audio-sound @ hatena

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

【ハイレゾ対応イヤホン 茶楽音人 Co-Donguri-雫 レビュー】アタック感とややシャープさのある高域、厚みの感じられる低域と余念が無いコスパ良好イヤホン

茶楽音人 Co-Donguri-雫

茶楽音人(さらうんど) カナル型イヤホン Co-Donguri-雫 (Smoky Gold)

 

おすすめ度*1

茶楽音人 Co-Donguri-雫

ASIN

B01G4ZKUZE

  独特の愛らしいデザインが特徴的な茶楽音人の低価格モデル。このメーカーのメイン価格帯は一段上でエントリークラスのメーカーではなかったが、ここにきて手を出しやすい価格帯で茶楽音人の音質を楽しめるのは素晴らしい。装着感もシュア掛け向きで、しなやかなケーブルは取り回しが良い。遮音性はそこそこだが、音漏れは平均よりはやや目立つか。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替えが付属する。ケーブルのタッチノイズはほとんどない。

 

茶楽音人 Co-Donguri-雫茶楽音人 Co-Donguri-雫

 

【2】音質

 音質はほどよい繊細さと迫力が同居した質の良いバランス。高域はやや精彩強く、透明感強めに出て、アタック感もあり、若干刺さりやすい。低域は厚みをしっかり作って下方向から音場を全体的に支えてくれる。空間表現もほどよく広く、バランス感覚はなかなかに優れているので、大抵の曲をそつなくこなしてくれる。

 

[高音]:ややシャープで鮮明さもあり抜けも良い。場合によって刺さる場面も目立つ(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:鮮明度は高めで密度もあり充実した中域は良質に思われる。

[低音]:中高域を邪魔せず、下から支える低音は個人的には好み。タイトさもほどよくあって音場全体をしっかり引き締めてくれるところもあり、だらけない(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:上方向にも下方向にもほどよく広く、定位感も十分にある。

[パーカッション・リズム]:ドラムは躍動感もあり、軽快な表現もしっかりこなす。ハイハットの表現も繊細で疾走感は比較的出やすく、どちらかといえば明るく元気なパーカッション表現(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:透明感があり、息遣いなどはっきり感じられる鮮明さもあって、高低もシームレス。とくに高域ののびやかさはなかなかに綺麗だが、曲によっては刺さりやすいところもある。

 

【3】官能性

 SPYAIR「My World」は重くなりすぎずキレのよさがあり、軽快さを失わないパーカッションやベースのリズム感、声色を丁寧に表現するボーカル、ほどよく広い空間表現と価格帯では標準以上の表現力を感じる。

 池田綾子「雲形定規」は強く出過ぎないが、空間へ重みをしっかり加えて存在感を失わないドラム、のびやかなボーカル表現の高く突き抜ける感じ、色づき具合のよいキーボードと全体的にキラキラしたこの曲のイメージをよく表現している。

 SUEMITSU & THE SUEMITH「Sunday's Sun」は鮮明な表現力が影響して、ややシャギーさが目立ち、音の重なりがややうるさげに感じられてしまうところはある。一方でピアノの精彩感やパーカッションの細やかさに精緻な表現力があり、変化に富むこの曲の勢いをうまく表現しているところは良質。

 

【4】総評

 抜けが良く透明感もあって味わい深い中高域、とくに女性ボーカルの曲などには細かな息遣いの生々しさとキラキラ感も出て妙味がある。低域はおとなしめではあるが、良質で利きが良く、存在感がある。ハイレゾ対応という点もコスパを高めている。この価格帯は近年コスパ良好のモデルが多数登場している。一昔前激戦区であった10000円以上の価格帯で活躍したメーカーがさらに絞りこんでエッセンスを凝縮した良質なモデルが次々登場しており、加えてハイレゾ対応している機種も多く、勢力図が大きく変わっているが、このCo-Donguri-雫もそんな台風の目となっているモデルの一つだ。

 

 茶楽音人 Co-Donguri-雫

 

【5】このイヤホン向きの曲

 イヤホンによっては単調になりやすいというか、くどい方向でまとまりすぎて食傷気味になりやすい曲だが、このイヤホンではボーカルに勢いがあり、パーカッションもキレがうまく出るのでかなり楽しめる。

 

 支配的になりすぎず素直に上昇力を加える低域と飛翔していく中高域の充実感を味わうならこの曲。

 

  この曲も勢いがうまく出て、充実感もあり楽しめる。微細な変化に富んだ楽器表現がよく表現されるので中毒性がうまく出ている。

 

  重くなりすぎず、元気を与えてくれる明るめの低域、息遣いも聞こえる鮮明で甘酸っぱいボーカルがうまく出る。

 

茶楽音人(さらうんど) カナル型イヤホン Co-Donguri-雫 (Smoky Gold)

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。