audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【ワイヤレスポータブルスピーカ― Zeelec SH3 レビュー】小型スピーカーとは思えない自然な立体感のある迫力のパワフルサウンド。この価格でこの音質・使い勝手は素晴らしい

SONY h.ear go 2 SRS-HG10

Bluetooth スピーカー Zeelec SH3 ワイヤレススピーカー 2 * 5W デュアルドライバー IPX6防水 Bluetooth 4.2 12時間連続再生【USBポート、内蔵マイク搭載、FMラジオ対応】(ブラック)

 

おすすめ度*1

Zeelec SH3

ASIN

B07CZZNN8N

 小型の円筒形スピーカー。側面はラバーメッシュ、頂点部分は振動板という構造になっている。

 aptXには対応しない。通信性能は安定している。手に入れた個体は音飛び・遅延は一切なく、応答が良い。

 

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はUSBケーブル、AUXケーブル、マニュアル。

Zeelec SH3Zeelec SH3

 

【2】音質

 音質的には小型筐体であるにも関わらず、それを感じさせない解放感のあるパワフルサウンドが特徴。低域から高域まで篭もった感じがなく、歪みなく力強く響いてくる。5W出力スピーカードライバーを2つ搭載しているだけであるが、ワンルームなら普通にカヴァーできる豊かな音量を持っている。低価格の小型スピーカーにありがちな無理に噴き出す風切り感というものもなく、音に圧迫感を感じない。また他の機種ではドライバーの振動を本体でうまく処理できず、ガタガタと設置面を揺らしてしまい、音を歪ませてしまうものもあるが、このスピーカーは底面に安定感があり、設置面にしっかりと揺れずに自立する。

 もちろん小型なりの弱点も存在する。音圧感には小型スピーカーなりの限界を感じるし、繊細な表現の弦楽の曲を聴くと、音の伸びに少し歪んだ印象を受けるところがある。だがこれはもはや言いがかりだろう。他の多くの小型スピーカーがそれ以前に籠もった音や安定性に乏しい音しか出せない中で、十分な音量と立体感を持つ音を奏でるこの機種はそもそもステージが違う。とくにボーカルは明瞭で自然な高低感があって、なめらかだが、この音質を低価格で味わえるものは希少である。

 

[高音]:高域は開放的な突き抜けで、自然に伸びる(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:音の解像度には小型スピーカーなりの限界を感じることは確か。奥まる音はやや精彩を欠き、ボーカルやドラム音などの明確さに比べて不満を感じるかも知れない。しかしこれは逆に前面に出てくるボーカルやギター音、パーカッションの精彩が非常に自然に開放的に出てくる裏返しであり、音の「ガワ」が良すぎるという証拠でもある。弦楽ののびやかさに優れ、ピアノは若干高域がキンキンしやすいが全体として比較的自然な味わい、ギター音のなめらかなエッジ感の空間への広がりの良さは、この価格帯では最優秀クラス。

[低音]:小型スピーカーゆえ、低域の量感はそれなりでボワボワしやすいのは仕方がない。しかし厚みと深掘り感はかなり明瞭に感じられ、存在感はある(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:ボーカルの広がりがよく、奥行き感や高低は出やすく、立体感がある。解像度的には前面の音は明瞭で解放感があるが、奥行きを出す音は埋もれる感じになる(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムは爆発力と粘りは感じられる。重厚味にはやや乏しい。バシバシという感じで聞こえる。(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:甘味のある声色でつややかに出る。比較的女性ボーカル向きか。

 

【3】官能性

 やなぎなぎ「春擬き」は弦楽ののびやかさもよく、全体的に音に軽快な圧があり、勢いがある形で味わえる。とくにボーカルとギターはエッジ良く豊かに聞こえる。

 下地紫野&悠木碧「Harvest Moon Night」はアコースティックな楽器音の味わいが比較的良好に聞こえる。弦楽は材質感をそれなりに感じさせる色合いがあり、ベースの深掘り感もしっかり感じられる。だが、何よりの魅力はデュエットボーカルの伸びやかで鮮明な声色。サビでは楽器の色づきとともにボーカルの甘い開放感を思う存分味わえる。

