audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【新製品】SeeAudio Yume II:大ヒットモデルの後継機登場!

ヘッドライン
icon icon
icon

SeeAudio Yume II

SeeAudio Yume II

 

大ヒットIEMの後継機種「SeeAudio Yume II」が登場します。

 

SeeAudio Yume IIの特徴

  • 最適化されたリキッドシリコン振動板でコーティングされたダイナミック型ドライバー
  • Knowles RADシリーズ・ツイーター+Sonion 2300 BA
  • 航空グレードのアルミ合金シェルに3Dプリンティング技術を採用
  • 低域フィルターConversion Pro技術を採用
  • クリーンで正確、かつスムーズなレスポンスで、Hi-Fi体験を一貫して提供
  • 高純度6N OFC銀メッキケーブル採用
  • 2022年11月5日〜21日のご注文で、RINKOドールを無料プレゼント

 

SeeAudio Yume IIの技術仕様

  • 感度:102dB ±1dB SPL/mW
  • インピーダンス:17 Ω
  • FR RANGE:20Hz~20kHz
  • FR QA/QC:±1dB
  • THD:≤ 2
  • 遮音性: 26dB
  • ドライバー:1dd + 2ba
  • プラグタイプ:3.5mm
  • インターフェイス:2ピン(0.78mm)
  • ケーブル:6N OCC銀メッキ

 

ハイエンドウーファー・ダイナミックドライバー

最適化された「リキッドシリコン」振動板を持つハイレベルなウーファーDDを搭載したSeeAudio Yume IIは、市場の大半に適応する適応性を持っています。音量は27%アップし、インピーダンスは4%ダウンします。また、『Yume』シリーズに採用されているリキッドシリコン振動板の低周波ユニットは、通常の振動板の2倍以上の振幅を持ち、より優れたダイナミクスを提供します。また、温度や湿度に非常に敏感なため、実験室内ではほとんどすべての気候条件下で同じSPLと位相を保つことができ、安定したKmsと極めて低い歪み率を実現しています。

 

SeeAudio Yume II

 

Knowles RADシリーズ・トゥイーター

KnowlesのRADシリーズ・トゥイーターを搭載したYume IIは、並外れたオーディオ性能を特徴としています。最高精度の3Dプリント技術により、このイヤホンをより適切な位置に配置することができます。その結果、Yume IIは高音域を最適化することができ、より解像度の高いサウンドを実現します。

 

Sonion 2300バランスドアーマチュア・ドライバー

SeeAudio Yume IIは、Sonion 2300 BAユニットの最も特徴的な部分を利用し、最も少ない歪みと最も滑らかなインピーダンスで、音楽性を失うことなく中高域の担当部分を滑らかで高速にすることを特徴としています。また同時に、SeeAudioは正確な周波数分割により、ハーシュネスを完全に回避することができます。

 

SeeAudio Yume II

 

3Dプリンティング技術&L.F.C Pro技術

超高精度な音響内部構造部品を採用し、より優れた音響特性と音質を実現しました。また、小型化、装着感の向上も実現しました。DDユニットと導音キャピラリーの間に精密に設計されたローパスキャビティを追加することで、DDユニットの長所をより良く発揮させ、BAユニットへの干渉を低減し、位相整合性を向上させました。ドミナント周波数帯域は、よりクリーンな音響性能を持っています。L.F.C Proは、ローパスキャビティの微細な空気孔を調整し、耳の内外の空気圧をバランスさせることで、低域の聴感を完璧にコントロールすることができます。

 

SeeAudio Yume II

 

高純度6N OFC銀メッキ着脱式ケーブル

Yume IIは、6N OFC銀メッキケーブルを標準装備し、ユーザーに優れた音響性能を提供することができます。厳密な引張試験の結果、このイヤホンは良好な柔らかさを持ち、よりリラックスした自然な雰囲気を作り出すことで、快適な装着感を確保することができます。

 

価格と販売状況

SeeAudio Yume IIは、Linsoulなどで199ドルで発売中です。

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事