audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

20000円~30000円

【中華イヤホン Audiosense DT600 アウトラインレビュー】アンプやリケーブルで音が変わるオーディオマニア向けイヤホン。そのサウンドの幅は厚みのある中域充実系から、輝きに満ちて幻想的に聞こえるキラキラ系高域寄りフラットサウンドまで、多彩に変化する!

個人的な趣味で言えば、85Ω出力時のDT600は私の音楽趣向に合っているサウンドを奏でてくれるため、最上級のイヤホンであると言えます。DAPで素晴らしい音質を体感したい場合は「Etymotic Research ER38-24」を使うことで最適なバランスに近い状態で駆動でき…

【中華イヤホン IKKO OH1S ファーストインプレッション】正統派モニター系サウンド。ディテール感に優れるが、多くの人にとって、リスニングで使うには明るすぎる音

IKKO AudioのIKKO OH1Sを手に入れたので、ファーストインプレッションをお届けします。

【中華イヤホン SeeAudio Bravery ファーストインプレッション】中域の音像を丁寧に聞かせるイヤホン。いまのところ、個人的にはANOUのほうが好き

See Audioの新作SeeAudio Braveryを手に入れたので、ファーストインプレッションをお届けします。

【中華イヤホン CCZ Plume アウトラインレビュー】中域から中高域にかけて丁寧にチューニングされている良機種。ただ中低域の膨張が好みを分けるかもしれない

Plume(飾り羽)という名前とその金色の美しい外観から、私は軽やかで繊細、優雅なサウンドを期待していました。つまり、極楽鳥やクジャクのような華やかなサウンドイメージです。しかし、実際のPlumeのサウンドはもっと地味です。

【海外レビュー】QOA Adonis:開封&クイックレビュー「見事なまでにスムーズ!」

QoA Adonisは、その見事な外観、パンチの効いた低音、透明な中域で非常に優れたパフォーマンスを発揮し、ユーザーに詳細な出力を提供し、優れたエクスペリエンスを提供します。 全体的に、私はAdonisの滑らかで温かみのある色調が大好きで、Adonisをお勧めし…

【中華イヤホン SeeAudio ANOU アウトラインレビュー】ステージングに優れた中域と豊かなグルーヴを持つダイナミックな高域が、ボーカルをはじめ音楽全体を生き生きとしたものにする

SeeAudio ANOUはSeeAudio Yumeの分身でありながら、それはSeeAudioにとってYumeより大きな意味を持っています。 See Audioは世界展開させるモデルとして、市場の流行に沿ったサウンドのYumeを作りながら、一方で彼ら自身のブランドが本当に愛する音、実現し…

【モニターヘッドホン SHURE SRH840 アウトラインレビュー】それは想定されるリスニングモデルを丁寧に描き出す鏡。テクスチャ描写力最高クラスのリスニングヘッドホンでもある

「アウトラインレビュー」は製品の概要を簡潔に紹介するレビューシリーズです。今回取り上げる製品は「SHURE SRH840」です。SHURE SRH840の完全なレビューはこちらにあります。

【比較録音レビュー】おすすめの中華イヤホン3機種を録音つきで解説![QOA Pink Lady/Shozy Form 1.4/DUNU Studio SA3]

このシリーズでは、Antelope Audio Amariと様々なヘッドホンやイヤホンをつなぎ、日本ファルコムのサウンドをレコーディング用のHATSから録音して実際に聴き比べてもらいながら、各音響機器の特徴を解説します。今回は個人的に愛用している中華イヤホン3機種…

【比較録音レビュー】おすすめのモニターヘッドホン3機種を録音つきで解説![YAMAHA HPH-MT8/Victor HA-MX100V/SoundWarrior SW-HP10S]

このシリーズでは、Antelope Audio Amariと様々なヘッドホンやイヤホンをつなぎ、日本ファルコムのサウンドをレコーディング用のHATSから録音して実際に聴き比べてもらいながら、各音響機器の特徴を解説します。今回は個人的に愛用しているモニターヘッドホ…

【完全ワイヤレスイヤホン House of Marley REDEMPTION ANC アウトラインレビュー】南国のようなウォームでグルーヴ感のあるサウンド

House of Marleyの穏やかでありながら、グルーヴ感のある南国のような楽しいサウンドが好きですか?それならきっとHouse of Marley REDEMPTION ANCのサウンドを気に入ることでしょう。それは決してコスパに優れた機種ではなく、ANCの効果は平凡で、タッチコ…

【コラム】JBLの人気完全ワイヤレスイヤホン「JBL CLUB PRO+ TWS」の海外レビューまとめ

JBL CLUB PRO+ TWSはアクティブノイズキャンセリングに対応したJBLの新フラッグシップ完全ワイヤレスイヤホンです。その最大の特徴は圧倒的コスパの良さです。この記事ではJBL CLUB PRO+ TWSについての海外レビューを紹介します。

