audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU
Please enable / Bitte aktiviere JavaScript!
Veuillez activer / Por favor activa el Javascript![ ? ]

【コラム】ピエゾドライバーハイブリッドの興味深い完全ワイヤレスイヤホン「GEEKFLY GF8S」の海外レビューまとめ

ヘッドライン

icon

GEEKFLY GF8S

GEEKFLY GF8S

 

 ピエゾドライバーハイブリッドという珍しい構成の完全ワイヤレスイヤホン「GEEKFLY GF8S」の海外レビューをまとめて紹介します。

 

GEEKFLY GF8Sの特徴

  • 4ドライバー 50kHz周波数特性 HiFiオーディオファイル音質
  • バランスド・アーマチュア+2ピエゾセラミック+ダイナミック
  • 輸入クラスAパワーアンプ
  • 物理3ウェイクロスオーバー
  • デュアルフィルター回路
  • タッチ操作
  • Bluetooth V5.0
  • 長時間のバッテリー駆動
  • 主音声、副音声なし
  • 快適な装着感
  • スーパーシグナル
  • 超低遅延
  • ミニボリューム
  • 良い音は、良いハードウェアとソフトウェアの基盤から生まれる
  • パワーフィルター、オーディオフィルター
  • AACデコード
  • 金属製サウンドチャンバー

 

 

GEEKFLY GF8Sの技術仕様

  • Bluetooth接続名:GEEKFLY
  • Bluetooth:5.0
  • 充電インターフェイス:タイプC
  • 電源入力:DC5V/600mAh
  • ヘッドホン電池容量:3.7V/70mAh
  • 通話/再生時間: 約5時間
  • 充電室電池容量:3.7V/700mAh
  • サポートプロファイル:HSP1.2/HFP1.7/A2DP1.3/AVRCP1.6/SPP1.2/PBAP1.0
  • 感度:106dB
  • 周波数帯域:20-50khz
  • インピーダンス:10Ω

バランスド・アーマチュア

 複合振動板ドライバーで構成されるGF8Sの中でバランスドアーマチュアドライバーは中高域を担当し、丸みを帯びた絶妙なボーカルを聴かせる中周波数と高解像度で詳細な高周波を生み出します。

 

ダイナミック型ドライバー

 複合ドームのチタン振動板ダイナミックドライバーは、低周波で深いダイブと強い弾性、高解像度、良好なレイヤリング、そして良好な臨場感を実現しました。

 

圧電セラミックドライバー

 複合二重圧電セラミックドライバーは、10層のレイヤーを持つ高キャパシタンス設計になっており、超高周波を担当します。その拡張は周波数応答で40kHzものレンジに到達し、音楽のバックグラウンドに至るまで細部を明らかにします。

 

 

操作方法

  • 電源オン/オフ:左/右イヤホンを5~8秒長押し
  • ペアリングのリセット:電源を入れ、接続されていない状態で、赤と青のライトが点滅している時に左/右イヤホンを7回タッチし、赤と青のライト点滅が消えるまで、イヤホンを再起動させます。
  • 一時停止/再生:左/右イヤホンを 1 回タッチ
  • 音声アシスタント:左/右イヤホンを3秒間長押し
  • 前の曲:左のイヤホンを3回タッチ
  • 次の曲:右のイヤホンを3回タッチ
  • 音量+:右のイヤホンを2回タッチ
  • 音量-:左のイヤホンを2回タッチ
  • 受話応答:電話がかかってきたら、左/右イヤホンを1回タッチ
  • 通話終了:着信中または通話中に左/右イヤホンを2回タッチ

 

 

海外レビューの紹介

※動画は字幕で翻訳されているものがあります。字幕をONにすることをオススメします。字幕の日本語訳が表示されない場合は動画の右下にある「Youtube」をクリックしてYoutubeの本サイトで再生すると翻訳字幕で見られるようになります。

