audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【ハイレゾ対応カスタムイヤホン RHA T20 レビュー】渾身のカスタムモデル!鮮烈で金属的な音を奏でる緻密で硬派な表現力。

RHA T20

RHA T20 ハイエンドイヤホン カナル型/ハイレゾ対応 /Complyイヤーチップ付属/3年保証 270917【国内正規品】

 

おすすめ度*1

RHA T20

ASIN

B011KULTU8

 シュア掛けスタイルのイヤホン。ハウジングは少し大きいので場合によって耳に干渉するかも知れない。遮音性はそこそこ。音漏れは少し目立つかも知れない。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はRHAらしいかなりの数のイヤーピースの替え、携行ポーチ、交換フィルター。ドライバーのフィルターを交換することで音質特性を変更できる。

【各フィルタの特性】

  1. レファレンス…調整なし
  2. ベース…高音を抑え、低域のパンチ感が増す
  3. トレブル…低域はかなり減少し、高域の煌めき感が増す

RHA T20RHA T20

【2】音質

 このイヤホンには3つのタイプのドライバーフィルター(レファレンス/トレブル/ベース)が付属しており、それによって音質が変化する。ここではレファレンスフィルターでテストした。

 音質的には全体的に硬質なソリッド感のある音だが、ウォームな色合いもあり、冷たく感じない。低域はタイトな方向で出る。パンチ力も感じられる。ベースフィルターは明らかに低域に過剰感が出てしまう印象。低域ジャンキーにとっては素晴らしいパンチ力のある低域を奏でてくれるが、多くの人にとっては不快なほどかも知れない。

 中域は広く開放的で、鮮烈といえるほどの色味の豊かな楽器音を味わうことが出来る。高域は明瞭さと繊細な表現力で際立っている。弦楽は高域に向けてのびやかで躍動感があり、楽器音の高域への突き抜け感は良好。ボーカルはやや前に出ているが、前にはっきり分離させるバランスではなく、曲によっては楽器に埋もれる場面もある。

 

[高音]:突き抜け感は出やすい。明るく鮮明(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:広く、緻密。やや奥行き感を感じさせる定位感がある。とにかく個々の音の分離感を感じさせ繊細に描き分ける。丸みを感じる。

[低音]:タイトではっきりした振動を感じ、パンチ力を感じやすい(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:広めの空間表現。緻密な音楽表現で奥行き感を感じさせてくれる(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)

[パーカッション・リズム]:ドラムはタイトで躍動的。シンバルは落ち着いている印象(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)

[ボーカル傾向]:前にやや出ているが、出過ぎない。場合によって楽器に埋もれる傾向にある。

 

【3】官能性

 山崎あおい「君のいない夏なんて嫌いだ」は鮮烈な色合いで明るいつま弾きと暖色感のあるボーカルとの一体感が感じられる。弦楽の空間的な広さとタイトで躍動的なドラムスも音楽を盛り上げる。

 fhána「Appl(E)ication」も鮮明な透明感を感じさせながら、自然な丸みのある表右舷で耳に優しく、楽しめる。タイトで弾みの良い低域も心地よい。ボーカルもすっと天空に伸びていく。

 petit milady「LOVE demonstration」はボカロ風のボーカル表現と電子音の嵐ともいえる密度のあるデジタルサウンド表現が持ち味の曲。このイヤホンの表現するこの音楽は鮮明度は高く、空間的な緻密感も良く出て中毒的。

 Aimer「あなたに出会わなければ~夏雪冬花~」も緻密で奥行き感をしっかり味わえる。弦楽の音がエネルギッシュでボーカルを支えて曲をより鮮やかに感じさせてくれる。

 

【4】総評

 RHAのハイエンド機種だが、コスパに優れている。生産終了したので、そろそろ入手困難になるかもしれない。現状は底値付近で推移しており、ただでさえコスパの高かった機種がなお手に入れやすい価格になっている。各所で好評価を博している音質は本物。緻密なバランスドアーマチュアの鮮烈な音質表現を好むなら、選択肢に入れて後悔はない。

 フィルターで音質を調整できるというギミックはガジェット的にも面白く、コレクション品としての魅力もある。低域フィルタは某レビューサイトで「健康を害する」と言われるほどで、低域ジャンキーも注目。おすすめ。

RHA T20

 

【5】このイヤホン向きの曲

 躍動的なパーカッション表現が気持ちよい。ギターの色づきも良く、空間的にほどよい広さを味わえる。その広い空間にほどよく聞こえてくるボーカルが楽しい。

 

 鮮烈で温かみのある弦楽表現とボーカルののびやかな表現を味わうなら、この曲。このMVではカットされているが、後半は特に圧巻。

 

 ややドライな感じを受ける。アタック感のあるパーカッションとギターがガリガリと脳髄を削ってくる中に、まっすぐ伸び上がってくるボーカルが中毒的。

 

 空間的に広く包まれる感覚がある。ボーカルの変化に富んだ、自由な味わいを、鮮烈にそしてやや温もりのある形で、思う存分味わわせてくれる。明瞭なピアノ、タイトなベースも温かみがありながら、溶け込まないソリッドな緻密さを感じさせてくれる。

 

 立体感を味わうならこの曲も良い。ベースの利きが良く、重厚な低音をしっかり味わえる。サビでは上方向にのびていくボーカルが緻密で鮮烈な空間に展開される。

 

RHA T20 ハイエンドイヤホン カナル型/ハイレゾ対応 /Complyイヤーチップ付属/3年保証 270917【国内正規品】

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。