audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

ハイレゾ

【高級イヤホン試聴レビュー MEZE AUDIO RAI PENTA】厚みと見通し感。透明感と充実感。相反する個性の融合[KANN CUBEで聴く高級オーディオ]

記事内でも書いたが、標準イヤーピースでは当初は低域の厚みが感じられず、高域の明瞭感の高さだけが味わえる感じで、カリカリした硬い感じのクールイヤホンに思えた。しかし、イヤーピースを試聴テストのレファレンスであるスパイラルドット++に変えた途端…

【高級イヤホン試聴レビュー ULTRASONE SAPHIRE】パワフルで太い音が広い音場に林立する万能系イヤホン[KANN CUBEで聴く高級オーディオ]

輪郭もしっかりした太い音が、奥行きと広さを持って配置されて聞こえるため、かなり没入感は高い。音の色味にかなりの濃さがあるにも関わらず、見通し感も良く、低域でもクリアに重低音まで聞こえる感じがあって、音楽の隅々までまるっと聴かせてくれる感覚…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー Hiby R6 PRO レビュー】Android系DAPでアプリ対応が良い。音質は見通し感と厚みのバランスが良く、すっきりしつつも風味がある万能系。おすすめ

世間の評判があまり良い感じに思えなかったんで、結構後回しにして慎重に選んだんですけど、使い勝手は想像以上で、個人的にはFiiO系よりよほど使いやすいです。確かに最初に述べたように問題点の指摘が多い機種で、それが適切な批判であるかは別にして、人…

【高級イヤホン試聴レビュー audio-technica ATH-CK2000ti】根立ちのよい太い幹のある音を鳴らすイヤホン[KANN CUBEで聴く高級オーディオ]

中域の濃い太い音に魅力が感じられる。濃厚で充実感のある太い音がしっかりと音楽を奏で、輪郭も良い。その中域を支える低域も、ゆったりとした広さを持っており、豊か。とにかく音の厚く、くっきりした根立ちのよいところが味わい深い。JAZZやロック、ポッ…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー Cayin N6II レビュー】完全ワイヤレス&サブスクリプション時代到来の現代のオーディオファンのための最強DAP降臨!女声ボーカル最強伝説。おすすめ

完全Androidで遊べるっていうのが私には一番の魅力になっている機種です。もちろん音質的にも非常にツヤがあって奥深い風味のある音を出すので、女声ボーカルはかなり聴き応えを感じます。オーディオマザーボード交換でどれだけ音が変わるかはこれからですが…

【高級イヤホン試聴レビュー Klipsch X20i】百合のような優美なフォルムに、豊かで優雅な音を備える。どんな音楽も麗しく聴かせるクリプシュサウンドの極致[KANN CUBEで聴く高級オーディオ]

クリプシュの音がどうして好きなのかっていうと、やっぱり音が柔らかい感じなのにボンヤリしてないってところに尽きると思います。個々の音のディテールや手がかりをあまり強調せずに全体としてゆるやかな感じで温かみを加えて聴かせてくれるので、音にしっ…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー Astell&Kern KANN CUBE レビュー】低域のドライブ感が最高。中高域は意外とすっきりしていて、見通しよくニュートラルで強調感がなく自然で淡泊。

驚異的なS/N比なんかも含めて、どんなイヤホン、ヘッドホンでもパワフルに味付け少なめに正確な音味を歪みなく聴かせてくれる性能を備えているっていうのがこの機種の利点です。低域のドライブ感以外はイヤホン/ヘッドホンを鳴らしきることに徹しているので…

【カナル型イヤホン BGVP DMS レビュー】2万円以下で1DD+6BA。深掘りされて地熱を出す低域、豊かな中高域で女声ボーカル周りに高い充実感を出す。パノラマなサウンドステージにも注目。おすすめ

