audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOアナウンス】SOUNDAWARE A1Proのフラッグシップストリームプレーヤーが正式リリースされました!

在庫処分コーナー:パソコン・プリンタ・液晶ディスプレイ・デジカメなど!デジタル家電・AV家電・季節家電が超特価!

SOUNDAWARE A1Pro

SOUNDAWARE A1Pro

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com

 

SOUNDAWARE A1Proのフラッグシップストリームプレーヤーが正式リリースされました!

 SOUNDAWAREA1&A280Cストリーマーについて詳しい人もいるかもしれません。多くのファンがこの新しいリリースを待っていました。大幅な遅延により、これまで同社は製品を発売できませんでした。しかし、SOUNDAWAREは突如新しいモデルを発表して、皆を驚かせました。 新しいSOUNDAWARE A1 Proは、以前のモデルを大幅にアップグレードした製品です。

 2019年前半のA1のリリース以来、A1は世界中の多くの音楽愛好家やファンから認められ、支持されてきました。小型でパワフルなHIFIプレーヤーである一方で、A1の目的は、多くの音楽愛好家がHIFIを理解し、HIFIを感じ、高音質の美しさを体験できる多機能製品を実現することにありました。

 

SOUNDAWARE A1Pro

 

 小型で強力な機能により、A1の使用シーンは多岐にわたります。しかし、A1は多くの人に知られ、その支持を得ていますが、それがすべての誠実な音楽愛好家の正確なニーズを満足させることは必ずしもできていませんでした。

 新しいフラッグシップA1ProはA1をベースにしており、A300のアナログフィルタリングおよびアンプ回路の70%を使用しています。 同時に、旭化成のフラッグシップDACの公式な開発基盤から多くのエクスペリエンスを引き出します。

 

A1Proのアップグレードポイント
  • 高感度インイヤーモニターのヒスノイズを防止するためのノイズフロアの低減
  • 全高調波歪み+ノイズ(THD + N)の低減
  • アナログとデジタル双方での出力の改善
  • DAとアンプ回路を再設計
  • A300を超える性能
  • より高い出力

 

0から設計し直されたDAC回路

 非常に高精度のフィルタリングと完全なDC回路により、ラインレベル出力の歪みは驚異的な0.0005x%に達します!この非常に低い数値は、同じAKM4497チップを使用する多くのDACの出力仕様を超えています。

 オーディオファンにはAKMのDACチップでディストーション・インジケーターを実現するのが難しいことはあまり知られていません。電圧出力のフラッグシップ製品であるAKM4497チップを使用しても、ラインレベルの歪み(THD + N)はめったに0.0005%未満になることはなく、A1Proで使用されるAKM4490はもちろんこれに到達していません。

 主な理由は、AKMチップの周辺回路に対する要件が非常に高いため、公式の開発回路がこの目標に必ずしも到達しないためです。同社は2016年にAKMの公式フラッグシップ開発基盤を研究し、AKMチップに関連する多くの公式文書を深く理解しました。さらに、マニュアルには記載されていない詳細が多数存在していました。SOUNDAWAREはその技術力でチップの公式仕様の一部を上回ることに成功しています。

 A1Proのフィルタリングおよびアンプ回路はディスクリートであり、公式のリファレンス回路は使用されていません。公式リファレンス回路には顕著な問題があります。公式回路はDC出力を分離するためにカップリング回路を使用しています。これにより情報の重大な損失が発生し、重大な位相歪みも引き起こします。

 

SOUNDAWARE A1Pro

 

フラッグシップレベル・エンジニアリング

 このシリーズのフラッグシップとして、A1Proはこの回路を使用できませんでした。一般的に言えば、この問題は通常、ポテンショメータまたは高品質の絶縁出力を備えたゼロ調整回路によって解決されます。これは、DCを削除するにはコストのかかる方法です。ゼロ調整回路は、対称的な正と負の2倍に増幅され、同じ電圧によって対称的に除去されます。

 コンポーネントの精度のため、各ユニットのゼロ抵抗を調整する必要があります。他の高級出力アイソレータの価格も非常に高いですが、指標は必ずしも理想的ではありませんでした。A1ProはA300の経験に基づいて開発されています。機器レベルの基準レベルの高精度4倍完全対称アンプ回路を使用して正と負のDCを排除することにより、追加のゼロ調整回路は不要です。それにより希望通りの出力効果が得られます。DC出力はほとんどのカップリング回路よりもはるかに低いため、最も音源に近いリアルなサウンドを得ることができます。

 A1Proは大幅に改善されたデコード機能、192kHzの同軸、ファイバー入力を備え、完全にバランス接続されるXLR出力が追加されています。出力レベル電圧も上昇しています。XLRで4.8VRMS、RCAで2.4V MSのスペックがあります。

 内部アンプ回路の再設計のおかげで、RCA性能はより高いレベルにアップグレードされました。A1Proではアナログ電源が30%増加しました。マシン全体の電源も豪華で、アナログフィルターコンデンサーの容量はA1に比べ約10倍になっています!

