audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン FiiO FA9:それは厚みがある美しい音を奏でる

在庫処分コーナー:パソコン・プリンタ・液晶ディスプレイ・デジカメなど!デジタル家電・AV家電・季節家電が超特価!

FiiO FA9

FiiO FA9

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事 

hifigo.com

 

FiiO FA9:それは厚みがある美しい音を奏でる

 FiiOが同社のインイヤーモニター(IEM)における最新のフラッグシップ機種FiiO FA9を発表したのはちょうど先月のことでした。 FA9は、IEMのFiiO FAシリーズのフラッグシップモデルです。FiiO FA9はクワッドバランスドアーマチュアドライバー構成を搭載したFiiO FA7のアップグレードとして登場します。最新のモデルは、3Dプリントされた肌にやさしいレジンシェルを備えた、両側に6基のKnowles製バランスドアーマチュアドライバーユニットを備えています。 イヤーシェルは、80.6mmの長いサウンドチューブ(音導管)を備えており、ドライバーからの出力をイヤーノズルに運び、マルチドライバーによる歪みのない鮮明なサウンド出力を提供します。このIEMには、ユーザーが好みに応じてサウンド出力を調整するために使用できる3ウェイのチューニングスイッチが付属しています。この機能は以前のモデルにはありませんでした。

 価格は$599 で、詳細はこちらのページで確認できます。

 数日前にFiiO FA9のサンプルユニットを入手しました。このたび、開封時のインプレッションをご報告し、簡単なレビューも提供致します。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/2_bd0728a0-a319-4aed-b820-5488bd8b9d10_1024x1024.jpg?v=1588775111

 

FiiOについて

 FiiOを知らない人はいますか?中国で最も有名なオーディオ機器ブランドの1つです。 このブランドはすべての価格帯であらゆる種類のオーディオ製品の製造を専門としています。DAP、デスクトップDAC / AMP、ポータブルDAC / AMPなどを製造しています。 このブランドの製品は世界中のオーディオファンから高く評価されています。そのフラッグシップDAP FiiO M15は、現在市場で手に入れることのできる最高のDAPの1つです。 私たちHiFiGOへのこちらのリンクでより多くのFiiO製品をチェックできます。

 

パッケージと付属品

 FiiO FA9には、ブランドのFiiO M15フラッグシップDAPと同様の豪華なパッケージがあります。 FA9はIEMのフラグシップペアであり、多くのアクセサリーが付属しています。 HB3レザーキャリーケース、3つのカスタムスピンフィットイヤーチップ、2組のフォームチップ、1組のダブルフランジチップ、9組のシリコンチップを含む15組のイヤーチップがあり、付属のイヤーチップはどれも非常に高品質で、美しいフォームカットのケーシングによって提示されます。これは、以前のFA7のイヤーチップパッケージに似ています。パッケージには、金メッキ3.5 mmエンドプラグとMMCXコネクタを備えた高品質のプレミアム8ストランド(編み込み)単結晶銀メッキ銅ケーブルがあります。またクリーニングブラシも付属しており、反対側の端にはマイナスドライバタイプのプラグが付いているので、ユーザーはこれを使ってチューニングスイッチを簡単に調整することができます パッケージは非常に上品でエレガントな仕上がりになっており、アクセサリーも豊富で、パッケージ全体の高級感を高めています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/9_052a4c97-63dc-4ef1-8401-502902a81c73_1024x1024.jpg?v=1588775238

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/1_f4ee4bfe-15fa-4f2a-bc82-b5e8838e8281_1024x1024.jpg?v=1588775204

 

パッケージ内容
  1. FiiO FA9 IEM
  2. 8ストランドの単結晶銀メッキ銅ケーブル
  3. HB3レザーキャリーケース1個
  4. 3ペアのバランス型シリコンイヤーチップ
  5. 3ペアの低域重視型シリコンイヤーチップ
  6. 3ペアのボーカル重視型シリコンイヤーチップ
  7. 3ペアのSpinfitイヤーチップ
  8. 2ペアのフォームイヤーチップ
  9. 1ペアのダブルフランジシリコンイヤーチップ
  10. クリーニングブラシ

 

ビルドクオリティと装着感

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/5_77535475-e625-4635-8fb7-6c1e8ef1f416_1024x1024.jpg?v=1588775292

 

