audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】パワフルさと繊細さを兼ね備えたポータブルヘッドホンアンプ「Hidizs S9 Pro」の海外レビューまとめ

ヘッドライン

icon

Hidizs S9 Pro

Hidizs S9 Pro

 

 Hidizsのフラッグシップドングルアンプ「Hidizs S9 Pro」の海外レビューをまとめて紹介します。

www.ear-phone-review.com

 

Hidizs S9 Proの特徴
  • プレミアムDACチップ「ES9038Q2M」を搭載
  • 高密度CNC加工アルミニウム合金製ユニボディシャーシ
  • 最大32bit/768kHzのPCMデコード
  • DSD512までのネイティブDSDに対応
  • デュアルヘッドホン出力 2.5mm Bal/3.5mm SE
  • 出力電力(バランス):最大200mW
  • 出力電力(シングルエンド):最大100mW
  • マルチカラーLEDサンプルインジケーター
  • 複数のプラットフォームに対応 Windows/Mac OS/iOS/iPad OS/Androidに対応
  • ハイレゾリューション・オーディオ認証取得

 

Hidizs S9 Pro

 

開封動画

www.youtube.com

 

プレミアム Sabre DACチップ

 初代S9にはAKM社製のAK4493 DACチップが搭載されていましたが、最新のS9 ProにはSabre Technologies社製の先進的なES9038Q2M DACチップが搭載されています。これは高性能なフラッグシップグレードのDACチップで、S9 Proは前モデルと比較して、歪みとS/N比において評価値の向上を達成しています。

 

 これにより、「S9 Pro」は、優れた低音と滑らかでありながら詳細な高周波特性を持つ、クリーンで透明感のあるサウンドデコーディングを実現しています。

 

ハイレゾ音源のポータブルハブに最適

 Hidizs S9 Proをスマートフォン/タブレット/PC/ラップトップに接続するだけで、いつでもどこでもハイレゾリューション・オーディオを楽しむことができます。最大32bit/768kHzのPCMデコードと最大DSD512のネイティブDSDデコードに対応しており、スマートフォンなどの一般的なデバイスで最高の音質をサポートします。

 

Hidizs S9 Pro

 

3.5mm+2.5mmのヘッドホン出力ポートを搭載し、パワフルな出力を実現

 Hidizs S9 Proは、シングルエンドとバランスの両方のヘッドホン出力ポートを備えています。シングルエンド出力用に3.5mm、バランス出力用に2.5mmのポートを搭載しています。バランス接続では、より大きなパワー、詳細な解像度、鮮明な透明感が得られます。S9 Proは、バランス2.5mmポートで200mWのクリーンで歪みのない出力が可能で、シングルエンドの3.5mmポートでは最大100mWのパワーを出力します。

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 オーディオの嗜好が細部の再現に傾いていたり、さまざまなヘッドホンやIEMをスマートフォンを使用できるようにしたい場合、S9 PROはシンプルで手頃なソリューションを提供します。150ドル未満で、S9 PROは、はるかに高価なデバイスの音質に匹敵する、パワーと忠実度の魅力的な混合物を提供します。バランス回路を追加したことはケーキに甘い糖衣を加えるようなさらなる喜びですが、そのような砂糖にはコストがかかります。

 

長所:

  • クリーンできめ細かいサウンド
  • ドングルとしては十分なアンプパワーで、感度の低いヘッドホンや効率の悪いヘッドホンを駆動するのに十分です。
  • シングルエンドとバランス出力の両方を装備

 

短所:

  • バッテリー使用量が多い
  • USB-cケーブルが付属していないため、Appleユーザーは追加購入が必要
  • 音の特徴は、より冷たく、無菌的な表現に傾いている

 

https://www.headphonesty.com/2021/07/review-hidizs-s9-pro-dac-amp/

 

www.youtube.com

 

 S9 Proは、かつてデジタルオーディオプレーヤーのみが備えていた機能を、手頃な価格とウルトラポータブルなフォーマットに凝縮した素晴らしい製品です。その揺るぎないクリーンな出力と、あらゆる電子機器に対応する汎用性は、すでにかさばる専用オーディオソースの素晴らしい代替品として機能します。

 

 市場には質的に優れた測定値を誇る他のソリューションがあることは事実ですが、消費者である私にとって重要なのは、その価格性能比です。S9 Proは多くのライバルを凌駕していると強く信じています。

 

 もしあなたが、優れた出力とデッドサイレントノイズフロアの両方を備えたドングルDAC/アンプのスイスアーミーナイフを探しているなら、S9 Proは検討する価値のあるユニットだと思います。

 

https://headfonics.com/hidizs-s9-pro-review/

 

www.youtube.com

 

 120ドルのHidizs S9 PRO DAC Amp Comboで、Hidizsはスマートフォンのためのクリーンで透明なサウンドを持つ威厳のあるバランスドングルDACを約束し、それはあなたが得るもののほとんどであると言えます。価格帯の割にはかなりクリーンで透明感があり、その出力は堅牢な部類に入ります。

 

 唯一の問題は、アッパーミッド/トレブルに少しピークがあることで、これは特定の音楽で少し気が散ることがあります。また、そのようなことに敏感な人であれば、時間が経つにつれて疲労してくるかもしれません。

 

 しかし、オーディオバンドのその部分のブーストは、競合製品にない存在感と空気感を提供します。ですから、トップエンドのちょっとした輝きと、全体的にきちんとした技術的なものを組み合わせるのがお好きな方は、S9 PROをチェックされるとよいでしょう。間違いなく、スマートフォンの内蔵DACを改善するものになるはずです。