 有線インイヤーモニターの世界から来た私は、音楽が最高の品質で伝わり再現されるには、物理的な金属チャンネルが必要だと今でも信じているので、TWSの製品を評価するのは非常に難しいと感じています。しかし一方で、テクノロジーを真に信じる者として、いつかはケーブルが抜け落ちると信じています。

 

 今日の時点では、まだその時には至っていないと思います。しかし、Geekfly GF8Sが私の顔に2度平手打ちを食らわせ、「目を覚ませ!」と叫ぶためにここにいることは明らかです。

 

 というわけで、完全ワイヤレスイヤホンタイプのIEMについて、私はあまり経験がないのです。だからこそ、早期にこの素晴らしい試金石に出会えたことは、必然的にワイヤレスになるであろう未来に、より一層の自信を与えてくれるのです。

 

 Geekfly GF8Sはどんな音なのか?まあ、有線インイヤーモニターと同じようなものですが、それほど安くはありません。ワイヤレス伝送媒体が十分に向上し、最高の帯域幅を提供できるようになり、コンバーター、アンプ、バッテリーの統合が一段と進めば、その時は熟したことになります。GF8Sは、そのレベルに遠く及ばないとはいえ、Geekflyはそこに到達すると思います。

 

https://hiendportable.com/geekfly-gf8s-english-review/

 

www.youtube.com

 

長所:

  • 有線IEMに近いサウンドとチューニング
  • マウスピースとカプセルもワイヤードIEMSに非常に近い
  • 優れた透明感、シャープネス、鮮明感
  • 感度
  • 人間工学に基づいた、多くのチップに対応する使いやすさ
  • コンパクトな充電ケース

 

短所:

  • 最先端のBluetoothコーデックに対応せず、AACのみ対応
  • 表面は滑らかで滑りやすい
  • マイクの感度が平均的、タッチ面の振動検知があまり均一でない、アクティブノイズリダクションシステムがないなど、おそらく最高のBluetooth機能を備えていない。
  • 傷から守るためのケースがない
  • GF8Sは、他のすべての機能よりも音質を優先しており、それが利点だと私は思います。しかし、他のTWS製品と比較すると、これらの機能には制限があります

 

https://www.head-fi.org/showcase/geekfly-gf8s.25004/review/25431/

 

 Geekfly GF8sは、優れたPRaT、スムーズなミッド/ボーカルの存在感、そして高音域を優しく持ち上げるのに十分なトップの輝きを持つ、TWSとしては実にパワフルなパフォーマーです。これは、典型的なハイコントラストで派手なTWSチューニングではありません。それよりもずっと自然な表現で、それだけに際立っています。

 

 しかし、GF8をレビューしていると、Luxury & Precision P6のレビュープロセスを少し思い出してしまうのです。競合製品と比べていかに素晴らしい音かを伝えなければならず、不足している機能のいくつかを見逃してほしいと願うばかりです。

 

 aptX、ワイヤレス充電、およびクロスオーバーオーディオファンがしばしば要求するある種のアプリなどの機能が備われば、これは完全なパッケージになります。 そして、LDACは現在忍び寄っています。つまり、SBCレベルの圧縮が必要になることはますます少なくなっています。

 

 ありがたいことに、GF8Sの優れたクアッドドライバー構成とクラスAドライバーは、純粋な好感度という点でaptX対応の多くの競合製品よりはるかに優れています。オーディオマニアにとっては、ダークホース的な存在かもしれませんが、魅力的なTWSです。

 

https://headfonics.com/geekfly-gf8s-review/

 

 

まとめ

 3種類のドライバーを組み合わせるという完全ワイヤレスイヤホンでは珍しく、そして難しそうな構成の「GEEKFLY GF8S」ですが、周波数特性を見る限り、わりとよくまとめられている印象を受けます。レビュアーの評価も音質面はかなり良好で、完全ワイヤレスイヤホンに高音質を求める層には悪くないのかもしれませんね。

 

 こういうハイブリッド構成だと使い勝手の面がおろそかになりがちですが、操作性やスペックも良さそうで、わりと通信面も安定していそうです。

 

 

 

【関連記事】



中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事