audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【HiFiGOニュース】Matrix Element 第2世代オールインワンデバイス:革新的な3.46インチタッチパネルディスプレイ

ヘッドライン

icon

Matrix Audio Element X2

Matrix Audio Element X2

 

 

 Matrix Elementの第2世代となる最新機種では、ユニークで革新的なタッチスクリーンを搭載しています。前面に配置された3.46インチの大型タッチスクリーンディスプレイを使用して、デバイスの全機能に完全にアクセスすることができます。エントリーモデルのi2フラッグシップモデルのX2を含むElementシリーズの全3製品に搭載されています。この3.46インチのタッチスクリーンディスプレイは、Elementシリーズが第2世代になってから搭載した主要なアップデートの一つです。明るく豊かなディスプレイで、現在の再生設定を表示します。同時に、再生や各種設定をタッチパネルで簡単に操作できるようになりました。本日のブログでは、このタッチパネルを使った第二世代Elementシリーズの革新的な機能の使い方をいくつかご紹介します。

 

再生コントロールエリアの使い方

 Matrix Element第2世代では、画面のすぐそばに再生コントロールキーがあります。このエリアのボタンはすべてタッチセンサー式で、手元で再生操作が可能です。ワンキーで再生コントロールが可能なため、簡単に再生にアクセスし、コントロールすることができます。再生コントロールエリアの特徴や使い勝手は、以下のビデオでご確認ください。

 

 

タッチスクリーンから入力チャンネルを切り替え

 MatrixのElementシリーズ第2世代は、i2が光ファイバー、同軸、I2S、USB、M2がHDMI ARC入力と、多彩な入力インターフェイスを備えています。また、フラッグシップモデルであるX2には、アナログ信号の入力インターフェイスを搭載しています。これらの入力チャンネルはタッチスクリーンで簡単に切り替えることができます。詳細は以下のビデオでご確認ください。

 

 

出力チャンネルの切り替え方法

 第2世代のElementシリーズには、3種類の出力モードがあります。ヘッドホンの抜き差しだけで出力チャンネルを切り替えることができるほか、手動で出力モードを指定して選択することもできます。ヘッドホン出力、ライン出力、自動切替モードに対応しています。ヘッドホン出力時はライン出力がクローズされ、6.35mm+4.4mmヘッドホン出力の両方が機能します。ライン出力モードでは、ヘッドホン出力が動作しなくなり、ライン出力端子から出力されるようになります。3つ目のモードである自動モードでは、ヘッドホン出力を接続すると、自動的にヘッドホンモードに切り替わります。ヘッドホンを外すと、ライン出力が機能し始めます。このことをよりよく理解するために、以下のビデオをご覧ください。

 

 

ファームウェアのアップグレード

 Matrix Elementシリーズのデバイスは、常にMAリモートアプリケーションを使って簡単にファームウェアをアップグレードする方法を提供してきました。第2世代では、ファームウェアのアップグレードがより簡単になりました。デバイスの前面にある革新的なタッチスクリーン上の設定メニューから、直接ファームウェアをアップグレードすることができます!!! 詳しくは、以下のビデオをご覧ください。

 

 

KBEAR INK

Matrix Audio Element X2

 

 

【関連記事】


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事