しました。私たちは両日かけてすべてのブースを訪問し、いくつかの本当に良い、今後出てくる製品を体験しました。 今日は、FiiOのブースでの体験とリリース予定製品を紹介します。

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

 

FiiO

 さて、このようなイベントでFiiOを見かけないなんてことはまずありません。FiiOは、最新のUSB DAC/AMP、MMCX Bluetoothネックバンドアダプター、BluetoothデスクトップDAC、およびTWSタイプのMMCXアダプターを含む、ラインナップから4つの新しいリリース予定の最新製品を含むいくつかの製品をテーブルの上に持ってきました。今回は主にワイヤレス製品ラインナップに重点を置いているようですが、率直に言って、私たちはこれらの製品がとても気に入りました。

 

FiiO Q3 USB DAC/AMP

FiiO Q3

 

 FiiOは最新のUSB DAC/AMP、FiiO Q3を出展しました。これは、高く評価されているQ1 MKIIのアップグレードとして提供され、多くの最新機能を備えています。この新しいコンパクトなガジェットは、最新のXMOS USBチップを備えており、32bit/768kHzまでのPCM、およびネイティブでDSD512までのDSDをデコードできるようになっています。また、FiiO Q3の最大の魅力は、スムーズなAK4462 DACチップと組み合わされたTHX AAA アンプモジュールです。前回、FiiOはM11 ProにデュアルAK4497EQを搭載し、THX AAA増幅モジュールを内蔵しましたが、そのノイズフリーなアンプ能力の素晴らしさには定評があり、今回のQ3も同様の魅力を持っています。また、3.5mmシングルエンド、2.5mm、4.4mmバランスの3つの出力ポートを搭載しています。本当に印象的な製品で、発売が待ち遠しくなりました。

 

FiiO LC BT-1

FiiO LC BT-1

 

 FiiOは最新の MMCX/0.78mm 2 ピン Bluetooth アダプタケーブル、FiiO LC BT1 を発表しました。今年の初め、このブランドはネックバンドスタイルのBluetoothアダプタ LC BT2をリリースし、それは本当に素晴らしい製品でした。今回は、LC BTシリーズのエントリーレベルの製品と思われるLC BT1を発表しました。QCC3005 Bluetooth チップを搭載し、SBC/AptX/AAC などのハイレゾ コーデックをサポートした強力な Bluetooth V5.0 接続を提供しています。LC BT1は、高品質なAK4331 DACチップを搭載し、高音質を実現しています。MMCXと0.78mm 2ピンの両方のバリエーションが用意される予定です。

FiiO BTA30 Bluetooth DAC

FiiO BTA30

 

 上記の2つの製品に加えて、FiiOは近日発売予定のデスクトップBluetooth DAC BTA30も見せてくれました。高性能AK4490 DACチップを搭載した機能豊富な製品です。 BTA30は、高解像度LDACコーデックをサポートする最新のBluetooth機能をサポートしています。また、AptX LL、SBCなど、他の高解像度コーデックもサポートしています。 デバイスにはRCAライン出力があり、かなりクリーンで鮮明な出力をHuawei P30 Proスマートフォンを介して提供しました。

 

FiiO UTW53 MMCX 完全ワイヤレスアダプタ

FiiO UTW53


 最後になりましたが、FiiOは最新のMMCX対応完全ワイヤレスアダプターであるFiiO UTW53を出展しました。高解像度のインイヤーモニターをMMCXコネクタで接続して、音質を損なうことなく完全ワイヤレスにすることができます。強力なQCC3020 Bluetoothチップを搭載し、強力で安定した、遅延のないBluetoothエクスペリエンスを提供します。また、スマートフォンにインストールしたFiiOコントロールアプリを使用したEQ調整もサポートしています。1回の充電で最大4時間のバッテリー寿命があり、充電ケースを使用すると、最大24時間持続します。

 

まとめ

 これらの製品は、ブランドがワイヤレス製品の開発にも真剣であることを示しています。 これらすべては私たちにとって本当に有望であり、THXアンプ Q3、デスクトップBluetooth DAC BTA30、最新のMMCX 完全ワイヤレスアダプター UTW53を見て本当に興奮しています。これらの製品は間もなく国際的にリリースされる予定であり、同じものを待つことはできません。CIHE 2020で展示されたさまざまなブランドの製品の詳細については、今後にご期待ください。

 

  • 元記事の公開日:2020/09/14
  • 著者:HiFiGO

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事