audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【完全ワイヤレスイヤホン BEESA D08 レビュー】比較的エッジ感が良く、ロックやポップスを楽しみやすい。包み込んでくる近い音場。ほどよい煌めき感と張りのある音でメリハリが良い

BEESA D08

[Bluetooth5.0進化版] Bluetooth イヤホン BEESA 完全ワイヤレス イヤホン AAC/SBC対応 自動ペアリング 自動ON/OFF 高音質 充電ケース付き 押し式 マイク付き Siri対応 左右分離型 両耳 iPhone Android 対応 技適認証済

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20181002133503p:plain

ASIN

B07H7YHNQD

 小型のハウジングで耳への収まりは良い。遮音性はそこそこ。音漏れも少なめ。

 aptXには対応しない。AACには対応している。通信は安定しており、遅延・途絶はない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、専用充電ケース、キャリイングポーチ、日本語含む多言語マニュアル。

 専用充電ケースはスティックタイプで充電中イヤホンは半分剥き出しになる。この形式のケースではイヤホンがケースから取れてしまったり、電極部分が衝撃などで破損してしまうといった事故が起きやすいところがあるのは注意。

BEESA D08BEESA D08

 

【2】音質

 音は全体的に近く、左右はボーカルよりさらに近めに聞こえることが多いので、包み込まれている感覚がある。音は輪郭感があってエッジの利きがよくメリハリが出やすいが、シャープに尖る感じは少ないので耳に痛いところはない。音同士はやや距離感が近いところがあるので、端では混ざり合ってしまうところも稀に感じられる。高域ではそこそこの煌めき感もあって、どちらかというと明るい音質だが、色づきすぎない穏和な印象を受ける。音質はバランス良いが、大音量では強い高域音などで音割れしやすいところがあるのは価格なり。

 

[高音]:高域は少し煌めきが強め。少し音割れがしやすく、ピアノ高音などは焼き付いたような印象を受けるかも知れないところはある(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:弦楽はエッジ感もよく、のびやかで奥行き感も感じさせる。ピアノはやや煌めきが強く高域ではキンキン感が少し出やすく、中域でも少しキラキラしている。

[低音]:中高域に比べると、低域はおとなしめ。重低感はわずか。100hzから40hzくらいまで素直な減衰。30hz以下はわずかな振動でほぼ無音(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:全体的に音は近い。左右はボーカルよりも前に出やすく、包み込まれている感覚を感じやすい。音のエッジ感は良く、個々の音がソリッドにまとまっている印象を受け、メリハリが出やすい(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムは表面の張りが強めで爆発力のある、バツンバツンとした音。シンバルは少しキラ味が出るシャキシャキ味。全体的に疾走感を感じやすい(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは近めだが、左右よりは少し奥に位置する。高域への抜けも良く、比較的明るく聞こえる。女声ボーカル向き。

 

【3】官能性

 伊藤美来「Rouge Back」はキラキラ感のある楽器音と、明るく伸びやかに聞こえるボーカル表現が曲調をうまく表現する。ドラムも張りが良く軽快。カツカツと固めにリズムを刻むパーカッションがメリハリを良く感じさせる。

 山崎あおい「さくら、さくら」はピアノの煌めき感が出て、つま弾きの色味もキラキラしていて、ドラムも軽快に弾け、ボーカルも上方向にふわりと軽く、全体的に明るい。サビではやや密度が高く、弦楽がほかの楽器と混じり合って少し焼け付くようなところはあるが、全体として悪くない。

 水瀬いのり「コイセヨオトメ」はギターのエッジ感も良く、金管・ピアノなど楽器音も全体的にキラキラ、パーカッションは軽快で、ボーカルはコケティッシュ。明るいアイドルロックサウンドが楽しめる。

 ClariS「again」は明るく軽快に、メリハリ良く聞こえる。楽器音は透明感が強めで、ボーカルもキラキラした味わい。低域が出ないので、やや上滑りに思えるところもあるかもしれない。

 

【4】総評

 値段的にはエントリークラスで、完全ワイヤレスイヤホンとしてはかなり低価格の割に音質はかなりよい。エッジ感がよいので全体的にメリハリ良く音楽を楽しめる。包み込んでくる立体感もかなり充実感を感じさせてくれる。色味は明るく、バランス的には腰高だが、女声ボーカルの明るい曲と相性が良い。薄い低域の表現が好みを分けるが、ガールズ系の弾ける曲向き。

 通信の安定性と装着感を考えてもコスパは高いが、スティック型の充電ケースは場合によって欠点になりうるので、そこをどう判断するかだろう。

RUOBAI BS01

 

【5】このイヤホン向きの曲

 全体的にメリハリ良好で、音に煌めき感もあって、眩しい。ボーカルも上方向に抵抗なく伸びて突き抜け感良好。ギターのエッジもよい。ベースは薄いので、全体的にふわりと軽い味付け。(早見沙織&東山奈央「Hello Alone」)

 

  煌めき感のある楽器音と明るいボーカル表現、包み込んでくる音場が、プラネタリウムのような音楽空間を感じさせ、相性が良い。ドラムはやや膨張感のある表面の張りしか聞こえず、弾みが強調されている。腰高だが、曲調には合っている印象だ。

 

 この曲もすっきりキラキラのびやかに聴ける。煌めき感はほどよく、妙に浮き上がった感じがない。メリハリもよい。(Choucho「7th Heaven」)

 

 弦楽の色合いがやや明るいのとドラムスが軽快味が強いので、この曲の持ち味の一つである焦燥感はいまいち薄いかも知れない。だが、ギターのエッジはよく、ボーカルもよくすっきりと伸びる。何よりボーカルごと頭を囲い込んでくる楽器音が充実感を与えてくれる。

 

 楽器のキラキラした色づきと輪郭感が味わえるので、こういうアコースティックな曲でも比較的明るめの色彩感を楽しめる。濃厚な材質感はないので、JAZZ味を求める人にはやや不満があるだろうが、軽く明るいポップス風味が好きな人には良い。(「ハクメイとミコチ」ED「Harvest Moon Night」)

 

[Bluetooth5.0進化版] Bluetooth イヤホン BEESA 完全ワイヤレス イヤホン AAC/SBC対応 自動ペアリング 自動ON/OFF 高音質 充電ケース付き 押し式 マイク付き Siri対応 左右分離型 両耳 iPhone Android 対応 技適認証済

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。