audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【新製品】AOSHIDA D7: Bluetooth 5.1 HIFI真空管バランスデコーダー&ヘッドホンアンプ

ヘッドライン
icon icon
icon

AOSHIDA D7

AOSHIDA D7

 

ワイヤレス対応真空管ヘッドホンアンプ「AOSHIDA D7」がリリースされました。

 

AOSHIDA D7の特徴

  • 3.5mmヘッドホン出力、マルチオーディオ入力搭載
  • CS4344デコードチップ
  • 96kHz HD Bluetooth伝送
  • アメリカ製5725 HIFIチューブ
  • EQサウンドエフェクト付きOLEDディスプレイ
  • リモート・コントロールと装備されている

 

AOSHIDA D7の技術仕様

  • 製品モデル名:AOSHIDA D7
  • Bluetoothのバージョン:5.1
  • 周波数特性:20Hz〜20KHz( ±1dB )
  • 入力感度:1Vrms
  • 歪みの程度:0.05
  • 動作電圧:DC 12V
  • SNR:≥103dB
  • ヘッドホンインピーダンス適合範囲:16-300Ω
  • ヘッドホン出力電力:120mW
  • RCA最大出力振幅:2V
  • BAL最大出力振幅:4V
  • サイズ:170mm X 42mm X 126mm (W x H x D)

 

AOSHIDA D7

 

3.5mmヘッドホン出力とマルチオーディオ入力装備

3.5mmイヤーアンプインターフェースを採用し、ヘッドセットへの出力は120mW、マッチングインピーダンスは16-300Ωで、市場で主流のイヤホンを容易に普及させることができます。また、Bluetooth、バランスXLR、RCA入力をサポートし、コンピュータ、iPod、携帯電話、MP3、テレビ、CD、DVD/VCD、Blu rayプレーヤーなどと高忠実に接続し、高品質のロスレス音声伝送を実現、HIFIオーディオ品質を楽しむことができるように設計されています。

 

AOSHIDA D7

 

CS4344デコードチップ

新世代のAOSHIDA D7 DACは、CS4344デコードチップを採用し、優れたパフォーマンスと豊かなオーディオディテール、広いダイナミックレンジを実現しています。

 

AOSHIDA D7

 

Bluetooth 5.1

QCC5125 Bluetoothモジュールを採用し、LDAC 96kHz/24Bitに対応、高速伝送と低遅延で安定したBluetooth接続が可能です。

 

AOSHIDA D7

 

アメリカ製5725 HIFI真空管

電子管はアメリカ製5725、オレンジ管を採用し、音を柔らかくし、デジタル感を和らげるフィルターにかけます。音は暖かく、甘やかになりますが、ノイズはありません。

 

EQサウンドエフェクト付き有機ELディスプレイ

有機ELディスプレイを採用し、Bluetoothの接続状態や音量の大小などを直感的に表示し、いつでも作業状況を把握することができます。また、D7はEQサウンドエフェクトを搭載。さまざまな再生方法で、音楽にさらなる遊び心と楽しさをプラスします。より多くの再生方法が、あなたの探求を待っています。

 

AOSHIDA D7

 

リモコン装備

赤外線技術とマルチアングルセンシングにより、伝送距離が長く、安定し、方向に制限されなくなり、リモコン操作がより簡単で便利になりました。

 

価格と販売状況

AOSHIDA D7は、Linsoulなどで179ドルで発売中です。

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事