【モニターヘッドホン 城下工業 Sound Warrior SW-HP300 レビュー】重厚感と濃厚感があり、中域が構築的に聞こえるモニターサウンド。ただ、高域が少しおとなしすぎ、色気は不足しがちかもしれない

城下工業 Sound Warrior SW-HP300は構築感に優れ、パワフルでリッチな中域と重厚な低域を聴かせるモニターヘッドホンです。そのサウンドはやや派手さに欠けるところはありますが、中域から低域までは非常に忠実度の高いモニターサウンドを実現しており、確か…

【コラム】Jabra Elite 85t vs BOSE QuietComfort Earbuds どっちがおすすめ?比較レビュー

あなたが最強のANC完全ワイヤレスイヤホンがほしいと思っているなら、BOSE QuietComfort Earbudsをおすすめします。BOSE QuietComfort Earbudsは間違いなく、あなたを現状で最高の静寂へといざなうでしょう。しかし、私の印象では多くの点においてJabra Elit…

【HiFiGOレビュー】Hidizs AP80 Pro Limited Rose Gold Edition:パッケージ開梱とクイックレビュー

Hidizs AP80 Proは、このブランドの優れたハイレゾオーディオプレーヤーです。先月、この人気DAPにまったく新しいローズゴールドカラーのニューバリエーションが登場しました。新しいバリエーションはニューカラーになっているだけでなく、実際には通常のバ…

【HiFiGOレビュー】Sivga Phoenix クイックレビュー:オープンバック・ウッド・ヘッドホンのもたらす至福の時間

Sivga Phoenixは、卓越して構築された滑らかで詳細なサウンド出力を備えた、よくできたオープンバックヘッドホンです。 ゼブラウッドのイヤーカップと安定したステンレススチールフレームによって最高のクオリティで構築されています。音質の面では、インパ…

【完全ワイヤレスイヤホン YAMAHA TW-E7A フラッシュレビュー】自然な質感と適度にのびやかなサウンドを持つ、明るく見通しの良い、透明感のある正統派モニターサウンド。少し保守的な音だが、音質的には非常に高い完成度を感じる

YAMAHA TW-E7Aは本当にYAMAHAらしいサウンドと言え、ピアノの響きがきれいな正統派のモニターサウンドです。真面目な音作りで手堅い感じがあり、個人的にも好きなサウンド傾向ですが、コンシューマーモデルにしては音作りが少し保守的かなとも思います。ただ…

【完全ワイヤレスイヤホン NUARL N10 Pro フラッシュレビュー】パンチのある低域と透明感のある明るい中高域を組み合わせたサウンドを持つ。EDMなんか気持ちよく聞ける。ANCや通信品質、イコライザーは少し期待外れ

2万円台で登場したNUARLのフラッグシップ完全ワイヤレスイヤホンN10 Proは、NUARLらしい高解像度の明るいサウンドを持つイヤホンに仕上がっています。ANC性能や通信品質でやや不足を感じ、またアプリのイコライザーなどは思ったより音質変化幅が少ないですが…

【ハイレゾ対応イヤホン JVC HA-FW03 フラッシュレビュー】WOODらしい温もり感と、拡散音場フラットを意識した抜けの良い余韻が感じられる響きのコラボレーションが魅力

HA-FW03はWOODシリーズの入門機ですが、上位機種にはない魅力を持っているイヤホンでもあります。WOODらしさはそれほど強くないかもしれませんが、より若々しくにぎやかで抜けの良いサウンドを持っており、清潔感があって現代的な楽曲との相性も良い万能型に…

【ハイレゾ対応イヤホン JVC HA-FW02 フラッシュレビュー】バランスの良い弱ドンシャリサウンド。ただしレビューした個体は音量を上げると音割れしやすい

JVC HA-FW02はバランスの良い弱ドンシャリのサウンドを持ち、パッケージやビルドクオリティも十分に満足できる製品です。装着感は人によっては安定しない可能性があり、また今回の個体では音量を少し大きくすると露骨な音割れが見られましたが、WOODシリーズ…

【完全ワイヤレスイヤホン audio-technica ATH-ANC300TW フラッシュレビュー】静寂感と甘みに優れた美しいサウンド。聞き心地によく配慮されている。ANC性能は平凡

ノイズキャンセリング性能や通信品質、バッテリー駆動時間は価格帯の水準をぎりぎり満たしているといった具合で、audio-technica ATH-ANC300TWは性能的には地味な完全ワイヤレスイヤホンです。しかし、原曲の雰囲気を維持しつつ、静寂感と奥行き、甘みを丁寧…