 

https://hifitrends.com/2021/10/17/hidizs-s9-pro-balanced-single-ended-mini-hifi-dac-amp-review-epic-power-tantalizing-detail/

 

www.youtube.com

 

 S9 Proに与えられる最大の賛辞は、ほとんど文脈的なものですが、それでもHidizsの創造性の高さをよく物語っています。多くのドングルは、ほとんど不満はありませんが、同様に、ほとんど差別化を図ることができません。しかし、S9 Proは、多くのカテゴリーにおいて、それを実現しています。S9 Proは、ダイナミクスとサウンドステージの拡大に関して、ポータブルソースから期待されるよりもはるかに大きな音を出すことに成功しています。これに匹敵するものもありますが、これほど充実したものはほとんどありません。S9 Proは、ブラックノイズフロア、リニアなFR、1Ω以下の出力インピーダンスを誇る一方で、使い勝手の良さという基本的な部分を押さえています。バランス接続と平均を大きく上回る駆動力は、汎用性を高め、よりプレミアムな価格設定をより良く正当化するための嬉しい装備です。これは、滑らかで暖かいサウンドを求める人には向いていませんし、敏感なIEMのためのボリュームコントロール粒度が不足しています。全体として、S9 Proは汎用性があり、解像度が高く、全体的に強力なパッケージであり、非常にお勧めできます。

 

 

www.youtube.com

 

 Hidizs S9 Proは楽しく音楽的なDACであると同時に、強力な技術的パフォーマンスも備えています。アナログオーディオの特徴を、ディテール、スピード、そして広くゆったりとしたサウンドステージとミックスしています。素晴らしいオーディオ品質、シングルエンドとバランス出力の両方、そして筋肉質でパワフルな出力を考慮すると、これは100ドル前後の価格で手に入る最高のドングルDACの1つであると思われます。おすすめです。

 

長所:

  • 出力パワー
  • クリーンで透明感のある音
  • 大きく広がりのある音場
  • きめ細かく、かつ音楽的

 

短所:

  • IOSライトニングケーブルを別途購入する必要がある
  • オンボードコントロールがない
  • 本体が少し暖かくなる

 

https://primeaudio.org/hidizs-s9-pro-review-balanced-dac-amp/

 

www.youtube.com

 

 最高のドングルをめぐる争いは熾烈を極めています。機種はどんどん増え、安くなり、音も良くなっています。そしてHidizsは上記のような道を歩んでいます。S9 Proは、S9よりも安く、さらにパワフルです。加えて、優れたDACを選択した。その結果、その音は素晴らしい忠実度を持ち、より高価で大きなデバイスに匹敵するものとなっています。このレベルのパワーとデュアルオーディオ出力(SEとバランス)でも、他の類似または優れたデバイスとの比較は驚嘆になり始めます。例えば、DAPのHiBy R3 ProよりS9 Proの方がパワーは上ですし、スマートフォンがあれば他は必要ないのです。ドングルがDAPを駆逐するところまで来ているのでしょうか。音に関してはそうでしょうし、よりシンプルで多くの要素(スクリーン、バッテリー、カードリーダー、より複雑なファームウェア...)を持たないデバイスであるため、より安価であることは明らかです。そして、誰もがスマートフォンを持っている現実のシナリオでは、潜在的に、S9 Proを追加するだけで、非常に高品質のサウンドシステムを手に入れることができます。これは大きなアドバンテージです。

 

https://hiendportable.com/hidizs-s9-pro-english-review/

 

 

まとめ

 Hidizsはこの製品に大変自信を持っているようで、強く推薦されました。さまざまなレビューを通じて、私もHidizs S9 Proの名声は知らないわけではありませんでしたが、こうしたドングルアンプは動作に癖があることも多いという事実を私は知っており、それがどれほどのものかはそれほど期待していませんでした。

 

 さて、今ファーストインプレッションをしている私はかなり驚きを隠せません。今私のスマホにつながり、少し暖かくなっているS9 Proはインピーダンス600Ωのbeyerdynamic DT990を音量75%ほどで十分に駆動させています。そのサウンドは私のFiiO M15のヘッドホンモードほど余裕のある鳴り方ではなく、低域は少し深みに欠けて感じられますが、十分に詳細で生き生きとしたサウンドを奏でます。価格差を考えればあまりにも良い勝負と言えるでしょう。次に、インピーダンス10Ωの64Audio U6tを駆動してみましたが、こちらも見事に駆動させ、しかも詳細なディテールが失われていません。最少音量で音が大きすぎることもなく、音量もやや大雑把なものの、満足できるスケーリングでしっかり調整できます。

 

 この間Hidizs S9 Proは私のスマートフォンにインストールされたHiBy Musicと見事に連携しており、音量コントロールは的確に動作しています。Hidizs S9 Proがこの手のドングルアンプでもコンパクトな方であることを考えると、これはなかなか感慨深い考察を与えてくれます。

 

 もしかすると私たちは高価なデジタルオーディオプレーヤーにお金を払う必要がほとんどない時代を迎えつつあるのではないかと。多くのスマートフォンでほとんど完璧に動作し、高度なカスタマイズを与えてくれるHiBy Music PlayerアプリとHidizs S9 Proさえあれば、ポータブルな有線環境に必要な出力は十分にカバーできるだろうと私は今感じています。

 

 思えばHidizsはDAPの小型化に常にこだわってきました。このブランドがS9 Proという今のところ私にはとびきり優れて見えるドングルアンプの開発に向かったのは無理ないことでしょう。ビルドクオリティも実に優れています。多くのレビュアーがS9 Proをほとんど万能機と評していますが、その理由は私にもはっきりとわかりつつあるようです。

 

 

 

【関連記事】



中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事