audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOアナウンス】SMSL M200 DACがリリースされました。最新のDAC環境です!!

SMSL M200

SMSL M200

 

 

 

※この記事はHiFiGOから許諾を頂いて翻訳したものです。著作権はHiFiGOにあります。

元記事 

hifigo.com

 

SMSL M200 DACがリリースされました。最新のDAC環境です!!

 SMSLは最新のMid-fiレベルのデスクトップDAC、SMSL M200をリリースしました。 ブランドにおいては「M」シリーズのデスクトップDACになります。Mシリーズには現在、市場に3つのモデルがあり、M100がエントリーレベル、M300 MKIIがミドルレンジ、M500がシリーズの最上位のデスクトップDACとなります。SMSL M200は、M100とM300 MKIIの間のギャップを埋める機種になります。これは、通常中価格帯〜高価格帯のDACやDAPで採用されている旭化成の高性能なDACチップAK4497EQを搭載しています。M200は、ネイティブで最大32bit/768 kHzのPCM、または最大DSD512のDSDをデコードできます。UAT、LDAC、AptX HDなどの高解像度コーデックをサポートするBluetooth V5.0ワイヤレス接続を備えています。このデバイスには、完全にバランスのとれたXLR出力ポートがあり、有機LEDディスプレイ、複数の組み込みフィルター、完全に機能するリモートコントロールなどの機能が搭載されています。

 SMSL M200の価格は$279.99で、こちらのストアページから注文できます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/1_9b301221-2e99-4047-ba60-92da5691fc67_1024x1024.jpg?v=1588493616

 

SMSLについて

 SMSLは中国発のオーディオ機器製造ブランドであり、デスクトップレベルのDAC / AMP機器を専門としています。世界中のオーディオファンから高い評価を得ている幅広い製品を取り揃えています。彼らの製品は良好なビルドクオリティを持ち、お値打ち価格で高品質のサウンド出力を提供し、ユーザーに金額に見合う価値を提供します。

 

SMSL M200の技術仕様
  • 高性能AKM AK4497EQ DACチップ
  • 32bit/768kHzまでのPCMデコード、DSD512までのDSDネイティブデコード
  • Bluetooth V5.0ワイヤレス接続
  • UAT、LDAC、AptX HD、AptX、SBC、およびAACを特徴とするワイヤレス高解像度コーデックサポート
  • サポートされている複数の入力方式:USB、オプティカル、同軸、およびBluetooth
  • デュアル出力ポート、XLRバランス出力、およびRCAアンバランス出力
  • 出力電圧(XLR):4.1Vrms
  • 出力電圧(RCA):2Vrms
  • THD + N:0.00015%
  • ダイナミックレンジ(XLR):125dB
  • ダイナミックレンジ(RCA):123dB
  • S/N比:125dB
  • 電源入力:DC 5V
  • 消費電力:3.5W
  • スタンバイPowerL <0.1W
  • サイズ:160mm X 43mm X 168mm
  • 重量:0.68Kg
  • パッケージの重量:1.25Kg

 

高品質チップセット構成によるプレミアムなサウンド出力

 SMSL M200は、優れたサウンドデコードを提供する旭化成の高性能DACチップ、AK4497EQを備えたプレミアムチップセット構成を搭載しています。オーディオ信号出力は自然で、鮮明かつ明瞭なサウンドを提供します。M200には第2世代のXMOSチップが搭載されており、最大32bit/768kHzのPCMと最大DSD512のDSDをネイティブでデコードできます。M200のダイナミックレンジは最大125dBで、歪み率は0.00015%と低く、SNRは125dBであり、クリーンで歪みのないサウンド出力が期待できます。

 

自由を実現するワイヤレスオーディオ

 SMSL M200は、クアルコムのHi-FiレベルのBluetoothチップを内蔵しています。 UAT、LDACなどの高解像度コーデックをサポートするBluetooth V5.0接続を備えています。UATはHiByが開発した最新のワイヤレスHi-res伝送テクノロジーで、最大192kHzのビットレートファイルの伝送をサポートします。これにより、ユーザーはワイヤレス伝送でも優れた音質を得ることができます。

 

完全にバランス接続されるサウンド出力

 SMSL M200は完全にバランス接続されるXLRポートを備えており、スピーカー、ヘッドホン、または完全バランス接続に対応したAMPシステムに完全なバランス出力を直接提供できます。XLRポートの出力電圧定格は4.1Vrmsで、スピーカーシステムに電力を供給するのに十分です。バランスXLR出力とは別に、M200には、出力電圧定格が2VrmsのアンバランスRCA出力もあります。したがって、バランス出力ポート要件があるかどうかにかかわらず、M200は両方のケースに対応します。ユーザーは、DSDトラックの再生中にボリュームをバイパスして、純粋にデコードされた出力をAMPシステムに提供することもできます。

 

6つの内蔵デジタルフィルター

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/digital_filter_1024x1024.jpg?v=1588493676

 SMSL M200は6つの異なるデジタルフィルターモードを備えており、ユーザーは自分の個人的なサウンドの好みに応じて選択できます。選択できるフィルターには、シャープロールオフ、スローロールオフ、ショートディレイなどが含まれます。また、ユーザーが選択できる2つのDSDフィルターと3つのサウンドカラーレーションも備えています。

 

完全に機能するリモコン付きの有機LEDディスプレイ

 SMSL M200の前面には、現在アクティブになっているフォーマットタイプ、アクティブな入力タイプなどを示す青色のディスプレイが付いた有機LEDディスプレイがあります。 SMSL M200は、付属のリモコンを使用して完全に操作できます。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/3_320fc736-4e56-4960-b15b-3d68737b0903_1024x1024.jpg?v=1588493737

 

 SMSL M200は、手頃な価格で手に入る優れたデバイスに思えます。フラグシップレベルのチップセット構成とプレミアムビルド品質を$279.99というお値打ち価格で提供してくれます。現在の高品質オーディオ製品の市場を考えると、これはエントリーレベルの価格帯に思えるくらいです。SMSLの以前の製品の品質パフォーマンスから、M200にはとても大きな期待を寄せています。

 SMSL M200の詳細については、こちらのストアページをご覧ください。

 

SMSL M200

SMSL M200

SMSL M200 DAC AK4497EQ Bluetooth 5.0 32Bit/768KHz DSD512 Decoder

 

  • 元記事の公開日:2020/05/03
  • 著者:Candice Song

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事