 

SOUNDAWARE A1Pro


超低歪みのサウンド

 これらすべての設計と長期的なチューニングと調整作業により、A1ProのサウンドはA1と比較して完全に生まれ変わりました。サウンド密度とコントロールが大幅に改善され、そのサウンドスタイルは完全で正確になっています。

 A1Proのアンプバージョンは、次世代の主力製品のアンプ回路を統合しています。 これは、完全DC、完全対称、多管並列電流、超低歪み、および負荷歪みが0.0007x%に達する完全シールド回路を採用し、ノイズフロアは非常に低くなっています。シングルエンド出力はA280よりもはるかに優れており、4.4の完全バランス出力パフォーマンスはA300に非常に近いです(4.4mm→XLRコネクタが提供されます)。

 

Roon対応

 A1ProはA1のすべての機能を備えており、ファームウェア部分も最新のA1ファームウェアを継続します。DLNAリモコン、Airplay、Roonready、NASなどをサポートし、最新の安定したファームウェアグローバルループ、音源メモリ、メモリ再生、シームレス再生、およびA1ユーザーが使用したいその他の新機能をサポートします。

 A1Proは、標準バージョンと完全バランスアンプバージョンで利用できます。色はブラック、シルバー、ブルーの3色があります。3色の価格は同じですが、青色は50個限定販売で、以前のモデルの購入者に販売されます。

 

技術仕様
前面インターフェース
  • 4.4mm完全バランスヘッドホン出力
  • 6.35mmシングルエンドヘッドホン出力
側面インターフェース
  • SDカードスロット×1:理論上のサポート最大2TB、実際の測定512GB。サポートファイル形式はFAT32/exFAT/NTFS
背面インターフェース
  •  USB * 2(電源500mA * 2):USB3.0と互換性のあるUSB1.0、USB1.1、USB2.0をサポート、2TBを超えるハードディスクをサポート(単一のパーティション容量は2TB未満である必要があります)
  • LANインターフェース:100Mbps全二重、サポートネットワークNAS(Samba)、UPNP / DLNA、ROONなど
  • HIFI Bluetooth:BluetoothモジュールへのFPGAアクティブ入力クロックに基づいて、IISを合成します。サウンドは非常に安定しており、ロスレス再生とほぼ一致しており、APTXをサポートするスマートフォンにサウンドを最適化できます
  • USBインターフェース/ DAC:FPGAベースのUSB高性能インターフェース/ DAC、32〜192khz、DSD 64〜dsd128をサポート
  • RCA同軸入力:0.5V pp、16-24ビット、44.1khz-192khz PCM入力をサポート
  • 光ファイバー入力:16-24ビット、44.1 kHz-96 kHz PCM入力をサポート
  • RCA同軸出力:0.5V pp、サポート16-24bit、44.1khz-192khz PCM、DSD64 DOP出力
  • 光ファイバー出力:16-24ビット、44.1 kHz-96 kHz PCM出力をサポート
  • RCA * 2:ボリュームコントロール付き2.4VRMS
  • XLR * 2:ボリュームコントロール付き4.8VRMS
  • 電源
A1Pro(XLRライン出力)
  • 歪み(THD + N):0.0005x%

  • 周波数応答:20〜20khz(+ -0.2dB)

  • ダイナミックレシオ:117dB

A1Pro(アンプ出力)
  • 歪み(THD + N):0.0007x%
出力電力(6.35mm)
  • 16Ω 305mw * 2
  • 32Ω 693mw * 2
  • 100Ω 500mw * 2
  • 300Ω 188mw * 2
出力電力(4.4mm)
  • 16Ω 308mw * 2
  • 32Ω 627mw * 2
  • 100Ω 2000mw * 2
  • 300Ω 750mw * 2

 

ソフトウェアの最適化

 ソフトウェア機能の面でも、A1Proは贅沢です。FPGAに最適化されたクロックUSB入力インターフェイスに基づくサウンドとXMOSをお楽しみください。音響効果はライブパフォーマンスに非常に近いです。 最高でDSD256と384khzのPCMをサポートできます。

 Enjoy SoundはFPGAに基づいており、クロックをBluetoothモジュールにアクティブに入力してIISを合成します。 HIFI Bluetooth機能を使用すると、サウンドは大幅に安定して忠実性が高くなり、ロスレス再生とほぼ一致し、APTX対応のスマートフォンにサウンドを最適化できます。

 Webキャスト機能においても、ネットワークインターフェイスはA1Proにとって非常に重要です。 ネットワークNAS、DLNA LAN、およびfoobar、8player、BubbleUPnP、その他のソフトウェアなどのWANプッシュアンドコントロールをサポートでき、AppleのAirplayもサポートします。さらに、Roon対応、PCM384khz、DSD256を完全にサポートしているため、オフラインでの音楽管理もできますし、オンラインのQobuz、HQplayery、Tidalもサポートしています。

 

ファームウェア

 A1Proのファームウェアは、最新バージョンのA1のファームウェアに基づいて最適化され、同じ周波数でのシームレスな再生、音源選択のためのメモリ機能などがインストールされており、さまざまな機能を切り替えて最高の体験を楽しむことができます!

 A1proは、最も洗練されたオーディオファンの要求に応えるプロのハイエンドHIFI製品です。 それは、Soundawareが追求する「シンプルでエクストリームな楽しいサウンド」という製品コンセプトを真に反映しています。

 

SOUNDAWARE A1Pro

SOUNDAWARE A1Pro

SOUNDAWARE A1PRO Streaming Desktop Network Player Network Player Digital Turntable Decoding AMP

 

  • 元記事の公開日:2020/07/02
  • 著者:HiFiGO

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事