音漏れは結構ダイレクトに漏れるので、通通勤ラッシュ時の電車で使うのは厳しいです。音質は中域ごとボーカルを持ち上げて豊かに聴かせてくれる上、低域も深いところを重視した中域の味を損ねないサウンドになっているので、とにかく情感の篭もったしっとり…

【ハイレゾ対応イヤホン JVC HA-FD01[ステンレスノズル] レビュー】金物のソリッド感とエッジに優れたキラキラすっきりサウンド。硬質だが繊細さに優れる。おすすめ

ステンレスノズルはとにかく金物の精彩が素晴らしい。同じように金物を強調するチタンノズルと比べてカチカチした感じがなく、さわやかな後味があるのが特徴。ノズルの中では一番明るめの色彩になることもあり、シンセなどの光沢にもツヤツヤ感がきれいに出…

【ハイレゾ対応イヤホン SIMGOT EM2 レビュー】三國志ファンなら思わず手に取ってしまう!躍動的な低域と浮揚感のある優美な女声ボーカルを持つ。おすすめ

1万円台前半というかなり廉価な価格設定で、よくここまで作り込んできたなという機種。個人的にはIKKO OH1と同じく、粒ぞろいのこの価格帯では出色の存在で、かなりの魅力を感じる。まあ私は元低域ジャンキーだから、低域につい目が向きがちなので、低域のデ…

【カナル型イヤホン IKKO OH1 レビュー】メリハリのある音響は2万円以内随一。パワフルな低域に、シルキーなシンバルとツヤツヤボーカルを持つ機種。おすすめ

2万円以下で買える機種としては個人的には傑作機と思える。音質も素晴らしいが、ビルドクオリティも高くて見た目もかっこよく、非常に質が高い。とくに低域の完成度は曲によってヘッドホンレベルのリアリティを感じ、価格帯随一に近いだろう。高域は比較的す…

【ハイレゾ対応イヤホン Panasonic RP-HDE3 レビュー】中域でクリア感の高いつややかサウンドが聴ける。現状ではRP-HDE1よりコスパが良い

RP-HDE1のほうが新しい機種になるため、価格が落ち着いていないのか、RP-HDE3より高い値段設定で売られていることが多い。装着感は異なるので、単純に3が上位で1が下位というわけではないかもしれないが、音質の充実度はRP-HDE3の方が若干優れている印象に感…

【ハイレゾ対応イヤホン FiiO FH1 レビュー】自然と中域、ボーカルに焦点の合う良バランス機。女性ボーカルはややハスキーになるが、詳細に聞こえる。ロックのリスニング向けにおすすめ

自然に中域とボーカルが楽しめる、難解さのない音響構造が非常に好ましいです。緻密なのにしっかり的を絞っているから、変に集中力を要求しないし、かき乱されることもなく、大抵の曲でいいとこ取りさせてくれるイヤホン。付属品も妙に豪華だし、なんかすっ…

【ハイレゾ対応イヤホン Panasonic RP-HDE1 レビュー】あまり評判を聞かない機種だが……何これコスパ良くない?中域が非常にクリア。おすすめ

一時期低価格帯ではどこがいいのかわからない、つまらないイヤホンばかり作ってた観のあるパナソニックだったけど、このRP-HDEシリーズ出し始めたあたりから急に面白くて音質の良い製品を出し始めるようになった。このRP-HDE1は4000円以下の廉価な価格なのに…

【ハイレゾ対応イヤホン audio-technica ATH-CKS770X レビュー】オーテクの野郎、やりやがった!770番台は音質はガラリと変わり、ソリッド感重視のガツンとくる音になった。これはSOLID BASS史上最強のコスパ機になるかもしれない!

装着感とタッチノイズだけ人を選ぶところがあるが、ATH-CKS770Xはこの価格帯では、一度は聞いて欲しいイヤホンだ。オーテクの野郎、まじでやりやがったわ!

