audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOレビュー】中華イヤホン Tri-i3:美しいメタルボディ!!

Tri i3

Tri i3

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事

hifigo.com

 

Tri-i3:美しいメタルボディ!!

 中国のオーディオ業界は、新しい革新的なオーディオ製品を日々提供しています。 今日はそんな革新的なIEMの1つ、Tri i3について議論してみましょう。Tri i3は、1基の平面磁気ドライバー、1基の8mm複合ダイナミックドライバーユニット、そして1基のバランスドアーマチュアドライバーで構成される、両側に3基のハイブリッドドライバーセットアップを備えたハイブリッドドライバーインイヤーモニターです。 このイヤホンには、大きなCNCアルミニウム合金のハウジングがあり、外観が優れているだけでなく、堅くて頑丈です。 MMCXコネクタ付きの銅ケーブル、ベルベットのキャリーケースなど、さまざまなアクセサリがバンドルされています。

 イヤホンの価格は$169です。Trii3の詳細はこちらのストアページで確認できます。私たちHifigoには数日前にサンプルユニットが到着しました。今日は、パッケージの開封と簡単なレビューを皆さんにご報告したいと思います。


パッケージとアクセサリー

 Tri i3は、正面にTriブランドロゴが付いたシンプルな黒い段ボール箱に入っています。 そのボックスを開くと、上部のフォームカットアウトに収まっているIEMの美しいペアを直接見ることができます。下部には、茶色のベルベットのキャリーケースがあり、前面にTriブランドロゴが付いています。3.5mmエンドプラグ付きのMMCX銅ケーブルと、6組のシリコンイヤチップと1組のフォームイヤチップを含むその他のアクセサリが含まれています。付属品は良質で、贅沢な外観のイヤホンをさらに引き立たせてくれます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/1_e60d97b0-1add-4f6a-a694-afcf3609e4f2_1024x1024.jpg?v=1588332399

 

パッケージ内容
  • Tri i3 IEM
  • 3.5mmエンドプラグ付きのMMCX銅ケーブル
  • 3ペアのシリコンイヤーチップ(グレー)
  • 3ペアのシリコンイヤーチップ(ホワイト)
  • 1ペアのフォームイヤーチップ(ホワイト)
  • ベルベットのキャリーケース

 

ビルドクオリティ&装着感

 イヤホンのボディは、高品質のCNCアルミニウム合金素材で構成されています。見た目は美しく、強固で頑丈な感触を持っています。しかし、そのことによりサイズは少し大きくなってしまっており、ハウジングはIEMとしては大きめで、耳が小さい人には装着感の点で若干の問題が出るかもしれません。 我々は耳の大きさはミドルサイズだったので、それは私たちに快適でしっかりとしたフィット感を与えました。イヤホンは煌めいてジュエリーのように見えますが、金属合金であるため、指紋がつきやすいところがあります。イヤホンは耳の奥深くまで入り、外耳道を完全に密閉する長いイヤーノズルを備えており、良好な遮音性を提供します。オールメタルアロイ構造は確かにかなり見栄えがよく、イヤホンはリッチでプレミアムに見えます。ぴったりとフィットしますが、大きなイヤーシェルハウジングのため、耳が小さい人には適していません。

 

Tri i3の駆動に関して

 Tri i3には、平面磁気ドライバーが搭載されており、両側にそれを含むトリプルハイブリッドドライバーセットアップが構成されています。 経験上、平面駆動型ドライバーを正常動作させるには適度な駆動力を必要とします。今回は、Huawei P30 Pro、iBasso DX160、およびFiio M11 Proとペアを使用しました。Huawei P30 Proはペアに優れた可聴音量を提供しましたが、iBasso DX160とFiio M11 Proを使用すると、実用的なレベルに達します。平面駆動型ドライバーは、DX160とM11 Proで提供される追加の電力で驚くべきディテールを確かに再現するようになります。したがって、このIEMはスマートフォンで動作させることはできますが、音楽のディテールの大部分を引き出すには、適切なDAPまたは強力なソースを使用することをお勧めします。 また、このレビューを書く前に、約100時間ユニットをエイジングしたことを記載しておきます。