 高橋李依「小さな恋の歌」カバーバージョンは温もり感のあるふっくらした甘いボーカルを思う存分味わえる。比較的シンプルな構成の曲なので、ギターとドラムの軽快な表現も粗がなく味わいやすい。サビでの開放感はかなり聴き応えがある。

  澤野弘之「Binary Star」も立体感が良く出る。ボーカルもふっくらした甘味を残しつつよく伸びる。中高域での弦楽とピアノの立体感のある精彩に比べると、ドラムはやや重厚感に乏しく単調に聞こえるバランスではあるが、十分に迫力を感じさせる。

 

【4】総評

 個人的には低価格の小型ポータブルスピーカーでは文句なくおすすめ。小型筐体とは思えないパワフルさと解放感のある音を出し、クラブサウンドを中心に大抵の曲は価格帯水準以上の満足度を得られやすい。音質としてはアコースティックなピアノなどはやや技巧に欠け、どちらかといえば電子的な音が得意なようだが、そもそもこのクラスの小型スピーカーに繊細な表現を求めるのは難しいところ。小型スピーカーの枠内で見れば、弦楽やピアノは高低や音の広がりはしっかりしており、優秀なレベルだ。

 スピーカーから360°一様に空間に音が広がるので、テーブルに置くようなインテリアスピーカーとしてもおすすめ。ワンルームなら十分にカヴァーする精彩のある音を奏でる。IPX6と防水性能も高くレジャーのお供にも問題なく使えるため、汎用性も高く、風呂場から居間・個室での利用、海水浴までどんなところでも活躍する。

Zeelec SH3

 

【5】このスピーカー向きの曲

 小型としてはかなりの量感。キレの良い元気な音楽表現はこのスピーカーの得意分野。声優系のつややかなボーカルのなめらかな突き抜けもきれいに出る。ゴチャゴチャしやすい曲だが、楽器とボーカルが絡まらない形で、一体感を持って聴かせてくる。低価格でここまでできるなら、素直にうまいと言える。

 

 なめらかな電子音はきれいに味わえる。ギターのエッジ感もよし。ドラムの軽快な弾みも耳に心地よい。何よりサビでの楽器の色づきの中で聞こえるボーカルの吹っ切れた突き抜け感が魅力のこの曲だが、それを楽器に埋もれさせず開放的にきれいに聴かせてくれる小型スピーカーはそうそうない。

 

 エレクトリックJAZZのこの曲もなめらかな電子音の滑り出しと広がりが良く、きれいに楽しめる。こうした曲を粗なくスマートに広がりを持って聴かせてくれるので、リビングや店舗のムードミュージックを流すによく向きそうだ。

 

 情報量の多いこの曲だが、背景音がやや埋もれがちなところ以外はほとんど文句なくスタイリッシュに聴かせてくれる。最大の魅力は、サビで楽器に埋もれず、まっすぐなめらかにのびて突き抜けてくるボーカル。イヤホンや小型スピーカーでは尖って聞こえやすいところだが、最後まで甘味を感じるつややかさが維持されており、非常に中毒的。曲調を支配しやすいデジタルドラムの鳴り方は若干ウェット気味だが弾みは良く軽快なズタッという音で味は明るい。このほかにも「星屑のインターリュード」「Applic(E)ition」などfhánaの曲とは相性が良く感じられた。

 

 この曲は一定以上の分解能とドライバー出力がないとうるさいだけの曲。さすがに冒頭の電子音洪水地帯は少しつらそうなところが見られるが、このスピーカーはよく切り抜けてくれる。小型スピーカーでこの曲を楽しむなら、このスピーカーくらいしか選択肢がない。

 

 音になめらかさがあり、低域も空間への広がりが良い。かなりボーカルの変化に富んだ勢いのある曲だが、しなやかに聴かせてくれる。高域の突き抜けも良い。

 

Bluetooth スピーカー Zeelec SH3 ワイヤレススピーカー 2 * 5W デュアルドライバー IPX6防水 Bluetooth 4.2 12時間連続再生【USBポート、内蔵マイク搭載、FMラジオ対応】(ブラック)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。