 FiiO FA9のビルドクオリティは、高精度の3Dプリントで掲載されたイヤーシェルを見ても非常に贅沢です。イヤーシェルは、キャビティ全体に隙間がなく、一体成型されています。それはイヤホンに高級な外観を追加するダイヤモンドカットデザインが施されたフェースプレートを持っています。ハウジングの内部空間は透明で、ドライバーの配置を確認できます。透明な内部空間を覗いてわかる魅力的な部分は、イヤホン内部のサウンドチューブ・チャンバー(音響管室)です。 FA9は80.6mmの大きなサウンドチューブ(音響管)を備えており、バランスドアーマチュアドライバーユニットからイヤーノズルに出力信号を送信します。イヤホン本体の背面にある3つのチューニングスイッチで制御される4つの周波数分割を持つ3ウェイサウンドチューブを備えています。これらのチューニングスイッチを使用してさまざまな設定を確認し、好みのサウンド出力を取得できます。セッティングを変更して顕著な違いがあるか試してみましたが、それについてはこの記事の次の節で解説します。下側には、金メッキされたMMCXコネクタポイントがあります。イヤピースは確かに美しく見え、ダイヤモンドカットのフェースプレートデザインでジュエリーのような外観になっています。パッケージに同梱されているケーブルにはクリスタルのような輝きがあります。銀メッキを施した純結晶銅の8編組があり、MMCXコネクタポイントの両方に赤と青のカラーマーカーがあり、左右のポイントを識別します。ケーブルには3.5mmのエンドプラグが付いています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/3_53635e30-94bc-4590-af03-443c3c6377d9_1024x1024.jpg?v=1588775339

 

 イヤホン本体は、人間工学に基づいた軽量設計の高精度3D印刷技術で作られています。 イヤホンは快適でしっかりとしたフィットを提供し、パッケージに含まれているMサイズのスピンフィットイヤーチップを使用しました。イヤホンは中庸なサイズ感で、耳の中にしっかりと収まり、外耳道を完全に覆い、優れた遮音性を提供します。

 

チューニングスイッチ

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/4_789af8c8-e095-4c73-b5e8-e468e6b3e6c7_1024x1024.jpg?v=1588775362

 

 両方のイヤホンの背面には、S1、S2、S3の3つのチューニングスイッチがあります。 チューニングスイッチは非常に小さいため、クリーニングブラシの背面にあるマイナスドライバプラグを使用して切り替える必要がありました。複数のチューニングオプションを試してみましたが、次の結果に気づきました。切り替えたチューニングは5%のサウンドチューニングの変化をもたらしたすという事実です。これは大きな違いではありません。

 

S1、S2、S3すべてのスイッチがオン

 出力は、驚くほどのディテールと深い低音で、それに対して鮮明な明快さを持っています。3つのスイッチすべてをオンにすると、出力はニュートラルでパワフルに感じられます。

 

S1オフ、S2、S3オン

 FiiO S1スイッチで確認したところ、最初は出力が鈍く感じられます。オンにすると、インピーダンスが低くなり、感度が高くなります。 スマートフォンでの出力している場合、ここでは本当に鈍く感じられますが、FiiO M11 Pro、FiiO M15、およびShanling M6 Proなどの強力なソースでは、出力は静寂な背景に鮮明なディテールを示してくれました。

 

S1、S2オフ、S3オン

 この設定でも、Shanling M6 Proを使用しています。この調整により、以前のチューニング設定に比べて中音域が少し前に出ます。 ここでも低音は少し深めでした。

 

3つすべてのスイッチをオフ

 出力は明瞭で詳細でした。 楽器のディテールはうまくバランスが取れていました。

 

S1オン、S2オフ、S3オン

 このチューニングの好みは私たちが最も気に入ったものであり、私たちの好みに適った、最良のバランスの出力があり、どのデジタルオーディオプレーヤー(DAP)やスマートフォンでも優れた出力が得られました。ボーカルは自然で前向きに、すっきりとした楽器のディテールとともに感じられました。低域の部分は良い打撃とビートを示しました。 このチューニングは、すべてのジャンルの音楽に適しているため、最初から最も頻繁に使用しました。

 私たちの意見では、チューニングスイッチにはさらに多くの可能性があることはわかっています。これにより、サウンド出力に小さな変更が加えられます。 それでは、次に「駆動力」のセクションに進みます。

 

FA9の駆動について

 このレビューには複数のソースを使用し、スマートフォンHuawei P30 ProでFA9をテストしました。 私たちが使用したDAPは、iBasso DX160、FiiO M11 Pro、FiiO M15、およびShanling M6 Proです。イヤホンは駆動が非常に簡単で、スマートフォンでも優れたディテールを表示しますが、高インピーダンスモード(S1をオフにする)を使用しているときは、DAPを優先しました。 イヤホンは非常にドライブしやすく、問題なく簡単に持ち運びできます。

 