 

音質

 Tri i3はバランスのとれた自然なサウンド出力を生成します。 温かみのあるU字型のサウンドシグネチャーを持っています。その音は音楽的に聞こえ、グルーヴィーな低域を持ち、豊かなでみずみずしいボーカルを生み出します。Tri i3の出力は、のびやかな感じがします。楽器音は、きちんとしたディテールでパリッとした自然な音色を持っています。低域は素晴らしく、パンチの効いたディテールと鳴動が感じられます。ボーカルは豊かでディテール感があり、アコースティック楽器の表現に優れ、高域部分は十分に拡張され、詳細です。 ビートルズの「Abbey Road」のAlbumを聴くと本当に素晴らしいです。スピード感と迫力があり、豊かなボーカルを持ち、良好なディテールを再現します。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/3_ff346d9b-1625-4153-904f-825f574f3d1d_1024x1024.jpg?v=1588332435

 

低域/ベース

 Tri i3には8 mmコンポジットダイナミックドライバーがあり、ユーザーに深いパンチの効いた低域レスポンスを提供します。そして、それは最大限の精度と品質で仕事をします。ローエンドは非常に詳細であり、良好な切れ味のあるパンチを再現します。重低域の部分は非常に滑らかで、鳴動が豊かです。低域はその領域内で適切に制御され、中域に重なることはありません。Daft PunkによるEDMトラックを聴くと、そこにあるのは完璧な体験です。このイヤホンは、グルービーで明確な強烈なベースレスポンスを示します。

 

中域

 ペアは中域のレスポンス、ボーカル、そして楽器のディテールを見事に美しく表現します。平面駆動型ドライバーはおそらく中域を処理しており、ここで際立ったディテールを引き出します。ボーカルは透明で豊かで、自然な質感と色調を持っています。男性と女性の両方のボーカルともに、聴いていて楽しいです。ダミアン・ライスのようなアーティストの声を聞くのはとても魅力的です。中域に荒れやピーク感はなく、すべてがリラックスして滑らかに聞こえます。

 

高域

 高域部分は伸びが良く、ディティールもしっかりしています。Opeth、Death、Disturbed、Toolなどのメタルアーティストの曲を聴いてみたところ、このイヤホンは優れた楽器のディテールと優れた音色を示しました。ティナ・グオの曲でヴァイオリンを聴くのは、やはり心地よい経験です。マイクロディテールの再現には欠けますが、心地よいリラックスしたサウンドの特徴により、全体的な出力は楽しく、音楽的で、楽しげです。

 

音場

 Tri i3は広い3Dサウンドステージを提供します。 音場は風通しがよく、詳細に感じられます。それは、耳の中で私たちのためにくっきりとしたディテールを備えた楽器で満たされたスタジアム全体が個人的に演奏されているような感じです。Yosi Horikawaのバイノーラル・トラックを聴くと、周囲の音場表現を余すところなく感じることができます。

 

総評

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/2_c45ac5d4-baf4-440d-90d5-f0b3b5182829_1024x1024.jpg?v=1588332455

 

 Tri i3は非常に優れたサウンドを持つインイヤーモニターで、すばやく深いローエンド、自然で豊かなボーカル、スムーズな高域部分、巨大なサウンドステージ(音場)表現を備えています。このイヤホンには暖かくリラックスしたサウンドの特徴があります。それは、CNCアルミニウム合金のイヤーシェルを持ち、良好なビルドクオリティを持っています。大きなイヤーシェルデザインは耳が小さな人にとっては問題になるかもしれませんが、イヤホンに対してしっかりとしたフィット感が得られると、あらゆるジャンルの音楽に適したディテール感のある正確なサウンド出力を提供します。

 現在の価格は$169で、詳細についてはこちらのストアページで確認できます。

 

Tri i3

Tri i3

2020 TRI I3 Planar Magnetic+Composite 8MM Hybrid Driver In Ear Earphone

 

 

  • 元記事の公開日:2020/05/01
  • 著者:Candice Song

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


 

中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事