audio-sound @ hatena

audio-sound @ hatena

オーディオ機器やゲーミングデバイスのレビュー、そして好きな音楽を徒然なるままに

MENU

【HiFiGOニュース】TinHiFi、C2 Mech Warrior & C3 LCP+PU 複合振動板IEMを発売!

ヘッドライン
icon
icon icon icon
icon

Tin HiFi C2

Tin HiFi C2

 

 

Tin HiFiは、HiFiオーディオ業界において、低価格のインイヤーモニターの膨大なカタログを持ち、その名を広く知られています。本日、このブランドは、シングルダイナミックドライバーのカタログに追加される2つの新製品、全く新しいTin HiFi C2 Mech WarriorTin HiFi C3を発表しました。C2 Mech Warriorは、航空グレードの高品質6063アルミニウム合金を使用したイヤーシェルが特徴的です。C3は、人間工学に基づき軽量化された3Dプリント樹脂製キャビティとカーボンファイバー製フェースプレートを搭載しています。両モデルとも、コンポジット振動板を採用した10mm径のダイナミック型ドライバーを搭載しています。両製品について、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

Tin HiFi C2 Mech Warrior

Tin HiFiの最新作、TinHiFi C2 Mech Warriorは、全く新しいメカニカルデザインのイヤーシェルで提供されます。10mmの複合PU+LCPダイアフラムコイルを搭載し、世界中のオーディオファンから寄せられた提案や推奨に基づきチューニングされています。Tin HiFiは、C2のためにプレミアム6シリーズ航空グレードのアルミニウム合金素材のキャビティを採用しました。Tin HiFi C2のダイナミックドライバーは、高剛性、高内部損失、マイクロメートルの厚みのバランスが絶妙なコンポジットダイアフラムを採用しています。不要な振動を効果的に抑制し、出力に強い弾力性を持たせることで、力強い低音域のレスポンスを約束します。

www.ear-phone-review.com

 

Tin HiFi C2は、標準的な0.78mm 2pinコネクタデザインを採用しています。3.5mm端子の高品質着脱式ケーブルが付属し、ほとんどのソースに簡単に接続することができます。Tin HiFi C2 Mech Warriorは、29ドルという魅力的な価格で正式に発売されます。詳細はこちらからご確認ください。

 

レビュー記事

www.audio-sound-premium.com

 

 

Tin HiFi C3

TinHiFi C3はカーボンファイバー製のフェイスカバーと樹脂製のイヤーキャビティを採用し、高精度な3Dプリント技術で設計されています。また、C3はPU+LCPコンポジット振動板を搭載しています。C3もPU+LCPコンポジット振動板を採用していますが、ここでの違いは、最新のC3はスーパーリニアLCP+PU振動板コイルを搭載していることです。この新しいスーパーリニアLCP振動板は、弾性のスイートスポットに当たり、完全に均一な構造を手に入れました。Tin HiFiは、最新のC3を有名なハーマンターゲットレスポンスに従ってチューニングし、リスナーにC3を聴くたびに楽しい経験をもたらしています。

 

https://cdn.shopify.com/s/files/1/0031/0453/8673/files/1_70b1323e-a13d-4665-8bdf-80a12349044b.jpg?v=1669496913

 

Tin HiFi C3は、人間工学に基づいて特別に設計された3Dプリントのイヤーキャビティを搭載しています。このペアは、膨大な耳のサンプルデータをもとに徹底的に研究され、設計されています。これにより、完璧なフィット感と快適なユーザーエクスペリエンスをデザインしています。Tin HiFI C349ドルで正式発売されます。詳細はこちらでご確認ください。

www.ear-phone-review.com

 

レビュー記事

www.audio-sound-premium.com

 

 

関連記事


中華イヤホン
完全ワイヤレスイヤホン
イヤホン
ヘッドホン
デジタルオーディオプレーヤー
ニュース
特集記事
HiFiGOブログ
セール情報

 

新着記事