音質

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/6_8f7e9402-5ee8-4fdc-8536-290668d2ea96_1024x1024.jpg?v=1588775402

 

 FiiO FA9の音質出力は豊かでエネルギッシュです。このIEMは、低域と中域の周波数でその強さを維持しています。高域と超高域もくっきりとしたディテールを示しますが、高音域は超高域でロールオフします。中域での驚くべき音響のディテールと相まって、ローエンドの美しく太いレスポンスが魅力的な体験をもたらします。ボイス・アベニューのカバーセッションのようなアコースティックソングは、空気感のあるギターノートとリードシンガーの声の美しいバランスを示します。サウンド出力は心地よいリラックス感があり、音量を上げても楽器やボーカルに耳障りな気配はありません。楽器音は自然な音色と調性を持ち、広い音場にさわやかな風通しの良い表現を備えています。IEMは鮮やかなイメージング機能を示しています。初めて耳に入れた瞬間に、FA9から出力される美しい心地よいサウンドに夢中になりました。私たちが試したソースのいずれでも、背景が静寂で、細部が美しく、抜きんでており、ヒスノイズはありません。

 

ローエンド/低域

 通常、バランスドアーマチュアドライバーのIEMはダイナミックドライバーに匹敵する低域を生成しませんが、このIEMではケースが完全に異なります。このイヤホンのKnowles製バランスドアーマチュアドライバーは正確に調整されており、深くて太い低域レスポンスを提供します。IEMは、フルボディのスラムとパワフルな打撃音を備えたローエンドのスナップディテールを生み出します。 低域は素早いスピードと減衰を示します。 重低域の部分は、あらゆるジャンルの音楽を引き立たせる、活気に満ちた鳴動を示しています。 低音部分はその領域によく含まれ、素晴らしい広がりを示しています。 他の周波数と重複することはありません。これは、イヤホンの長いサウンドチューブによって実現された調整だと思います。 EDMトラックと低音の多いトラックは、FiiO FA9で聴くと幸せな時間を過ごせます。

 

中域

 FiiO FA9は、豊かなボーカルと卓越した楽器のディテールを備えた美しく厚みのある中域を生み出します。ボーカルは柔らかくダイナミックで、自然な質感と音色が特徴です。中域下部は少し凹んでいるように感じますが、ボーカルを前に出すために中域上部に隆起があります。 アコースティックな楽器音は、風通しの良い美しい表現を示します。 ダミアン・ライスやヤオ・シー・ティングのようなアーティストの楽曲を聞くことはただただ魅惑的です。 中域の中央部分は非常に透明でアーティキュレーション(音の繋がりが良く旋律が明瞭であること)に満ちています。 ボーカルや中域に荒々しさやピーク感はなく、すべてが温かく心地よい響きです。

 

高域

 FiiO FA9は、バターのような滑らかな高域セクションを生成します。エネルギッシュでキラキラと聞こえます。高域は高域上部で減衰が早いように感じますが、IEMはかなり細かいディテールを生み出します。楽器は、ヴァイオリン、フルート、ドラムやシンバルなど、滑らかなディテールを備えた風通しの良い表現があり、疲労感や刺さりはありません。メタルやその他のヘビーな音楽ジャンルでは、ディテールのあるエネルギッシュなサウンドを聴かせてくれます。

 

音場

  FiiO FA9は、あらゆるジャンルの音楽に適していると感じられる、かなりの広大さを持つ音場を生成します。 それはそれほど広くはありませんが、私たちの音楽の美しい風通しの良い表現と鮮やかなイメージング機能を提供します。

 

総評

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/7_54f4c7cb-3958-4071-a376-96412af85317_1024x1024.jpg?v=1588775453

 

 FiiO FA9は、エネルギッシュで音楽的に聞こえるフラグシップIEMです。 豊かな重低音、自然なボーカル、風通しの良いディテールを備えたHi-Fi品質のサウンド出力を生成します。全体的なサウンドシグネチャは愉快で楽しいです。暖かく滑らかなサウンド出力により、ほぼすべてのジャンルの音楽に適しています。 このIEMには、3Dプリントされた肌にやさしいレジンシェルとダイヤモンドカットのフェースプレートの美しい外観を持っています。パッケージ全体は、高品質のアクセサリーで非常に贅沢でプレミアムに感じられます。イヤホンの価格は$599で、詳細はこちらのストアページで確認できます。

 

FiiO FA9

Fiio FA9

Pre-Order Fiio FA9 6 Balanced Armatures 3D Printing Flagship In-Ear Earphones IEMs

 

  • 元記事の公開日:2020/05/06
  • 著者:Candice Song

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com