【ハイレゾ対応イヤホン final E5000 レビュー】広い音場に濃厚で深みのある音が響く!薫る深煎りのムード感を出すアコースティック向きイヤホンの新定番。おすすめ

このイヤホンは基本的にピアノ・弦楽・管楽中心で組み立てられたアコースティックなサウンドに強い印象。エレクトロ系のデジタルサウンドは発色や輪郭感が良くないところがあって、少し緻密感に劣って聞こえる。やはり得意ジャンルはバラードとか、R&Bとか、…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー ONKYO DP-X1A レビュー】ONKYO屈指の名DAP。GRANBEATに比べると低域の黒みがしっかり出て、コントラスト感が増している。この価格帯ではたしかな厚みのある音のディテールとパワフルさが感じられるのが魅力。

ONKYO GRANBEATとBang & Olufsen E8 2.0のコンビネーションがかなり気に入ったので、いろんなところで見せびらかしながら「DP-X1Aも興味出てきたんですけど、高くなっちゃいましたよねー」って話をしてたら、とある店で「DP-X1Aの状態の良い完品中古品が手に…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー ONKYO GRANBEAT DP-CMX1 レビュー】いろいろ不満はあるけど、5万円台で最高の「遊び心」があるDAP。スマホなのでMV動画も楽しめる

今回は個人的に5万円台ではSONY NW-ZX300と並んで最強クラスと評価できるデジタルオーディオプレーヤー(DAP)、ONKYO GRANBEAT DP-CMX1を紹介します。この1ヶ月かなり使い込み、最近は一番のお気に入りDAPの地位を不動にしているといっても過言ではない機種…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー SONY NW-A55/LLS 『ラブライブ!サンシャイン!!』Edition レビュー】なんだかんだ言って使い勝手と音質のバランスが良く、最高にコスパが良いのはNW-A50シリーズだ。だから2台目も買っちゃったぞ

私は普段、店頭試聴はマイイヤホンと聞き比べる感じでやっています。ただDAPの音味の違いが出てしまうところだけが最近気になってきてて、同じDAPが2台あると試聴はかどるだろなーって思ってたんですよね。そしたらちょうどいいくらいにNW-A55がラブライブと…

【ハイレゾ対応イヤホン ZERO AUDIO ZIRCO NERO レビュー】黒い重厚感で攻めるロックなイヤホン。MMCXコネクタの独自仕様は面白いかもしれないが、不満も多いかも?

最近のZERO AUDIOは以前よりチューニングを重厚感に振っているのか、かなり正統派のロックサウンドを奏でるイヤホンを出している印象だけど、その筆頭格に当たるかも知れない機種。ロックらしいロックを楽しめる男のイヤホンって感じ。逆に言うと、今までの…

【ハイレゾ対応ヒアスルー搭載イヤホン SONY IER-NW500N レビュー】NW-A50シリーズとの相性は抜群!ヒアスルーが便利すぎる。音質的にはやや低域に寄ったゆったりめのサウンド

ヒアスルーが便利で、NW-Aシリーズを持っている人にはそれだけでおすすめできるが、音質も一見優れている印象がしないが、実は広い音場感覚を持ち、意外と悪くない。地味に使い勝手の良いイヤホンである。用途も限定されているせいか、あまり安売りされない…

【カナル型イヤホン BGVP DMG レビュー】KnowlesのBAドライバーを無調整でぶっ込んだ感じの高域が異様に目立つ、独特のマニエリスム的音響は構図的には違和感を感じるが、幻想的で優美ではある。ノズルシステムは魅力に乏しく、危険性も高いので注意。

正直このイヤホンには困りました。音響表現は中華製多ドラにありがちな、調整不足で情緒不安定なところがあり、音場表現に不自然なところが多く、音を聴いていると何かと気持ち悪いところが多いので、個人的にはああまり好きな機種じゃないのですが、一方で…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー SONY NW-A55HN Disney FANTASIA コラボモデル レビュー】なんだかんだ言って使い勝手と音質のバランスが良く、最高にコスパが良いのはNW-A50シリーズだ。