【ハイブリッドイヤホン JPRiDE 2020 Liberty フラッシュレビュー】繊細で音を細切れにし、強い覚醒感があるマイクロディテールに優れたデジタルサウンド。個人的にはイヤホンというより補聴器みたいに聞こえる

繊細な高域を愛する人、マイクロディテールにこだわる人にはJPRiDE 2020 Libertyはまさに自由の翼を授ける福音かもしれません。非常に繊細でデジタルな音がします。率直に言って、ビルドクオリティがよいとは言えず、個人的には微妙な感じですが、わりと唯我…

【フォトレビュー】audio-technica ATH-ANC300TW:独特の夕映えのようなノスタルジックな美しいサウンドがとても好き

audio-technica ATH-ANC300TWはスペックだけ見ると平凡に思えるかもしれません。連続再生時間は4.5時間と短めですし、防水性能はIPX2とかなり控えめです。アクティブノイズキャンセリングの性能は十分ですが、ライバルに比べて優れているというレベルではあ…

【フォトレビュー】Kinera Freya:その外観とサウンドに思わずうっとり!神話の時代からやってきた美麗な中華イヤホン

Kinera Freyaはまず何よりハイエンドクラスのパッケージとビルドクオリティで物欲をとても満足させてくれるイヤホンです。その体験は3万円で味わえるにしてはリッチで贅沢であることは間違いありません。音質はボーカルフォーカスがよく、中域が広く感じられ…

【中華イヤホン TFZ KING EDITION フラッシュレビュー】スピード感とキレ、重厚感、派手さのあるロック向きのサウンドが楽しい。スイッチによる音質変化はおそらくほとんど体感できない

2万円くらいでロックサウンドを楽しく聞けるイヤホンを探しているなら、TFZ KING EDITIONを考慮に入れても良いでしょう。派手でスピード感のあるリズムとともに、引き締まったボーカル表現が味わえます。ライブリスニングスイッチに関しては、あくまで個人的…

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Fidue Asteroid:それは星の音楽を奏でるハイブリッド・インイヤーモニター

Fidueはオーディオファンの間で広く知られているブランドであり、一般的にその主力製品であるFidue Siriusで有名です。先月、このブランドは最新のデュアルドライバーのインイヤーモニター(IEM)、Fidue Asteroidを発売しました。$190の手頃な価格設定のモ…

【中華イヤホン Fidue Asteroid フラッシュレビュー】深い低域、明るく前向きで快活なボーカル、キレが良く手がかりが多いが中域によく配慮された高域。アイドルソングやアニソン、EDMを楽しむ人におすすめ

今回はFidue Asteroidを取り上げます。Fidueは中国のIEM製造ブランドで、高品質な製品を提供していることで知られています。このブランドでは非常によく知られたFidue Siriusというフラッグシップモデルがあり、最近リファインされたFidue Sirius Mk-IIが発…

【中華イヤホン Kinera Freya フラッシュレビュー】かっこいいルックスと透明感のある歌うサウンド。これで3万円しないのは凄すぎる

今回はKinera Freyaを取り上げます。Kineraは日本ではあまり有名ではないかも知れませんが、中華イヤホン界隈では非常に評価が高いブランドで、その製品ラインナップも5000円以下のエントリークラスから15万円相当のハイエンドモデルに至るまで豊富に揃って…

【イヤホン Ar:tio RK01 フラッシュレビュー】パリッとしたクリスプな輪郭感、タイトな低域、すっきりと適度な清潔感のある中域、高く抜けの良い優雅な高域を併せ持つ

今回はAr:tio RK01を取り上げます。Ar:tioはTTR株式会社の音響ブランドです。この会社は音茶楽の技術提供を受けて茶楽音人ブランドを展開していることでも有名です。RK01はAr:tioを代表するイヤホンの1つで、ブランドの名を市場に印象づけた名イヤホンでもあ…

【ANC搭載完全ワイヤレスイヤホン Libratone Track Air+ フラッシュレビュー】前面に出てくる、透明感のあるみずみずしい中域が魅力のアクティブノイズキャンセリング搭載完全ワイヤレスイヤホン

今回取り上げる機種はLibratone Track Air+です。Libratone(リブラトーン)は2009年に設立されたデンマークのオーディオブランドです。その社名は「自由」と「音」を組み合わせたもので、ライフスタイルの変化の中でも、自由に音楽を楽しめる製品作りをした…

【HiFiGOレビュー】FiiO EH3 NC:ANC搭載ワイヤレスBluetoothステレオヘッドホンレビュー

FiiOは2007年に設立された中国のプレミアムコンシューマーオーディオブランドであり、その主要なラインナップは無数のポータブルミュージック製品にあります。デジタルオーディオプレーヤー(DAP)、ポータブルDACアンプ、インイヤーモニター(IEM)、優れた…

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事