audio-sound @ hatena

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ハイレゾ対応イヤホン final F3100(FI-F3BAL) レビュー】全ては美しい高域のために。真・善・美を体現するかのような中高域は正義

final(ファイナル) F3100 【FI-F3BAL】 超小型フルレンジバランスドアーマチュアドライバー搭載 世界最小クラスイヤホン

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170422112655j:plain

ASIN

B01IUSLNQS

 美しい中高域の表現に個人的に注目しているfinalオーディオの小型カナルイヤホン。目立たないほど小型なデザインながら、装着感・装着性も良好。付け心地は悪くない。遮音性はそこそこあるが、音漏れは若干目立つ。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、携行ケース。ケーブルのタッチノイズはほとんどない。

 

 

【2】音質

 非常に鮮烈かつ繊細なバランスドアーマチュアの極致を目指すような高域表現が魅力。曲によってはどうしてもかすかにシャリシャリしてしまうところがあるものの、全体としてのびやかで豊か、色合いもあって透明感もほどよい、まさに芳醇な清酒を思わせる澄み渡り香り立つ高域がこのイヤホンの一番の美点だ。中域も精緻さがあって、空間表現も悪くなく、とにかく上方向に開放的な爽やかでのびやかな音楽表現は妙なる天上を目指しているかのようだ。一方で低域はやや弱い。

 

[高音]:高域は場合によってバランスドアーマチュアにありがちなシャリシャリする傾向がどうしてもでてしまう場面があるものの、全体としてのびやかで豊かな色合いを持っており、良質(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:精緻。それでいてなめらかで立ち上がりも良く、消失感もきれいでシャギーな感じはない。

[低音]:やや弱め。ぼーっとした音。減衰は素直(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:足場はやや上にあり腰高な印象。深さはそれほどでもないが、高さは良好で、上に向けて開放的(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムはかなり弾力が強く、上方向にはねかえす印象(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:息遣いも生々しい。のびやかさも良好だが、高域ではかすかにシャリシャリしてしまうところは気になる人もいるかも知れない。全体として明るくキラキラしかも元気で、澄み渡るという表現が合う。

 

【3】官能性

 petit milady「azurite」は飛翔感はなかなか。高域はややシャリシャリするものの、抜けが良く効果音が緻密に出る。ドラムの弾みも軽快で、全体的に明るく快活。

 YUI「Laugh away」は中域に密度感があり、精彩かつなめらか。ドラムは弾みよく軽快で、ボーカルもハキハキしていて息遣いも丁寧、元気で明るい。とくにサビでの盛り上がりはなかなかに中毒的で、高さと伸びたかさが素直に出て天空に向かって突き抜けていく爽快感がある。

 奥華子「桜並木」はまずボーカルの息遣いの生々しさとほどよく厚みがあって艶のある女性的な豊かさが感じられる。中域はほどよく広め、かつ精緻で引き締まった情感を与えてくれ、ダレる感じがない。全体的にややデジタル的な輪郭と音像のはっきりした鳴り方だと思うが、繊細でたおやか。

 戸松遙「ユメセカイ」は息遣いも良好。音の立ち上がりも良く、リズムも軽快。サビに向けて加わっていく楽器音の色づき具合も芳醇で、ボーカルの伸びやかさも絶品の部類だろう。

 

【4】総評

 高域の美しさは絶品級で、ここにこだわりを持つ人は価格帯におけるベストバイ候補。バランスドアーマチュア独特の精密感をどう評価するかにかかってくるだろう。とにかく高域の中毒性は本物で、ハマると抜け出せなくなり、このイヤホン以外を受け付けなくなるほど。

 

 

 

【5】このイヤホン向きの曲

 出足の情緒的なボーカル表現からのドラム展開が秀逸。しっとりした導入を、次の瞬間にはしっかり引き締めながら、軽快な疾走へとつなげていく一連の流れはなかなかに中毒的だ。音の重なりもうまく処理してガチャガチャせず、全体的にタイトかつ精緻。

 

  このイヤホンの高域の中毒性を味わうならこの曲。サビではその突き抜けの美しさに昇天してしまう。

 

 このMVはやや音質が劣化されているようだが、それでも独特の空間的な効果音がきれいに出るし、立ち上がりの良さは思う存分味わえる。音源の問題かサビの密度感と充実感はいまいちこのMVでは出にくいが、CD音源以上で聞けば格別なその表現力を味わえるはず。きらびやかに上昇していく音場をドラムがしっかり着地させる、サビ前後の展開の高低の中毒性は絶品。

 

 色づく高域を楽しめる曲。ほかのイヤホンでは若干単調に聞こえがちなところのある曲だが、このイヤホンならば潰れやすい音を精緻に描き分けてくれる。

 

final(ファイナル) F3100 【FI-F3BAL】 超小型フルレンジバランスドアーマチュアドライバー搭載 世界最小クラスイヤホン

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。