優れたSONY製DAPの中で現状最もコスパが良く、万人向きで満足できるのがNW-A55です。バランス接続に興味があるし、オーディオにお金をかけても構わないという人はNW-ZX300に進むべきですが、音質以外はNW-A55に劣ります。

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー SONY NW-ZX300 レビュー】ミドルレンジ帯最高の使い勝手を誇る高コスパ機。細かな弱点もあるが、連続再生時間はライバルを圧倒する。

SONY製のミドルレンジDAPがNW-ZX300です。SONY製DAPはほかのメーカーと比べても材質感に凝ったところがあって高級に見えるのが好きなところです。そして世界で一番売れているシリーズだけあって、ウォークマンの使い勝手の安定感の高さはなんだかんだいって…

【ハイレゾ対応デジタルオーディオプレーヤー Astell & Kern A&norma SR15 ウマ娘 プリティーダービー Special Edition レビュー】音はなめらかで解像度良好。コスパはかなり悪いので、よほど好きじゃなければ買わない方が良いかな。

正直告白しますと、今年一番やっちまった買い物がこれ。これに比べりゃ勉強代だとか言ってBOSE製品買いまくったのとか、前評判の割に大して音に感心もしなかったSENNHEISER MOMENTUM True Wirelessを買ったのとかは些事に過ぎません。BOSE製品は満足ですが、…

【ハイレゾ対応イヤホン JVC HA-FX1100 レビュー】すでに生産終了でいつまで出回るかはわからないが、現状コスパ最強。優れた重厚感と広く調和的な空間表現。熱くソウルフルに叙情を歌うが、耳当たりよく聴き疲れしない音質。つまるところほぼ敵なし

正直このイヤホンの音質に不満はほとんどなくて、現状大満足しているが、それでも個人的にあまりよくないかなと思う曲から紹介すると、たとえば放課後ティータイム「Go Go Maniac」。この曲はかなり激しいスピード感があるので、より個々の音にシャープなエ…

【ハイレゾ対応イヤホン Radius Ne HP-DHR01R レビュー】音味はドライでシック。中低域に厚みを感じる。ボーカルをしっかり浮かび上がらせる

中低域に寄せた音質で厚みを感じさせる。音味はキラ味が少なく、ドライでビターな味となっているが、ボーカルの分離感は良いので、暗すぎない。華やかなアニソン相手だと少し輝きや透明感が足りない印象ではあるが、ロックには向いたコントラスト感だ。JAZZ…

【ハイレゾ対応イヤホン Radius Ne HP-HHR11R レビュー】中低域はRadiusらしい色味を抑えた重厚味を出している。高域はやや分離して高く華やかさを出す

比較的中低域に寄せた印象で、Radiusらしい重厚感がある。このメーカーの音が好きな人なら比較的無難な選択肢。同じシリーズのHP-DHR01Rはもう少し音味がドライでビターなロック味のある味になっているので、こちらのほうが万能に楽しめるところがある。

【ハイレゾ対応カスタムイヤホン RHA T20 レビュー】渾身のカスタムモデル!鮮烈で金属的な音を奏でる緻密で硬派な表現力。

フィルターで音質を調整できるというギミックはガジェット的にも面白く、コレクション品としての魅力もある。低域フィルタは某レビューサイトで「健康を害する」と言われるほどで、低域ジャンキーも注目。おすすめ。 RHAのハイエンド機種だが、コスパに優れ…

【ハイレゾ対応ヘッドホン 1more H1707 レビュー】清潔感のある高域とかなり持ち上げられる低音。ドンシャリの王道を行く。コスパは良い

3ドライバー搭載のモデルで、音質的には清潔感のある高域とかなり目立つ低域音が特徴。低域音は前面にでやすく思うが、ブーミーにのしかかってくる感じではなく、比較的タイトさのある音で、個人的には好み。低域は出始めにはやや音が荒れた感じでブーミーな…