audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【完全ワイヤレスイヤホン Rademax X9 レビュー】透明感のある繊細な音で緻密に表現する。ややシャリシャリシャカシャカしやすいところあり。

Rademax X9

【Bluetooth5.0進化版】完全ワイヤレス イヤホン Bluetooth イヤホン Rademax ブルートゥースイヤフォン 高音質 自動ペアリング ワンボタンタッチ操作 充電ケース付き 片耳/両耳モード スポーツイヤホン 防水IPX5 カナル型 ヘッドセット マイク内蔵 ハンズフリー通話 iPhone Android対応

 

おすすめ度*1

Rademax X9

ASIN

B07F298T3H

 耳への収まりはそこそこよい。やや外側に重心があるのか、少し浮く感じがあるので、スポーツなど激しい運動をする時には注意。遮音性はまあまあ。音漏れは少し目立つ。

 aptXには対応しない。通信は安定しており、遅延・途絶はほとんど感じない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、充電用USBケーブル、専用充電ケース、日本語英語二言語のマニュアル。

 操作はタッチパネル式。タッチパネルはちょっと触れただけでも反応する。タッチパネル部分は少し出っ張っており、装着を調整するためにイヤホンの端を持っても、指の腹が少し当たるだけで作動する。

Rademax X9Rademax X9

 

【2】音質

 音は近めで音質はシャリ方向のシャープ。音のエッジは鋭いので、ギザギザした印象を受けやすい。こうした音質はギターのエッジ感やドラムの衝撃力は出やすいが、音が混ざりやすいところがある。また大音量では耳に痛い音に聞こえやすい。ピアノや弦楽は硬質に感じられる。音の印象は少し細く透明感は強い。やや金属的に出る方向だがキラ味はそれほど強くなく、ピアノには自然なコンコンとした材質感も感じられる。音が細いので、奥行き感の見通しは良く感じられる。ボーカルは息感がやや強めだが、サ行はあまり刺さらない。ロックの曲ではシャリ感が出やすい。

 

[高音]:突き抜け感はそこそこ。やや高域ではキンキンしやすく、音割れも感じる(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:奥行き感を作る弦楽は細い。やや尖りが強いのでヒステリックに感じられる場面も多いかも知れない。ピアノはややキンキンした音色だが、煌めきは少し落ち着いて耳に痛い感じではない。金管はやや細く、上方向に明るく感じる。

[低音]:振動は細め。60hzあたりですでに弱く、50hz~50hzあたりでわずかに、40hz以下はもうほとんど無音(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:ボーカルは近く、左右も耳裏に回り込むような近さがある。音が細いので奥行きの見通しは良く、曲によっては結構な奥行きを感じる場合もあるが、ほとんどの場合は音場は前屈みに感じやすい(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムは表面張力と粘りを感じる。爆発力もやや強い。重厚感はなく、パツパツした軽快味の強い音。ハイハットは明るい色味だが、煌めき感は思ったよりは強くなく、柔らかく感じられる場面も多い。どちらかというとドラムの爆発力が主導する軽快な味わい(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:ボーカルは細く伸びる。息感はやや強いが、サ行はあまり尖らないので耳に痛くはなく、バランス感覚を感じる。高域ボーカルはかなり明るい色彩で透明感強めに出る。

 

【3】官能性

 河野マリナ「たからもの」は全体的に細く繊細な透明感が感じられ、ドラムスは非常に軽快でシャキシャキとしたメリハリを感じられる。一方で重厚感に欠け、少しミニチュアっぽい軽薄さが感じられるところはあるので、シャカシャカ感が気になる人には不満が残りそうではある。

 早見沙織&東山奈央「Hello Alone」は元々明るめの音がさらに明るく、少し浮ついているように感じられる。キラキラ感が強く、音も全体的に細く上にのびる感じが強いので、少しふわふわしている。軽快な味を好む人にはよいかもしれない。

 下地紫野「プ・レ・ゼ・ン・ト」はやや細めの低域弦楽が胸をえぐってきて情感を盛り上げる。ボーカルは細く透明感があってよく伸びる。そしてピアノの少し暖色な音色が曲に淡い色づけをする。これは素直に好み。

 Perfume「Baby crusing love」は音が細く輪郭感も強いので、緻密に聞こえる。ミニチュア感があるので顕微鏡を覗くような感じではあるが、電子音の歪むエッジなどは明瞭で、実にエグくて中毒的。

 

【4】総評

 緻密に感じられやすい音で人によってはかなりの中毒性が感じられるだろうが、逆にうるさくもなりやすくもある。ロック系の曲は軽薄でシャカシャカして感じられやすいだろう。一方で緻密さによって中毒性が増すところのあるクラブサウンド系の曲や、透明感のあるボーカルのバラード系の曲は妙味を感じやすい。

 通信性能は安定しており、タッチパネル式の操作感も問題ないなら、使い勝手はそれほど悪くはない。筒状の充電ケースも持ち運びやすい。

Rademax X9

 

【5】このイヤホン向きの曲

 繊細な透明感を味わえる。ピアノの音はそれほどキンキンせず、ほどよく落ち着いた鳴り方で浮つかない。秋の青空の下で歌っているような清涼感がある。

 

 全体的に音が細く、声色も少し明るめ。ギターのつま弾きの光沢が強く、ピアノも少しキンキンするので、かなりキラキラ感強めではある。弦楽も若干ヒステリックで歪みを感じさせる。ドラムは表面の張りが強いパツパツした感じ。なんか妙に明るくて正統派の表現では無いと思うが、面白い。

 

 この曲も細い感じではあるが、透明感があってボーカルと弦楽が清冽。ドラムの弾みは反発力良く、パツパツ快活。妙にシャリシャリ頑張るシンバルや、金属光沢の強いつま弾きがときどきうるさいかもしれないものの、細面のボーカルは少し儚げな味もあって妙に色気がある。

 

 抑制的な穏やかなピアノ表現の曲なので、透明感を素直に味わえる。サビではヒステリックに細く伸びる弦楽が情感を大胆に強調する。ボーカルは細身でか細いところがあり、消え入りそうな透明感もあってゾクゾクさせるところがある。

 

 全体的に音に透明感があるので、水底まで透き通るイメージがよく表現される。上方向に抜けていくボーカルは高い水面と、その先にさらに星空を意識させる。曲調によく合った表現に思う。

 

 そこそこ質感の感じられる軽快なピアノと、透明感に満ちたボーカルのコラボを味わうなら、この曲もよい。弦楽の少しヒステリックな音色も情感をダイナミックに演出してくれる。

 

【Bluetooth5.0進化版】完全ワイヤレス イヤホン Bluetooth イヤホン Rademax ブルートゥースイヤフォン 高音質 自動ペアリング ワンボタンタッチ操作 充電ケース付き 片耳/両耳モード スポーツイヤホン 防水IPX5 カナル型 ヘッドセット マイク内蔵 ハンズフリー通話 iPhone Android対応

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。