audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ワイヤレスイヤホン iDeaUSA V205 レビュー】全体的になめらかで暖色。生命的なまるっとした鳴り方をするイヤホン。ボーカルは肉厚でつややか

iDeaUSA Bluetooth4.1 イヤホン ワイヤレスイヤホン ネックバンド式 カナル型イヤホン ノイズキャンセリングイヤホン/遮音性/高音質/リモコンマイク付き/ハンズフリー通話

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170519071839j:plain

ASIN

B01N23C2V7

 ネックバンドタイプのワイヤレスイヤホン。コードが絡まりにくい。装着感は軽め。遮音性はそれほどでもない。音漏れはそれほど目立たない。ノイズキャンセリングをONにすると周囲の環境音、とくに話し声、車の風切り音などが低減される印象だ。

 aptXには対応しない。テストした範囲では遅延はなく、音飛びもなかったので通信安定性は問題ない。動画再生も快適だ。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、AUX変換アダプタケーブル、説明書。

 

【2】音質

※このイヤホンにはノイズキャンセリング機能が付いています。このイヤホンではノイズキャンセリングをONにすると、低域の鮮明度が増し、重みをより感じられるようになるようです。以下のレビューは使用環境を考え、ノイズキャンセリングONにしています。

 音質的にはフラットかややかまぼこに近いか。低域が独特の膜を張るような鳴り方をし、中高域にかぶさらないが、存在感はある。アタック感には乏しく、だいぶゆったりというかもっさりした感じになりやすいが、音になめらかさがあり、乾いた感じにはならず、潤いはある。空間表現的には奥行きを作るよりは張り出してきて頭を包み込む雰囲気で、有機的で暖色の音場で頭の周りを囲んでくる。

 

[高音]:やや天井感がある(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:全体的になめらかでやわらかい音。奥行き感はそこそこで、左右を感じやすい。
[低音]:低域は膜を張るような生命的な味わい。ドラムはバツンバツンといった感じの柔らかい音になる。振動はぼーっとした柔らかい音で70~50hzくらいでだいぶ沈み込む(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:頭を包み込む球状の空間。奥行きよりは左右を意識しやすい(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:柔らかいものの、ドラムは空間によく響くのでどちらかというとドラム優位になりやすい。ハイハットはおとなしめで下方向にしぶきを散らすような音になる(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:ボーカルはなめらか。突き抜け感はそれほどなく、肉厚で濃密な味わい。


【3】官能性

 ClariS「ヒトリゴト」は膜を張るようなやわらかめの低域が生命的な音を鳴らす。ボーカルはなめらかでつややかさもあり、つるっとしたうどん風味の味わいがある。ピアノはほどよいしっとり感のある音で潤いのある情感を表現している。

 Choucho「スワロテイル・バタフライエッジ」はなめらかでつややか。ボーカルには潤いがあり、低域は柔らかく生命的。アタック感には若干乏しいところはあるものの、濃密な表現になっている。

 GARNiDELiA「ambiguous」もアタック感は若干足りないが、音に丸みがあって尖ったところがなく、聞き疲れしにくい音。ボーカルも生命的でやや暖色。熱量を内に溜め込んでいく独特のやわらかみのある味わいだ。

 UVERWorld「CORE PRIDE」はかなりドラムが柔らかく、生命的。やはり躍動感やアタック感には乏しく、若干もっさりしているが、有機的で脈動するような感じがある。ボーカルもなめらかで落ち着いた味わい。

 

【4】総評

  低域の独特の鳴り方に妙味を感じるなら、魅力的だろう。曲によってはボソボソした感じに聞こえてしまうところもあるが、なめらかで穏やかな表現は心落ち着くものがある。アタック感には乏しいので、ロック向きではないが、バラードやJAZZを楽しむのには良い。このイヤホンのノイズキャンセリングは低域が強めになるノイズリダクションで、ONにするとやや篭もって感じられるところがある。この低域は決して存在感の上で弱くはないが、張り出してきて積極的に音場を作る低域ではない。その点、物足りなく感じる人も多いだろう。

 

【5】このイヤホン向きの曲

 生命的で優しく膜を作りながら深く沈みこむ低域が体温のあるやさしい音場を作る。ボーカルも肉厚で温度感のある味わいとなっており、全体的に生命力を感じる。

 

 ピアノの鳴り方が優しい。楽器もボーカルも暖色でセピア色の風景が目に浮かぶようだ。肉厚でなめらかな声色はデュエットで重なると濃密さを増す。

 

iDeaUSA Bluetooth4.1 イヤホン ワイヤレスイヤホン ネックバンド式 カナル型イヤホン ノイズキャンセリングイヤホン/遮音性/高音質/リモコンマイク付き/ハンズフリー通話

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。